FC2ブログ

年末の悲劇から学ぶ

あけましておめでとうございます。
新しい年ですね。

私は年末の帰省直前に
iPhoneを紛失し、
その後なんとか見つけたものの
時すでに遅し、
画面がバキバキに割れた状態でした。
車にひかれたのか、誰かに踏まれたのか、、、
泣きそうになりながら
なんとか新幹線に乗り込んだのが
2018年最後の思い出です。
悲劇でした。
(と、思いつつ頭のどこかでは
大きなネタができたな、なんて思ったり)

おかげで年末年始は
実家でスマホなしで1週間を過ごし、
先日ようやく修理し
ピカピカの画面が復活しました。

今の時代、ケータイがないと
困ることも多いのは確かだけど
何でもかんでもスマホひとつでできるようにしておくと
大変なことになるなと実感。
もし新幹線の切符をスマートEXにしてたら…
と思うとぞっとします。

悲劇ではありましたが
きっとiPhoneが私の身代わりになってくれたのだと思うと、
いろいろと前向きな気持ちになれます。

ひとつにまとめる、
というのは便利なことだけど
それを失ったときの危険は大きいな、
と学びました。
昔は「私にはこれしかないもの」(by綾波レイ)
っていうのに憧れていたけれど
これしかない、これひとつだけ、より
これだけじゃない、
のほうが良いかもしれない。
そんなことを感じた出来事でした。

2019年はより前向きに
より楽しく、を心がけて
仕事もプライベートも
充実させたいと思います。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード