ハンサム、プリーズ!

先週は私好みのハンサムに出会えた、うれしい一週間でした。

<ハンサムその1>
以前から会ってみたい人の一人だった俳優のIさん。
幸運にもインタビューする機会がめぐってきました。
ルックスは当然、予想通り(以上?)のカッコよさでしたが、
切れ味のよいトークも期待通りでした。
自分の意志がしっかりしていて、それをはっきりと伝えられる人。
でも、エラそうなわけではなくて、
非常にオープンマインドな人、という印象でした。
各方面に配慮したり、八方美人でいたりする方が
何かとうまくような業界?世の中?なのかな、と思いますが、
きちんと自分の筋は通すという姿勢でいられるのは、
やはり自分に自信があるからかな、とも思います。
譲れない信念をしっかりともっている。
外見だけでない、内面の美しさは人を輝かせます。

ちょっと今、イケてるかも~という雰囲気イケメンとは一線を画す、
時代を超えるかっこよさって、これだなと感じました。


<ハンサムその2>
“ハンサム”と店名に冠したお店があります。
伏見の地下街にある“ハンサムバーガー”。
なかなか気に入ったハンバーガーに出会えない私なのですが、
ここのハンバーガーは、まさに私好み!
パティが分厚すぎず、火が十分に通っているので、
肉汁がだらだらとあふれない。
でも、しっかりとうまみがある。
きれいな野菜がたっぷり。
ハンバーガーのサイズにぴったりの袋に収まっていて、
食べ終わるまで、きれいな状態がキープできる。
(ハンバーガーの終盤がぐちゃぐちゃになってくるのが苦手な私)
一口食べて、思わず「うまっ!」と言いたくなる満足度の高さ。
あまりのおいしさに、週2で行ってしまいました(笑)。

人気の店に行ってみても、なかなか好みのハンバーガーに出会えず、
「私はハンバーガーとの相性が悪いんだ…」と
あきらめかけていたところへの出会い。
週1で通いたいな…、
会社の近くに支店できないかな…、
もしくは会社が店に近づかないかな…、
バイトしたら、まかないで食べられるかな??
などというくらいのお気に入り。
人生あきらめてはいけませんね。

おいしさの秘密を取材したいな…と思ってしまうのは、
やはり職業病?
非常に人気で混み合っているので、
おいしく頂きました! また来ました!
ということさえ伝えられずにいるのですが…。


▼早く食べたい!という気持ちが募って、これ以上の絵作りはできません
FullSizeRender_convert_20170609204802.jpg


スポンサーサイト
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード