FC2ブログ

スペインの2強

オランダとスペインに行ってきました。
http://edimart.blog105.fc2.com/blog-entry-969.html
のつづき。

スペインに行った目的は2つ。
“ クラシコ ” と “ ガウディ建築 ” です。
この2つが同じバルセロナにあるというだけで、
自分にとっては奇跡に近いです。

まず “ クラシコ ” とは、サッカースペインリーグの2強、
FCバルセロナとレアル・マドリードが対戦する試合のことをいいます。
阪神と巨人の “ 伝統の阪神巨人戦 ” とか、
ガンバとセレッソの “ 大阪ダービー ” みたいなものです。
自分はバルセロナのファンではないですが、
サッカーファンとしてクラシコを見られることは最高の幸せでした。

B_1_1_20120509191527.jpgB_1_2.jpg

流れるようなパスワーク、正確なロングボール、激しいチェック―。
それを一喜一憂、狂喜乱舞して見守る10万人のバルセロニスタ。
その中にいる自分。
まさに、夢のような時間でした。

B_2_1_20120509191705.jpgB_2_2.jpg

もう一つ、ガウディ建築。
大学の頃、建築学科の友人の影響で建築物やインテリアに興味を持ち始め、
それ以来、行ってみたい場所の一つでした。

B_3_1_20120509191800.jpgB_3_2_20120509191809.jpgB_3_3.jpg

有名なサグラダ・ファミリアやグエル公園に行き、
見上げる絶景にただただ感銘を受けるばかりでしたが、
自分が一番気に入ったガウディ建築は、“ カサ・バドリョ ” です。

B_4_1.jpg

この邸宅には曲線が多用され、
骨を想像させる人体工学や、海を想像させる流体力学を参考に
設計されたと言われています。
さらには中央を吹き抜けにして自然光を効果的に取り入れたり、
壁タイルの色の濃淡を各階で変えていたりと、視覚的にも楽しめます。

B_5_1_20120509191937.jpgB_5_2_20120509191944.jpgB_5_3.jpg

なにより、日本語の音声ガイドがあったのがポイントでした。
サグラダ・ファミリアには、それがありませんでしたから。


行く前もそうでしたが、やっぱり海外旅行の魅力は見つけられませんでした。
“ クラシコ ” や “ ガウディ建築 ” は面白いんですけどね。
海外旅行よりも、世界遺産。

サグラダ・ファミリアは2026年に完成予定だそうです。
クラシコとカサ・バトリョを見るついでなら、行ってもいいかなという感じです。
それほどその2つは、自分の心の奥のほうに響きました。


【食のphダイジェスト】

D_11_20120509191001.jpgD_12_20120509191006.jpg
「スペインバル」 イベリコ豚の生ハムと、いまスペインで流行の‘つまようじ ’

D_21_20120509192116.jpgD_22_20120509192121.jpgD_24.jpg
「サンジョセップ市場」 野菜からお菓子、生ハムまでいっぱい!
スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード