日本一と二


3月3日、JRゲートタワーにオープンする、
スターバックスの取材へ行ってきました。

hhh

ここのウリは「日本一高い場所にあるスタバ」。
JRゲートタワー15階に位置し、
名古屋駅のビル群を一望しながらカフェタイムが楽しめます。

店内には、鉄道の廃材を使った壁面アートも。
コーヒーの木を模った作品は、
地域とコーヒーのつながりを意識しているそうです。

ちなみに、JRゲートタワー店が出来る以前、
「日本一高い場所にあるスタバ」はどこだったと思いますか?
なんと、タワーズにあるスタバだったそうです。

タワーズのスタバは名古屋第一号店だったこともあり、
「高さ」はそこまで打ち出されず、
あまり知られることなく「日本一」の座をキープしていたとか。

名古屋駅には「日本一、二に高い場所にあるスタバ」が
あることになりますね。

そんなスタバの模様は3月20日発売の
東海ウォーカー4月号で掲載されます。
ぜひご覧くださいー!!!

スポンサーサイト

ホット&ホット


先日、人生初の海外取材に
参加させて頂きました。


何度も海外取材を経験している社長から、
海外取材の振る舞い方などを
伝授して頂き、行って参りました!


行く前はかなり久しぶりの海外、
初めての海外取材、
事前に聞いていた滞在先の気候、
などなどに
不安と緊張でどうしましょうと
プチパニック状態でした。

でも、ありがたいことに
出発前に仕事がたてこみ、
緊張する暇もそれほどないまま、
当日を迎えました。

いざ、空港に着くと
落ち着いてる自分がいました。
なんだか、いつもより
テキパキしています。

でも、トイレの回数は多かったから
やっぱり緊張していたのでしょう。


けれど、いざ、滞在先に到着したら
もう、楽しい!!しかありません。

今回、初めて訪れた国ということもあり、
見るもの、出会う人、すべてが
初めてだらけで、
好奇心旺盛欲がうわーっと溢れ出し、
現地のガイドさんとたくさん話し、
新しいものやことを、吸収、吸収。

たまりません、楽し過ぎます。

さらに、今回ご一緒したメンバーの
半分以上が新聞社に所属する
運動部の記者さんたち。
彼らの普段の仕事内容も興味深く、
また、記者さんならではの
スピード感ある動き。
こちらも学びとなりました。


というわけで
出発する前の緊張はどこへやら、
帰国後の感想は楽しいしかありません。


こんな機会を与えていただき、
本当にありがとうございました。


でも、社長から伝授された
海外取材の基本は
ホット&クール。

クールというのは、
海外取材は初なんて態度は出さない
ように、でした。

初日に初海外取材であること、
かなり久しぶりであることを
気づいたらメンバーに言っていました。。


でも、俺も、私も、て人が大半でしたので
なんか仲間感が芽生えた点では
よかったかな、と思います。

(社長、すみません!)


というわけで、
ホット&ホットな海外取材させて
頂きました記事、現在制作中。

楽しさが伝わる記事になるように
作っています。






時代がついてきた

いろいろ考えた結果、
周りのみんなが言う通り
どうやら時代が私についてきた、
と思うのです。
いや、ごめんなさい。
ほんの冗談ですから、
さらっと聞き流してください。

私は昔から男を見る目がないのか、
メディアの露出が少ない芸能人とかで
いいなって思った人がいても
その後すごく売れるってことがほぼゼロで。
大体地味に活動してたり、芸能界から消えてたり。
それがなんだか最近様子が違います。

ここ何年か注目し続けていた
坂口健太郎と菅田将暉が
驚くほどに人気なのです。
前にRYOTAさんがブログに書いてましたね。
売れる前から知ってた、って言い出すやつ。
私です。というか初めてくらいの体験です。
今までは、注目してた人が売れるなんて
ありえないことでしたから。

前からこの2人を好きだと公言してるのですが
今言うと、なんだかミーハーみたいでイヤです。
ちなみに坂口健太郎は雰囲気が大好きで
菅田将暉は3年くらい前に観た映画の
主役を食うほどの強烈な演技が
今でも忘れられません。

そして時代が私についてきた(笑)のは
俳優の話にとどまらず。
オーバーサイズとかガウチョとかが
女性のファッションで流行りましたよね。
そんなゆるっとした服が最近では
オフィスカジュアルとして普通に着られています。
ゆるっとした服が定番の私にとっては
ほんとにいい時代です。

さらに最近はアニメが人気ですね。
漫画やアニメについてはこのブログに
頻繁に書いてますが、まさに私の分野です。
新海誠作品は昔から全部観てたし
聖地巡礼なんてものはだいぶ前からやってます。

と、これまで私がいいと思ってたものが
偶然にも一気に注目を浴びている様子。

だから思うんです。
私が1年くらい前に、面白い!好き!
って感じた彼らは、今年きっとブレイクするはず!
お笑い芸人の脳みそ夫と、
音楽ユニットのONIGAWARA。
ぜひお見知りおきを!
(どの立場から発言してるんだか…)

イメージカラーはあずき色

名古屋のイメージって、何ですか?
やっぱり、なごやめし?味噌?
高層ビルが続々登場の名古屋駅前?

昨日発売された『ことりっぷ名古屋』リニューアル版。
IMG_2943_convert_20170223212536.jpg
表紙は小倉イメージ、ですね。
そっか、小倉ね~。
大学で東京に出たとき、
「東京には小倉ネオマーガリン売ってないの!?」と驚いたもんです。

ことりっぷは働く旅好き女性に好評のガイドブック。
ことりっぷを支持してくれる女性たちに向けて、
独特の感性と目線で編集されています。

これまでいろいろな媒体を作ってきましたが、
勝手が違うことも多く、
ほうほう、詰め込み過ぎ注意ね、
え、写真こんなにちっちゃい…?
などと戸惑いもありましたが、
みなさまのおかげで素敵な一冊が出来上がりました。

自分が取材を担当したページでのお気に入りは、
人気のタルト屋さんの一枚。
image1_convert_20170223212604.jpg

おしゃれな雑誌の扉写真みたいなの撮りたいなぁと思いつつ、
そんな機会がなかったのでここでちょっと実現しました。
もうちょっとこの角度から…とか
これ、入れてみません? などと、
行列店開店までの取材時間が限られるなか、
カメラマンさんと作った一枚は、
編集って、取材って楽しいなと思った瞬間の記念でもあります。
(ほかにもまだまだありますので、あくまでも一例、です。)
ほんとはもっと大きく使いたかったけど。

取材先で出会った、
気になる子たち↓が登場するコーナーも頂けましたよ!
FullSizeRender0223_convert_20170223212626.jpg
「ぼくたちも載ってるの?」 「やったー」と言っている、はず。

「ことりっぷ名古屋」の誌面で、掲載している実際のお店で、
ぜひ、見つけてあげてくださいね。


2回連続での宣伝ですみません。。



正直者

カジュアルイタリアンレストランが好きです。
なかでもメインを頼めば、
サラダや総菜が食べ放題になる
カジュアルイタリアンレストランが好きです。

カジュアルイタリアンレストランは、
だいたいピザかパスタがメイン料理となります。

メイン料理が運ばれてくるまでの待ち時間は、
サラダや総菜を食べればいいわけです。
実に理にかなっているシステムですよねカジュアルイタリアンレストラン。

でも、ついついサラダや総菜を食べ過ぎてしまって、
メイン料理が来る前にちょっとお腹ふくれる…
なんてことはしませんよ。
と言いたいとこですが食べてしまいますよね。
美味しそうに見えますから。美味しいのですけれど。

でもたまにはサラダや総菜をセーブして、
メイン料理をしっかり食べ、
よし!サラダや総菜!となって食べ過ぎてお腹いっぱい。
そう、結局はお腹いっぱい。

もう食べれない。
もうデザートしか食べれない。
食べなくても同じ値段ですからね。
なんとしてでも食べます。

そして、このスプーン。
FullSizeRender (250x188)
あるカジュアルイタリアンレストランの
デザート用のスプーンです。

息子が不思議そうに見つめていました。
「なんでこれ、くるってなってるの?」
そういうデザインのスプーンなんだよ…って言ったところで分からないだろうし、
お腹いっぱいでやや面倒くさかった私は、
「あれだよ、店員さんが超能力で曲げたんじゃない?曲がれー!って」
なんとなく答えてしまいました。

「曲がれー!って言えば曲がるの?」
「そう、曲がる!不思議だな。あとは気持ち。気持ちを込めて言うんだ」
「わかった!」
「え?」
「じゃあ、まっすぐー!って言ったら、まっすぐになるね」
「は?」
それはそれは大きな声で…
「まっすぐー!まっすぐー!まっすぐー!!」

やめなさい。

ラーメン食べたい

ラーメンが好きだ。
三度の飯よりも、とは思わないが、
週イチは食べないと、人生損した気になる。
昨年、脳の血管がつまった時に、
たくさんの人に
「夜中にラーメンばっかり食ってるからじゃない」と
言われた。塩分と油分たっぷりのラーメン。
言い返す言葉はなかった。

大学時代は京都で4年間を過ごした。
京都はけっこうなラーメン王国。
チェーン展開しているラーメン店の本店もたくさん。

テニスサークルで汗を流した後は、
先輩によくラーメン店に連れて行ってもらった。
そう考えてみると、私のラーメン好きの原点は
大学時代にあったような気がする。

特に好きな店が2つ。
今では全国区になった「天下一品」と、
天理市の屋台ラーメン「彩華」。あ、奈良だわ。

IMG_1356.jpg
[↑]スマホには天一の写真がいっぱい

天下一品は好き嫌いが激しく分かれるようだが、
私は激しく好き。スープも飲み干すし、
こってり以外は邪道だと人に説く。
名古屋にも数店あり、飲んだあとに
天一でシメることも多い。
ちなみに血管がつまった時は、真っ先に
「天一をやめなさい」と怒られた。





彩華は初めて本店で食べた衝撃が忘れられない。
屋台ではベンチがテーブルに。
先輩に「量が少ないので大盛りがええよ」と教えられ、
大盛りを頼んだら、バケツみたいなサイズだったのも
今ではいい思い出。

そんな彩華が、名古屋に支店を出していることを
ほんの一週間前に知った。
大学時代、一緒に本店に行っていた友人が
偶然、名古屋に転勤になっているいこともあり、
そいつと二人でさっそく行ってみた。


IMG_2281.jpg
[↑]じゃーん!

これこれ。
彩華 といえば、
くたくたの白菜と豚肉が浮かぶニンニクたっぷりのスープ。
懐かしい。
すすってみる。
味が濃い気がする。
支店と本店の違いかもしれないが、
おそらく自分たちが大学時代に食べたのが20年ぐらい前。
老化とともに味覚が変わったのだろう。

久々のラーメンとの再会に喜びつつも、
「美味し」ではなく、「老いし」を知る切ない時間となった。

とりとめもなく、ラーメンのことを書いていたら、
めちゃくちゃお腹が空いてきた。
今週も飲んだ後、きっとラーメンでシメるであろう。
ラーメン食べたい[Fin]




市民が村民になった日

かねてより好きだと公言している場所があります。
それは、「博物館 明治村」。
そう、愛知県の北部に位置する犬山市にあるテーマパークで
愛知県が、日本が世界に誇る観光地のひとつです。

瀟洒な古い建物が点在している点、空気感、スタッフさんのほど
よい距離感、SL、市電・・・好きな要素だらけなのです。
2016年は、気づくと3回も足を運びましたが、実はずっと前から
悩んでいたのです。

村民登録をするか否か。

やっと村民になりました!!(市町村合併する前、高校生の頃などは
ガチな“村民”で恥ずかしかったのはナイショです。)
ちなみに個人情報なので“内密”にしたいところなのですが、住所は
西郷從道邸です。
夫婦そろって村民になったけど、住所は別々。
そう憧れ(?)の別居婚です。
三重出身で、三重県愛が強いオットは三重県庁舎。

meiji-mura.jpg

年間パスポートの類は初めてなので、この1年間で何回訪問できるか
楽しみです。

予定のない週末に、ふらっと散歩がてら数時間だけ遊びに行くこと
だってできる!
ぼんやり過ごすのもいいな。SLを見て(乗らないの?)、コロツケー
を買い食いして、イベントとかあるといいな。
フォトジェニックな場所ばかりだから、写真の練習とか!?
夢は膨らむばかりですが、まだまだ寒いなぁ・・・。

自宅の周辺は、道が狭い割に車の往来が多く散歩には不向きなので、
天気の良い週末には、起伏が激しい村に散歩しに行こうと思います。
ちなみに、明治村の入村料は大人1700円。村民登録は3500円なので、
3回いかないと元は取れません。
目標は3回。低い目標です。

とんがりキッズ

帽子を買いました。
とてもとても可愛らしい帽子です。
私は帽子が全然似合わないので、自分用ではありません。
姪っ子と友達の子どもに買いました。

3つで約1500円という値段も魅力的ですが、それに勝る魅力が帽子のとんがり具合。
鋭すぎず、緩すぎず、上から誰かに吸われているような絶妙なバランスです。
そう、それはまるでピクミンのような…
とんがり帽子をかぶせた子ども達を4、5人集めて「とんがりキッズ」というグループを作りたくなるくらい。
引っこ抜きたくなること間違いなしのグループです。

可愛さを伝えるために着画を載せたかったのですが、何故か写真が一枚も見当たらなかったため、友達から借りたCDの中身が空だった時の全く関係のない写真でしめたいと思います。

インタビューしました


先日、「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんを取材しました。
現役大学生のボーカリスト/ラッパーで、
高校生の頃にリリースした1stアルバム『hollow world』でメジャーデビュー。
今年1月には2ndアルバム『Noah’s Ark』を発表しました。

ぼくはある媒体の連載コーナーで、
ライターとしてインタビューを担当。

ボーカリストであり、ラッパーでもある彼の楽曲は
良い意味で「つかみどころがない」印象。
彼自身もインタビューの中で、
「カテゴリーは気にしていない」
「聴いた音がすべてだと思う」と話していました。

2ndアルバム『Noah’s Ark』では、
ジャンルに縛られない多彩な楽曲が
ひとつの物語にしてまとめられています。
3/22には名古屋でライブもあるので、今から楽しみですね。

インタビュー楽しかったなー。

あ

取材される側


先日、取材を受けました。

母校の大学に、通信教育部があるのですが、
そのwebサイトに
いわゆる活躍している卒業生的な感じで
載るらしいです。

大切な友達が出来、
楽しい勉強ばかりできた
大好きな大学。
教授から依頼を受けて、
恩返しが出来ればと思い
引き受けました。

取材は何百回としたことがありますが、
取材されるのは初めてのこと。
いつか、取材される側になりたい、
そんな想いは抱いていました。
まだまだ理想の姿にはなっていないけれど、
少しだけ近づいた気がして
うれしかったです。

取材してくれたライターさんは
同じ大学の卒業生。
卒業年次は14年違いましたが(^-^;、
後輩さんです。
なんと今はポーランドに住んでいるとか。
というわけで、メールと電話での
取材となりました。

自分の経歴や思いについて
述べるのですが、
質問の意図や、
あ、この答えが欲しいのかな?とか
どこかで考えてしまう自分がいます。
求めている答えにはならなくても、
彼女のかんがえるゴールに近づける
ように、考えながら、
でも、自分の思いがぶれないように、
丁寧に答えました。

これからあがってくる原稿が楽しみです。

あー、取材する時も、よく同じこと
言われるなと思いました。

される側の気持ちを体験できて
よかったです。

記事はたぶん3月下旬頃に公開予定。
公開されたら、お知らせするので、
ぜひ読んでください。
少し恥ずかしいですが、、

これまでの仕事に対する思いや、
自分の仕事に対する熱量の正体など、
話している中で、彼女が読み取って
爽やかな言葉に変換してくれて
気づかされることがたくさんありました。
とてもいい経験になりました。

チョコレイトをちょうだい

バレンタインデーに
チョコをもらいましたか?

お菓子やケーキはそんなに食べないですが、
チョコは大好きなので、
義理でもなんでもチョコがもらえる男性方は
うらやましい限りです。

だってホワイトデーになると
うってかわって
マシュマロとかキャンディーとかが
店頭に並ぶじゃないですか!
1ヶ月前にあんなに盛り上がった
チョコをどこにやったー!?ってなります。

ちなみに実家の父に
もう何年もバレンタインチョコを
欠かさず贈っています。
毎回試食して確実に美味しいと感じたものを
選びます。見た目と味、両方とも大事。
とても時間がかかります。
今年は中津川の栗きんとんが入った
トリュフにしました。
赤福をこよなく愛する父のために
来年は赤福チョコを販売してほしいです。
(ガリガリくんリッチの赤福も食べてみたい)


それでは最後に
バレンタインに聴きたい一曲をご紹介します。
ONIGAWARAで「チョコレイトをちょうだい」



来年のバレンタインには
ぜひ聴いてみてくださーい♪

YOUは何しに?

「まっぷる飛騨高山'18」、2月9日に発売されました!
私の入社以来の担当媒体、
また今年も無事に最新版が登場です。

定番ネタを守りつつも、
大ヒット映画「君の名は。」の
"聖地巡礼"を取り上げたり、
最近、飛騨高山に外国人観光客が増えていることに
基づいた企画を設けたり、
トレンドを意識した内容も含まれています。

特に外国人観光客ネタの企画は、
デザインもインパクトのある仕上がりですので、
ぜひ手に取ってご覧いただきたいです。

華やかな高山祭を見に、
ノスタルジックな町並み散策をしに、
飛騨牛などの地元グルメを味わいに、
温泉や大自然などを満喫しに、
繊細で味わい深いみやげを探して、
あたたかくやさしい人のぬくもりを求めて…。
飛騨高山を訪れる理由は、まだまだ尽きません!

あなたは何しに飛騨高山へ行きますか?
「まっぷる飛騨高山'18」を手に、
ぜひ楽しいプランを思いめぐらせてみてください。


あー、私も早速、飛騨高山に行きたくなってきました!

IMG_2884.jpg


年間パスポート

少し前になってしまいますが、
東山動植物園の動物園エリアが営業を再開しました。

鳥インフルエンザの影響で一時閉園していましたが、
無事に営業再開となり本当にうれしいです。
私は息子とともに東山動植物園によく行くのです。
こども動物園にゾージアム、チンパンジータワー、
コアラ、キリン、コビトカバ、そしてシャバーニ!
魅力は尽きません。

営業再開から3日間は入場無料ということで、行ってきました。
しかもスカイタワーも無料。これは行くしかない。

鳥インフルのことで敬遠したりする人もいるのかな…
と思っていましたが、ぜんぜんでしたね。
入場ゲートには大行列!
園内も大混雑!
スカイタワーも大行列!展望台もひといっぱい!

IMG_4559 (250x187)
 展望台に行くエレベーターは40分待ちでした…

活気を取り戻した東山動植物園。
今年は開園80周年イベントが盛りだくさんのようで楽しみです。
私は年間パスポートも持っているので、
ぞんぶんに楽しみたいと思います。


こちらも、いちはやく年間パスポートを購入したレゴランド。
IMG_4846 (250x188)
 入場ゲート前にて…

こちらは「THE PAGE愛知」の仕事として、
キーセレモニーというプレイベントに行きました。
 ●ニュース記事はこちら
  ↓
 https://thepage.jp/aichi/detail/20170203-00000001-wordleaf

レゴランドジャパンのプロジェクトリーダーや社長が挨拶。
地元の子どもたちを招いた、華やかな式典でした。

東山動植物園とレゴランドジャパン。
期待しかありません。

恋は四角

愛車ジープコマンダーが
2月に車検を迎えるということで、
ついに手放すことにしました。

昔から四角い車が好きな私は、
はじめて恋した車がスズキのエスクード。
ボロボロでしたが、カクカクして大好きでした。
その後、家族から譲り受けたマツダのランティス、
レザーシートに惚れて中古で買ったプジョーの307と
四角くない車に浮気したことも。

やっぱり四角い車が恋しくて、
店頭で見たコマンダーに一目ぼれ。
かれこれ8年ぐらい乗ったと思います。
購入して間もない頃、リッター4km程度というの燃費の悪さに
“タンクに穴が空いている”と疑ったのも懐かしい思い出。

それでも一度たりとも嫌いになったことはありません。
駐車場に戻るときはいつも、
「なんて四角くてカッコイイ車なんだ」と
惚れ直していたもんです。

ディーラーに車検の相談をしたら
「結構な値段行きますね」と脅され、
泣く泣く買い替えることに。
お別れの日は、四角い勇姿を写真におさめまくりました。
考えてみれば、人生のなかで一番長い時間を
ともに過ごした四角い車でした。

新しく迎えたのは、グランドチェロキー。
トランプ大統領は好きではありませんが、
アメリカ発のジープブランドです。
結果的に彼を応援する買い物をしてしまいました。

ちなみに、四角くありません。
恋ってふ・し・ぎ。


IMG_2037.jpg
[↑]鳥羽のロケはコマンダー最後の大仕事でした



IMG_1991.jpg
[↑]こちらが新しい恋人(と同じモデル)


ブログタイトルは、たむらぱんの曲名です。


二泊三日の合宿

久しぶりに実家に泊まりました。
とは言っても、年末にも泊まったので世間一般には「久しぶり」とは
認めてもらえないかもしれませんが。。。

前回、年末に泊まった理由はおせち料理を作るのと実家に届いた
松阪牛ですき焼き忘年会をするため。
今回の宿泊理由は、友達と恒例の味噌作りをするため。
「恒例行事」とか季節の行事を大事にするタイプです。
(盆・正月に親戚が集まる家に育ったため、高校生の頃からほぼ毎年
欠かさずおせち料理数品を作っています。渋い高校生だ・・・。)

毎年(多分7年くらい?)味噌を友達と一緒に仕込んでいるのですが、
色々な事情で渡辺家で作るのが便利かつ合理的な為、メンバーの冬
の恒例行事と化しています。

そして、メンバーはいつもほぼ一緒なので、みんな要領を心得て手際が
どんどん良くなっていっています。
友達と作業したのは、土曜日の数時間だけだったのですが、なぜ、2泊も
したのかと言うと、友達と作る分とは別に渡辺家での消費分(おすそ分け
する分を含む)を作るから。

今までは週末を2回使ってのんびり作るのですが、今回は初めて2日続けて
味噌作りをしました。
乾燥大豆各3㎏を2回、水で洗って一晩水に浸す→翌朝圧力鍋を2個フル稼働
させ茹でる一連の作業は、まるで味噌造り業者のよう。
とは言っても、義姉と姪っ子(6歳)、母に手伝ってもらったので、私の作業はただ
ひたすら大豆を茹で、潰しただけ。あとは作業している人の周りをうろちょろして、
雑務を少々。普段遊べない姪っ子の観察(お世話ではない)をしたり。
無事に2日で合計20キロ弱の味噌を仕込むことができました。
(と、甘夏ジャムの作成も少々。実家で育つ甘夏がもうすぐ収穫時期のため、
こちらも季節の大事な「行事」なのです。)

実家に泊まりに行くと強化合宿のように課題があり、休む暇は寝るときと食事時間、
お茶タイム、お風呂くらいなのです(汗)
嬉しいのは、母の手料理を食べられること。
今回は、金曜の仕事を終えてから直接向かったので、実家に着いたらすぐに晩ごはん
を頂けるという、この上ない贅沢を味わわせてもらいました。
(それ以外の実家滞在時の食事は基本、私が作るか、外食です。)
実家って、上げ膳据え膳で甘えられる場じゃないんです。合宿所です。

合宿を終え、疲れて帰ったアパートがのびのびと感じられましたとさ。

サイコロ本

昔から本を読むことは好きだったが、今はハマっていることもあり、週に1、2冊は読んでしまう。
主に読むのはミステリー小説のため、読みやすく続きが気になるので、ついつい読んでしまうということもあるけれど。

今、読んでいるのが京極夏彦の処女作「姑獲鳥の夏」。
京極夏彦が仕事の合間に書いたもので、「小説書いちゃったからもったいない」という軽い気持ちで編集部に電話をかけたらしい。
そんな仕事の合間に仕上げた小説なんて、夏になって浮かれ気分で彼氏彼女ができたけど、夏が終わる頃には別れてしまう「一夏限りの恋」的なものかと思いきや、こんなの仕事してて書き上げられるの!?というくらいにすごい。

妖怪だとか、宗教を題材にしたミステリーだけど、私だったら1年、いや5年、、一生かかっても書けないと思うくらい説明が細かく内容が濃い。
途中で何を読んでいるのか分からなくなって眠くなるくらい細かくて濃い。

細かい上に話の途中で出てくる伏線を、最終的に全て拾い上げまとめ上げてるのもまたすごい。

そして、細かくて濃くてすごい上に分厚い。これが文庫本のサイズですかと疑うくらいに分厚い。
「レンガ本」や「サイコロ本」と呼ばれている見た目がこちら。



分冊版のため分かりにくいですが、分厚いもので5cmはあると思います。
ネットで「サイコロ本」と検索すれば、もう少し分かりやすい画像が出てくると思います。
文庫本の中で一番分厚い作日はこの人のだったような…

興味が出た方は、本屋でサイコロ本を持ってみることから始めてもいいと思います。

27歳


2月6日は誕生日でした。

IMG_0419.jpg

今年も皆さんから
ケーキをいただきました。

27歳の誕生日です。
社会人5年目。
エディマート5年目。


もっともっとがんばろう。

すごいぞ!かかとちゃん


先日、私のかかとが悲鳴を上げた。

すこぶる体温が低いこと、
手足が氷のように冷えること、
少し変わった作りの部屋が寒いこと、
薄着で外をかけまわったこと、
ケアを怠ったこと、が原因だと思われる。

靴を履くのも、
ちょっと触れるのも、
ひゃっというほど痛くて、
事務所の中を歩くのも大変なほど。

シアバターをたっぷり塗り込み、
靴下を履いて寝ても治らない。
というか、寝ている間に靴下を
脱いでしまっている。

通勤時も痛くて痛くて

来週と再来週は大事な取材が
たくさん控えている。
走り回らなくてはいけない。
痛いなんて言っていられない。

だから、ある商品を買うため、
ドラッグストアに駆け込んだ。
CMで見たことのある、
かかと専用のケアアイテム、
その名も“かかとちゃん”。

たっぷり保湿をしてから、
かかと専用の靴下、
かかとちゃんを履いて寝るだけで
翌朝にはつるんとなるらしい。

本当か?
半信半疑で、そしてどうか
治ってくれ、と願い、一晩経った翌朝、
立ち上がってみると、
あれ?痛くない、
かかとちゃんを外してみると、
なんとびっくり!!

治っているだけでなく、
すべすべしているではないか。
これはすごい!すごい商品だ。

改めて、クチコミなどを
読んでみたら、効果を感じて
いる人がほとんど。

いやー、すごい。
本当に感動したし、何より助けられた。
とにかく驚いた。


そして、ネーミングセンスも
いいな、と。
記憶に残っていたから、
買いに行けたわけだし。
効果を感じると、余計にかわいく
思えてくる。

かかとちゃん、ありがとう!

痛い思いも、こんな発見につながるなら
無駄ではないなと感じたのでした。



あ、ステマではありません!

人生の話

今日のおもな仕事は
4人の人物へのインタビュー。

同じ職業でありながら
それぞれ世代が異なるため
話すテンションや内容はまるで違った。

インタビューの内容は
おおまかにいえば
その人の人生が変わるきっかけのお話でもあり
一人ひとりにドラマがあるなーと
終わってからしみじみと感じた。

自分よりも年上で
キャリアのある方のお話は
特に興味深く、
いろんなことを聞きたくなって
だいぶ前のめりに。

一方で年下の子たちは
人生経験という部分では
大きな差があるものの
これから向かう未来への希望に
満ち満ちてまぶしかった。

どんな年代にしろ
自分の歩む道を自分で考え
行動をしている人は
美しいんだなーと感じた、
そんな一日。
(みんなモデルさんなので
実際見た目が美しい!)

これまであまりなかったけれど
その人自身について深く聞くインタビューは
まさに人生のお話で、本当にドラマだ。
そして、いろんな誰かの人生にふれることができる
この仕事は、なんておもしろいんだと気づかされた。

いろんな人の人生にふれると
疲労もすごいですが。笑
一日おつかれさま。私!

江戸の脱力系

先日、名古屋市美術館で開催中の展覧会
「永青文庫 日本画の名品」に行ってきました。

それほど日本画好きというわけではないのですが、
ピンときた絵があったので。
それが、こちら右下のへもへもした絵↓
image1_convert_20170201204558.jpg
仙厓義梵という江戸時代の名僧が描いた絵です。
ほかにも数点あるのですが、どれもこんなタッチ。
僧が描く“禅画”なので、実は奥深い意味があったりするわけですが、
一見したところではひたすら脱力系。
より多くの人に親しみをもって見てもらうことで、
絵を通して仏教の教えを伝えようという狙いなのでしょうか。

長い時を経て、現代―。
仙厓さんの禅画は、
かわいいモノ好きな女子たちの心をくすぐっているようです。
『かわいい禅画』という書籍までできていました。

かわいい!であれ、イケメン♡であれ、
何かしら興味を持って知らない世界と出会うのはいいことですよね。

展覧会では、このほかにも正統派の日本画が多数ありまして、
日本画の技法などもところどころ紹介されていて、興味深いです。
2月26日まで行なわれていますので、気になった方はぜひ。
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2016/eiseibunko/index.html

そして、奇遇にも?
『BRUTUS』最新号は“禅”特集でした。
仙厓さんの禅画は載っていない…、残念!

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード