第10期終了!

スタッフとの個人面談を終え、
社員旅行からも無事に戻り、
決算の数字もまとまった頃に、
桜は満開となった。
(ところで、花見はどうなった??)

本日は3月31日ということで、
当社の第10期の最終日。

第10期を振り返ってみると、
スタッフの入れ替わりがあったため
毎日「人」のことばかり考えていた気がする。

各自の負荷がどうしても高まってしまい、
組織全体が疲弊してしまった時期が
あったことも認めるが、
1年が経ち、結果的に個々が成長、自立し、
会社としても対応力が増したと思う。

そして明日から第11期がスタートする。
成長、自立するスタッフに応えるべく、
環境を整えていくのが自分の仕事だ。

まずは5月に大きなプロジェクトがスタンバイ。
あらためて本決定したら
この場を借りて発表させていただくが、
ことしはエディマート「第二章」が
加速することは間違いない。

また一年後、スタッフと笑顔で乾杯できるよう、
ちょっとだけ酒とラーメンを控え、
健康的に、情熱的に、
スタートダッシュを決めたいと思う。

社内外の皆様、来期もよろしくお願いします。


IMG_9611.jpg
[↑]社員旅行の春日大社で引いた鹿みくじは「大吉」。
  行く先に利益があり、差つかえないのなら、
  進むしかないでしょう!

スポンサーサイト

初登城!

社員旅行の思い出話も捨てがたいのですが。。。

国宝の城郭が5つになったって、ご存じですか?
5城のうち、まだ犬山城しか登城したことがなかったのですが、
やっと2城目に行ってまいりました。
(昨年、5つ目の国宝城に認定された、松江城にも行ったことは
あるのですが、国宝に認定される前&まだ城に興味があまり
ない頃に行ったので、ちらっと見ただけで退散、残念!)

じゃん!!松本城!!
かっこいいです。
DSC_3195.jpg
実は、4年前にも一度行ったことがありましたが、
諸般の事情で登城かなわず。やっと念願がかないました。
雨の予報だったけど時折、現れる晴れ間。

そうそう、再会しました!アルプちゃん!!
DSC_3167.jpg
後方に松本城が鎮座していますが、残念なことに。。。

前回、松本訪問時にかなわなかった城下町にも行きました。
栗銘菓の竹風堂で和スイーツを頂いたのですが、、、食い気が
勝ちまして、写真がございません(笑)

松本は・・・遠いですね。しかし、さらに北上した志賀高原で1泊し、
ボードを楽しんできました。
DSC_3201.jpg
ピンクのクマと。なんと、スキーを上手に滑るクマでした!!
(視界めちゃ狭いのに。頭身バランスも、大変そう。。。)

行ってきました、奈良。

社員旅行に連れて行っていただきました!初参加です。行き先は奈良。

定番スポットを回る観光コース。

奈良は小学生の時に修学旅行として行きましたが、大人になってからも何回か足を運びました。
仏像に憧れて。

シュッとしていて、顔が三つもあり不思議な雰囲気を醸し出す阿修羅像も好きですが、何よりも好きなのはやはり金剛力士像。
人間離れした隆々とした筋肉美、今にも動き出しそうな躍動感がたまりません。
見るたびに彫刻を始めようかと思いますが、今だ始められていません。今回の旅行を機にぜひとも挑戦したいです。調べてみると、初心者でも手軽に参加できる仏像教室なるものがあるらしいです。


ちなみに、お昼ご飯はならまちで創作フレンチをいただきました。
メインを魚か肉か選べるのですが、私以外はみんな見事に肉でした。肉って人気あるんですね。一見、草食そうに見えますが、エディマートは意外にも肉食系でした。
ロールキャベツ男子ならぬ、ロールキャベツ会社です。

魚料理のメインは鰆と鯛のポワレ。外の皮はパリッと、中はふわっとしていて絶品でした。

アウトバーン


ことしも社員旅行に連れてっていただきました!

ぼく&TOYOさん幹事で日帰り奈良旅。
社員旅行の幹事をやるのはこれで2回目です。

効率の良い旅のスケジュールを考え、
心躍る観光スポットを洗い出し、
素敵なランチスポットのリサーチ&予約が幹事の仕事。
当日、スムーズに移動できるように旅券を手配しておくのも大切です。

入念な準備を重ねまとまったのは、
興福寺、東大寺、春日大社の3スポットをめぐる鉄板ツアー。
ランチには、町家造りのフレンチレストランで至福のひと時を過ごします。

そして密かに楽しみにしていたのが、
夕方に予定していた「ならまち」フリー散策。
ならまちを各自が自由に散策し、
時間になったら駅に集合して帰路につく…というもの。

この自由散策の時間を使ってカフェでお茶したり、
おしゃれな奈良雑貨のショップめぐりをするのですが、
ぼくはレコード屋へ行くことに決めていました。

行き先は商店街にある「ジャンゴレコード」。
最近多い“スタイリッシュで品数豊富な店”とは真逆をいく、
雑多な店内で、偏ったジャンル(良い意味で)の商品が並ぶレコード店です。
店のことを知ったのはtwitterや音楽サイトで。
オーナーさんが何かのサイトでコラム?を連載していたような覚えがあります。

店に入ると年配のお客さんが数名。
「安すぎ!」「赤字覚悟」「この価格は驚き!!」など、
(ただの紙に書き殴った)popがやたらと目につきます。
大体が値段に関するアピール…大丈夫かな?と少し不安に。
しかし何枚かレコードを出し入れしていると、
ジャケットに貼られたpopからは人の「温度」が伝わってきます。

「このアルバムがいちばん好き!」「とりあえず買っておけば損は無い」
「店長の人生で3本の指に入る名盤」「個人的に好きだけど世間の評価は微妙」
など、根拠の無い主観が入りまくったレビューの数々。これにやられました。

実際には聞いていないのに、
直接話しておすすめを聞いたような聞いたような温かさ。
大きなCDショップでは味わえない体験ですよね。
商品も数こそは少ないですが、
品ぞろえの面々からは“置きたいものを置いている”というのが伝わってきます。

世間で数ばかりが増えて「本当に良いものは何?」となりがちな一方で、
人の温度が伝わる売り方、セレクトをしているお店って本当に貴重です。
これもモノ作り。だから選びやすいし、良い音楽にも出会いやすい。

ちなみに買ったのははこの2枚!
▽クラフトワーク/アウトバーン&カサビアン/クラブ・フット
IMG_9053.jpg


クラフトワークのpopは「全アルバムが好きだけど、一枚選ぶとしたらこれ」でした。

鹿さんたちが暮らす場所へ

社員旅行に行って来ました。

初参加です。

阿闍羅像を見て、町家で創作フレンチを頂き、
大仏を拝み、春日大社で参拝し、
ならまちを散策してきました。

行き先は、奈良でした。

ゆっくり仏像を眺める時間ができたこと、

自撮り棒のフレーム内に初めて入り、
リア充気分を感じられたこと、笑

気になっていた鹿みくじ、しかも白鹿みくじを引けたこと、

鹿たちと遊べたこと

などなど、
楽しさ満載の日帰り旅でした。


いままで、渡り歩いてきた会社の中で
経験してきた社員旅行の中で、
正直いちばん楽しく充実していました!

撮ってきた写真を見直していて
気になる仏像がありましたので、
調べてみました。

大仏様の左後方にいた、
広目天様。

四天王のひとりで、西の方角を守っています。

気になったのは、手にしているのが
筆と巻き物であったこと。

調べてみると、
他では見られない視点で、
確かな情報を収集し、書き記していたとか。

ちなみに平安時代以降に作られた
広目天の持ち物は違っているそうです。


行き先にいろいろな候補が出た中、
奈良に決まったのは、
情報誌を作る団体が、
情報を司る彼に引き寄せられたのでしょうか??


名古屋から京都経由で行くと、
とっても近く感じた奈良。

動物園に行かなくても、動物園気分を
味わえるお得感もあります。

とっても楽しかったので、
また、近い内に行きたいな~と思います。

_20160326_234153.jpg
奇跡の鹿オン鹿

_20160327_195105.jpg
こちらが広目天様

_20160326_235043.jpg
和菓子のお皿にも鹿さんがいました

_20160326_234034.jpg
ついつい持ち帰るショップカード。割と仕事に役立つアイテム

ドキドキ系漫画

桜は開花したのにものすごーく寒い!
体が春を求めてるからか
今さら寒いのなんて堪えられないのです。

楽しいことでも考えましょう。
昨日のTOYOさんのブログで出てきた
ワクワクするキーワード。
私の場合は何だろう?と考えてみた。
やっぱり「本」かな。
「本とパン」という特集なんて見つけたら
即買いに決まってる。

たぶん物心ついた頃から
本と漫画とアニメーションに
ときめいていた気がする。

でも最近読んだ漫画は
ワクワクとはほど遠いストーリー。
一つは花沢健吾の「アイアムアヒーロー」。
謎の感染病で世界中の人間がゾンビ化して
パニックになる話。
もう一つは古谷実の「ヒメアノ〜ル」。
さえない主人公の恋愛と
快楽殺人者の日々が並行して描かれる。
春だというのになんとどんよりした
物語を読んでるのでしょうか。笑
(ある意味ドキドキはするんだけど…)
でもこれ、どちらももうすぐ
映画公開されるので楽しみです。

アイアムアヒーローには
大泉洋!すごくハマリ役だと思う。
ヒメアノ〜ルはV6の森田剛!
昔から彼の演技が好きです。
ただどっちの映画も実写で見るには
グロそうで心配。。

というわけで花見のことでも考えて爽やかな気分に〜
暖かい昼間にお花見したいなー♪
名古屋城とかで!
とりあえずは妄想して楽しみます。笑

IMG_3265_convert_20160325200241.jpg
↑なんとなく歩いて出社したらちょっと咲きの桜に遭遇♪


wktkキーワード

みなさんがわくわくするキーワード、なんですか?
最近だと、「春」とか「桜」ありそうですね。
(ちなみに、隣りのHIROKIは「恐竜」だそうです)
人によっていろいろあると思いますが、私はやっぱり「映画」かな。
なかでも、ざわざわするフレーズが、
某雑誌の特集「誰も観てない映画50本!」。 
先日も書店で発見して、即購入決定。レジへ直行です。
しかも、今回は私が大注目のイギリス人俳優、エディ・レッドメインが表紙!
超保存版となること、間違いなしです。

誰も観てない映画たちの“○月公開”を確認しながら、
「あー、これ見るまでは死ねないな」と、心の中でつぶやくわけです。
これ、大げさでもなんでもないですよ。
小説好きの人だったら、「○○さんの新作読むまで死ねない」
って思ったりするのでしょうか。

何であれ、気持ちがアガるっていいですよね。
だって、春ですもん♪
あ、やっぱり「春」にもわくわくしてるんじゃ??


▼“誰も見てない”って、日本で誰も? 一般の人は誰も?
FullSizeRender_convert_20160324112122.jpg

大阪のお好み焼きは美味しい

大阪に行ってきました。
大好きなIKEAに行くために。

家具やインテリアを買うので、
IKEAには必ず車で行きます。
何度も行っていますが、
大阪市内と高速道路はなかなか覚えられません。。
高速は複雑で、下道は車線が多くて迷う。。難しいです。

長久手にIKEAができれば…と思うのですが、
2017年10月オープン予定らしいので、
しばらくは大阪にお世話になりそうです。

いつもIKEAに行くときは1泊します。
1日はIKEAで買い物して、もう1日は大阪観光。

今回は宿から近かった天王寺動物園に行きました。
そのあとは通天閣に。
IMG_1503 (250x250)
天王寺動物園の真横にあるんですね。
ビリケンさんにご挨拶をして、
お昼ごはん処を探しました。

串カツの街だとは知っていましたが、
ほぼ全ての店が串カツでした!
なんとなく、
大阪に来たしお好み焼き食べたいな~、
と思って探していましたがぜんぜんなく。。

キョロキョロするあからさまな観光客は、
客引きのお兄さんにつかまってしまいました。
お兄さん「おう!お三人さん串カツどうでっか!」
威勢のいい声に、ちょっとビビりながら通り過ぎる自分。
しかし、道の先には店がなくなってしまい、
仕方なく折り返す自分。

お兄さん「お!お三人さんおかえりなさい!串カツの街へ~」
自分「はい、ただいま帰ってまいりました。が、お好み焼きが食べたいんですよ」
お兄さん「お好み焼き⁉︎ 串カツの街で⁉︎ お好み焼きはないですよ~、2軒しか。」

(え?あるの?)

自分「あるんですか?」
お兄さん「あるよ。そこの筋まっすぐ行った左手に1軒。あっちの動物園のほうにもう1軒。」

やさしい。

IMG_1569 (250x250)
おいしい。

創意工夫の販売機

6歳の娘がはまっているレゴ。
最近はYoutubeの動画でレゴに関するものを観ては、
「同じものを作りたい」と言ってくる。

娘が興味をもったのは、レゴで自動販売機を作る動画だ。
どうも幼い“レゴ好き”の子どもが作っているらしいが、
コインを投入すると、ビー玉が出てくる本格派。
レゴを横倒しに使ってボタンにしたり、
投入後のコインがちゃんと収まるスペースがあったりと、
かなりの仕上がりに舌を巻く。

こちらも負けてられないと、動画を参考にしながら
まがりなりにも2台のレゴ製自動販売機を作ってみた。
一つは、10円を入れるとつっかえ棒が外れ、
車輪に刺した板が傾いてビー玉が出てくるもの。
入れたコインは、横から取り出すこともできる。

もう一つは、投入口からビー玉を入れ、
右側のボタンを押すと
ビー玉が一つずつ出てくるもの。
一つ目よりコンパクトに仕上がり、故障も少ない。


話は変わるが、新聞の記事に
「人工知能が文章作成」というものがあった。
人工知能を使って書いたショートショートが、
星新一氏にちなんだ文学賞、「星新一賞」に応募したところ、
受賞はしなかったが、一部が一次選考を通過したとか。
少し前に人工知能がプロ棋士に勝ったという話題があったが、
まさか自分の仕事においても、
人工知能が関わってくるとは!

やっぱり大切なのは「創意工夫を重ねる」ということだろう。
同じ仕事はつい経験則に頼りがちだが、
経験則で時間が生まれたのなら、その時間を使って
創意工夫をし、昨日よりも良いものを作っていかなければ、
いつか自分の仕事は無くなってしまう。

今日書く原稿も、週末に作るレゴも進化を続けなければ!



IMG_9547.jpg
[↑]レゴ製自動販売機(2号機)の外観。
  左上がビー玉投入口、右側のでっぱりがボタン


IMG_9549.jpg
[↑]2号機の中身。ビー玉の囲みとボタンはつながっている


IMG_9550.jpg
[↑]ボタンを押すと囲みがスライドし、下の穴に落ちる仕組み




やっぱ好きだがね

昔から、好きなもの。
色々ありますが、割と非日常で好きなものの筆頭にあがるのが
着物。(以前のブログでも書いていました。)

3歳くらいのお正月に母だけ着物を着て初詣に出かける事になり
「私も着たい!!」と駄々をこね、窓際で不貞腐れた顔をして写真
に納まっているほど(お見せできずに残念なのですが。こんな写真、
よく撮ってたね、お父さん!?)。

20歳そこそこの頃、一度着付け教室に通ったのですが、その頃の
私には覚悟(月謝などの費用がどんどん高額になっていくシステム
と、高価な着物を買うよう勧められるシステムだったのです、その
教室は)が全く足りず、3か月で断念(三日坊主というけれど、笑)。
その頃は浴衣が自分で着られるかどうかの程度でした。

その後、月日だけは容赦なく流れ、やはり自分で着物が着られるように
なりたいと思って違う教室に通うことに。
そこは、もっとあからさまに「着物を買わない生徒に教えることはない」を
ウラの大前提としているため、教室が開催されなくなったり、着物を買う
機会はあっても、上達しない(させてくれない?)システムに嫌気がさして
やめてしまいました(着物を買ったローンだけが残る。。。)。
そして、まだ着物が着られない(涙)!!

ローンを支払う日々の中、諦めきれずに再度通い始めたのが1年ほど前。
着物のレンタルもあり、手軽に通えるのが魅力、かつ、仕事帰りにも通える
場所にあるなど、魅力が満載であれこれ考えずに即決して入学してしまい
ました。
会社帰りに通うので、どうしても遅刻してしまうのですが、それでも快く受け
入れてもらっているので、今も継続しています。(毎回遅刻なので、先に授業
を受けている人との遅れを取り戻すよう、猛ダッシュで着替えるため、人一倍
動作が早く、時に驚かれるという、なんだか妙な上達の仕方も?)
着付け教室は、着替えもあるので女性ばかりの世界。あまり女子の集団が
得意ではないのですが、女子特有のしがらみがないおかげで続けられています。

そんな着付け教室の行事がありましたので、流れで出席することに。しかも
なぜか振袖で。
061_convert_20160317142801.jpg
金屏風の舞台で踊っています(笑)
地味な色味の着物を買ってもらって良かったなぁ。(まぁ、20歳の頃の私は、
まさか、この年で振袖を着るとは想像もしていなかったですけどね。)
年齢的に大問題じゃ?とは思ったのですが(笑)、なかなか着る機会がない
ので、開き直って大いに楽しみました。
(先生に着せてもらいました。まだまだ修業が足りず、振袖は難しいし、
自分で着るものではない、のかな?)

そんなこんなで、着物デートして下さる女子、大募集中です♪

遭遇

家でお茶でも飲みながらのんびりしていた休日のことです。ちょうど母親も一緒にいたのですが、何か2階で大きな音しなかった?とふいに聞かれました。

花粉症で鼻がつまり、もともと耳がそんなに良くないこともあり、私には何も聞こえませんでした。

誰か2階にいるかもと冗談を言い、母親をからかっていました。

しばらくすると、視界に入る母親がやたら外の方を気にしています。
どうしたの?とたずねると、普段人通りの多くない家の前の通りを、さっきからやたら人が通るのだと言いました。

外を見ると確かに、近所の人とみられるような人が時々何人か通りすきます。気がつけばパトカーや救急車のサイレンも聞こえます。

さっき2階でした音が関係するかもと、階段を上ると鼻がつまっているにもかかわらず、何かが燃えているような匂いがします。

しまった!

ストーブをつけたままにしていたかもと、慌てて部屋に入りましたがストーブはついていませんでした。
しかし、昼間にもかかわらす窓の外がやたら暗かったため、窓を開けて見ると、家から歩いて10秒の距離にあるアパートがもくもくと煙をあげ燃えていました。

外に出てみると、野次馬が道路いっぱいに広がり、パトカーや消防車が何台もとまっており、消防士の人がが懸命に消火活動をおこなっていました。

まさかこんなことが家の近くでおこるとは、、
しばらく呆然と立ち尽くし、空へとのぼる煙を見つめていました。

近所に住む友達からも「家燃えてない?」と大慌て電話がかかってきたほどです。それくらい近くで燃えていました。

もし万が一、自分の家が燃えていたらと考えると恐ろしくてたまりません。



思わず写真に撮った一枚。ただただ見つめることしかできませんでした。

オムニバスって人


オムニバスってなかなか買おうと思わないんですけど、
このアルバムは「名盤!」っておすすめできます。

俺メロRespect
IMG_9036.jpg

ジャンルはパンクロック。
全15バンドがそれぞれ有名歌謡曲をカバーし、
1枚のCDにまとめたコンピレーションアルバムです。

選曲は「少年時代(井上陽水)」や
「木綿のハンカチーフ(太田裕美)」など、
誰もが聴いたことのある往年のヒットソングが中心。
とにかく、どのカバーも曲の“崩し”が絶妙にウマイんです。

ただ単にカラオケしているようなカバーでは無くて、
バンドの個性がしっかり伝わる熱血的なアレンジ。
その一方で、原曲の色が消えてしまう程のやり過ぎ感はありません。
そのバランスがほんと絶妙。それが15曲すべてだから「名盤」なんです。

最初に買ったのは高校の頃。
雑貨屋で流れていたのを聴いて購入しました。
薦めたがりだった当時のぼくは、
「これヤバイから聴いてみて!」と
興奮気味で色んな友達に貸しまくります。
そして、誰に渡したか覚えていないまま紛失。
ヒドイ話ですよね。いまでも思い出せません。

さいきん、そのCDをレコ屋で発見しましました。
値段は100円。ぼくの名盤が100円。状態は新品同様なのに。
市場価格は時に残酷ですね。

「救わねば!」と使命感に囚われながら、
すぐさま購入しました。
久しぶりに聴くも、曲の良さは失われていません。
さらに高校の頃よりも歌詞に心が染みるといった変化も感じさせます。

こんな風に、昔聴いていたCDが安く売られているのを見つけると
なぜだか救済の気持ちに駆られて買ってしまうんですよね。

あと余談ですけどオムニバスの話になると、
高校の時に「オムニバスって人めちゃめちゃCD出してね!?」って
TSUTAYAで大発見したかのように聞いてきた浜口くんのことを思い出します。

だれも死なない


15年くらい前、
広告批評という本で
連載されていたお話のタイトルです。

トーン・テレヘンさん作、
谷川俊太郎さん訳。
帯には、大人のための哲学童話と
書かれています。

動物たちが何気ない日常を
なんてことない会話をしながら過ごす。
特に何か事件が起こるわけではなく、
淡々とした物語です。

でも、妙に心にひっかかる、
もやもやではない、
なんというか、
やわらかいとげが残る感じ。

私のいちばん大好きな本です。


そして、
いつか、こんな物語が書きたいという
目標でもあります。


先日、取材した記事が公開されました。

何度か訪れたことがある
絵本屋さんの記事です。


言葉を仕事にしたいと思ったのは
20歳の頃でした。

きっかけは
詩や絵本でした。


いままでたずさわってきたお仕事には
どれも同じくらい愛情があるけど、

やっぱり、
言葉の仕事に就きたい、と
思ったきっかけである
絵本に関する取材が出来て、
原稿が書けたことは
とても感動的で、

たまらなくうれしかったのです。



まだまだ勉強したいことはたくさん、
実りあるお仕事にも
たくさん出会えるように、、









バックパックウェディング

知ったのは
友人のFacebookがきっかけ。

世界各国の絶景をめぐりながら
ウェディングフォトを自撮りする
カップルがいるのをご存知でしょうか?
最近では日本各地でもやっていて
今まで自撮りだったのが
カメラマンが撮影することもたびたび。
私は、大阪に住む友人カメラマンが
彼らの写真を撮ったということを
Facebookであげていて知りました。

その写真は大阪の街中で
和装した2人をとても楽しそうにとらえていて
すぐに気に入りました。
なんていい写真を撮るのだろう!
と同時に
なんて素敵な表情をするのだろう!
と感激したことを覚えています。

最近では
クラウドファンディングを利用して
これまで撮ってきた写真を集めた本を出版。

それが、こちらです。
IMG_3200_convert_20160314191933.jpg

キレイな写真となんとなくいい言葉が
載ってるようなよくある写真集って
個人的にあまり好きではないですが、
バックパックウェディングの本は
始めたきっかけや旅の話、旅の費用、
バックパックウェディングをやるには
どういう準備が必要か、など
具体的に書かれてて
作るの大変だっただろうなーと
感じるほど充実した内容。
デザインもかわいく仕上がっていて
たくさんの人が手にとってくれるといいな、
と素直に思いました。

またすごいのが
できた本を書店に置くツテがないため
2人が自分たちで数々の書店周りをして
その場でプレゼン、交渉し
全国各地で置いてもらえるようになったこと。
名古屋でもこの前、
名駅の三省堂さんにずらっと
並んでるのを見かけました。

男性のほうが松永さんというのですが、
彼に話を聞くと
バックパックウェディングは
テレビで芸能人が、世界遺産をバックに
ウェディング姿で撮影しているのを見て
「結婚したらこんなことしたいね~、、、
いやこれって結婚してなくてもできるやん!」
「ウェディングドレスで旅の写真撮ったらおもろくない?」
というところから始まったようで
壮大な計画があったわけではないらしい。
できる時を待つより自分たちができることをやろう、
ということで古着のウェディングドレスを買って撮影。
続けていたら、興味を持ってくれる人が増え、
だんだん注目されるようになり
写真展を開いたり本を出したりするまでに
至ったという。

どんなことも続けることって大事だなと思ったし、
楽しいと思うことを気持ちのままに
やっているだけ、と話す松永さんの強さも
感じられました。
あと、ウェディングドレスって
どこの国に行っても
みんな笑顔で祝福の言葉をくれるらしいです。
確かにそれはあるかも。
桜を見てキレイだなーと思うのと
似たような感情なのかな。

みなさんもどこかで本を見かけたら
ぜひ手にとってみてください♪


本の一部をちらっとご紹介~

IMG_3201_convert_20160314192006.jpg
▲大阪で和装ウェディング

IMG_3202_convert_20160314192023.jpg
▲めっちゃ楽しそう!

IMG_3204_convert_20160314192037.jpg
▲秋田の雪の中でも!ユニーク!


自分を磨く~ビジネス編

先日、各界で活躍する方々の講演が聞けるセミナーに参加してきました。
直接話を聞ける機会はあまりなさそうな講師の方が多く、
講演の内容は興味深いものばかり。
途中で眠くなったりするかも…などと心配していましたが、
参考になる内容も多く、最後まで飽きることなく聞くことができました。
講師の方が話題豊富で、話し上手だからかもしれませんね。

日常とは少しかけ離れた経験で、気になったこともいくつか。
休憩時間になり、会場の外にどっと流れ出す参加者。
トイレには行列ができました。
男子トイレに!
大抵のイベントで、行列になるのは女子トイレ。
珍しい光景だなぁと、その混雑ぶりを眺めつつ、
日本のビジネスシーンは、まだまだ男性中心なのかも…と感じました。

広い講演会場には演壇の両側に大きめのモニターが設置されています。
資料となる画像や映像が映し出されるのですが、
資料がない場合は、講師の顔がどーんと映ります。
会場の真ん中にはご本人がいるのに、
私の周りの人たちは、なぜかモニターを見つめている気配。
これ、大きなホールで行なわれるライブみたいな感覚?

かく言う私は、せっかくだから(?)と、
中央で話されている講師の方をまじまじと見てきましたよ。
人の話はきちんと顔を見ながら聞くものです(笑)。

会場で販売されていた、講師の方の著書も購入してみました。
私にとっては至極当然、と感じるような内容も少なくないのですが、
それが通じない、忘れられてしまっているような近頃。
あらためて伝えてもらえることも大切かもと思いながら読んでいます。
そういえば、講演の中でも“読書は知の鍛錬になる”と強く勧められていました。


早く帰って、眠くならないうちに読み進めよう!

ライオン

小学生から高校生までずっと
進研ゼミをやっていました。

小学生のころはテストに答えて、シールをためて、
商品交換を楽しみに頑張っていました。

中学生のころは毎月届く読み物のような雑誌のような、
なんて言えばいいのか、
タレントのグラビアがあってマンガがあって、
巻末には読者投稿があって。
自分はその投稿ページが大好きで、自分の投稿も何度か載りました。
お題に答える大喜利のような。ラジオで言うハガキ職人のような。

高校生のころは、、、なにかハマってたっけ?
と考えても思い出せず、そういえば
こどもチャレンジもやっていたことを思い出しました。
小学生未満の子どもが対象です。

自分の息子もいま、受講しています!
毎月、月齢に合わせたオモチャが届くのでとても便利です。
いわゆる知育玩具。
そのデジタル化がすごい!
人形もタッチペンもマトリョーシカも喋る!
先月号と今月号を組み合わせると遊びの幅が広がる!
CDとDVDとも連動!
これがインターネット オブ シングスってこと?
ちがうかな。

でもとにかくハイテクノロジーなわけですよ。
そんななか、なぜ?と思ったのがこちら。
FullSizeRender (250x188)
こどもチャレンジの付録です。
数を覚えるためのものなんですが、それは置いといて。
主要なキャラクターが描かれています。
トラのしまじろう。
ウサギのみみりん。
鳥のとりっぴい。
そして、
FullSizeRender (1) (150x200)FullSizeRender (2) (150x200)
ライオンのライオンポリスと、ライオンのがおがおさん。

え!?
キャラかぶってる!!
いいの??
オモチャの技術革新で盲目に?
これいいの!?

息子にも聞いてみました。
自分「がおがおさんってなんの動物?」
息子「ライオン!」
自分「ライオンポリスは?」
息子「ライオン!」
自分「キャラかぶってるからダメだよな?」
息子「ぼうしかぶってるね」

ライオン!

新旧コントラスト

年間入場者数227万人(平成26年度実績)、
上野動物園に次いで国内2位、
あの旭山動物園よりも多くの人々を集める東山動植物園。

1937(昭和12)年開園。
名古屋人なら遠足などで何度となく訪れる
定番スポットは、ピーク時は300万人の来場があったとか。
施設は老朽化が進むこともあるし、
時代の「求め」も変わってきている。
そこで今、「再生プラン」にもとづき
リニューアルが進められている。

オフィシャルHPの再生プラン「基本方針」を見ると、

 1.「見るもの」と「見られるもの」の垣根の除去
 2.希少動物の「保護」と「増殖」への貢献
 3.「娯楽」と「学習」の両立
 4.「動物園」と「植物園」の融合
 5.「東山の森」と「動植物園」の一体的活用
 6.「市民」と「行政」との協働

とある。
確かに、2013年9月にリニューアルした
アジアゾウ舎「ゾージアム」は、
「見られるもの」がより近くになったし、
娯楽だけでなく、学習できる施設になっている。

次の目玉は、2018年オープン予定の
「アフリカの森」だろうか。
当園で話題を集めるイケメンゴリラ「シャバーニ」など、
ゴリラ・チンパンジー舎が生まれ変わる。

個人的に気になるのは、
昔ながらの「遊園地」の行く末。
あらためて名古屋市の
「東山動植物園再生プラン新基本計画」(平成22年5月)に
目を通してみても、
遊園地の項目は既存の写真が使われ、
特にリニューアルをするような記述が見つからなかった。

先日、娘とともに足を運んだ際も、
スロープシューターやびっくりハウス、ミラーハウスなど、
昔ながらの乗り物は健在で懐かしい気持ちになったのだが、
リニューアルが進む他のゾーンとの新旧のコントラストが
とても気になった。

名古屋市科学館がリニューアルした際は、
懐かしい展示物がいろんなところに残されていて
感慨深かった記憶があるが、
東山動植物園も、ただ新しくなるのではなく、
歴史を刻んだ遺構とうまく調和してくれることを期待したい。


IMG_9290.jpg
[↑]子どもは「さわれる」コーナーが大好き。
   ゾージアムは人気コーナーです


IMG_9296.jpg
[↑]ゴールにたどり着けず結構焦ったミラーハウス。
   油断すると負傷する


Render.jpg
[↑]人を寄せ付けないインパクト。
   びっくりハウスはガラガラでした




情報過多で消化不良

前回のブログ当番のあたりから、地味に胃腸風邪のような
食あたりのような、単なる食べ過ぎのような、とにかく不快な
症状に悩まされています(食べ過ぎ説が有力!?)。

土曜の診療時間ギリギリに、地元の胃腸科クリニックに行ったら
待ち合い室には看護師さんと談笑するおじいちゃんがひとりいた
だけで、がらんとしていたため、滞在時間10分弱(!)で病院を後
にしたという、通院時間の最短記録を打ち出したわけですが、結局、
「ほとんど治っている胃腸風邪」と言われ、3日分の抗生物質と整腸
剤を処方されました。
胃腸は丈夫だと過信しているし、あまり胃腸風邪になったことがない
ので、はて?こういう時って、何を食べるべきで、何を避けるべきだった
っけな?とネットで調べてみたわけです。(お腹以外は、いたって元気)

こっちのサイトで良い!と書かれているものが、あっちのサイトではNG
とか、昔から両親や祖父母から言い聞かせられていたものがNGだったり、
NGと聞かされていたものが、良かったり。
情報が錯綜してしまって、体調が悪化してしまったような。
もうお腹も頭もぐるぐるで大変でした。

結論、小さい頃から良いと言われてきた「おかゆ+梅干し」が私には一番
良かったようで、最初からそうすれば良かったという結論。。。普段は、
おかゆが苦手なのですが、体調を崩すと体からの指令が出るのか、
おかゆが食べたくなるものなんですね。
それと、「腹八分目」。これが一番大切ですね。小康状態になった途端、
食欲が爆発してしまい、食べ過ぎてはダウンするという悪循環が続いたの
でした。(ダメ過ぎますね。今週こそは、完治するぞ!食べ過ぎ厳禁です!)
あとは、静養。
お腹以外は元気、と豪語していたけど、体からSOSが出ているわけなのに、
自分の体の声に聞く耳を持たずにいました。薬に依存しきるのではなく、
自分が持っている治癒力も信じることも必要なのかな、と切に感じた今回の
体調不良。
インフルなどもまだ流行っているようなので、体調管理はしっかりしたいと
思います。

ギャルとの再会

仕事の帰り道。
最寄り駅を降りて家に向かおうとした時、後ろから急に名前を呼ばれた。


小学生にあがりランドセルを背負って、これから始まる未知の世界にワクワクしていた。
同じクラスではなかったけれど、家が徒歩5分の距離のところに住んでいたこともあり、自然と仲良くなった女の子。
毎日のように遊んでいたけれど、中学校にあがり付き合う友達も変わり始め、一緒に遊ぶことは少なくなっていった。小学生の頃はとても可愛らしかったその子は、段々と見た目が派手に変化した。

高校は違うところへ進学し、それっきりその子と会うことはなくなった。


そんな子に、最寄り駅を降りたところで名前を呼ばれた。
約10年振りに会うその子は、昔と変わらず素直でいい子で安心した。
ギャルみたいだったけど。
みたいというかギャルだったけど。

連絡先を交換し、初めてメールをし初めてご飯を食べに行った。


Facebookなどはやっていないので、昔の友達と知り合うことは少ないけど、こういうアナログ的な方が断然楽しい思う。

ほったムキムキ化計画



今年から筋トレをはじめ、
ここまで何とか継続させています。

風呂上りの腕立て&腹筋は毎日の日課に。
休日は30分程度のランニングと、
公園で限界が来るまで筋トレを続けます。

そして重要なのがコレ!!!

IMG_8990.jpg


プロテインです。

肉体派高校生の弟が言うには、
「プロテインは筋肉へのご褒美」だそう。
本当に毎回飲まないとダメ?と聞けば、
「乳酸が溜まったら飲む、これ常識」と言い放たれました。

お兄ちゃんは弟のアドバイスを真摯に受け止め、
鍛えては飲む、鍛えては飲む、鍛えては…を繰り返しています。
憧れのシックスパックもすぐそこですね。

あっ!それと「筋トレしてるんですよ」って人に話すと、
「なんで鍛えてるの?」「どうなりたいの?」
とよく聞かれることがあります。

「楽しいから」です。

もう無理っ!無理無理無理ーーー!!
ってとこまで頑張って運動して、
限界を超えた時の快感ったらありません。

当面の目標はシックスパック。
まだまだ時間がかかりそうです。

関西愛


約10年、関西にいました。

家でのひとりごとは関西弁です。
仕事中は出さないように気をつけていますが、
興奮したり、リラックスした時に
出ているように思います。

私は関西が大好きです。
特に大阪が好きです。

食べ物も人も街も。



なんで好きなのか



それは

人生って楽しいんだ、
人ってこんなにあったかいんだ、
と思わせてくれる場所だからです。


名古屋では人間関係に悩まなかったことがないのに、
関西では悩むことが全くなかったのです。

人に対してあきらめしかなかった私が、
人を大好きになれたのが関西でした。


名古屋に戻ってきて、
関西乗りで人と向き合ったら
あまりの文化の違いに愕然として、

ハイジが山を求めるように、
ふらつきながら新幹線に飛び乗ったことは
一度や二度ではありません。


情報紙のお仕事に携わるようになってから、
名古屋を愛する人たちに出会って、
やっと名古屋を好きになれるようになりました。


でも、
本来の明るさが100Wなら
40Wの明るさしか出していないし、
なるべくまじめに、おりこうに過ごしています。

また、不思議なことに
米原あたりを境に性格も変わるのです。


西では人間大好きな私が、
ちょっとした態度や言動にビクビクしたり、
あんまり気づかれないのですけど。


思い癖かもしれませんが、
生年月日や名前と相性のいい土地は
確かにあるとか。


まあ、いちばんキラキラしていた
青春を過ごした場所というのもあるかもしれませんけど


入社して2ヶ月目は
めちゃめちゃいいこと、落ち込むことが
交互に何度もやってきました。


というわけで、関西へ心の里帰りをしてきました。
フル充電できました!


といいつつ、
東山動物園はほぼ庭だし、
香嵐渓といえばへびセンターだし、
何でも貸します~は歌えるし、
名古屋人であることも確か。

味噌カツまずいとか言われたら、
怒るほど、名古屋愛も芽生えてきました。


だから、名古屋のことは
これから大好きになるはず、、


そんな関西時代に愛読していた雑誌が復刊。
懐かしさに思わず購入、

背表紙のフレーズに惹かれました。


三度の飯よりアイスが好き

もち入りあいすまんじゅうを探しています。
見かけた方は売ってる店を教えてください!

と言いつつその存在を知ったのは今日。。。
あのロングセラーのあいすまんじゅうに
ついにもちが入ったらしいのです!
むしろなんで今まで入れなかったのだ!と問いたい。
その前にみなさん、
丸永製菓のあいすまんじゅう知ってますよね??
小豆をバニラアイスで包んだ
ずんぐりむっくりなやつですよ。
三度の飯よりアイスが好きで
ほぼ毎晩のようにアイスを食べている私ですが
バニラアイスはあまり好みません。
しかしあいすまんじゅうのバニラアイスは例外で
すごくクリーミーで大好きなのです。

そのあいすまんじゅうのもち入りが
2月9日からファミマ限定で発売されたようですが、
いまだ見かけたことがありません。

数日前、ちょこあいすまんじゅうを発見。

IMG_3056_convert_20160302110048.jpg

見た感じ全然期待できないのだけれど
アイス好きとしては試してみたい。
しかーし、予想通り。
特にチョコと小豆が合っている感じもなく、
(別に不味くもない)
チョコ好きな私でも通常のバニラが美味しいと
思ってしまうような味でした。

それより早くもち入りが食べたいので
探し出さなくては。
そして見つけたら2個買って
一つはそのままで、
もう一つはレンチンして
やわらかくして食べる予定です。
クリームぜんざい的なスイーツになるはず。

食べたらまた報告します。
え?どうでもいいですか?


ちなみにこのあいすまんじゅうって
九州名物って知ってましたか?
私は全然知りませんでした。
九州発のアイスって結構多いらしいです。
ブラックモンブランとかしろくまとかムースとか。

だからアイス好きになったのか!?
冬でも春でも、いつでもアイス情報待ってます!



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード