FC2ブログ

地域のあり方を少し考える

仕事の関係で読んだ著書や
インタビューで興味深い内容があった。

一つは、
今は人口減少社会と言われ、
「これはヤバイぞ」となっているが、
江戸時代まで視野を広げれば、
急激に人口が増えた最近のほうが
歴史の中では特異であり、
無理に人口減少を食い止めるのではなく、
これから迎えるサイズにあわせた生活様式を
考えたほうがよいのでは、ということ。

もう一つは、
地方都市がめざす成功事例は東京ではない。
東京はいま様々な問題を抱え、
変わらなければならない状況。
今、地方都市が、にぎわう東京に憧れて、
たとえそうなれたとしても、
いずれ東京と同じ道をたどるはず。
だったら、東京の先にある都市像を考えて、
そちらをめざすべき、ということ。

自分は今、リニア開通に照準をあわせ、
変わり続ける名古屋で仕事をしている。
名駅のビル開発が一旦落ち着いたと聞くと、
「大丈夫?」と思ってしまうが、
ある意味、大都市憧れ病をわずらっていると
言えるのかもしれない。
もう少し多面的な視点を持とうと思う。

話は変わるが、「地域」という点では、
最近、自分が住む街の行事などに
少しずつ参加するようにしている。
誰かがやってくれていたことを、自分もやってみようと。
公園がきれい、犯罪や交通事故が少ない、
といったことは、じつは自分が知らない誰かの
おかげで成り立っていたことを知る。

一人でも多くの市民が、こういう気づきを得ることが、
本当に住みやすい地方都市の未来につながるような気がする。


IMafejoawefG_7169.jpg
[↑]町内の運動会に参加。次は秋祭りのお手伝いの予定
スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード