FC2ブログ

夏が終わる

明日で8月が終わります。
「夏が終わる!」と焦る人がいますが、
安心してください、名古屋は9月でも夏ですよ。

私は夏満喫派ではないので、
あんなことやこんなこと、夏らしいことしていない!
という焦りはありません。

そんな私にはあまりなじみのない仕事を先日してきました。
夏の島に行ってフォトジェニックな写真を撮ってくるというもの。

夏の島かぁ~、暑いよねー。。。
虫もいるなぁ。。とあまりテンションは上がらなかったのですが、
行ってみたらとても楽しかったです。
かなり蒸し暑くて、虫もいろいろいましたが。
やっぱりいいですね、夏の島。

その素敵さは、撮影した写真にばっちり収められていますので、
どうぞご期待ください!


▼帰りの船から撮影した夕焼け。
 こんな美しい空が見られただけで、そりゃあもう幸せ、、ですよね。
IMG_4987_convert_20180830200636.jpg

スポンサーサイト

桃が硬い。
長野に住む友人から桃をたくさんもらったんですが、
それが硬いんですよ。
1箱くらい。全部。

桃が硬い。
知ってます?
硬いんですよ桃。
包丁でこうやって切るじゃないですか?
真ん中あたりで刃が止まるんですよ。
桃が硬いんですよ。

ぜんぜん切れない。
なてよこななめに刃を移動させて切るんですよ。
桃が硬いんで。
そうするなんとか不格好ながら切れるんですよ。
なてよこななめ、みんなの力で。

何なんでしょうね中央の硬い部分。
種なんでしょうか。
まったく丸くないじゃないですか?
こんなふうに色が変わってはいますが、
硬い。丸くない。桃。

桃が硬い。
頑張って切って剥いて息子に出すと、
「おいしいけど、かたいね」
ですよね。
ちきしょう、わかっているとも、桃は硬いんだよ。

もっと熟すのを待てばいいのでしょうか?
ネット検索?
シリ?グーグル?アレクサー?
キッチンペーパー注文して?
って単位は?
1ロール?1箱?
あれ本当に注文できるんですかね?
分かりにくいですよね。

桃が硬い。
気長に待ちますよ。急いでないのでね。
急がば回れだ。

すばらしい日々

お盆が終わり、平成最後の終戦記念日も過ぎた。
戦争の語り部が減る一方で、
SNSでの過激な語り部は増え、
世の中が戦争に向かっている気がしてならない。

嫌悪=憎み嫌うこと。

最近は“自国ファースト”な国が多く、
自分の利害関係を押し付けた結果、
どこかの国に憎み嫌われるという話をよく聞く。

一度抱かれた嫌悪感を
払拭することは不可能だと思う。
憎み嫌われる前に
その火種に気づき、改善すれば良いのだが、
自国の都合を優先し、
他国を思いやることができない国は
忠告を受け入れることなく
何度も同じ過ちを繰り返し、信頼をどんどん失っていく。
失って初めて、ことの大きさに気づくのだが、
もう取り返しはつかない。

自分の好きなユニコーンに
「すばらしい日々」という曲がある。
サビの一節に、
「忘れられることで、また会うことができる」という
ニュアンスの言葉があるのだが、
終戦記念日の後に聞くと、いつもとは違う思いが重なる。

過ちに気づくことができた国は、
悲しみ、弁解、怒り、いろんな交渉をしたいだろうが、
すでに手遅れとなっているときに
言葉を重ねても遅い。

時間はかかっても、相手国の平和を願いながら
とにかく黙り続けよう。そして忘れられよう。
そうして初めて、もしかすると
新しい2国の関係が築けるのかもしれない。

いつかきっと、すばらしい日々が来ると信じて。


IMG_64568690.jpg
[↑]公園で子どもが遊ぶ何気ない風景。
   これも貴重な平和の上に成り立っている

DIY?


先日我が家にキャットウォークがやってきました。

catwalk.jpeg
■手作りキャットウォークとそら


母が手作りしてくれたもので、うちの猫たちは毎日活用しています。
猫たちが気に入ってくれて母も満足げでした。

私の部屋はかなーーーり手狭なのですが、
猫に住まわせてもらっている気持ちで
猫にとって快適な空間づくりを心掛けています。

毎日癒しをくれる猫たちのためにも
これからも日々の仕事を一生懸命頑張ろうと思います!

夏と言えばコレ!

最近は色々と制作が重なり、かなりバタバタしていますが
お盆のお休みは小さなお祭りを楽しんできました。

実家の近くで行われる花火大会に合わせて帰省。
お昼過ぎまで雨が降っており、
開催が危ぶまれましたが小雨がぱらつく中、無事開催。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に行く予定でしたが
おばあちゃんは人混みが苦手なのか、
急遽家でお留守番に。
家に戻ってから撮った写真を見せてあげると、とても楽しそうに眺めていました。

来年は少しだけでもいいので、一緒に見れるといいなと思いました。

ちなみにプチ情報ですが、
家の中ではなく、外で犬を飼っているお宅は要注意。
花火の音にびっくりして逃げ出してしまう子が多いです。
それと同様に台風にも要注意です。
19号と20号が近づいているので、注意してみてあげてください。

2年前、取材で訪れた動物愛護センターで得たプチ情報でした。

20180823013705d2e.jpeg

花火の写真はタイミングが難しい…

北海道へ


明日から、北海道取材へ行ってきます。

行き先は網走・北見・知床エリア。
ゴールデンカムイ、カーリングなど、
注目を集めるスポットも巡ります。

また、現地の様子をお伝えしますね。

涼しいといいなーー。


夏のおもひで

猛暑が少しおさまりましたね。
夏休み(学生だけですが)も終わりに
近づいています。

今年の夏は何したっけ?
と思い返しても大して何も出てこなくて
愕然としています。



とりあえず、最近食べたカキ氷を
アップしてお茶をにごします。
こちらは会社すぐ近くにある氷屋さんのもの。
安くて美味しいです。


そういえば名古屋城の宵祭りに
行きたいって言ってたんだ!
と思ったら、夏祭りという名のイベントが
先週終了していました。
愕然としています。

意識していないとどんどん過ぎ去ってしまいますね。
こわいこわい。





とりあえずカキ氷をアップして
お茶をにごします。

最後のはソフトクリームじゃないか!
とお思いでしょうが
下にはカキ氷が入っているのです。
両方とも伊賀で食べました。
そう、忍者のくに伊賀で。




今年は冷たい甘味を食べすぎました。

仕事にとって大切なこと

RYOTAくんの話題とつながって奇遇ですが、
私もEテレをよく見ています。
え、これNHK?っていう攻めた番組もあって、
見ていてとても新鮮です。

先日、会社から帰ってふと見ていた番組は、
出演者の悩み事を解決すべく、
哲学者の言葉を引用して考えてみるという内容でした。
いくつかのテーマの中で、
「仕事にとって大切なこと」という項目がありました。
そのテーマに引用されていたのは、
アメリカのホッファーという哲学者の言葉。
ちなみに、ホッファーは哲学者や著述家として活動しながら、
港湾労働を65歳まで続けていたので、
「沖仲仕の哲学者」と呼ばれたそうです。

そんなホッファーの「仕事にとって大切なこと」は、
“自由と運動と閑暇と収入の適度な調和”だそうです。
なるほど、確かにそうかも。
自由がなさすぎるのは窮屈だし、
適度な運動を伴う仕事は爽快さを感じる。
暇がありすぎても退屈だけど、
息つく暇もない毎日はしんどい。
心にゆとりがあるこそ生まれる発想も多いはず。
お金だけが仕事で得る報酬じゃないなんて言っても、
労働への正当な対価が支払われなけば、
勤労意欲も失せるでしょ。

そんなうまいことバランスのとれた仕事ってあるのかな。
ちなみに、ホッファーにとっては、
港湾労働こそがこの4つの要素のバランスがとれた仕事だったとか!
すごくキツそうな仕事なのに…。
人によって感じ方はさまざまですね。

みなさんは、仕事にとって何が大切でしょうか?
ちょうどよく満足と感じる仕事に携われていたら、
それはそれは幸せ、ですね。
客観的に見たらバランスとれてないでしょ、って仕事でも、
愛さえあれば、それはそれで幸せ? かもしれませんね。


▼映画に携わる仕事をこよなく愛する知人が働くシネマスコーレ。
予定調和でない展開にぐいぐい引き込まれる超話題作『カメラを止めるな!』を
絶賛上映中です。にじみ出る映画愛にも心があったかくなる作品でした!
IMG_4930_convert_20180817222142.jpg

絶妙なおしり

息子のおかげで
アニメを見る機会が増えたのですが、
ユニークで面白い話が本当に多いですね。
スポンジボブ、少年アシベ、羊のショーン、などなど、
見た目のかわいさとは違って
シュールかつギャグ満載な展開がスゴイ!

そして今はまっているのが、
『おしりたんてい』。

絶妙。
「おしり」と「たんてい」という異世界のワードの組み合わせが、絶妙。
そして、このビジュアル。
▼公式ホームページ
https://www.poplar.co.jp/topics/44666.html
なんだこれ!?

顔がおしりなのか?
おしりの形をしてるだけの顔なのか?
だから「おしりたんてい」と呼ばれるのか?

どうやら後者のようです。
2012年から絵本としてスタート。
今年の夏、期間限定でアニメ化されました。

名探偵として難事件を解決していくストーリーなのですが、
設定やセリフがこれまた絶妙なのです。

●IQは1104(いいおしり)
●好きな食べ物はスイートポテト
●口ぐせ
「どんなじけんもププッとかいけつします」
「ふーむ、においますね」
おしり(おなら)にこだわっています。

ストーリーの終盤、
犯人を追い詰めたときの必殺技もあるのです。
「それでは しつれい こかせていただきます」
と言って顔のおしり部分(口)からブフォー!っと
息(?)を犯人に吹きかけます。
すると犯人は、
「うう~、く、くさい…」
と言って降参します。

え!? くさいの!?
おならなの!? 口から!? 口臭!?

ふーむ、わかりませんね。
きっと、そんなこと気にしなくていいのでしょうね、たんていさん。
おすすめです。

インターンシップ

8月6日~7日にかけて、
当社にインターンシップの学生がやってきました。
高校2年生の女の子です。
学校の方針ということで、
本人が希望の職種にあったインターン先を見つけ、
自分でその会社にアプローチしなければならないとか。

数ヶ月前、か細い声で電話がかかってきたことが思い出されます。
その声を聞いて、不安を覚えたことはまったくなく、
高校生のなかに出版に関心がある子がいたことを
とてもうれしく思いました。

インターンシップの内容は各社それぞれだと思いますが、
当社は仕事のお手伝いより、
ふだん自分たちがやっている仕事を体感してもらう、
キッザニアのようなプログラムを組みました。
1日目は私から、本作りの全体の流れを説明。
自分が編集長になったつもりで、
作りたい本の企画書を作ってもらいました。

2日目は礒永と堀田が原稿制作についてレクチャー。
情報誌の原稿の書き方、Web原稿の書き方を説明、実践してもらい、
最後は前日に企画書をおこした本に関する
リード文や商品紹介文を執筆。

最終日は須崎と豊島がデザインについてレクチャー。
情報誌のデザインの構造について説明をした後、
実際にある本を例にとってラフにチャレンジ。
この日も最後は、自分の作りたい本の特集ページを想定し、
ラフをつくってもらいました。

毎日、違う内容を説明、実践という流れでしたが、
3日間を通して彼女が作りたい本の、企画、原稿、ラフを
体験してもらったことで、本作りの一連に
少しはふれることができたのではと思います。

これまでも当社では、学生の受け入れはウェルカムで行ってきました。
社会貢献といえば大げさですが、
教える側のこちらも、頭の中を整理することができますし、
純粋な学生の思いにふれることで、
自分たちの原点に立ち返ることができます。
彼女が再び出版の世界に来てくれるかはわかりませんが、
体験してもらったことを誰かに話したり、
あるときふと思い出したりすることで、
一人でも出版の世界に興味を持つ人が増えてくれればと思います。

S高校のMさん、ありがとうございました。
いつか仕事でつながりましょう!



IMG_6jfeso623.jpg
[↑]インターンシップ後すぐに届いた丁寧なお礼状。
   うれして、社員の前で読み上げました


39℃のとろけそうな日

毎日暑いですね。
この猛暑の中、先日犬山の城下町で取材をしてきました。
実は以前に3年ほど犬山に住んでいたことがあり、
懐かしいなーなんて思いながら、汗をだらだらかいていました。

平日にもかかわらず、城下町にはたくさんの観光客の方がいました。
盛り上がっているんだなーと実感しつつ、ずっと汗をだらだらかいていました。
(とにかく暑かった)

汗をかきすぎて、どろどろになりながらも
やっぱり取材は楽しくて
とっても充実した一日になりました。

住んでいたときにはなかった
新しくできたジューススタンドで桃のスムージーを飲んで生き返りました。

momonosmoothy.jpeg

秋の涼しくなったころに、また再訪したいなーと思います!

黒ペン

まだ学生だった頃、
昔から絵を描くのが好きだったので
先生に描いた絵を見てもらったことがありました。

どれも鉛筆で描いていたため、
「線に迷いがあるように見える。清書したらいいと思うよ。」
と言われたことをキッカケにはまった黒ペン集め。

社会人になってからは絵を描く時間も減ってしまったため、
黒ペンに対する興味が薄れてきましたが
ここ1年くらい再びブーム到来です。

最近のお気に入りはぺんてるの「プラマン」。
プラスチックの万年筆を略して「プラマン」です。
その名の通り、万年筆っぽい書き心地で線に強弱がつけれます。

値段は1本400〜500円くらいで、普通のボールペンに比べれば高いですが、
万年筆よりは断然安いのでよく使っています。

20180807224850fcb.jpeg

インクカートリッジが交換できるのも魅力的。

平成最後の夏。



日本で一番暑い夏。ですよまったく。



はやく暑さ和らいでくれないかなあ。
残暑プリーズ。



せめて耳だけは夏の終わりっぽく。
ゆるーい、まどろみ系の音楽。



download.jpg



ずっと、homeだと思って
聴いてたら、honneでした。
ややこし。


わたし、気になります

ガチャ好きで、ラインナップを
よくチェックしてます。

先日こんなの見つけました。



ガチャの内容は問題ではないです。



1回1個入り
各100円(税抜き)。。。
8円はどのように払えばよいのだろう。
各100円という表現もなんだか気になる。
1回100円とは違うのかな。
やってみればよかった。


そんなことより
先日のおいでん祭の花火は見事でした。
特等席から観覧させていただく機会に恵まれ
今年の夏いちばんの思い出ができました。



なんだかもう夏の終わりが近づいてる気がして
不安を感じます。
もっと夏遊びに出かけなければ。
なんせお祭り女なので。

今年こそは郡上おどりへ!

新聞読みたい

家族と別に暮らすようになって、環境がいろいろと変わりました。
便利になったり、不便になったり、
気楽になったり、ちょとさみしくなったり…。
そのなかで、残念なことが一つ。
毎朝の習慣だった新聞が読めなくなりました。
いや、自分でも取ればいいんですけど。
一人だけが読むために取るのもなぁと。

朝、起き抜けに朝刊を広げ、
もたくたと新聞に目を通しながらウォーミングアップする時間は、
省略できるムダ時間とも言えるのですが、
慌ただしい朝だからこそ、
そんな時間を持つべきでは?とも思ったり。

新聞に載ってるニュースは、
ずっと早くにネットで読めますよ!
と言われるかもしれませんが、
いや、そうじゃない。
新聞を広げると、
自分が選んで読もうとしていない情報も入ってきます。
話題になっているニュースの裏側だとか、
より深く知ることができます。
淡々と語られるほんの数行のニュースに、
心を揺さぶられるようなドラマを感じたり、
新聞にはいろんな出会いがあるんですよ!

スキを見て、会社でちょいちょい読むのですが、
なかなか追いつかず、
こんな時に限って取材先で、
「今日の新聞に載ってましたよね~」なんて話題が出ることも。

あー、ゆっくり新聞読みたいなぁ。


▼自分が関わった記事が出てくると、冷静に仕上がりを気にしつつも、
やっぱりうれしくなります。
IMG_4909_convert_20180802200541.jpg

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード