FC2ブログ

夏の小説


毎日暑いですね。

突然ですが、夏になると読みたい小説ってありますか?

青春、スポーツ、夏休み、ホラー…。
夏を浮かべるにはいろんな設定がありますよね。

念のため調べてみました。

無題

えっと、ぜんぶ知りません。
こういう時もあるんですね。

夏になるとよく読む小説があります。
太宰治の『ヴィヨンの妻』です。

aaaaaavi!!.jpg

作家を季節でイメージしたりしませんか?

太宰治は夏の人。
主人公の多くはダメ男で失敗ばかり。
その失敗も派手ではなく、地味だけど、
かかわった人は確実に迷惑を被る。

そのどうしようもない雰囲気が、
もの静かで、暑い夏を連想させます。

中でも『ヴィヨンの妻』に出てくる、
亭主のダメっぷりはとても痛烈。
嘘付きで、女好きで、家に帰らなくて、
お金使いも荒く、性格も悪い。

一方で、主人公の奥さんの
懐の深さに救われます。

ダメ男を支える、良妻。
その関係がとても心地良く感じます。
夏の暑さも和らぐ、みたいな。

「わが身にうしろ暗いところが
一つも無くて生きていく事は、
不可能だと思いました」

亭主に振り回され、
悟ったように呟く妻。

ダメな亭主を包み込む、
やさしさ以上の理由が分かる気がします。

盛り上がって暑さを吹き飛ばすのも良いですけど、
小説で、黄昏の夏を感じるのも良いですよね。

スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード