FC2ブログ

煙に抱かれて

キャンプにはまって4年ぐらいだろうか。
もっぱらオートキャンプであるが、
ゴールデンウィークも菰野町のキャンプ場で2泊した。

2泊となると食事に気を遣う。
1泊なら肉を焼いておけばいいのだが、
2日連続となると喜びも半減するし。
結局私たちは2回目の夕食を
「焼鳥&とんこつラーメン」という
アクロバティックな感じにまとめたのだが、
それはそれでステキな思い出となった。

そんな2度の夕食に、
2回ともつまみとして登場したのが「スモーク料理」だ。
担当は私。
もともとキャンプに行くたびに、
ダンボールキットを使って簡易なスモーク料理を作っていたところ、
今回のキャンプでは
ガルバリウム鋼板(←なんか凄そうでしょ)を使った
折りたたみ式のスモーカーを導入。
これまではスモークウッドに火をつけていぶしていたが、
火がつきにくかったり、時間がかかったりして、
夕食のベストタイミングに間に合わせることが難しかった。
しかし今回のガルバリウム鋼板のスモーカーは、
ガスバーナーの上に直接置く「温燻」と呼ばれる方法が可能。
見る見るうちに材料がいぶされ、
夕食前には調理が完了してしまった!
夕食の準備をしながらビールをぐびり。
小腹が空いたところに食べるスモーク料理の旨さといったら!

DSC04579.jpg
[↑]ど~ん!これがガルバリウム鋼板だ!!

簡単かつ絶品のスモーク料理を挙げるなら、
ブロックベーコンを厚切りにしたものと、
「切れてるチーズ」の薫製がベスト。
2日目はソーセージをいぶしたが、これもまた美味だった。
あまりにおいしいので、
先日の「母の日」の食卓に並べるため、自宅でもスモーク。
またスキがあれば何かいぶしてやろうとワクワクしている。

DSC04581.jpg
[↑]いぶし終わったソーセージ。すっかりあなた色

すでに食品として仕上がっているものを、
自分色に染めてしまうスモーク料理。
かといって出過ぎることなく、素材の持ち味も活きているあたり、
なんともかっこいい、渋い。
もしスモーク料理が人間だったら抱かれてもいい。
まさに「いぶし銀」とはそういう人のこと。
辞書で調べると
「華やかさにかけるが実力はある」だって。
自分もそんな人になりたいなぁ(ちょっとは華が欲しいけど)。

スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード