FC2ブログ

国境を超えるエンターテインメント

今年の秋は病気もしたし、前半は夏バテ気味だったし、
いいことなかったなぁ…なんて思い返してみたら、
楽しかったことありました!

とても素晴らしい2つのエンターテインメントに出会って、
元気をもらったのでした。

ひとつ目は、シルク・ドゥ・ソレイユの新作「キュリオス」。
取材のために公演を見せて頂いたのですが、
2時間ちょっとの公演はワクワクドキドキする展開の連続で、
ずーっと見ていたいくらい楽しいひとときでした。
空中ブランコなどの定番と思える演目も、
作品に合わせた演出により、私にとっては予想を超える見ものに。
あっと驚くアクロバティックな演目はもちろん、
ノスタルジックなヨーロッパのサーカスを思わせるような衣装や美術、
ちょっと怪しげなキャラクター、生演奏の音楽、
全体の世界観にも魅了される、素晴らしいエンターテインメントでした。
さすが、世界各国で人気を集めているだけある!


もう一つは、ナゴヤドームで行われた、ポール・マッカートニーのライブ。
病気で休みを取っていた直後だったので、
さすがにあきらめようかとも思ったのですが、
「ポールが名古屋に来ることなんて、もうないかも」と思い、
気力と体力を振るい立たせてドームに向かいました。

会社から名城線の駅に向かい、
名城線で10数分、ナゴヤドーム前矢場駅に向かい、
駅を降りたら、ドラゴンズの写真が並ぶ地下のなんとかロードを歩き、
地上に出たら、今度は連絡通路的なものをひたすら歩き、
ドームに着いたら入場ゲートを探し…と
病み上がりの40代にはかなりしんどく、
開演時間にもすでに遅れていたので、くじけそうになる道のりでしたが、
ライブを見たら、本当に来てよかった!!と元気が出ました。

75歳のポールじいさんは、
とても元気でお茶目で、最高に素敵なエンターテイナーです。
本人歌唱の「レットイットビー」や「ヘイジュード」など、
ビートルズ時代の名バラードは涙なしでは聴けませんし、
「オブラディ・オブラダ」などのポップな曲にも、
いつ聴いても色あせない新鮮さがありました。
昔の曲だけでなく、今年発表したアルバムからの新曲もあり、
今なお第一線で活躍するポールの輝きに、
ドームの観客は老いも若きも歓喜の連続でした。
(〝老い〟がかなり多かったですけど(笑)。)

やっぱり、世界のスーパースターはすごい!

エバーグリーンのナイスなミュージックと、
スーパーサーカスに活力をもらった私でした。


▼「キュリオス」のロビーにいたキュリオスくん。私の好きな類のキャラクター
IMG_5089_convert_20181126211342.jpg

ウーバーやってみた

先日、エディマート毎年恒例の
ボジョレー解禁を祝う会が開催されました。
社内のミーティングテーブルにワインと料理を並べてワイワイ食べる、
という、とてもとてもラフでカジュアルな会です。

1人1つずつワインに合う料理やつまみを持ち寄るのです。
私はワインが苦手で一口しか飲めないので、
ただただ食べたいものを用意するのです。
ワインが飲めなくても楽しいのです。

ことし私が用意したのはウーバー!
あ、ウーバーではないですね。
ウーバーを利用して手配した料理です。

念のため簡潔に説明しますと、
普段はデリバリーをやっていない飲食店の料理が、
登録したユーザー?運び屋?によって、
自宅や会社まで運ばれてくるのです。
それがウーバー。
あのハンバーガーも回転寿司チェーンも
喫茶店もカフェもダイニングレストランもなんでもありです。

それが10月から名古屋でついにスタート!
しかし都心部だけ。
名古屋市郊外に住む私は自宅で利用できないので、
ボジョレー会でやってみました。
とにかく、まずやってみたかった。
それに尽きます。

今回利用したのは、スペインバルです。
まずはアプリでパエリアを注文!
近くまで来ると、アプリに通知が来ます!右の黒い点が自転車のイラスト。
IMG_1673 (220x220)IMG_1672 (220x220)

そして到着!
IMG_1674 (220x293)
本当に来た!そりゃそうか!
いやでも、アプリで選択してタップしただけで、
スペインバルの本格パエリアが届いたんですよ。
感動でした。
またやってみたいこの感動。

社長、年末の納会、寿司ウーバーしますか?

何者でもない

採用面接や、研修生を受け入れて、
説明をしたり質問に答えたりしていると、
「編集」という仕事を客観視できる。

たとえば編集は、
人の力を束ねて、さらに大きな力にする仕事。
それはまるで、オーケストラをまとめて
曲を仕上げるコンダクターのよう、とか。

あまり面接などでは話さないが、
個人的にこの仕事の好きなところは、
「何者でもないし、何者でもある」ところ。
あるときは地元の歴史をひもとく学者に、
またあるときは高級料理の魅力を伝える美食家に。
昨日は東京でインタビュアーをしたと思えば、
明日はタイでカメラマンになっている。

何者でもないのだが、
すべて対価をいただきプロとして動いている以上、
何者でもある。
浮遊しているように見えて、
すべてにおいて固く地面と結ばれているような、
そんな感覚がたまらなく心地いいのだ。

どうだろう。
ここまで書いて共感者は何人いるのかわからないが、
少しでも心にふれるものがあったら、
一度、門を叩いてみてほしい。


IMG_75gyjdtyjr36.jpg
[↑]本日、中日新聞に自社広告を掲載。
  いろんな出会いがあるといいなぁ


サウナのヌシとの早めの再会


先日またまたスーパー銭湯に行ってきました。
寒くなってきたので、温泉やサウナ、岩盤浴が恋しくて
暇さえあれば利用している気がします。

もちろんその日もサウナのヌシはどっしりと座り、
同じ年代の常連さんと世間話をしていました。
私は話しかけられることはなく、
なぜだか少し寂しい気持ちになりました。

ヌシは長時間サウナに入っているので
大体ほかの常連さんが先に退出して、
それをヌシが見送っているのですが
私もヌシより先に失礼しようとしたところ
「ほな、さいならね」と声をかけてくれました。

ヌシが私にですよ!!

なぜだかとっても嬉しかったです。

ヌシに認めてもらえるよう、これからも足しげくサウナに通いたいと思います。

時空を超えて

最近観てグッときた映画があります。

その名も『バタフライ・エフェクト』。
日本では13年前の2005年に公開されました。

この映画はバタフライ効果というものをテーマに制作されていて、
そのバタフライ効果によって映画が面白くなっています。

バタフライ効果とは…
非常に些細で小さなことが様々な要因を引き起こし、だんだんと大きな現象へと変化すること。

映画好きの友人に昔からオススメされていたのですが、
中々観る気分になれず…
ようやく先日観ることができました。

夜の12時から観始めて、
あんまり面白くなかったら途中で消して寝ればいいや〜
くらいのテンションでした。

結果、最初から最後まで面白く、気づけば眠気も忘れて見入ってしまいました。

観終わったあと、なんか似たようなものを最近観た気がすると思ったら『steins;Gate』というアニメでした。

こちらは元はゲームなのですが、どちらも大切な人を助けるためタイムリープ、つまりひたすら時をかけまくります。

話の構造自体はどちらもほぼ一緒なのですが、バタフライ・エフェクトはとにかく最後がグッときます。

2つとも観たことない人は、是非とも2つとも観てもらいたいです!!


このブログを書いていてもう1つ好きな作品を思い出しました。
それは『時をかける少女』。
どうやら私は時をかける系のものが好きなようです…

LIBERTY SAND/ことりっぷweb


サンドイッチ専門店「LIBERTY SAND」へ
取材に行きました。

sasasasasasa.png

滝のようにあふれ出る“チーズジェニック”なサンドが話題!名古屋・本山の「LIBERTY SAND」へ

チーズがとろーりあふれるチーズサンドが話題です。
BBQソースをつけて食べるのがオススメ。

ぜひ一度、記事を見てくださいね。

東ラブ

子どもの頃に好きだったドラマ、ありますか?

年代でだいぶ異なると思いますが
私の好きなベスト3に入るのは
間違いなく「東京ラブストーリー」です。
90年代にヒットした月9ドラマ。
リアルタイムではなく夕方の再放送でしたが。
小学生だったと思います。
大人の恋愛ドラマですが、なぜかハマりました。
しかも終わり方が、子どもながらに
ショックが大きかったのを覚えてます。

主題歌で流れる
小田和正の「ラブストーリーは突然に」が好きで
毎週テレビの前でリスニングテストのように
歌詞を書きだし、歌詞カードを作ったりしてました。
初めて買ったCDでもあり、
確か中古で180円とかだったような。
そこで歌詞を間違って覚えていたことに気付いたり。

最近、dTVで配信されているので、
懐かしい思いで1話から見直してます。
織田裕二と鈴木保奈美のやり取り、演技がよいです。
小学生の時に再放送で何回も見ましたが
それ以来なので20年以上前ですね。
今見ると、時代が違い過ぎてなかなか面白いです。

例えば…
・ケータイ電話が普及してないので、家の電話番号を教え合う
(あるにはあるが、ものすごく大きくて、携帯するのは不便そう)
・電話番号はアドレス帳にメモ
・友人からの昼間の連絡は、会社の電話にかかってくる
・公衆電話に行列
・会社のデスクにPCがない
・カーナビやスマホがないので、地図で探す
などなど。

やっぱりケータイ電話がないのが大きい。
これによって、男女はすれ違ってしまうわけで
すれ違いによって生まれる恋愛ドラマは、
当時の色なのかもしれません。

しかし、今改めて見ても思うのが
やっぱり関口が嫌い、ということ。
登場人物の一人(女性)なのですが
大人になった今見ても
関口が嫌い、という気持ちを抱かない回はない!
あとは、やっぱり主題歌はバツグンによいです。
とてもよいです。
ドラマの半分くらい主題歌流れるので
見どころと言ってもいいです。

「あすなろ白書」も配信されないかな。。。


子どもの頃にやっておくべきこと

あー、子どもの頃、
もっと勉強しておけばなぁ…とか、
運動もしておけばよかったなぁ…とかありますよね。
そこらへんは一般的。
でも、もっとマニアックなやっておくべきこと、ありますよ。
それは病気。
子どもの頃にかかっておくべき流行り病あります。
私はその一つにかかっていなかったので、
先日とんでもない目に遭いました。

40代にもなって、水ぼうそうに感染したのです。
帯状疱疹ではないですよ。
一回目なので、水ぼうそうです。
顔や体のあちこちがぶつぶつになってえらいことでした。
感染の危険があるから、と一週間会社を欠勤。
熱やら薬の副作用やらでしんどいし、食欲はないし、すっかり弱りました。

ぶつぶつはかさぶた化して、
顔はほとんどとれましたが、ぶつぶつ跡多数。
これ、シミになったらえらいことです。
子どもの頃なら、あっという間につるんと再生するのでしょうが、
over40はそんな活力持ってません。。

欠勤した自宅療養中に、
〝神様がくれた休暇だと思って静養して〟
と励ます友人がいたのですが、
どうにもそんな思考には至らず、こんなひどい仕打ちないわ…と、
意気消沈していました。
しかし、先週末くらいから、
〝こんな休暇いらん!せっかくならもっと充実した休みください!〟と、
神様に文句を言ってやりたい元気が出てきたので、
だいぶ復調してきた兆しと思われます(笑)。


突然の欠勤で社内に迷惑をかけるわ、
社外の方にもご心配をおかけするわで、大変申し訳ありませんでした。
水ぼうそうにも予防接種はあるそうですし、
そういった予防措置をとったり、
そもそも体力を落とさないなどの注意も、今後は心がけたいと思います。

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード