気になるあの子

最近、通勤途中の決まった場所で見かける。
声をかけてみようかと思うけど、恥ずかしいし人の目も少し気になる。
でも、やっぱり仲良くなりたいので声をかけようと思うけど、勇気が出ない。

今日こそは!
見かけたら絶対に!
と思ったけれど、そんな日に限っていなかった。

雨だったからだろうか。
どこかで雨宿りでもしてるかもしれない。

キョロキョロ見渡しても周りにはいなかった。


カラス。


そう、カラス。


誰から聞いたのかテレビでやっていたのか、ネットで見たのかは定かではないが、カラスに挨拶をすると仲間だと思い、悪さやゴミを荒らしたりすることがなくなるらしい。

この辺りに住んでいるわけではないですが、カラスと仲良くなりたい。

そう思った私は毎朝カラスを見かけるたび、声をかけようか迷って、結局は心の中だけにとどめてしまう。

果たして本当に仲良くなれるかは分からないけど、今年中には仲良くなりたい。


※この方法を試しても、カラスと仲間になれませんでした、という苦情は一切受け付けておりませんのでご了承願います。
スポンサーサイト

“ノスって”ます!


最近、“ノス”に敏感です。

ウォーカープラスで連載している、
東海ノスタルジーグルメ」。

制作を担当してから、
“ノス系”、いわゆるノスタルジーグルメに
アンテナを張っています。

先日は、ひとりでカメラを持って取材へ。
行き先は兼ねてよりずーーーっと行きたかった、
レトロ喫茶「コーヒー専門店 ライオン」。

DSC_2831.jpg

DSC_2718.jpg

DSC_2855.jpg

DSC_2725.jpg

なにを撮ってもフォトジェニック。
シャッターを押すのが楽しいなんの。
オーナー夫妻の人柄もよくて、
大変でしたけど、楽しい取材になったなって。

取材記事は近日公開!!

昔の自分に再会


先日、昔の上司に会いました。
12年振りの再会でした。

私がまだ社会人3年目くらい、
ライターとしても
まだまだ半人前で
いろいろ成長途中の段階。

彼は9歳上で
当時、私が在籍していた代理店の
本社から出向で来ていました。
今は本社に戻り、
仕事場のある東京と家族のいる関西を
行き来しているとか。

営業職ではありますが、
いろんな人の立場の気持ちに共感して
常にたくさんの人がまわりにいる
なかなかの人たらしの方でした。

仕事の面でもたくさん成長の機会を
与えてくれて、
プライベートな話も何でもしていました。

私が会社を離れてからは
会えていなかったのですが、
SNSで互いの近況は知っていました。
出張で名古屋に立ち寄るということで
久々の再会に。

話弾むかしらと思っていましたが、
会った途端に時間が戻りました。
12年振りを感じない
かなり楽しい時間となりました。

話している中で
言われたことがありました。

いつも、面白そうを
基準に取り組んでいたよな


そうか、そうだな、そうだった。
なんだか最近、下手に歳を重ねた部分では、
どうもこんがらがって考え過ぎて
しまう傾向がありました。

でも、とにかく
楽しそう、面白そうを基準に
選択していて、
もっと前向きにシンプルに
取り組んでいたな、と
思い出しました。

古い知り合いに会って、
当時の自分にも再会した気分です。


出会うべき時の再会だったのかなと
思いました。


大差なし

20代のとき、吹き出物で
肌がボロボロになってから
スキンケアを気にかけるようになった。

それまでは格安の化粧水で
終わりにしていたけど、
大人らしい良い商品を探し求めて
長い旅が始まった。

最初は口コミサイトで
吹き出物にきく商品を試すが
なかなか良いのが見つからない。
無添加や海外製もイマイチ。
病院にも行ったし、漢方で有名な薬局で
飲み薬まで処方してもらっていた。
そこから派生し、ヘアケアやボディケアでも、
さまざま試してはあーでもない、こーでもないと模索していた。

自分にぴったり合うものを
見つけられないまま歳を重ねた現在。
お風呂のあとはこども優先になり、
乳液をバチン!とひと塗り。
こどもと同じ牛乳石鹸のシャンプーを使い、
トリートメントは週1できればよいほう。
体は必要な箇所だけ、泡を塗りつけて終了。洗顔はやめた。

それでも肌がボロボロになるでも、
髪がバサバサになるでもなく、
幸か不幸か、いたって変化はない。
(と思っているけど、どう?)
あの苦労とお金はいったい…。

20年前

「小原裕貴さん復活」
このニュースは間違いなく
今日いちばんの衝撃。
共感できる方はきっと私と同世代でしょう。


私も知りませんでしたが
今から20年くらい前の時代は
ジャニーズJr.黄金期と呼ばれているみたいです。
ジュニアというのは
ジャニーズ事務所所属のデビュー前の子たちのこと。
この頃、ジュニアだけのバラエティ番組もあり
ドラマに出る子も多かった。
(と言っても現在のジュニア状況を知らないのだけど…)


そして、当時放送されていた
KinKi Kids主演のテレビドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』が
なんと20周年を記念し、
20年後を描いたスペシャルドラマとして帰ってくるのです。
これはかなりびっくり。

それで当時出演していたメンバーも
そのまま登場するということで
すでに引退した小原裕貴さん復活、らしい。


彼は元ジャニーズJr.でとても人気がある中、
辞めていった人でした。
現在は会社員なので、ドラマに出るのはほんとに驚き。
私ではなく、私の友達が好きだったのを覚えています。
ジュニア黄金期をネットで検索してみると
人気だったジュニアメンバーがたくさん出てきて
そのほとんどの顔と名前を知ってる自分にも驚きました。
1、2年前くらいのことだと全然思い出せないのに
20年前の記憶は蘇ってくる。
中学生の多感な頃ですしね。
青春時代の思い出は色褪せないものですね。


20年の時は大きい。
毎日放課後に部活でテニスの練習をし、
真っ黒に日焼けしてたあの頃。
休み時間には友達と
テレビや雑誌の話ではしゃいでたあの頃。
たぶんまだ20年後のことなど見ていない。


エヴァに乗れなくなって20年。
(14歳だったというだけで、
資格もないし、乗れたこともないが)
そしてこの先の20年。ながっ!
考えられるかわからないけど
思いを馳せてみようか。


あ、20周年ドラマを見るのも忘れないようにしなきゃ!
ちなみにこちらが小原裕貴さん復活のニュース。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244759

もうすでに、ちょっと泣いてる仕事

先週出かけた遠方取材旅行。
相当欲張った盛りだくさんの取材内容や、
悪天候に疲労しながらも、
取材先での素敵な出会いに、いちいち感動。
涙ぐみそうになるのを堪えつつ取材を終えた日、
このブログを読んでみたら、
KITOさんのタイトルが『泣ける仕事』!
奇跡の一致に笑いました。

見ているだけでときめく商品や、
ほっとするお味の手作り料理、
あちこちに咲く野の花や、
名古屋とはまるで違う静けさにも満たされたけれど、
何より人があたたかい。
「ひどい雨だよー、傘持ってく?」とあちこちで持たされそうになったり、
「おなかすいてない?これも作ろうか?」 
「これはおみやげ。電車で食べてね!」と、
やさしいお母さんたちに、もてなされっぱなし。

スケジュール通りに進めなければ、
撮り忘れや聞き漏らしがないように、
カメラマンさんに気を配れているかしら、と
頑張って張りつめている気持ちが、ついほどけそうになる。

一緒に取材を回ってくれた、
編集部の方やカメラマンさんにもずいぶんと助けられました。
長時間、過酷なスケジュールをこなしつつも、
やわらかな笑顔でほっとさせてくれるお二人。
本降りの雨さえも、
「雨の町並みも撮影できてよかったですね」と、
恵みの雨と感じさせてくれた、素晴らしいチームでした。

私が出会って心動かされた街を、
美しく、確かに、
時にはっとするような大胆さで切り取ってくれた写真。
これに応えるような編集と執筆をしなくては…と、
責任の重大さを感じているところ。

みなさんの思いや仕事を受け取って、走り続ける日々。
校了を目指す旅はまだまだ終わりません!


▼旅は道連れ、ですね。雨ニモ負ケズ、撮影中
image0625_convert_20170625164813.jpg

成長

4歳の息子が日に日に大きくなり、
調子に乗った成長著しい感じでございます。

転んでも、「ぜんぜん痛くないし!」と。
雨の日に傘をさして、「ぜんぜんぬれてないし!」と。
オレンジジュースを飲んで、「ぜんぜん酸っぱくないし!」と。
なんだそれ。

あとは文字の読み書き。
濁点さえなければ平仮名は読めます。
書くのはまだまだ。
こんな感じです。

IMG_6347 (300x225)
父の日にレゴランドでもらったカード。

文字よりも注目したいのが、塗り絵。
塗り絵が上手になったな!と感心。
はみだしていない。
塗りつぶしはそこまでだけど、
とにかく、はみだしていない。これは感心。

こちらは保育園で描いた父の日の絵。
IMG_6362 (240x300)

シャツにネクタイです。
これも、はみだしていません。
でも、それよりも気になることが。
水色のシャツ(画用紙)に、水色のネクタイ!
なぜ!
斬新!

天才かもしれません。

そして、こちらも保育園での作品!
IMG_6361 (240x300)

え!?
衝撃!!
なにこれ?
人かな?人だよね?
イチゴをかぶってる人?
いやでも首がない…。

天才かもしれません。

私 「これなに?」
息子 「え?いちごちゃんだよ?」
(ご存知いちごちゃんだよ?みたいに言うな)

私 「えーっと…人?イチゴをかぶってるの?」
息子 「ん?わからない。このてんてんさ、黒だけじゃないんだよ。
    黒に白を混ぜたんだよ。僕だけ。みんなはやってない」
(聞いてないよ)
天才かもしれません。

泣ける仕事

数年間、別のプロダクションが作っていた本を、
ことしから弊社が作らせていただくことになった。

これまでさまざまな本や特集を作ってきたので、
できないことはないと思っていたが、
いざ蓋を開けたら、扱うテーマの重さと難易度の高さに
ことあるごとに押しつぶされそうになった。

いちばん覚えているのは昨年末だっただろうか。
まっさらな台割を目の前にして
本当にこの仕事は終わるのか?この本は完成するのか?と
とてつもない不安に襲われた。
旧版の完成度は高い。内容も申し分なし。
それを超える本が自分たちに作れるのだろうか、
毎日そんなことばかり考えていた。

それでも、信頼できる外部ブレーン、
パワフルな社内スタッフに支えられ、
2週間ぐらい前にようやく全体像が見えてきた。
全ページを読んでいると、嬉しくなって
にやにやが止まらない。
かと思ったら、なんか泣きそうになってきた。
まだ印刷もしていないのに!

いずれにしても、ここ数年で
もっとも力を注いだ仕事のひとつであることは間違いない。
最後までしっかり読み込んで、
完成したあかつきには、思いっきり泣いてやろう!


(追伸)
同じくデザインをがんばってくれているMARINAに
「俺、完成したら泣くかも」って言ったら、
「へー」とひと言(笑)。
たぶん、年齢的な理由ですぐに泣くと思ったのだろう。
歳とっても、仕事で泣くなんてそうそうないんだよ~!


IMG_3452.jpg
[↑]MARINAも絶賛、校正中!

もはや置いてけぼり

先日のブログで書きましたが、またまた行ってきました。
謎解きin明治村!
中級編&上級編です。

オット君がハマってしまい、アシスタント的な立ち位置での参戦です。
いわば、ワトソン君です。
説明書で、「SNS等でネタばれさせないように」ときつく探偵各位へは
通達されていますので、ネタ晴らしではありませんので、期待しないで
ください。
初級に比べ、中級はより捜査範囲が広くなり、上級ともなると広範囲!
日頃、運動不足のため、本当にくたくたになりました。。。
中級は行った当日に謎が解けスッキリしたのですが・・・、
上級は、午後の3~4時間では解ききれず、無念の持ち越しになって
しまいました。。。悔しい!!

SL meijimura
園内を走るSL。

ajisai.jpg
園内に咲く紫陽花。鮮やかな色合いです。

園内の楽しみ方は、謎解きだけじゃありません。しかし、来場者の8割
以上が謎を解いていたような雰囲気でした。
まだ、間に合いますよ~!(せっかくならコンプリートしたいので多忙に
なりますが・・・。それでも良ければ一緒にいかがですか?)

ビアガーデン!

先週の金曜日、ビアガーデンが開催されました。

弊社のビアガーデンと言えば、
寒い中で行われるのが恒例です。
先日も寒い風が吹く中、寒い寒いと言いながらみんなでビールを飲みました。

去年はライターさんやカメラマンさんを呼んで、大人数でわちゃわちゃしましたが、今年は主に社内のメンバーだけでしっぽり。

ビアガーデンと言えば、2年前。
エディマートに入社する前に参加させていただきました。
その時 はライターさんやカメラマンの方が大勢いて、社内の人と社外の人の区別すらついていませんでした。

しかし、そのビアガーデンで何故か「ポルノ」と呼ばれていた人がいて、入社してからその人が社内の人だと分かり、心の中でSUZAKIさんのことを「ポルノさん」とこっそり呼んでいたのが懐かしい思い出です。
※ビアガーデン当日、ポルノグラフィティのお二人に取材していたため、そう呼ばれていたみたいです。

それから早2年。

仕事で色々とスキルアップしたと感じることもありますが、まだまだと思うことも多々あります。

ビアガーデンが終わった今の目標は、寒い寒いと凍えるビアガーデンにならないよう、梅雨明け前にKITOさんが「ビアガーデンしよう!」と言うのを来年こそ阻止することと、
今、制作している介護雑誌を無事完成させることです。
介護雑誌は6月中に入稿予定!

長野県・白馬の旅


新緑!

00.jpg




……かーらーのー







雪!!!!

0.jpg

1泊2日で、長野県は白馬を取材してきました!

どちらの写真も白馬にある
「栂池高原」で撮影したもの。
新緑は麓で、雪景色は標高1900m地点にある
栂池自然園で撮った景色です。

そのほかにも
名物のソースカツ丼を食べたり、

1.jpg
@道の駅 白馬

長野五輪のジャンプ競技場で
ラージヒルの高さを体感したり、

3.jpg
@白馬ジャンプ競技場

ふたつの虹を見て、同行したカメラマンと
夢中で写真を撮ったり、

4.jpg
@どこかの山の中

森の中にある洋食屋さんの
自家製ベーコンに「うまっ!」ってなったり、

5.jpg
@グリンデル

1日の疲れを源泉かけ流しの温泉で癒したり、
(フォントがかわいい!!)

6.jpg
@栂の湯

気になるゆるキャラを見つけたり、

7.jpg
@ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世

いろんな発見があって、楽しい旅でした。

やっぱ泊まりの取材っておもしろい!
こんどは海外取材に行きたいな。

こんどは海外取材に行きたいな。


大事なことなので2回言いました。


可愛い妹

私には可愛い妹がいます。

血は繋がっていません。
義理の姉妹でもありません。
人間の女の子です。

とあるバイト先で知り合い、
かれこれ5年以上の付き合いです。
歳は15歳離れています。
彼女のお母様の方が年が近いです。

数ヵ月に一度くらい
会って話す仲なのですが、
「そろそろ会いたいですー♡」という
お誘いが来るのは
悪い気がしません。
なかなか時間が合わなかったり、
仕事でキャンセルしてしまうことも
あるけれど、
会えば話は尽きず、
前向きな明るいパワーを
分けてもらえます。

彼女とは
「これはいいと思う、感動する」
「こういうことは許せない!」
とか喜怒哀楽の基準が
とても似ているところも
一緒に居て心地いいのだと思います。

元々、私は年下が苦手でした。
親戚すべて合わせても、
一番下の末っ子だったので
年上にちやほやと可愛がられる
環境になれていました。

体育会系の部活に在籍していたことも
ないので、先輩・後輩という関係性も
あまり体験してきませんでした。

でも、社会人となり、
いろいろな会社や仕事を経ていく中で、
新卒採用の活動を手伝ったり、
新入社員の教育係のようなことをしたり、
年下が苦手とは言っていられない状況と
なってきました。

また、飲みニケーションという環境が
あった時代でしたので、
勤務後に上司や新入社員と一緒に
飲みに行く機会も多くありました。
そういう時間を過ごしていると、
年下と侮るなかれ、
実に真面目だったり新鮮な意見を
交換しあえたりして、
年下という目線で
人を見なくなっていきました。

そうして、苦手意識は自然となくなり、
年下としてではなく、
ひとりの人として接するようになり、
自然と年下の友人が増えていきました。

そのことで、これまでの人生よりも
ぐっと幅が広がった気がしています。
歳を重ねるのも悪くありません。

前述の妹は、そんな中で出来た
大切な友人のひとりです。
妹と言っても、
彼女から学ぶこともとても多いです。

そんな彼女と久々に会いました。
食の好みも似ている二人。
一緒に大好きなチーズを食べてきました。

大切にしている思いとか感情が
ぴたりと合う友人に、
大人になってから出会えたというのは
とてもありがたいことだなと思うのです。


フォンデュ
チーズフォンデュ

カプレーゼ
カプレーゼ

おもしろ注意3選

1歳8ヶ月になる娘は、こちらの言っていることをだいぶ理解している。
いたずら盛りの彼女にわかるような言葉を選ぶようにしてるけど、今まで使ったことのない単語の組み合わせで話すことがあって、なかなか面白い。
この2、3日で発した注意だけでも、


●じゃがりこで落書きしないよ!
つまみ食いしていたじゃがりこを持って行き、目につかないところで静かにしていた。のぞいてみると、じゃがりこでガリガリと床に落書き…。本物のペンじゃないなら良し。

●ジュースはねんねしたよ
先週、娘が体調を崩して食事が取れなかったとき、仕方がないので夜中でも飲みやすいジュースをあげていたら、快復したあとも「じゅしゅ!じゅしゅ!(ジュース)」と要求。夜だからジュースはねんねしたよ、お茶ならあるよ、と言ってしぶしぶ理解していただいた。

●すっぽんぽんで帽子被らない!
帽子が大好きな彼女。お風呂の直前(すっぽんぽん)、洗濯カゴに入れた帽子を見つけ、嬉しそうに被って玄関へ。「くっく!(靴)」と言って外出しようとしてたけど、それ変態だから。

思わぬ行動にいろんな注意をしなくちゃいけないのは想像がついてたけど、あまりの幅広さに毎回感心してしまうし、次はどんなのが来るか?こちらも楽しみになってきている。そのうちうんざりの方が強くなりそうだけども…。

まだまだ酒ブーム

前にも書きましたが
引き続きお酒を飲むのにハマってます。
一切家でお酒を飲まなかった私が。
それもたくのみです。

最近とくに好きなのが
こちら!


インドの青鬼です。
IPAって聞いたことある人も多いと思いますが
インディア・ペールエールのこと。
植民地のインドで暮らす英国人のために作られ
長く過酷な航海で劣化しないように
通常より多くのホップを加えてあるので
とにかく苦い!という個性派ビール。
IPAってほんとに苦いので
私は大体避けることが多いのですが
インドの青鬼は例外。苦いけど美味い!
そしてパッケージが可愛いのもいい。


また、たくのみでは
ただ飲むだけではない楽しみも。
こちらは…


スパークリング日本酒に
アイスの実を入れたもの。
これからの熱い季節にはおすすめです。
甘いお酒が好きな人にもぜひ。 


そして、男梅サワーはご存知ですか?
こちら、駄菓子との相性バツグンです。
(たくのみ。という漫画の受け売り)


これ、美味しい飲み方があるんです。
グラスのフチに塩を付け、
お酒を注ぎ、梅干しを落とします。
その名も「梅塩固め」!
お酒がまあまあ甘いので
しょっぱ甘いがくせになります。
しかも駄菓子がとまらなくなります。
お酒、お菓子、お酒、お菓子のループです。
ご注意を。


そんなこんなで
なんだかお酒を飲む量が増えました。
大丈夫かな、私。。。

ハンサム、プリーズ!

先週は私好みのハンサムに出会えた、うれしい一週間でした。

<ハンサムその1>
以前から会ってみたい人の一人だった俳優のIさん。
幸運にもインタビューする機会がめぐってきました。
ルックスは当然、予想通り(以上?)のカッコよさでしたが、
切れ味のよいトークも期待通りでした。
自分の意志がしっかりしていて、それをはっきりと伝えられる人。
でも、エラそうなわけではなくて、
非常にオープンマインドな人、という印象でした。
各方面に配慮したり、八方美人でいたりする方が
何かとうまくような業界?世の中?なのかな、と思いますが、
きちんと自分の筋は通すという姿勢でいられるのは、
やはり自分に自信があるからかな、とも思います。
譲れない信念をしっかりともっている。
外見だけでない、内面の美しさは人を輝かせます。

ちょっと今、イケてるかも~という雰囲気イケメンとは一線を画す、
時代を超えるかっこよさって、これだなと感じました。


<ハンサムその2>
“ハンサム”と店名に冠したお店があります。
伏見の地下街にある“ハンサムバーガー”。
なかなか気に入ったハンバーガーに出会えない私なのですが、
ここのハンバーガーは、まさに私好み!
パティが分厚すぎず、火が十分に通っているので、
肉汁がだらだらとあふれない。
でも、しっかりとうまみがある。
きれいな野菜がたっぷり。
ハンバーガーのサイズにぴったりの袋に収まっていて、
食べ終わるまで、きれいな状態がキープできる。
(ハンバーガーの終盤がぐちゃぐちゃになってくるのが苦手な私)
一口食べて、思わず「うまっ!」と言いたくなる満足度の高さ。
あまりのおいしさに、週2で行ってしまいました(笑)。

人気の店に行ってみても、なかなか好みのハンバーガーに出会えず、
「私はハンバーガーとの相性が悪いんだ…」と
あきらめかけていたところへの出会い。
週1で通いたいな…、
会社の近くに支店できないかな…、
もしくは会社が店に近づかないかな…、
バイトしたら、まかないで食べられるかな??
などというくらいのお気に入り。
人生あきらめてはいけませんね。

おいしさの秘密を取材したいな…と思ってしまうのは、
やはり職業病?
非常に人気で混み合っているので、
おいしく頂きました! また来ました!
ということさえ伝えられずにいるのですが…。


▼早く食べたい!という気持ちが募って、これ以上の絵作りはできません
FullSizeRender_convert_20170609204802.jpg


電車旅

まさか1か月に2回も長野に行くとは…!

1回目はプライベートでの旅行でしたが、
2回目は仕事でございます。

長野県、須坂市。
長野市よりも北のほうで、
もうすぐ新潟にも迫るのではないかという場所でした。

名古屋駅からJRワイドビューしなのに乗り、3時間で長野駅に。
長野駅からは長野電鉄の乗り換えて、
特急スノーモンキーに乗ります。

IMG_6264 (300x225)
特急車両、乗車前に思わず撮ってしまう。

どことなく名鉄のミュースカイと似てるような気がして親近感。
四角いんだけど、ツルンとした塗装で柔らかな印象もあり。
しかも、
この特急料金がなんと100円!安い!

走行中には、千曲川など自然景観について
アナウンスしてくれるので旅情たっぷり。

仕事です。

取材は同行者と合わせて3人。

少し早めに到着したので、駅前のそば処で昼食を。
信州そばです。
色が少し白めで、麺の長さが短く食べやすい。
やや甘めのツユも手伝って、あっというまに完食です。
写真なし。

帰りは帰りで、
電車の発車時刻まで時間があり、
駅構内のまたまたそば処に入店。

ここではそばではなく、
ビールと日本酒と野沢菜。
さらに地元名物の馬のホルモンも。
写真なし。

そば食べて、
千曲川などの自然を越えて、
野沢菜食べて
写真を撮ったのはスノーモンキー。

もっと写真を撮ればよかった楽しい旅仕事。

デビュー!

ゴルフを知って20年。
本格的にやりはじめて半年。

この日曜日、ついにコースデビューしました。
半年間、週一回コーチのレッスンをうけ、
フォームはまぁまぁきれいに仕上がってました。
球筋もいい感じでした。
正直、センスあると思ってました。

しかし!
目も当てられないスコアでした。
心折れました。

自分の打った球を追いかけ、
あんなにも走るとは!
左ひざを痛めて、翌日サポーターを
巻くはめになるとは!

でも!
楽しかった!
もっと早くから始めておけばよかった!
プレー後の風呂、
ゴルフ仲間との談笑、
なーんか幸せな時間。

そして!
いま私は燃えています!
スコアを少しでも縮められるように
さらなる打ち込みを課しています。

7月も大先輩とラウンドする予定。
ご迷惑にならないよう、
打って打って打ちまくります!


IMG_3321.jpg
[↑]写真はボールのないところで撮影したヤラセです…

郷に入ったら、従ってしまった方が良い

先日、平日に休みを頂き、行ってきました。
ユニバーサルスタジオ・ジャパン®!

クリスマスとか、ハロウィンは混んでいそうだけど今時分、
特にイベント時期じゃないし、平日だし空いてるでしょ?
と甘く見ていました・・・。
混んでました、はい。。。最寄駅のユニバーサルシティ駅に着いた
瞬間に、あれ?思ってたより混んでるのでは!?と疑問を抱いた
わけですが、実際に園内に入るとさらに混み具合に驚いたわけです。
人気のアトラクションは、1時間以上の待ち時間!!
当日のエクスプレスパスは売り切れ!!

でも楽しい場所は、混んでいても楽しいですね。いや、混んでいるから
こそ、楽しいのかな?混んでなかったらラッキーだけれど。

こう見えて、絶叫系、好きですが、最新(なのか?)のVR系のライドは
苦手だと認識しました。確実に酔います、私。閉暗所恐怖症気味なので
ことさら怖いのかもしれませんが・・・。

複数人のグループでお揃いファッションをしている若者たちが多くて、
男の子グループもお揃いのTシャツだったりして、時代、を感じました。
そんな雰囲気に飲まれて?乗っかって?ついつい羽目を外して、
「夫婦ペアルック」を密かに決行しました(笑)。
お揃いの(某犬のモチーフの)Tシャツを買って2日目に着ただけですが。
そのTシャツの上には、二人とも羽織り物を着ていたのに、スタッフさんに
「いいですね~お揃い!」と声をかけてもらって、「気づいちゃいました?」
とリアクションすることが多くて、楽しみ切れてなかった初日を後悔しました
・・・(そう、初日は誕生日当日だった!のに、入場するときに勇気を出せず、
お誕生日シールをGETせずに入場してしまったのです。。。誕生日を意識
していたからか、意外にたくさんのお誕生日シールを貼った人がいた事に
気付いたわけですが、スタッフさんに声かけてもらったりバースデーソング
を歌ってもらったり、楽しそうでした・・・。羨ましいような恥ずかしいような)。

郷に入っては郷に従え、良い言葉ですね。

感激したことの1つは、USJに隣接するユニバーサルシティエリアのお店で
働く人たち。園内なら当たり前だけれど、まだ園内にいたっけ?と錯覚する
ような陽気ながらしっかりとした接客をして下さって、懐の深さを感じて再訪
を誓った楽しい2日間でした♪話題のパンケーキ屋さんやアメリカンダイナー
もあったり、USJで散在した懐にやさしい価格帯の飲食店もそろっていたし。

岐阜サイクリング!

天気の良かった先週の土曜日。
岐阜駅周辺をサイクリングしてきました。
岐阜駅では自転車を1日100円でレンタルできます。安い!

名古屋からはJRで約20分で到着です。
普段は実家の最寄駅が名鉄なのでJRに乗るのも新鮮。


商店街の中にあるお店で美味しいハンバーガーを食べたり
※写真は微妙ですが、味は抜群に美味しいです!




夏を一足先に感じるかき氷を食べたり




美味しい焼き菓子を買ったり




って、食べ物ばかりですね…。

食べ物のお店はどこも比較的近所のお店ですが、
少し足をのばして長良川の方も行ってきました。



風がとても心地よくしばらくぼーっとしていました。
よく空気が美味しいといいますが、まさにそのことです。

お昼から夜まで自転車一つで色々なところへ行けて、色々な発見がある岐阜。
地元ですが、ますます好きになりました。
お店も色々あってよいところですが、行くお店行く場所の人がみんな温かくていい人達ばかりでした。

まだまだ行きたい場所や発見できていないところがあるので、本格的な暑さがくる前にもう一度、岐阜巡りに出かけたいと思います。

校了まであと少し


今週も東海ウォーカーの取材で
いろんな場所へ行ってきました。

IMG_1489.jpg

s.jpg

daada.jpg

タレントロケが多かったので前準備は大変でしたが、
どれも楽しい取材になって良かったです。

IMG_1368.jpg

これはKADOKAWAオフィスからの景色。
マジックアワーの時間帯に遭遇して撮った一枚。

校了まであと少し、ガンバロー。

清い心のキラキラ笑顔


先日の土曜日、
昨年に引き続き
アクアソーシャルフェスの
オフィシャルカメライターとして
佐久島に行ってまいりました。

アクアソーシャルフェスとは
海や川、自然の生態系を守る取り組みを
全国各地で行うイベントです。

佐久島では
海岸に打ち上げられた漂着ゴミを回収する
清掃活動が行われました。

私は清掃活動には参加せず、
清掃しているみなさんの様子を
パシャパシャ撮影して、
爽やかな笑顔を頂く役目です。

家族や友人と参加している方が多いのですが、
ひとりで参加している方も多く、
わざわざ休日にお掃除に来られるとは、
なんて素敵な心をお持ちなんでしょうと思います。
そして、そんな方たちの笑顔は
みんなキラキラしていて、
こちらまでうれしくなります。

アクアソーシャルフェスの詳細はこちら
http://aquafes.jp/top/
※近日、佐久島のレポートも公開予定!

まだまだ全国で取り組みは続いています。
興味のあるものにぜひ参加してみてください。
参加者に提供される
オフィシャルの軍手やタオル、
なかなか可愛いですよ。

佐久島のヤギ
佐久島にはヤギが住んでいます

佐久島ってこんなとこ
アート作品がいたるところにある佐久島。
島は自転車でぐるりと回るのにいい感じ
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード