FC2ブログ

挑戦した14歳と腐っていた43歳

3月12日は名古屋シティマラソンだった。
私もハーフにエントリーしていたが、
脳の血管が詰まってまだ日が浅いということで
ドクターストップがかかり断念。
そんなこともあって、先週末は
けっこう一人で腐っていた。

話はかわり、我が家の中2の息子。
いわゆる思春期で反抗期の真っただ中。
正直、彼の発言が
家族の雰囲気を悪くすることも多い。

息子は見た目はソフトだが
中身はけっこう頑固だと思う。
一度決めたら、なかなか曲げない。
そんな彼は最近2つの挑戦をした。

1つめの挑戦は「世界遺産検定」。
“人と違う検定に挑戦したい”ということで
友だちなどに声をかけることもなく
ひとりで勉強を始めた彼。
毎朝30分早く起きて、カリカリとやっていた。
ちょうど名古屋シティマラソンの日が検定日だったので、
マラソンに出ることのなくなった私が
試験会場まで送迎をした。
「大丈夫?」「忘れ物ない?」など心配する私をよそに、
大人に混じって堂々と試験会場へ入っていく彼。
あとで結果を聞くと、「自己採点の結果は合格」とのこと。

2つめの挑戦は「生徒会」。
中2の一年間、生徒会の書記を務めた彼は、
“もう一年務めて、やり残したことを完遂したい”と
ふたたび書記に立候補した。
ところが、一年生を書記に当選させたい生徒会顧問の先生たちから
「あなたなんて推薦する友だちいるの?」
「会計にしたら?」と、罵声や横やりが入ったらしい。
それでも息子は信念を曲げず、生徒会顧問に負けることなく
書記に立候補。
けっきょく、顧問の不正行為が校内で問題になり
息子が当選することに。

彼は2つとも結果を残した。

そんな息子の2つの挑戦を、少し遠目で、
ハラハラしながら見ていた自分。
振り返ってみると“てめーこそ、しっかりしろよ!”と思う。
マラソン断念したぐらいで腐ってる43歳のオヤジは
相当かっこ悪い。
仕事だってそう。
勝手に悲観して腐って、相当かっこ悪い。



見た目はソフトだが
中身はけっこう頑固だと思う。
一度決めたら、なかなか曲げない。



これ、本来は俺のことだったじゃないか。
息子に専売特許を奪われないように、
来期もしっかりと挑戦していきたいと思う。


488283222767506022_n.jpg
[↑]検定会場へと向かう息子。小さな背中から学ぶ日が来るとは


負けんぞ~!!!



スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード