FC2ブログ

よくわかっていないけど、知り得た知識を共有してみようの回

来週の日曜、7月10日は、参議院議員選挙の投票日ですね。
週末に名古屋駅に出かけましたが、各候補者が蒸し暑い、にわか雨の
降る中、熱い演説を繰り広げていたようです(急いでいたもので・・・
すいません。鬼スルーしました)。

はてさて、政治のハナシをブログに記して良いものかどうか?全く分かり
かねますが、この選挙の制度のハナシを少々。

先月、住民票をA市からB市に移した私。
なので、実家(A市)にも、現住所(B市)にも先述の参院選の投票用紙が
届いていないのです。
うまれて初めて住民票を移した、このタイミングでの、参院選。
意外と(?)真面目に選挙の投票には足を運んでいる私なので、
「選挙権はどこに行ったんだ?」と軽い憤りを感じている訳だったのです。
そうです、選挙の公示日の前日から3か月前までの期間に住民票を移した
場合、どこの「選挙人名簿」にも記載されていない人物として、選挙に投票
できない制度だったのです。
(多分、選挙のたびに、票のためにむやみに住居を移転させて票を稼ぐとか
そういった輩がいたのでしょうね~。あくまでも推測)

ですが・・・
昨年6月に公職選挙法が改正されまして、この改正で改正前は、選挙権が
20歳以上だったものが、18歳以上へ引き下げられたことは、ニュースなど
で取り上げられていますよね。
18歳というと、大学進学する年齢でもあります(一部除外)。進学に伴い住居
を移転する人も多くいるということで、便乗した感じ(?)で、
選挙人名簿の登録制度の改正法案」も採択されたようでして。
難しい用語ばかりで、一般人の「投票への道のり」を遠ざけるような気が
してしまうのは、私だけではないはず!と思いたい。

書類
ちなみに。。。こんな用紙をA市(実家のある旧住所)へ送り、投票用紙を送って
もらい、B市(現住所)で投票という手間がかかります。
やはり、新たな住所に投票用紙を送ってくれれば良いのにね。

同じ状況の方は、ぜひ今すぐHPなどで正しい情報を仕入れて清く正しい一票を!
(総務省のHPは、改正前の情報なので(!!)、他のHPを推奨します)
スポンサーサイト



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード