FC2ブログ

東山なう

夏のイベントとして早くも定着し始めている気がする、
東山動植物園のナイトズー。

昨年は広告制作に携わらせていただいたにも関わらズー、
(ちょっと上手じゃない…?か。)
じつは未体験だったという、お恥ずかしい話。
ごめんなさい!

今年こそはと思い立って
ようやく行ってきました。
ということで、夜のアニマルたちをご紹介。

まずはお目当て(?)のサイ。
私の中で、今1番ホットな動物!

入ってすぐのインドサイは
皮膚が鎧のようでかっこ良いけど
北園のクロサイも、さっぱりしてかわいらしい。
と言っても、たぶん長さ3mくらいはありそう。
DSCN2204.jpg
遅くまでみんな元気ね。


次。
名前の通り、カラダの小さなコビトカバ。
ヌメェっとした表面がくすぐりますね。
エサの草がカラダに付きそう。
DSCN2201.jpg
文句ある?


ついついキリンに目がいってしまうが
キリン舎ではダチョウに注目!
敷地に2羽いるんだけど、
常に同じ動きをとる仲良しっぷり。
そして、この疾走感!
そういえば高校生のとき、ダチョウに似てるって言われたけど、
褒められてたのかな…(遠い目)
DSCN2172.jpg
オレに似てるなんて、最高の褒め言葉だな!


クライマックスは、ナイトズー1番人気のコアラ舎へ。
夜行性のコアラの活発に動く姿が見られるかと思いきや、
意外に動かず、1匹が木を下っただけで
観客は大興奮だった。
(ちなみにコアラ舎はフラッシュ撮影禁止。赤目防止の光でさえアウトなのだ)

それより感動だったのが
TOYOさんの日記にも登場した
チロルを思う、飼育員の手作り紹介コーナー。

「チロルありがとう」の文字とともに
生まれてから育っていく様子が細かく写真つきで紹介されている。
“帰らぬコアラ”に不謹慎ながらも
プっとしてしまったの自分が恥ずかしいこと!
動くコアラよりもチロルコーナーに見入ってしまった。
空になったチロルの居場所も、まだそのまま残っていた。


毎日向き合う飼育員さんの愛があって
動物園はなりたってるんだなぁと
実のあるナイトズーでした。


スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード