FC2ブログ

やっぱり・・・おばばか

ひと月近く前のことですが。。。
姪っ子の運動会があったので、応援に行ってきました。
今年から小学2年生になった姪っ子。
去年の運動会は小学校も保育園も応援に行っておらず、久々の
観戦でした。
田舎の学校なので、超~少人数!
運動場を囲むように、キャンプ用タープで各家庭の応援席が作られ
ていました。見たところ、熾烈な場所取り合戦はないように見受けられ
ました。平和だ・・・。

プログラムを見て驚いたのが、全校児童リレーという競技があったこと。
私の在学時代(えーと、何年前かなぁ?)には、まだ児童数が今ほどは
少なくなかったので、選抜された選手でリレーは走ったような記憶がある
のですが、運動が苦手な子も、足が速い子も全員参加。
何チームかに分けられているので、チーム全体でのバランスはおそらく
先生側で考慮してくれているかと思われますが。。。
学年ごとに順番が回ってくるシステムのようで、高学年に進むにつれて、
バトンタッチが上手になっていて、姪っ子の学年は落とさないように慎重に
ゆっくり手渡ししている印象でした。
叔母バカで本当にすいません。姪っ子の走りは素晴らしいもので、
一位で受け取ったバトンをそのままの順位を守り、次に繋いでいました。

保育園の運動会を観戦した時は、成長ぶりに目頭が熱くなりましたが、
大きくなった姪っ子の姿には目を細めるばかりでした。
人数が少ないからか、何かと出番が多いように感じました。自分以外の
誰かががんばってくれるから、自分は別にがんばらなくてもいいや!とは
なり難い(はずな)ので、これは責任感が育つかも!とメリットを考えてみた
ものの、人数が少ないので、クラスも一クラスのみ。「クラス替え」なんて夢
の世界で、高校生とかになって大人数に揉まれるときのギャップに悩むよな
とか実体験も交えて考えてみたり。


それにしても、子どもの体力ってすごいですね。実家に戻り、オットも合流した
のですがオット大好きな姪っ子達は、オットの姿を見つけるなり、「楽しい遊具」
を見つけたとばかり、飛びついてアクロバティックな遊びを要求する元気さ。。。
一人を肩車し、もう一人は抱っこからのフリーフォール遊び。とうてい私には真似
できない遊びです。(案の定、筋肉痛になったそうな。)
IMG_20180612_132703.jpg

まるでトーテムポール・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード