もうすでに、ちょっと泣いてる仕事

先週出かけた遠方取材旅行。
相当欲張った盛りだくさんの取材内容や、
悪天候に疲労しながらも、
取材先での素敵な出会いに、いちいち感動。
涙ぐみそうになるのを堪えつつ取材を終えた日、
このブログを読んでみたら、
KITOさんのタイトルが『泣ける仕事』!
奇跡の一致に笑いました。

見ているだけでときめく商品や、
ほっとするお味の手作り料理、
あちこちに咲く野の花や、
名古屋とはまるで違う静けさにも満たされたけれど、
何より人があたたかい。
「ひどい雨だよー、傘持ってく?」とあちこちで持たされそうになったり、
「おなかすいてない?これも作ろうか?」 
「これはおみやげ。電車で食べてね!」と、
やさしいお母さんたちに、もてなされっぱなし。

スケジュール通りに進めなければ、
撮り忘れや聞き漏らしがないように、
カメラマンさんに気を配れているかしら、と
頑張って張りつめている気持ちが、ついほどけそうになる。

一緒に取材を回ってくれた、
編集部の方やカメラマンさんにもずいぶんと助けられました。
長時間、過酷なスケジュールをこなしつつも、
やわらかな笑顔でほっとさせてくれるお二人。
本降りの雨さえも、
「雨の町並みも撮影できてよかったですね」と、
恵みの雨と感じさせてくれた、素晴らしいチームでした。

私が出会って心動かされた街を、
美しく、確かに、
時にはっとするような大胆さで切り取ってくれた写真。
これに応えるような編集と執筆をしなくては…と、
責任の重大さを感じているところ。

みなさんの思いや仕事を受け取って、走り続ける日々。
校了を目指す旅はまだまだ終わりません!


▼旅は道連れ、ですね。雨ニモ負ケズ、撮影中
image0625_convert_20170625164813.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード