FC2ブログ

今年の冬はとても寒くて長いから

今年の冬は寒い…と嘆いている人も多いようですが、
冬生まれの私はそうでもありません。
深夜に自転車で帰宅する際など、
さすがに顔が痛い…と感じたりしますが、
暑さにぐったりしてしまう夏を思えば、
“これも悪くない”と思えます。

そんな冬好きの私なので、
寒いときは寒いところへ行くのがいい!
と思い立ったりします。
めちゃくちゃ寒いし、宿も空いてるだろう、いいこと思いついたな。
と、してやったり気分だったのですが、
狙っていた宿は満室。
あらら、同じようなこと考えている人がいるのね
と、がっかりしながらも、
この観光地、人気なのね!とうれしくなったりします。

そう、私が行きたいと思ったのは、飛騨高山です!
このエリアのガイドブックを作り始めて、はや何年?
それこそ、10年近く経過していると思います。
先日は母親に、
「これまで一番訪れた街、ベスト3に高山が入るんじゃない?」
と言われ、確かにそうだ!と思ったくらいリピーターになっています。

気候が自分に合うということもありますが、
伝統を大切にしつつも、ほどよく新しさがあったり、
真摯であたたかい人が多かったり、
というところにも魅力も感じています。

そんな飛騨高山の魅力と見どころを集めた
『まっぷる飛騨高山'19』が先日発売されました!
今回も、弊社で制作を担当しています。

定番の見どころはしっかりおさえつつ、
フォトジェニックなシーンや、
若い世代の方が手がけるショップなど、
新鮮な話題も取り上げています。

いつ訪れてもほっとする場所があり、新しい発見もある。
季節ごとにまったく違った表情を見せてくれるエリア。
『まっぷる飛騨高山'19』を手に、
飛騨高山を訪れて頂けたらうれしいです。

0040040000122_convert_20180215210702.jpg
▲昨年末、テレビのクイズ番組で「この表紙はどこのガイドブックでしょう?」
という問題が出題され、テレビに『まっぷる飛騨高山』が映った際には、
2017年最高?という歓声を上げました(笑)。


スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード