今年は・・・、不発?

とうとう冬らしい気温になってきましたね。私は寒がりなので
冬はとんと苦手ですが、ずっと気温が高いままなのも色々と
心配です。
寒がりなくせに、この週末にやっと羽毛布団にチェンジし、
寝坊が最大の恐怖と思っている、watanabeがブログをお届け
します。

昨日、犬山にある古刹、「寂光院」へ行ってきました。
つい最近のとある日曜の昼間に放送されている某情報番組で
取り上げられていて、行ってみたいと思っていたお寺です。
ナビで目的地設定もせず、ふらりと行ったので、場所はおろか
駐車場もあまり把握していなかったので、「臨時駐車場」の文字
に踊らされ(?)、車を停めて歩くことに。

駐車場から歩くこと、約15分(ヒール靴を履いていた愚かな私)
お寺の本堂は山頂にあるのですが、その麓にも駐車場があり、
しかも駐車場代が停めた所の半額という、まさかの軽い裏切り
を感じながらも無事、到着。
紅葉の季節は限られているから、参拝者が多い時期に少しでも、
ね。古いお寺を維持し、参拝客に快適な施設を開放するにはお金
が必要ですよね~と、煩悩の塊watanabeです。

kouyou_1129.jpg
茶店や寺務所などがある「山麓広場」の紅葉。

kanetukidou.jpg
山頂、鐘撞き堂「願いの鐘」と紅葉。

tourou.jpg
動物を守るという馬鳴菩薩を祀る馬鳴堂境内にて。

今年は、暖かい日がずるずる続き、朝晩の冷え込みが最近に
なってやっと強くなったので、紅葉も徐々に色づいたようで。
「辺り一面、錦絵のごとく秋を纏う」とはちょっと程遠いかも。
自然が相手なので、思うようにはいきませんね。

ke-buru.jpg
山頂へは、このスロープカーを利用すると8分で到着します。
最大6人乗りで、一見すると電話BOXにも見えますが、急傾斜
の階段を歩くのが困難な人にうってつけ!上りはもちろん、下り
も利用できます。ひとり200円以上の志納をし、利用します。
どれくらい山頂までかかるか不安だったので、上りで利用しました
が、帰りは景色を楽しみながら階段を使いました。
スポンサーサイト

誕生日

BIRTHDAY

本日お誕生日を迎えまして25歳になりました。
会社のみなさんにもお祝いしていただきましたが、いくつになってもこういことは嬉しいことですね。

小学生の頃にプロフィール帳というものが流行っていました。
知っていますか?私は興味が全く無かったので持っていませんでしたが、周りの女の子という女の子はみんな持っていたと思います。

今みたいにTwitterやFacebookなどのSNSは普及しておらず、携帯電話も持っている子は少なかったので、このプロフィール帳が全てみたいな感じがありました。
キャラクターものや可愛いピンクの用紙でできた自己紹介カードが、バインダーではさんであり、それを友だちに渡して記入してもらい回収するという仕組み。
最終的には、友だちのプロフィールが集まった一冊の手帳になります。

名前、性別、趣味、好きな食べ物、好きなタイプ、好きな人、好きな教科、座右の銘、結婚は何歳?、カラオケの十八番など様々な質問が書いてありました。
好きな人が自分とかぶるなどして喧嘩が勃発することも。

複数の友だちからプロフィール帳を配られましたが、その当時は何を書いていいのか全く分からず名前と性別くらいしか書かずに返却した覚えがあります。
友だちにはもちろん怒られました。
ただ結婚は何歳?の欄では決まって25歳と書いていました。
小学生の頃は25歳というとすごく大人なイメージで、想像もつかないことばかりでした。
結婚とか1mmたりとも考えたことはありませんでしたが、子どもながらに結婚は25歳と決めていました。

25歳になった今、結婚の予定なんてこれっぽっちもありません。
しかし、毎日なんだかんだ楽しく過ごしています。
これからも毎日なんだかんだ楽しく笑って過ごせたらいいなと思います。

昨日、家の門をくぐり歩いていると月明かりがとてもキレイでした。
何気なしに空を見上げると、流れ星でもない飛行機でもない赤い光がぐわっと過ぎて行きました。あれはきっとUFO(未確認飛行物体)だと思います。
ちょうど25歳になる日付が変わった瞬間だと思います。
今年は何か起こりそうな予感がします。

ボジョレー


今日は社内でボジョレーパーティーがありました。
毎年ボジョレー解禁の当日に行ってましたが、
ことしは都合により1週間後ろ倒しでの開催。
各自がワインに合うおつまみを持ち寄り、
食べる前にはその内容をプレゼンします。

ことしぼくが持ってきたのは、
「ナッツのはちみつ漬け」と「クラッカー」。
ナッツのはちみつ漬けはまさに、
以前のボジョレーパーティーで初めて食べました。
その時はあまりの美味しさに感動。
ナッツをパンにのっけて、さらにチーズもトッピングして食べました。

IMG_8656.jpg


エディマートに入社するまでは
ボジョレー解禁の話題は全くの他人事。無縁でした。
毎年決まって開催されるこの行事があるから、
今では少し身近に感じています。
それとみんなが用意した、
おつまみを食べるのも楽しみのひとつですね。

ボジョレーパーティーの後は、鬼頭さんにせがんで締めのラーメンへ。

IMG_8654.jpg

今日は何の日?

書いたブログが保存する前に
全部消える、とか。
あるあるですね。
消えちゃいました。

あきらめずにもう一回書きます。
今日思い出した小説のこと。

私が伊坂幸太郎の小説を初めて読んだのは
もう10年くらい前。
『砂漠』という小説でした。
夜に読み終えて、あまりに興奮して
全く眠れなくなるほど
私に強烈な印象を残しました。

その中で出てきたセリフを少し。
とてもとても強烈なキャラクターが
とにかく心に刺さるセリフを
喋りまくるのです。
あまりかっこよくない
大学生の男の子ですが。

「…一人の人間が、本気で伝えたいことも伝わらない、っていうこの事実ですよ。三島由紀夫を、馬鹿、と一刀両断で切り捨てた奴らもね、心のどこかでは、自分が本気を出せば、言いたいことが伝わるんだ、と思ってるはずですよ。絶対に。インターネットで意見を発信している人々もね、大新聞で偉そうな記事を書いている人だって、テレビ番組を作っている人や小説家だってね、やろうと思えば、本心が届くと過信しているんですよ。今は、本気を出していないだけで、その気になれば、理解を得られるはずだってね。でもね、三島由紀夫に無理だったのに、腹を切る覚悟でも声が届かないのに、あんなところで拡声器で叫んでも、難しいんですよ」

と言いながら、彼は
世界の平和を願って
麻雀の「平和(ピンフ)」という役を
作ることに必死になったりします。

「…助けりゃいいんですよ、そんなの。何様なんですか、野生の何を知ってるんですか。言い訳ですよ言い訳。自分が襲われたら、拳銃使ってでも、チーターを殺すくせに、鹿は見殺しですよ」

こんなまっすぐすぎる彼のセリフや行動に
とても魅了され、そして自分自身を振り返り、
反省した記憶があります。
大学卒業間近だった私はきっと
何かを変えたくて、伝えたくて、
でもやっぱり無力で。
だからこそ響いたのでしょう。

というわけで
私は全く詳しくないですが、
今日は三島由紀夫が割腹自決をした
三島事件の日でしたので
伊坂さんについて書きました。

『砂漠』おすすめです!



反芻します、丑年だから?

自分が取り上げたものには、それなりの責任を取りたい。
“今、○○がキテる!△△が熱い!”、“◆◆は必見!”とか言って、
弄んでおいて、「あ~、あったね、そんなの」なんていう無責任さはちょっと嫌だ。
実際、仕事で関わって知っていくと興味がわくことが多い。

先日は、外出した際のランチに、台湾グルメを選んでみた。
↓あんかけ台湾スパ!
IMG_1546_convert_20151124204946.jpg
エディマートで制作を担当しているニュースサイトで取り上げたメニュー。
取材の際に味見させて頂いて、「これはうまい!」と気に入ったので再訪。
通常サイズは麺の量が400gと、とんでもないボリュームなので、
スモールサイズを注文。 とはいっても、麺は250g。
なかなかの量だが、元々麺好きだし、パンチの効いた味は食べ飽きないし、で完食。
この後、まったくおなかが空かないので、おやつも不要というCPの良さ!
なかなかいいものを取り上げたなぁと自己満足。

前々回のブログで取り上げた映画「MOZU」も、劇場で再度見てきた。
2回目は展開がわかっているので安心。
あ、ここ怖いシーンだ!と身構えられるし、
めちゃくちゃ刺されるけど大丈夫なんだよね~と必要以上にドキドキしなくて済む。
その分、細かい部分をしっかりチェックできる。
最初に見たときは動揺しすぎて、
「最後の表情に表れているですよね」なんて話が出ていても、
最後の表情なんて映ってたっけ?とまったく記憶に残っていなかった。
今回は、それもばっちり確認できて満足。すっきりした。

あれこれを反芻する余裕がうれしかった11月ももうすぐ終わり。
年末に向けてカウントダウンされる12月ではそうはいかない…気がする。


注)
反芻【はん-すう】
1 牛などが一度飲み下した食物を口の中に戻し、かみなおして再び飲み込むこと。
2 繰り返し考えたり、よく味わったりすること。「先生の言葉を―する」


写真撮影

携帯電話を地面に落としてしまい、
画面にヒビが入ってしまいました。
しかもけっこう大きめの。
でも、それはそれはキレイな放射線状のヒビなので
記念にスクリーンショットを撮っておこうと思い、
カシャ!と撮った瞬間に何の意味もないことをしてしまったことに
気づいたわけですよ。
IMG_6421 (2) (169x300)
写真はキレイ

この写真、東山動植物園の植物園エリアです。
さらに言うと園内にあるレストランです。
“ 自宅の前ですよ ” 風に撮りたかったのですが、
柵が写っている時点で何の意味もないことをしてしまったことに
気づいたわけですよ。

東山動植物園の年間パスポートを買いました。
自宅から車で近いということもありますが、
大人1人2000円ですよ!安い!!

IMG_6215 (249x300)

子どもを遊びに連れて行く場所に困ったときにも使えます。
午後に少しだけ行くってこともできます。年パスですし。
今日は植物園、今度は園内の遊園地、という感じで
ちょっとずつ行くこともできます。

年間パスポートって素晴らしいですね。
初めて手に入れたので、めいっぱい使いたいと思います。
IMG_5548 (300x214)
「今日は顔ハメ写真を撮りに来ただけ」

2代目CST

会社のクリスマスツリーを新調しました。
新しいツリーはLEDの省エネ設計。
玄関でお客さんをピカピカお出迎えしますので、
ご来社の際はぜひご注目を。

ちょっと驚いたのが、
ツリーが2代目になったのを、
社員のほとんどが気づかなかったこと。
もっと注意深く行こうよ!と言いたいが、
自分も世の中のいろんなことを
見逃しているかもしれないと、
少し反省した次第です。

自宅もツリーを出しました。
こういうのって、嫁さんと娘がはしゃぎますね。
せっせと組み立ててみたものの、
少し寂しいことに気づいて、
ロフトに行ってオーナメントを買い足しました。

そして昨日、
電気が消え、寝静まった自宅に帰宅したとき、
中肉中背のツリーがぬっと現れたため、
思わず「うわ!」と大声を出してしまったことは
内緒にしておきます。


IMG_8579.jpg
[↑]2代目ツリー。季節感は大切に


IMG_8554.jpg
[↑]張り切ってツリーを組み立てる娘


IMG_8557.jpg
[↑]ツリー出した後に、娘に付き合った遊び。懐かしくないですか?

NAGOYA NOW

かれこれ人生の半分以上(!!)、ほぼ毎日、名古屋駅を
利用しています。
ですが、建物の中、地下にのみ生息しており、地上の「今」
をやり過ごしていました。

先日、昼間に名古屋駅周辺を徒歩で移動する機会があり、
見上げてみたら、春雨のあとのタケノコのごとく、新ビルが
にょきにょきと建っています!
(おおげさ過ぎますね。そこまで浦島太郎ではないはず)

情報として、201★年に○○ビルがオープンすることを知って
いても、全く自分に関わりのないことだと思っていまして、事実
として実感、認識していなかったのです。

JR-tower.jpg
JRセントラルタワーズ(左)と、建設中のJRゲートタワー(中左)、
先日竣工したJPタワー名古屋(中奥)。

大名古屋ビル
こちらは、すでに完成している大名古屋ビルヂング。
(ちょっとパースっぽく撮影ができたので嬉しい、笑)
来年には、「イセタンハウス」が開業予定だとか。

新しくなっていく名古屋、楽しみがいっぱいですね。
(でも、業務的な負荷もたくさんあるとか、ないとか?
「編集のお仕事あるある」です)

写真を撮っていたら、バス停にいらした、お年を召された
ご夫婦と、たまたま居合わせたご婦人の会話が聞こえて
きました。
「こんなにたくさん新しい建物が建ちますと、私なんかは
もう混乱してしまって。困ります」と。
確かに!
混乱を解消させる「やさしい表示のマチナカ」を期待してます!
(誰に?いやいや、ガイドブックにも!)

スギヤマート的ハワイ過ごし方 vol.11

ハワイには現地の人がオープンさせた店だけでなく、
世界中から名店と言われる美味しいレストランやカフェも数多く集まっています。
その中で私が気に入っている店。

カジュアルダイニングの『bills』

オーストラリア・シドニー発祥の同店では、
サンドイッチやパンケーキ、オムレツ、
フレッシュジュースなどの朝食メニューが食べられます。
野菜はTHE新鮮、パンケーキはほわっほわっ、オムレツはとろ~っふわ、
ジュースはまるで果実を食べているよう・・・。
とにかく何を食べても美味しくて、
世界中のセレブ達からは“世界一の朝食”と絶賛されているほどです。
ima563ge1_convert_2015111fd8150129.jpeg

日本にも5店舗展開していますが、
やっぱりハワイで食べるビルズは別格!!

開放的で広々とした店内は、天井から太陽の光が降り注ぎ、
大きな窓からは涼しい風が入ってきます。まさにハワイらしいです。
木造づくりっていうのも好きなところ。
imfht5age1_convert_20151118145834

大好きなハワイで食べるから
なにを食べても美味しいと思っていることは否めませんが、
ワイキキにあるビルズは、どのメニューもほんっとに美味しくて、
居心地もいいのでおすすめです!

◯◯の秋

あんなに暑かった夏の季節が終わり、
過ごしやすい秋がやってきて、気づけばもう冬です。

「食欲の秋」「運動の秋」「読書の秋」「芸術の秋」と言われる秋。
毎年、秋になるたび普段しない運動でも始めてみようとするもののうまくいきません。
以前どこかで、秋は運動の効果が最大限に発揮でき、代謝が高まる時期というのを聞きました。
よーし、今年こそはと毎年意気込んでみますが、
毎年なんだかんだで秋が過ぎていきます。
そうやって今年も何事もなく過ぎて行くと思っていた秋ですが、アイツがやってきました。
小さい頃からたびたび苦しめられてきたアイツが。

朝、何気なく起きて行動しようとすると前ももに違和感が。
体を起こしてベッドのフチに腰掛け、立とうとした瞬間、
前ももが何だか痛いのです。この痛みには覚えがありました。

体育の授業でハンドスプリングを習得する授業の翌日。
運動会の翌日。ボルダリングをした翌日。
家で飼っている犬の散歩を4匹連続で行った翌日。

アイツ=筋肉痛がやってくるのです。

この日の痛みも間違いなく筋肉痛でした。
この日の前日も友人に誘われ、1年振りくらいにボルダリングに行きました。
何故、前ももにと思いましたが今はそんなこと考えている暇はありません。
会社に遅刻するかもしれないのです。まさか筋肉痛が前ももにくるとは思わず、
いつも通りの時間に起きたため、筋肉痛の痛みに耐え行動する余分な時間は含まれていないのです。
足の筋肉痛はいたるところに支障がでます。

まず一番困難を極めたのが階段。上りはまだマシでした。
足の筋肉を使わなくとも、手すりにつかまり腕の筋肉だけでも上がれます。
ところが、下りはそうはいきません。足の筋肉だけで下りなければならないのです。
一段、また一段と下りるたびに足にくる激痛に、どうすればよいのか分からず、
最終的には笑いながら階段を下りていました。

完璧な変態のできあがりです。

さらに、下り坂でも変態はやってきました。
一歩足を前に出せば、次は左足、右足、左足と永遠のループです。
少しでも踏ん張ろうものなら、前ももに力が入り激痛です。

会社では基本的にずっと座り仕事なので、長時間同じ姿勢でいます。
そのあと少しでも動くと、1.5倍くらいの痛みがおそってきます。
しかし、会社で笑いながら歩くことは出来ず、痛みを堪えて歩きました。
仕事が終わり、会社を一歩でれば顔見知りはいません。
会社の階段を下りる頃にはまた変態になっていました。

こうして筋肉痛は2日ほど続き、今では普通に歩ける喜びをかみしめて生活しています。
私の短いようで長かった変態の秋も終わりを迎えます。
来年こそは変態にならないよう適度な運動を心がけようと思います。
まずは簡単なストレッチからはじめます。

さよならパンク


CDの棚が著しくキャパオーバーだったので、
半分以下に減らしたく断捨離しました。

手放すCDを仕分けしていると、
どんどん出てくる懐かしのタイトル。
1枚1枚に思い入れもあり手放すのも惜しいですが、
新しい出合いのため心を無にして整理しました。

その中から数枚を紹介。

greenday.jpg

グリーンデイの『アメリカンイディオット』。
中高の頃、周りのほとんどの友達が持っていたCD。
通学中、休み時間、友達の家……
いろんな場所でこのアルバムを聴いてました。
ギターを買って、一番初めに弾けるようになるのは
大抵このアルバムに収録されている「アメリカンイディオット」のフレーズ。
個人的には前作『ウォーニング』が好きでした。

dead60s.jpg

デッドシックスティーズの『デッドシックスティーズ』
久しぶりに手にとった瞬間「懐かしっ!」ってなりました。
ビートルズと同じくリバプール出身で、
バンド名からして突っぱねた姿勢が伺えるパンクバンドです。
サウンドは無骨で、メリハリがはっきりしている感じ。
少しロック寄りな部分も気に入っていました。
2枚のアルバムを出しただけで解散し、
メンバーそれぞれ何をやっているのかも不明です。

pinkuri.jpg

横浜出身のパンクバンド、
ピンクリことピンクリボン軍の『ピンクアルバム』。
何度かライブも観に行っていましたが、
2007年に惜しまれながらも解散してしまいます。
歌謡パンクというのか、泣かせるような歌詞と
メロディーが心に残るバンドでした。
「初恋」という曲がすごく好きで、
当時の彼女に聴かせたら「別に普通」と
一蹴されたのは今でも忘れていません。


仕分けすると、手放し対象になるのは
大体“やかましい系”のバンドでした。

中・高の頃はパンク、メロコア、ハードコア最盛期。
これらを田舎の公立高校の通学中に聴いていたかと思うと、
少し恥ずかしい気持ちになってきます。

エンドロールが見たくて

私の大好きな2人が
映画のエンドロールに名を連ねた。

IMG_2589_convert_20151113102707.jpg


吉田山田(ミュージシャン)が
『ボクは坊さん。』という映画の
主題歌に抜擢されたのだ。
脚本を読んでから書き下ろしたという
「Today,Tonight」。
最近ラジオでもよく流れていて
私はこの曲がとても好きなので
映画のエンドロールで流れるのを
ぜひ聴いてみたいと思った。

少し前にこのブログで
エンドロールを見るのが好きだという
話を書いたけれど
この映画に関しては
黒バックに文字のみのシンプルなもの。
2人の曲がエンドロールで流れ、
主題歌として名前が出てきたことに
とても感動した。

昔から芸能人やミュージシャンを
熱烈に好きになることはなかったけれど
気付いたのは
実際に会って交流して
相手の想いや温もり、熱といったものを
直接感じることが私には必須のようだ。
いまのお仕事のおかげで
インタビューなどを通して
吉田山田の2人の魅力を知り、
すっかり好きになった。

彼らがデビューしてから丸6年。
偶然にもこの11月で
私もエディマートに来てから丸6年。

2人が少しずつ少しずつ
ファンを増やし、メディア露出を増やし、
人気になっていく姿を見ていると
私も頑張ろうと思う。

新曲が生まれるたびに
嬉しくなる。
曲を聴くたびに癒される。
ミュージシャンって
人に元気を与えることが
できる仕事なんだと気付く。

こうして元気をもらいながら
私も違う誰かに何かを与えられる
仕事ができるよう
日々頑張ろうと思える。




▼映画『ボクは坊さん。』
FullSizeRender_convert_20151113102735.jpg

まだ名古屋でもやってます。
よかったらぜひ!



もしも、「吉田山田って誰?」って人がいたら
こちらの記事を参考に~
THE PAGE愛知


里の秋

毎秋恒例の高山取材に行ってきました。
今年は初めて青森へ行ったり、東京へも何回か出張したりと、
仕事でいろいろな場所に行くことができて、どこも楽しく発見も多かったが、
やっぱり高山は落ち着くなぁ~としみじみ。

いつもの通りを歩いて、
変わらないことを確認したり、ちょっとした変化をうれしく感じたり。
毎度お世話になっている方に会えて、
元気な様子が見られると本当にほっとする。

今回はちょっと足をのばして奥飛騨温泉郷へも。
社員旅行やプライベートでも訪れたことがあるけれど、まだまだ知らない部分も。
ちょっと地味だな…と勝手に思っていたスポットが、
実はとても味わい深くて、自分の考えの至らなさを反省したりも。
晩秋の奥飛騨はとても静かで、取材先のテラスで頂いたコーヒーを味わいながら、
何時間でも過ごしたい気分だった。
(実際には取材の合間ですから、5分くらいしか猶予ありません!)

飲食店での「食べていってね」率は120%で、本当にうれしい限り。
(撮影した以外のものが付いてくるため、100%を超える(笑)。)
前日まで食あたりで体調を崩していたのだけれど、
みなさんのあたたかい心遣いの前には、完食するしかないでしょう!
すべておいしく頂きました。

これからは雪に包まれる時間が長く続くのだろうけれど、
それもまた美しく、澄んだ空気が味わえるに違いない。
みなさん、高山へ、奥飛騨へぜひお出かけください。
心安らぐひとときがありますよ。


▼築280年ぐらいの合掌造り、日本昔ばなしみたいな囲炉裏端。
 この世に出てせいぜい40数年の自分はまだまだ甘い!
IMG_1531_convert_20151111205342.jpg

メガネコレクション

20151111012432803.jpeg
仕事のときは一番手前。
休日はだいたい2番目。
風呂上がりは3番目で、
車を運転するときは4番目。
あとは気分。
気分によってメガネを変えます。
昨日はコレ、今日はコレ、、。

なんてオシャレさんではありません。
そんなわけありません。
そもそも一番手前レンズ外れてるじゃないかと。

子供がいつの間にかオモチャにしていて、
レンズが外れてしまいました。

これはいかんと思い、
新しいメガネを買うまでのツナギとして、
過去に使っていたメガネを引っ張りだしてきたのです。
そして歴代に並べました。

一番奥、
中学生のときに買ってもらった初メガネ。
当時はメガネをかけることが恥ずかしくて、
少しでも目立たない枠なしメガネでした。
次に、
茶色とオレンジのメガネ。
これは大学入学前に購入。
めざせ大学デビュー!
それしか考えていませんでした。
そして、
3つ目は3000円の赤いメガネ。
お金のない大学生は、
大須で激安メガネを買いましたとさ。
最後に、
耳かけのないメガネ。レンズもない…。
これは10年かけ続けて、ついにサヨナラ。

ツナギとして、ほかの3つをかけてみましたが、
やや度が強い。酔ってしまう。

どうやら視力回復したようです現在1.0。

文化的な60分間

文化の日、でしたね。
朝からスローランニングして、
昼は子ども達とラーメンを食べに行って、
夕方は少し会社で仕事して。

あかんあかん、文化的なことしてない!
と思って、
19時ぐらいになって慌てて
カバンに入れっぱなしの小説を
引っ張り出してみたのですが、
数ページ読んだだけで、睡魔に襲われ…。

あかんあかん、このままだとソファで寝てしまう!
と思って、
睡魔に襲われない本を読むことに。

どんな本?と聞きますか?
そう、20年以上の愛読書である「VOW」しかありません。
(過去にブログにも書いていました)

不思議なことに、小説と違って
睡魔が襲ってきません。
調子にのって、ビールを飲み始めました。
結局…ソファで寝てしまいました。

この季節にソファで寝ると、ダメですね。
確実に、乾燥でのどがやられます。
私の文化の日は、結局1時間もたなかったようです。
風邪を悪化させてしまったので、
本日のブログは、このへんで。



IMG_8522.jpg
[↑]文化の日のひとこま。とほほ



「文化の日」を楽しむ

さて、ここはどこでしょうか?
023.jpg

正解は、名古屋市役所本庁舎の屋上です。
文化の日に一般公開されていたので、行って参りました。
ランチの約束をしていた心優しい友達を道連れに。ランチは鈴波
に行き粕漬けの焼き魚を食し、かなり“名古屋”を堪能しました。

先月、取材で初めて市役所に足を踏み入れてからずっと、
じっくり見てみたい!と願っていたら早々に叶いました。

001.jpg
こちらは市長のお部屋。残念ながら、市長さんはご不在です。
(当たり前ですね、でも等身大パネルがあれば良いのに!なぁんて)

012.jpg
こちらは貴賓室。レトロで重厚な調度品が設えられています。
レトロというか、全体的に古い!(失礼な物言い、すいません!)

そりゃそうです。
なんと戦前の昭和8年(西暦1933年)に竣工された建物だそうです。
戦火をくぐり抜けた生き証人なんです!
よくぞ残ってくれましたね、と感慨深いです。
ちなみに昨年、国の重要文化財の指定を受けたそうです。

006.jpg
ターコイズブルーが美しい(写真にうまく写らず。。。無念)こちらは、
なんと貴賓室のお手洗いです!ここは、流し台で奥がその部分。
(ほぼ、竣工当時の姿だそう。なお現在は使用できません。)

では、ここはどこでしょう?
027.jpg

正解は愛知県庁の屋上です!
隣り合って建つ公舎を制覇しました。
県庁の屋根は名古屋城の屋根を模しているようです。

019.jpg
こちらは、市役所の屋上から眺めた名古屋城。秋晴れの空に映えます♥
名古屋の建物を満喫して満足した休日でした♪

※特別公開のため、普段は入れないエリアのご紹介で申し訳ないです。。。

アメフリバスターズ

私は父親と二人でよく旅行にいきます。
仲が良いとは思うのですが、
私と父親のコンビネーションはなかなかサイアク。
どこに行っても雨が降ります。
しかも、大型台風とか危険なレベル。
珍しく雨が降っていないと思うと、次はほかの自然現象が障害に。

長野県の美ヶ原高原に行くと、
晴れの日にも関わらず、山頂に着くと豪雨。
3m先の世界は真っ白、何も見えず。

南国のリゾートを楽しみにしてグアムに行くと、
台風直撃。2日間ホテルで監禁。

台北101のカウントダウンの花火を見に台湾に行くと、
ビルに霧がかかり花火の欠片も見れず、花火の音だけで終了。

・・・・・・・・・・ほか、多数省略。

しかし、雨降りコンビにも良い事があるのです。
それは雨が止んだあとに必ずと言ってもいいほど、
まるで絵で描いたように鮮やかな虹が目の前に現れるのです。
これが父親といるときの特権です。
次はどんな自然現象の壁にぶち当たり、
感動的な虹を見せてくれるのでしょうか。

ima5654ge1.jpeg
↑長野県の豪雨後

imag5522e1.png
↑グアムの台風直撃後。ダブルレインボー!!!!

ハロウィン

10月31日はハロウィンでしたね。渋谷が仮装した人だらけの大渋滞というニュースをよく見ました。

私はというとイベントごとには、そんなに興味がないので特に仮装もしていません。
でも、せっかくのイベントごとなのでたまには乗っかってみよう!
ということで友達とかぼちゃを使った料理を作りました。

お昼すぎに買い物に行き、フラフラと買い物をしました。
でも、せっかくのハロウィンだし何か軽い仮装でもしようかということになり、100均でグッズを見てみました。

が、時すでに遅し。

クリスマスグッズで埋め尽くされていました。
当日、乗っかろうという人に優しくないですね…
結局、仮装グッズは何も買わずに帰りました。

作った料理はかぼちゃの器のかぼちゃグラタン!
かなり満足のいく出来で、味もとても美味しかったです。
友達の家の甥っ子も、料理中も時々覗きにきては「美味しそう」と呟いてました。



これを機に料理にハマろうか悩み中です。

なら旅


IMG_8482.jpg
鹿。
公園内にうじゃうじゃいますね。
カメラを構えて追いかけるのに夢中。
動物が苦手なので全く触れ合えません。

IMG_8451.jpg
一番のお気に入りは春日大社。
朱塗りの社殿が超イカす。
表参道の静けさも好きです。

IMG_8438.jpg
日本酒は「春鹿」という酒蔵で。
500円でおちょこ5杯分を試飲できます。
試飲が終わる頃にはもうほろ酔い。



奈良です。
少し前に奈良へ行ってきました。
下調べはもちろん『ことりっぷなら』。
日帰りでのんびり回って十分楽しめました。

奈良を歩いていると、
小学校の修学旅行で行ったことを思い出します。
初めて大仏を見て「どうやって作ったんだろー」と、
漠然と思ったのを覚えています。

その時も確か、絶対に鹿に触れたくなくて
先生から配られた「しかせんべい」を友達に押し付けていました。
2人分の鹿せんべいを持ったせいか、
予想以上に大勢の鹿に囲まれ
恐怖の顔を浮かべる林君の姿は今でも忘れられません。

今回も大仏を拝みに行きました。
小学生ぶりです。
目の前にすると思ったよりもインパクトが少なく、
「もっと驚くほど大きかったような…」と拍子抜け。
小学生の頃から少しは背が伸びたからでしょうか。
当時と比べると、大仏の背と20㎝以上は差を詰めていますもんね。
ほったも大きくなりました。

とにかく楽しかったです、奈良。
行く前は少し渋過ぎるかなと思っていたのですが、
街の個性がはっきりしている分、知ろうとする好奇心も出てきましたし。
こんどは泊まりでも行ってみたいなー。

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード