韓国たびたび

先日、取材で韓国へ行ってきました。
ソウルをはじめ、いくつかの都市をめぐる3泊4日の旅でした。

プライベートの旅だったら行くことがなかったであろう
街やスポットをめぐることができて、
韓国リピーターの私にも新しい発見がいっぱい。
とても新鮮な体験でした!

周りの人に、積極的に旅の思い出を話していますが、
先日ゆっくり話せた友人は、
「楽しい旅だったってことが
すごく伝わってきたよ」と微笑んでいました。
(もしかして、私の盛り上がりに困惑してた?)

ツアーをナビゲートしてくださった関係者の方は、
「まず、参加した方が楽しんでいなければ
いい記事がかけませんよね。
そう思ってツアー内容を考えました」と。


取材内容をまとめた記事でも、
十分に楽しんだ気持ちに乗せて、
情報を伝えられますように、と心に留めながら、
制作をしています。

▼美しく、美味しい食事。
 コリアンビューティの秘訣は豊かな食ですね
image1_convert_20171130122526.jpeg


IMG_3913_convert_20171130122556.jpg
▲▼平昌オリンピックに向けて盛り上がってます!
image3_convert_20171130122718.jpeg

▼日本に似てる?のどかな秋の風景
image2_convert_20171130122932.jpeg

スポンサーサイト

ハンバーガーと電車が好きです

マクドナルドもモスバーガーも大好きなんですが、
自宅の近くにマクドナルドがあるので、
よく行くのはマクドナルド。

先日行った際、てりやきのセットを注文。
あ、そういえば三角チョコパイの “ 白 ” が期間限定だなと思い、
「 あと追加で白の~ 」 と言いいかけたところで、
店員さんに 「 すみません、もう販売終了したんです… 」 と言われてしまいました。

あぁ、まだ言ってない。最後まで。
“ 白の三角チョコパイ ” って言ってないよ?
もしかしたら “ 白の…ワール ” って言ったかもしれないよ?
そんなわけないよ。
代わりに買った、“ 黒の三角チョコパイ ” がうまいよ。
とても。


名鉄もJRも大好きですが、
名古屋市に住んでいるとよく利用するのは地下鉄です。
そんな名古屋市営地下鉄が、今年で開業60周年。
記念イベントが藤が丘駅の近くにある車庫?工場?で行われました。

名古屋市の広報チラシで知ったイベントだったので、
なんとなく行ってみたのですが、すごい人!
入場に大行列!さらに入場制限!
おもにファミリーと鉄っちゃんです。
やや鉄っちゃん多め。
※鉄っちゃん:鉄道好きの方の愛らしい呼称

イベント内容は、
模擬運転体験やトビラ開閉体験、地下鉄と綱引き対決など、
子ども向けな催しがいっぱい。

さらに地下鉄の歴史のパネル展示や車両部品の販売など、
鉄っちゃん向けコーナーもしっかりとカバーしていました。

部品ってなんだよ!と思いながら、
そのコーナーを見てみると人だかりで中がぜんぜん見えず。
購入が終わって人ごみから出てきた人の手には、
“ 藤が丘 ” と書かれた看板が。
電車の先頭についている看板?すごい!ほしい。

一番盛り上がったのは、車両のつり上げ実演でした。
天井の高い工場内で、地下鉄車両が一両丸ごと吊り上げられる様はまさに圧巻!

映像としては地味!

あぁ、まだ終わってないよ。最後まで。
全部で16秒くらいありますよ?
撮れませんでしたが、
このあと、なんと横移動するのですよ。
それも見ごたえあったのですよ。
とても。

四半世紀で決着した不毛な戦い

名古屋市西区の公立高校に通っていた私。
市内外のいろんな地域から生徒が集まっていたので、
よく話題になったのが「誰がいちばん田舎もんか」。

名古屋市では、栄や名駅といった中心部から見て
庄内川を北や西へ越えたエリアは「川向こう」と呼ばれ、
同じ市内であるにも関わらず「田舎もん」扱いされた。

当時、私が住んでいたのが名古屋市港区の西部、
そう、川向こう。
そんな私が、「俺のほうが都会に住んでいる」と
張り合っていた相手が、日進や長久手に住んでいた友人だ。

当時はともに、「日進町」であり「長久手町」。
モリコロパークはまだ、愛知青少年公園だった。

そんな高校時代の思い出から四半世紀が経った今、
当時の不毛な戦いは大きく戦況が変わってしまった。

日進「市」には、11/24にプライムツリー赤池という
ショッピングモールがオープン、
長久手「市」は、イオン長久手、IKEA長久手が連日にぎわっている。
なんと今年の6月に東洋経済新報社が発表した、
全国の市の「住みよさランキング(2017年)」では、
長久手市が全国3位、日進市が19位にランクイン!!
いま、住みたい街、行きたい街として
日進と長久手が大注目されているのだ。

先日、娘と二人で、“敵地”である長久手を攻略。
(新媒体のリサーチも兼ねて)
まずはリニモに乗ってイオン長久手を攻め、
もう一度リニモに乗って、IKEA長久手まで攻めてしまった!
“所詮、日進でしょ?長久手でしょ?”と一笑に付すつもりだったが、
楽しすぎて楽しすぎて。




IMG_4846.jpg
[↑]リニモの浮遊する瞬間を楽しむ娘


IMG_4852.jpg
[↑]IKEAは夕方、公共交通で行くのがおすすめ


もしデロリアンがあったら、高校の頃の自分のもとへ行き、
「日進や長久手には張り合うな」とアドバイスするだろう。

I love Vehicle♡

昨日まで、ポートメッセで行われていた名古屋モーターショーに
行ってきました。
父が毎回のように行っているので、開催されているという事実は
知っていましたが、実際に足を運ぶのは初。
小さい頃からドライブによく連れて行ってもらっていたのと、父と
兄がクルマ好きな(決してマニアではない)ので、自然と車名を
覚えてしまう性質に育っていました。
(私の場合、覚えるのは車名とメーカー名くらいで、性能的な部分
は、ちんぷんかんぷん・・・排気量とか。。。あ、でも値段は割と記憶

会社の掲示板(?)に貼りだされていた、モーターショーの招待券。
なんとなく行きたいな、と思っていたもののオット君はクルマに興味
が全くない(単なる、「足」としか思っていないのだそう・・・)。
ひとりで行く勇気もないな、と思っていながら実家に行った時に父が
前売り券を買ったことを知り、便乗することに!会社にチケットを寄贈
して下さった方に感謝します!
DSC_2310.jpg

DSC_2280.jpg

楽しい!!
DSC_2284.jpg
DSC_2296.jpg
未来に会えたり

DSC_2267.jpg
過去と合流したり

DSC_2303.jpg
ロボットだって。


若干、鉄子気味なのかと思っていたけれど、実際は、Vehicle(乗物)
全般が好きみたい。特に眺めるのが。
ディーラーとか行くのはハードルが高いけど(買う気がないので)
誰にも咎められず、じろじろクルマをたくさん眺めて満足しました。
あと、きれいなお姉さんもいっぱい見られましたし(おっさん化)。

忙しいけど楽しい

もうすぐ師走ということもあってか、仕事が忙しい。
けど楽しい。

鼻炎で鼻づまりになって、耳が聞こえづらくなるという影響もあり、
左から聞こえるKITOさんの声が8割方何言ってるか分からず、
大体のことに「はい、分かりました」と言ってしまっているけど、楽しい。

中々思ったようにデザインが出来ないときもあり、もどかしさを感じるときもあるけれど、それでも良いものが出来上がったときはやはり嬉しい。


よく趣味を仕事にしない方がいい、と言うけれど私は仕事にして良かったと思う。

趣味と仕事で多少の方向性の違いはあるが、どんなデザインにしようかと考えているときが一番ワクワクするのは、どちらにも共通すること。

このデザインを見た人がどんな反応をするのか、喜んでくれるのかを考えながら作業している時はスピードのノリも格段に違う。

昔から絵を描くのが好きで、その絵を見て誰かが喜んでくれるのがさらに好きで、それが今の仕事にも繋がっていると感じることも。

最近では、個人的に描いていた絵が人の役に立ちそうで、休みの日もペンを持つことが増えつつある。

気がつけば、あと少しで1年が終わってしまうという事実が悲しいけど。
無理をせず楽しく仕事をして、笑って一年を終えたいと思います。

伊勢づいてます。


伊勢志摩のガイドブックを作っています。
メイン担当のSUZAKI姉さんの下に付いて、
伊勢市、鳥羽市、志摩市の魅力を発掘。

もちろん、取材にも出かけます。

王道のおはらい町&おかげ横丁の取材はもちろん。
昆布削り、という珍しい体験をしたり、
松阪牛を食べ比べてみたりとさまざま。

たくさん担当ページをもらって、
いろんな場所へ行けるので本当に幸せです。
一生懸命作って、素敵な本にしますよ。

ここで、名古屋から伊勢志摩へ向かう
道中のオススメをひとつ。

unnamed.jpg

安濃SA(下り)で販売している、
伊勢醤油ソフト。
大内山ミルクソフトクリームに、
伊勢醤油そのものがかかっています。
(専用の“タレ”とかではなく)

すっきりと甘い“みたらし団子”のようなお味。
別媒体で「ソフトクリーム特集」を
作っている時に出合って、それ以来のお気に入り。

もひとつ。

aaaaa.jpg

SUZAKIさんに教えてもらった、
伊勢うどんパンもうまい。
(見た目もぷっくりしててかわいい)

パンの中に伊勢うどんが入っています。
もっちもちの生地に、
濃い味の伊勢うどんがマッチするんです。
これも安濃SA(下り)で販売。

取材、あと何日行けるかな。
楽しみ楽しみ。


痛い痛い



生まれて初めて
腱鞘炎になりました。

なんか手が痛いなぁと
思っていて、
湿布貼ってみたり
薬塗ってみたり
いつか治るだろうと
思って過ごしていました。

ところが2週間経っても
治りません。
むしろ悪化している。

“骨折してるんと違う?”
症状的に年齢的に
ありえるのだとか。
友達に言われて
整形外科に行きました。

なんとか骨折ではなかったものの
腱鞘炎と診断されてしまいました。

なったことがないから
どうしたらいいものやら。

仕事柄、安静にはできないため
サポーターしながら過ごしていました。

すると、発見!

キーボードの打ち方が
右と左で全然違う。

私は痛めた方を7~8割くらいの
割合で稼働していることに
気付きました。

割合を変えてみようと試みるも
慣れ親しんだ打ち方を
急に変えるわけにもいかず、、
普段何気なく過ごしていたけど
痛みを知って
見えることがあるんだなと
思いました。


今はだいぶよくなりましたが、
完治しているわけではなく
たまに一気に使いすぎると
激痛が走ります。
泣きそうになります。


労りながら仕事しないとと
痛感するこの頃です。


まずは
キーボードの打ち方から
見直してみようかな

セーブ

明日は大事な取材があります。
でもお酒の席も大事だったりします。
どっちも大事。

というわけで、人生初のセーブをしました。
お酒を、です。
もちろん飲まないわけではない。
酔わない程度に飲みます。
物忘れが激しいのでもしかしたら
セーブしたことあるかもしれないけど、
記憶にある限りでは
お酒の席ではいつも好きなだけ飲んでます。



明日は大事な取材です。
4時半起きです。

終わったら好きなだけ飲みたい。
次の日のことなど何も気にせずに。
美味しいお酒が飲めるように
明日は全力でいこう。

毎年恒例!

今年もこの季節がやってきました!
毎年恒例のボジョレー会です。

私が入社した年から、すでに開催されていました。
「もうすぐボジョレー会がありますけど、来ませんか?」
と誘われ、
ボジョレー会なんておしゃれだし、仲の良い会社なんだなぁと
思った記憶があります。

ボジョレーに合うおつまみを持参して、
プレゼンするのがお約束なのですが、
社歴が長くなり過ぎて、
これまでに何を持ってきたのかが思い出せません。

今年は、“勝手に高山観光親善大使”の自分としては、
やはり高山推しのセレクトで、これを選びました!

image1_convert_20171117220558.jpeg
ガイドブックでもいつもご紹介しており、
今年の社員旅行では高山でのランチで訪れた
「キッチン飛騨」さんの「やわらか煮」です。
とろとろに煮込まれていて、
なんこつまでやわらかく、おいしかったです♪


今年もみんなでにぎやかに、
ボジョレー会を催せて何よりです。

また、来年。。
って、あっという間なんだろうなぁ。

IMG_4081_convert_20171117220619.jpg
▲社長が本日のおつまみをプレゼン中!

何様

休日の午後。
なんとなく見ていたテレビ番組に出演していた、
鈴木ちなみさん。

岐阜県の出身ということもあり、
名古屋のローカル番組によく出ています。

彼女を知ったのは5~6年前。
全国区の朝の情報番組で、
海外レポーターのような感じで出ていたのです。
レポーターというよりは “ 旅行に来た観光客 ” という感じ。
いろんな建物や景色や人に出会っても、
あまり抑揚がないというか自然体というか。
のほほ~んとした感じだったのです。

そんな彼女が、
休日の午後のテレビ番組に出ていました。
まるで別人かのように。
まず、MCなのです。
大物俳優やゲストで来たアイドル、お笑い芸人に話を振りながら、
番組テーマに沿って進行していました。

成長しましたね。

あののんびりレポーター、
こんなにもテキパキと司会進行できるのかと。
とても感心しました。

さらに、
その番組の中継先には、
BOYS AND MENの本田剛文くんが出ていました。
中継先のリポーターとして。

自分は動く彼を見るのが初めてでした。
いろんなガイドブックで写真としては見たことがありましたが、
動いて喋っているところを初めて見ました。

なんてテキパキとしっかりした子なのだ。
彼は中継先で飲食店や一般人にインタビューをしていたのですが、
その聞き方・受け答えがうまい。
さらに、次の飲食店に向かおうとしたとき、
スタジオからの声を聞き逃さないように「え?なんですか?」と、
しっかり拾っていました。
中継リポートもしながらスタジオとの連携もばっちり。
どんな質問も答えも拾うぞ、という姿勢が素晴らしい。

鈴木ちなみさんと、本田剛文くん。
今後の活躍が楽しみです。

ブームに乗せられて

小学校2年生の娘のまわりで
「BINGO5」のCMが流行っているらしい。
♪ビンゴビンゴ~ビンゴ~
という曲にのって、パラパラのようなダンスをするアレ。
なるほどねぇ。

それよりも何よりも、
もっと流行っているというのが「スクイーズ」という。
スクイーズとは、
ケーキやドーナツといったスイーツや
キャラクターなどを模したスポンジのような玩具。
反発具合もいろいろで、
押してもなかなか戻らない“低反発系”
すぐに戻る“高反発系”
水風船のようなさわり心地の“水スクイーズ”
ジュルジュルと中身が動く“ゼリースクイーズ”
などバラエティ豊か。
なお、この名称は娘が勝手に呼んでいるものも含まれる。

子どもたちは色んな種類をコレクションしたい様子。
買ったりもらったりで、うちの娘も10個ぐらいある。

そんな娘が、コレクションだけに飽き足らず、
「自分でつくりたい」と言い出した。
ちょうど書店で、オリジナルスクイーズがつくれる本を発見。
スクイーズのベース付きで1500円程度という
なかなかのプライスだったが、即購入した。

IMG_fzdzd4780.jpg
[↑]こんな本が書店で売っています


さっそく家でつくることに。
まずは初級編。
ドーナツ型のベースに色を塗るというものにチャレンジしてみた。
白いベースに、薄い黄色の水彩絵の具を塗る。
その後、チョコレートの立体感を出すために、
乾いても硬くならない接着剤を絵の具にまぜる。

接着剤をまぜた絵の具は、なかなかの粘りけで、
思うように筆が進まない。
横に垂れてもうぐちゃぐちゃ。
一気に戦意喪失してしまった。

初級編で腕をならしたあと、
はさみでいろんな形に切り抜く本当のオリジナルスクイーズに
挑戦するはずだったが、その日はもう終了。
次回のチャレンジは未定という状況に。

ここまで読んで気づいた人がいるかもしれない。
そう、娘が挑戦しているのではなく、
私が挑戦しているということに。

シェービングフォームに洗濯のりをまぜても、
簡易スクイーズができるようなので、
週末に挑戦してみようかな~。

IMG_fsafd4774.jpg
[↑]父親に難しいところを塗らせておいて、
  仕上げだけやりたがる娘。すっかり女子!


2時間みっちり

先日、友達と二人でカラオケに行きました。
その友達との初カラオケ。
共通して、先週ベストアルバムを発売した女性歌手が好き
なので、2時間みっちり彼女の曲オンリーで。
GWに2曲だけ歌ったカラオケ以来、カラオケには行って
いなかったので、数曲ですでに声帯は疲れ果てましたが
今は、カラオケマシーンで、リードボーカルを入れられたり
ガイドボーカルといって、音程が画面に表示させたりできる
んですね!歌が上達した気になって調子に乗っちゃいそう
でした(最新曲など対応していない曲を歌って現実をつき
つけられたのですけどね)
・・・GW以前は数年カラオケから足が遠のいていた
ので知りませんでした。。。(ついでに言えば、曲リストの
分厚い冊子も部屋にはありませんでした。リモコンと画面
が一体となった機械があるのみ。そんなことにも驚くとは
浦島太郎にもほどがありますね。)
歌が下手なので(というか、歌がうますぎる友達が回りに
いすぎたせい?)カラオケに行くのがある時から好きでは
なくなったのですが、歌うのって、気持ち良いですね。今度
ストレスがマックスになったら、ひとりカラオケデビューでも
してみようかしら?

記憶力

最近、神経衰弱にハマっています。
友達から京都のお土産でもらった「鳥獣戯画」のトランプ。
パッケージがオレンジ色だったので、中身も可愛らしい感じかと思いきや違いました。

はじめは七並べがオススメと書いてあったので、その通りに。
数字とマークを順番に並べると絵が現れてきます。


自分の手札が先になくなったほうが勝ちという、しっかり勝ち負けがあるゲームですが、そんなことはどうでもよかったです。

早く全体像が見たくて、ひたすら黙々とカードを並べていました。

パッケージとは裏腹に、中の絵は可愛らしいものではなく、ちゃんとしたものなので並べた姿は圧巻です。

ババ抜き、スピード、大富豪と一通りのゲームをしましたが、中でも一番白熱したのは神経衰弱。

裏面の絵柄のせいか、記憶力低下のせいか全く覚えられず、同じカードを何回も引いてしまうことも多々ありました。
やればやれるほどアツくなったゲームです。

話は変わって先週、保育園からの友達と遊び小学生のときの話で盛り上がりました。小学生の時は携帯となかったから家電にかけてたよね、という話。
そのせいか、今でもお互いの家電の番号を覚えていました。

今はボタンひとつで簡単に電話でき、メールも打てる時代。

記憶力アップのため、夜な夜な神経衰弱をやる日は続きそうです。

記憶力が抜群に上がったその際には、どなたかお手合わせを願いたい。


最初の1、2回目はギリギリ覚えられますが、3回目以降の記憶はなくなります…

G SPACE Island


夏の終わり、というか秋の始まりにBBQ場の取材へ行きました。

岐阜県・土岐市にある『G SPACE Island』。
今年の夏にオープンした新しい施設です。

取材には男性アイドルグループ、SOLIDEMOのメンバーを起用。
明るくて、真面目な彼らのおかげでスムーズに撮影が進みました。

記事はこのサイトで見られます!

SOLIDEMOの3人が体験!
岐阜県土岐市のスタイリッシュBBQ
http://sp.walkerplus.com/gspaceisland/


かまくらにて職業病


初めて鎌倉に行って来ました。

江ノ電は絶対乗りたいと思っていて
乗り放題の切符を購入して
鎌倉~藤沢まで乗って満喫しました。
でも、訪れたのは三連休。
優雅に海とか眺められるわけでもなく
なんだか満員電車でした。
帰りは人混みを避けて
立って乗ることで景色を見ながら
楽しめました。

ガイドブックなどでもよく見る
江ノ電越しに海が見える風景を
写真に撮りたいなと思い、
鎌倉高校前で降りてみました。
すると、まあたくさんの人。
みんな、考えることは同じと思いきや、
あるアニメの聖地でもあるんですね。
外国の方がとても多くて、
バスケのユニフォーム着ていたり、
キャラクターの人形を持参していたり。
みんなの眼がきらきらしていて
とってもうれしそうで
こちらまでうれしくなりました。
きっと、作者の人もうれしいだろうなぁ。
写真を撮ろうという人たちが
たくさんいるため、
安全のため警備員さんもいました。

そこで思ったこと。

いざ、イメージしていた写真を
撮ろうと思っても、
撮影しようとしている人がたくさんいるし、
海と線路の間の道路はずっと渋滞しているし、
キラキラ海と走る江ノ電の写真、
簡単に撮影できるものではありません。
これ、撮影するには早朝かなぁ、
電車の時間も事前に把握しないと、など
なんだかロケハンに来ている気分に
なってしまいました。


先日の東京出張時にも
ふと入った店でいろいろ聞いていると
一緒にいたMARINAさんから
「取材してますよ」と指摘されました。

友人と行った旅先でも
写真を撮ってくれた人に
どこから来たのか、友達同志なのかとか
聞いてしまい
「取材しているよ」と言われました。

出会う人、訪れる店でも
なんだかついついいろいろ聞き込みしてしまいます。

リラックス、気分転換しているつもりでも
ついつい取材やロケハンをしてしまうのは
職業病のなにものでもありませんね。

enoden.jpg
なんとか撮れたけどなんか違う。早朝なら撮れるかな

牧場ラブ

相変わらず
ゲームに癒しを求めているSUZAKIです。

最近はスマホアプリのしま松が
私の日々の癒しになってます。
しま松とはおそ松さんの牧場ゲームです。


↑野菜育てたり家畜育てたりします。
わけあって現在はおそ松さんたちがヤンキーバージョンになってますが…

昔、牧場物語やどうぶつの森が好きだったので
そーゆうゲームないかな、と探したところ
こちらを発見。
特におそ松さんが好きということはなかったのですが、
牧場ゲームとしてかなりやり込める感じなので
毎日レベルアップし続けてます。
超楽しい。


↑キャラクターによっていろんな動きをするから、寄って見てみるとおもしろい


↑カワイイ!


この前、伊勢に取材に行った際、
休憩で入ったお店でしま松を見ていたら
隣でしま松をやってる女子二人がいて
親近感わきました。


あと、私もTOYOさんと同じく最近お仕事で
インスタ映えとかを考えることが増え、
(自分のインスタはまだ流行ってない時に登録したせいで
周りに誰もやってる人がいなくて全然更新しなくなりました、、、)
インスタ映えとかカワイイとかって
なかなか難しいなって日々感じます。

fc2blog_20171109031601505.jpg
↑自分で好きなものをトッピングして完成させるアイス。
ソフトクリーム溶けるし、かわいく仕上げるのなかなか難しい…
盛り盛りしすぎても後で食べることを考えるとムリできない…


カワイイってなんだろう。

Instagramはじめました

今さら!?ですが、始めました。
と言っても、これまでだってアカウントは持っていましたよ。
ただ、一方的に見る側でした。
だから、「インスタやってますか?」と聞かれると、
「ん?あ、あぁ…」てな感じの反応でした。

制作を担当している媒体でも、
“インスタ映え”や“フォトジェニック”
といったテーマがまだまだ全盛。
先日も、プロのカメラマンさんに、
インスタ女子が旅先で撮る…風なカットを
一眼レフで撮って、とお願いしてしまいました。

このアングルで、これぐらいの角度じゃない?
あ、このサイズ感の方がかわいい♪
などと撮影していたら、
俄然楽しくなってきました。
インスタ写真を撮るのが。

ということで、プライベートでも、
せっかくアカウント持ってるし、
頂いたお土産、何か形にしたいし、
くらいの気持ちでぼちぼちやっています。

ただ、世のインスタグラマーと明らかに違う点があります。
まず、積極的にシェアしようとしていない。
自分の日記のような感覚。
なので、見られるとなんか照れくさいのです。
「いいね」なんてしてもらったら、
やだ~~、なんで見てるの!?です(笑)。
いや、だってアナタがシェアしたんでしょ?ですよね。

次に、写真だけで成立させようとしていない。
コメントやハッシュタグ込みで完成!と思っています。
やっぱり言葉が好き。いや、言葉も好き。

写真撮影で、周りに迷惑かけない。
がモットーだったのですが、
先日はついに
「インスタの写真撮るからちょっと待って!」に(笑)。

撮影の構図の練習にもなりますよね。
ということで、しばし静かなブームが続きそうです。


▼今日出会った、かわいい仲間もさっそく撮影
IMG_3826_convert_20171107214355.jpg

もう少し粘ったら、もう少しいい写真撮れたんじゃ?
というのが、常に、カメラマンとしての自分への課題。。
精進します!

確か

業界用語…ってほどではないですが、
専門用語だったりビジネス用語だったり、
慣れて当たり前のように、
なんとなく使ってしまっているんですよね。
「フィックス」とか「グロス」とか。

この仕事を始めたころ、
ラフを作成していたときか原稿を作成していたときか、
物件データの有無について先輩に質問したことがありました。

すると、
「それは大丈夫だよ!データはリンクで飛ばすからね」と言われ、
「飛ばす??データはリンク…???」と混乱したのを覚えています。
もういまでは当たり前の言葉、会話なんですけどね。

ただ、ビジネス用語は苦手です。
よく仕事をしている相手であればよいですが、
お互いがわかっていることであればよいですが、
自分としてはなるべく使わないようにしています。
横文字はとくに。
抽象的になって自分が何を言っているかわからなくなりそうで。

やはり制作物として情報誌を扱う身としては、
正確な情報を分かりやすく伝えることを心掛けたいです。
自信のない専門用語よりも、確かな言葉で。

そんなことを考えながら、
また一つ情報誌が完成しました。

IMG_0630 (188x250)
昭文社「まっぷる愛知18」
一冊まるごと制作を担当しました。

IMG_0631 (250x188)
巻頭では “ なごやめしVS半島めし ” として、
知多半島の海鮮グルメを紹介していますよ。

バーチャルで知るリアル

秋めいてきました。
もう年末の足音が聞こえています。
いろいろ焦るなか
心落ち着かせるため、
休日は家で過ごすことが増えてきました。

秋の夜長ということもあって、
夜どのように過ごすかがポイントに。
そこで購入したのが「Playstation VR」。
“ゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティシステム”
だそうです。

スマホのゲームはやりますが、
TVにつなぐゲームは10年ぐらいやってません。
「バーチャルリアリティシステム」と聞くと、
自分が大学時代に流行った
「バーチャファイター」というゴツゴツのポリゴンの
ゲームの先入観があるため、正直「Playstation VR」も
たかをくくっていました。

先週末に初めてつないで、
海底でサメに襲われるゲームを体験してみたのですが…
スイッチを入れた瞬間、先入観はくずれました。
360度自分を取り囲む非現実の世界。
サメが登場するシーンでは
恥ずかしながら悲鳴を上げて映像を直視できませんでした。

とりあえずゲームはあきらめ、
ヘッドセットを通して映画を見ることに。
先日購入した「シン・ゴジラ」。
目の前には大きなスクリーンが広がっています。
ヘッドフォンをするとそこは一人用の映画館。
結局、ゴジラも迫力がありすぎて、
Amazonの「仮面ライダー龍騎」と
「仮面ライダーアマゾンズ」を朝まで鑑賞しました。
(じつは「響鬼」までの平成仮面ライダーファン)
しばらくはVRのマイ映画館で
仮面ライダーを観る日々が続きそうです。



IMG_4715.jpg
[↑]それにしても恐るべし。スマホだけでなく
こういう新たなギアにも、読書の時間が奪われる現実に、
仮想空間で気づきました。

オアフ島

お待たせしました、続編です。
(誰も待っていない、ですって?まぁ、気にせず続けます。)

ハワイ島で3泊し、オアフ島に移動。
ゆったりと自然豊かなハワイ島とは違い、オアフ島は都会のリゾートですね。
オアフ島でのハイライトは、一番?ホットなレストラン、SKY Waikikiでの食事
です。
☆写真・・・デジカメでしか撮っていなかった。。。
ワイキキビジネスプラザ19階にある見晴らし抜群のルーフトップレストラン。
ダイヤモンドヘッド、ワイキキビーチが見渡せる絶景。途中からオシャレ過ぎる
モデル風のアメリカ人?の男女8人組が近くのテーブルでコンパ的な集まりを
始めたので、そちらに釘付けになりました。お店に一番、しっくり来ていた集団。
景色もさることながら、料理も美味しかった&そんなに高い値段設定でなかった
ので、おすすめです。(予約サイトがあるので、事前予約を推奨します)

翌日はファーマーズマーケットに朝から出掛け、夜は、夜景を見にタンタラスの
丘へ。(また写真がない)
ツアーに申し込んでいたのですが、2年前にダイヤモンドヘッド登山に同行して
くれた陽気なおじさんガイドさんでした。オット君が気付き、私も記憶の細い細い
糸を手繰り寄せて気づきました。

そう言えば、ファーマーズマーケットに向かう途中、バスから海を眺めていたら、
船が難破?していたけど、どのニュースでも取り上げられていなかった模様。。
その日のワイキキビーチはその話題で持ちきりだったらしいのですが。
泊まっていたホテルからも見え、翌朝まで煙が上がっていたのに。観光地で
犠牲者もいなかったのかな、と解釈しました。

Diamondhead.jpg
煙が上がる船を遠目に見ながらダイヤモンドヘッド&ワイキキビーチ。

double rainbow
朝食を食べ終えたら現れた、DOUBLE RAINBOW!
虹の「足」を初めて見ました。濃い虹の左側にもう1本の虹がかすかに
出現。心が清い人にしか見えません(?)

kasukanarainbow.jpg
虹が発生しつつある、ダイヤモンドヘッドを背中にしたワイキキビーチ。
うっすら虹が出ているのですが心が清い人にしか見えません(?)。
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード