FC2ブログ

ええとこ!岐阜

高山がご近所に思えてきた今日このごろ。

私は撮影用商品を借りるために、
TOYONOさんは取材のために、連れだって高山へ行ってきた。
ちょうど一週間前にもTOYONOさんと高山祭を見に、
高山へ行ったばかりだ。
そして、明々後日も行く。もちろん取材のため。
実は私に限ってはその次の日も!

そういえば、少し前にも取材で新穂高へ3度ほど足を運んだんだった。
高山まで2時間以上かかろうと
新穂高まで3時間半かかろうと
なんだか気軽に行ける気になってくるからこわい。

そしてやっぱり岐阜って好きだなって、今日も思った。
帰りの車中では、
私とTOYONOさんはお互いに
「こんなことがあってね!」「こんなものをいただいちゃった!」と
それぞれの素敵話で大いに盛り上がっていた。

私が岐阜に抱く印象はすこぶるよい。
取材に行くたびに心がほっこりする。
どうして見ず知らずの私なんかに
そんなによくしてくれるんですか!
と、いつも驚かされる。
それに取材先だけじゃなく、
客として入った店もやっぱりあたたかい。
蔦という郷土料理のお店でよもぎ五平餅をテイクアウトすると
爪楊枝をさしたリンゴ一切れを
「これもどうぞ」と一緒に渡してくれた。
つづみそばでもお店のおばあちゃんの素敵な笑顔に迎えられ、
うれしくなって話しかけてみたり。
知らない土地でのこういうコミュニケーションが大好き!

岐阜取材から帰ると、
体は疲れているものの、心はとても満たされている気がする。
といっても、行ったことがあるのは
岐阜市と高山がほとんどなので他がどうなのかはわかりませんが。

自然がいっぱいあって
ほっこりできるお店が多くて
あたたかい人が多くて
岐阜に移住したくなるほど
すっかり岐阜LOVEな私。
余談ですが、大学時代の友人が
大阪から東京に出て商社マンになっていたと思ったら
最近高山に移住して飛騨家具の職人になるべく修行中なのだとか。
今日伺った家具屋さんの方も
大阪から出てきて見習い中とのこと。
人の運命を変えるほどの魅力をもつ岐阜(というか飛騨家具)だが
私はまだ移住するには動機が弱いので
ガイドブック制作を進めるためにも
観光客目線で岐阜の魅力をもっと知っていこうと思います!
岐阜移住計画はまだまだ先のお話。(妄想で終わるかも…)


スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード