旅取材

韓国取材に行く機会をいただいた。
女性記者ばかり50名ほどの視察旅行。
記者とはいうものの、
新聞記者、ライター、編集者のほか、
ラジオDJやテレビ局の方などさまざま。
なので、取材の仕方もそれぞれ。
どんな風に形になるのかとても興味深い。

3泊4日と少し長めの期間で、
しかも全く知らない人たちばかり。
出発前は不安もあった。
集合した時にはすでに
グループになっている人たちもいて、
4日間一人ぼっちだったらどうしよーとか
まるで大学に入学した時のような気分。
実際には取材という共通の目的があるからか
同じ境遇に立たされているからか
誰とでも喋りやすかったし
取材メモを共有することもあったし
最初の不安や緊張など全く消えていた。

4日間もともにいると、
いつの間にか同じような行動をする者同士で
なんとなくのグループができたり、
ずっとガイドをしてくださった方と
最後お別れをするのが寂しかったり、
仕事ながらもとても楽しく
過ごさせていただいたな、と改めて感じた。

何より韓国の知らなかった魅力を
たくさん教えていただいた。
ガイドさんのお話もそうだけれど
一緒に同行した若い女性スタッフの方に
今韓国の女性に人気だというものを聞いて
生きた情報を集めることができた。

今回の取材がどんな風に記事になるか
まだこれから、というところ。
とにかく取材した膨大な素材の整理を
しなくてはいけない、、、


私がいつも旅に出て感じるのは
現地の魅力はもちろん、
人との交流の楽しさや、縁。
どこに行くかも大事だけれど、
誰と行くか、どんな人と出会えるかも
旅の面白さに関わってくる。

今回いろんな方と接する機会があり、
普段どれだけ狭いコミュニティーにいるのか
思い知らされた。
今回得た縁は大事にしていきたいし、
もっと外の人たちと交流して
頭を柔らかくしていかなきゃなと思った。


いい機会をくださった皆さま、
ありがとうございました!

IMG_2443_.jpg
▲最終日に宿泊したホテルは韓国一高いビル68階建て!
 こちらは44階の部屋からの眺め。
 発展著しい松島(ソンド)というエリアにあります

スポンサーサイト

ライター人生最高の瞬間(2015年10月現在)

「今まで取材できて一番うれしかった人は誰?」
edimartの宴会などで、しばしば投げかけられる質問。
おかげさまで、かなり有名な芸能人や、
自分が好きなアーティストに取材する機会も頂いてきた。
けれど、この方が一番!と言えるものはなかった。
そんな私にも、ついに来ました、ライター人生最高の瞬間が!

かなり長い間、
“一番好きな役者さん”と思ってきた、Nさんに取材する機会を与えて頂けた。
こんなにかっこいいし役者としても素晴らしいのに、意外と人気じゃないんだよなぁ、
日本の芸能界はどうなってるんだ?? と長らく思っていたら、
ここ数年で、誰もが知ってる人気俳優さんになってしまい、
あまのじゃくな私としては、もういいかな~、なんてちょっと距離を置いていた。
遠くから、ご活躍で何よりです…てな感じで眺めていた。

そんなところへ、インタビューできるとのお話。
いきなりやって来た機会に戸惑いつつ、
いつもよりちょっと念入りに準備をして、
いつもよりかなりドキドキしながら、当日を迎えた。

用意していた質問を元に、Nさんとしっかり会話することができた。
それぞれの質問に丁寧に答えてくださる姿勢は、とても誠実な印象。
とても人気があるのに、それに浮かれた感じが一切なく、
かっこつけたところもない。
ちょっとぽかんとしたところもあって、驚くほどの自然体。
私が抱いていたNさん像、そのままだった。

これは聞きたい!と思っていた質問への回答にも予想以上の反応で、
インタビューとして、とても充実したものになった。
それを掲載紙面は限られているし、企画の趣旨で優先すべきこともあるので、
せっかく聞いたお話もすべてを紹介することはできない。
Nさんの魅力が伝わる、こんなコメントもあったのになぁ…。
これは、私だけの秘密の宝物…ということでよいでしょうか。

Nさんの出演作としてご紹介する作品、
試写で見たときは“刺激が強すぎるな~”と思い、
あまり好きにはなれなかったけれど、
大変な思いをして撮影したお話を聞いて、
もう一度、お金を払って見てみよう!と思っている。

そして、これが最高として留まらないように、
“今度Nさんに取材できたら…”と考えるようにしている。
…どん欲!


▼魚座の私。11~12月の占いだけど、コレちょっと早く来たな。
 「今回の機会をくださったみなさん、ありがとうございます!」
IMG_1486_convert_20151029223147.jpg

▼Nさんの手がかり。11月7日公開です。
IMG_1487_convert_20151029223128.jpg

郷土自慢

自分は愛知県の知多市出身です。
知多半島の北のほうにあります。
大学の頃や就職したての頃に出身地を聞かれると、
必ず “ 知多市 ” と答えていました。 “ 知多 ” では通じないのです。
“ 知多 ” と答えると知多半島エリアのことと思われ、
「知多のどこ?半田?」 などと聞かれます。もしくは 「あー南知多ね」 とも。
ぜんぜん違います!南知多は距離にして40kmくらい違います!

たしかに、何もありません。
海水浴場と梅園とイトーヨーカドーくらいしかありません。
知名度が低いのもうなづけます。
しかし!知多市出身の有名人だっていますよ!
中日ドラゴンズの浅尾選手と山崎武司氏。
お笑い芸人のスピードワゴンの小沢さん。
どうだ!

一番の魅力は海!と言いたいところですが、
海岸線はすべて埋め立てられ、海に行くとすれば、
セントレアとコストコと焼き物でおなじみの
常滑市まで行っていました。

そんな “ ○○でおなじみの ” がない知多市ですが、
海岸線の埋め立て地にはサントリーの蒸溜所があります。
出ました!サントリーの新作ウイスキー 『知多』!
取材もしました。

http://aichi.thepage.jp/detail/20151003-00000003-wordleaf

サントリーとしては11年ぶりの新作だそうで、
『 山崎 』 のように地名を冠しているわけです。
自分の出身地が商品名になるとは!嬉しい。本当に。

“ ウイスキーでおなじみの知多 ” となるか。
知多市の知名度が上がりますように。


コンセプトショップのプレス内覧会に呼んでいただき、
IMG_5975 (150x200)IMG_5977 (150x200)
『 知多 』 のハイボールを頂きました。旨し。
IMG_5969 (300x184)
名駅のナナちゃんのすぐ横にあります。

BTTF

今までで観た映画の中で
いちばん面白かった作品は?と聞かれたら、
間違いなく「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と答えると思う。
初めて観たのは、中学校の部活の時間。
体育館が使えなくなり、顧問の先生が
息抜き代わりに視聴覚室で見せてくれたのが
この作品だった。

2015年10月21日、
世界は久しぶりに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で沸いた。
そう、作品では、
タイム・マシンにのって、1985年から
マーティとドクがやって来た未来が、
2015年10月21日だったからだ。

当日は、
映画で描かれた未来と、現実との答え合わせや、
主演を務めたマイケル・J・フォックスや
クリストファー・ロイドのコメントが出されるなど、
往年のファンにはたまらないひと時だった。

かく言う私も、
このムーブメントに乗っからないわけにはいかない!と、
特典映像付ブルーレイを購入。
先週末はじっくり堪能させていただいた。

さて、皆さんは
子どもの頃、どんな未来が来るって予測していましたか?
空飛ぶクルマ?
宙に浮くスケボー?
自動で締まる靴ひも?

私はといえば…



1999年に世界は終わると思っていました(恥)。






IMG_8460.jpg
[↑]こちらが購入したブルーレイBOX
   家族の理解は得られませんでした


IMG_8029.jpg
[↑]少し前に出たケトルのこの特集も
   なかなか読みごたえがあります!



テレビのちから

とある休日、TVを見ていた相方から、
「美味しそうなのTVでやってたから食べたい!!」と唐突のLINE。

私はそのTVを見ていなかったので、何のこっちゃ、と思いつつ、
美味しいものは、「百聞は一食にしかず」が座右の銘の私。断っては
女がすたると思い、さっそく下調べをしようと、HPを探し、見ようとしたら
放送直後だったこともあり、サーバーにアクセスが集中していて、全く
つながらない事態。。。こりゃ、すごい。
(数時間後にはつながりましたけどね。)

ネット販売もしていたのですが、数日たって再度HPを見たら、ネット注文
は受付終了しました、という表示に変わってしまっていました。
当日店頭販売のみ!

これは、食べねば、死ねない。(大げさ)
期待がどんどんどんどん膨らみます。

岐阜県は各務原にあるお店。開店時間は、9時。
相方の家から行けば、車で30分ほどで到着できるはず。
もしかしたら、開店前から行列ができているかも?と心配症の本領を発揮
し、8時40分頃には現地周辺に到着。

さすがにお店の前に行列はありませんでした。
なので、近くのコンビニでコーヒータイムを少々。
5分前には、お店に戻るように車を走らせました。

9時の開店時間をほんの少し過ぎて入店しましたが、すでにお客さんが!!
お目当ての品をGETし、ひと安心。
そんな短時間のやりとりの間にも、お客さんが続々と入店。すごい!
さぞ忙しいだろうな、と思いながらも、お店のご主人とおぼしき人に商品
についての質問をしてみたのですが、とても優しい物腰に、食べる前から
ファンに。過労にならないと良いな、と心配になりました(過労の原因を
作りかねない、押しかけ(にわか)ファンですが。)

駐車場に戻ると、隣に停まった車の中に、早速お腹を満たしている人が。
車のナンバーを見たら、「豊田」。ご近所ではない。
うん、本気ですね。もしかしたら、一度来たけど、買えず、リベンジマッチ
だったのかも!?

DSC_2914.jpg
栗蒸しきんつば!!美濃焼の器に入っています。
抹茶とともに頂きたいところでしたが、コーヒー(ブラック)とも、好相性!
翌日、後ろの羊羹状のきんつばも頂きましたが、ほうじ茶とも、もちろん
好相性!
一気に大ファンになってしまい、はやく再訪したいと熱望中です。

スギヤマート的ハワイ過ごし方 vol.10

日本は数年前からパンケーキブームで、
ハワイからも人気店が続々と進出しているので、
ハワイのパンケーキ屋さんをご存知の方も多いと思います。

ハワイや日本で数店舗を構える人気店のパンケーキを
現地で食べるのはもちろん美味しいのですが、
私はハワイのパンケーキならゼッタイにここ!と決めている店があります。

ワイキキの中心部から少し離れた場所に店を構える小さなカフェ。
メニューはパンケーキがメインではなく、
ブランチメニューが豊富に揃います。

この店の「スフレ・パンケーキ」がめちゃくちゃ美味しいんです!
生地がふわっふわで、口に中でとろ~っとけます。
かと言って、メレンゲばかりのスカスカではなく、
生地はしっかりとしているので食べごたえもあります。

ハワイに行くと美味しいパンケーキを求めて、
3日に1回くらいは新規開拓するのですが、
未だにこの「スフレ・パンケーキ」を越えるパンケーキは現れません。
ちなみに、ここで働く店員さんの美しさもトップ級!!!
私は、そのお姉さんに初めて会った瞬間からフォーリンラブ。
お姉さんと話したいがために、必死でマートラブビームを猛発信。
ハワイを誇るパンケーキを食べながら、
片思いを楽しめるのがこのお店の魅力です。
(お姉さん、まだこの店にいるかな~)

securedownload.jpg
↑見づらいですが、左奥がスフレ・パンケーキ。この店のエッグベネディクトもお気に入りです

OKINAWA2

前回に引き続き沖縄旅です。

今回はメインイベントの「ダイビング」
私は泳げないので、こういった水に関するアクティビティはこれまで避けてきました。しかし、せっかく沖縄までいくのであれば沖縄らしいことをしようと思い、ダイビング初挑戦です。
海の中に潜るのも、ダイビングスーツを着るのも、足ひれをつけるも何もかもが初めてです。うまくできるのだろうかという不安の中、船に揺られること1時間。着いた場所は「世界が恋する海」といわれているケラマ諸島。

水がとても透き通って見えます。

島についたらすぐに着替えて1回目のダイビングに挑戦です。
重い機材を装着し、まずは水に慣れる練習と口で息をする練習。これがとても難しかったです。
普段は鼻呼吸をしているので、口呼吸をしようと思っていても反射的に鼻呼吸をしてしまいます。しかし、鼻からは呼吸が出来ないのでぷちパニック!しかも、片手を離してみてと言われても溺れる恐怖でさらにパニック!!
インストラクターのお姉さんが優しく「大丈夫?いける?」と聞いてくれましたが、強がりな私は「いけます!」と言ってしまいました…

じゃあ潜ってみようかと言われ、片手どころか両手を離してそのまま水の中へ。
口呼吸が上手くできない恐怖と、溺れてしまうという恐怖。その二つの恐怖に挟まれつつの初ダイビングでしたが、いざ水の中に入ると泳げてしまいました。

初めてみる海の中はとても神秘的で、見渡す限りに深くてきれいな青が広がります。気がつけば魚がまわりにたくさん泳いでいました。
運が良ければウミガミをみることができたのですが、この日は残念ながら見ることはできませんでした。しかし、イソギンチャクに隠れるクマノミは見ることができました。

海の中でクマノミと

1回めのダイビングは水の中に慣れたところで終了。その後はお昼休憩をはさみ2回目のダイビングへ。2回目は1回目の恐怖が嘘みたいになくなり、ただひたすら楽しいダイビングでした。2回目はより深く潜ってみようと言われ、言われるがまま潜り気がつけば水深12mまで到達していました。
水深12mでウミヘビにも遭遇!

水深12mウミヘビ

2回目はとても楽しく終わり、3回目はシュノーケリングにも挑戦。重い機材をつけていない分、簡単だろうな〜と思っていましたが何故か思うように泳げず。口呼吸をしようとするも海水が入ってきて、ただひたすらしょっぱい。
シュノーケリングは早々に諦め、海の上にぷかぷか浮いていました。

浮かぶ

朝から泳ぎっぱなしのダイビングも夕方には終了。帰りは船に揺られながらひたすら眠りにつきました…

こんな感じで沖縄でのダイビングは無事に終了。
もっと早くに挑戦していれば良かったです。来年、また行ければその時はライセンスをとろうと思います。

景色、へしこ、かっちゃん


良い景色。

IMG_8376.jpg


担当媒体の取材で、
福井県・若狭エリアへ行ってきました。

天気は晴れ。
突き抜けるような青い空。
眩しい太陽。むしろ暑い。
天候に恵まれ素敵なロケになりました。

知ってますか?
福井名物の「へしこ」。
魚を塩漬けにし、
更にぬか漬けにした郷土グルメです。
若狭エリアではいたる場所で売られています。

渋い食べ物好きとしては、
この「へしこ」は大ヒットグルメ。
独特の塩辛さがクセになる不思議な味わいです。

そんな「へしこ」を大胆にアレンジを加えた
「へしこラーメン」を食べました。
ちなみにメニューには、
「ちまたで話題の…」(原文ママ)と宣伝文が。
話題の味だけあって美味しかったです。

IMG_8379.jpg

取材は行ってみて気付くことがとても多いですよね。
(そのための取材ですが…)
グルメ、景色、土地の人柄…
その土地に訪れ得られる
「良い!」と思う発見が取材の醍醐味かと思います。

IMG_8378.jpg


これは三方五湖レインボーラインのキャラクター「かっちゃん」。
素朴で愛らしい彼の表情も、
訪れなければ出合えなかったかも。

山がぁ燃えるぅ〜

201510210142399b7_.jpg
のっけ丼。
市場で好みのネタをチケット交換で
ゴハンの上にのっけてもらい、
オリジナルの海鮮丼が作れるというもの。

201510210143560ba_.jpg
ゴハン1枚、ホタテ1枚、ブリ1枚、シメサバ1枚、
中トロ2枚、ウニ3枚、しじみ汁1枚で完成!
ウニに3枚も使ってしまったので
少し寂しい仕上がりではあります。
でも断トツでブリが美味しゅうございました。

20151021014556749_.jpg
こちらでいただけます。
ええ、青森です。
TOYOさん、RYOTAさんが青森取材に行った
との報告がブログでありましたが、
SUZAKIは完全プライベート青森です。
去年、十分に青森県内を行きつくし、
もう二度と訪れることはないかもしれないと
思ったはずが、今年も青森に行ってしまいました。

奥入瀬も二度目ともなると
川や滝よりも

20151021020326e41_.jpg
こんな撮影に夢中になります。

20151021021819a19_.jpg
夢中な様子、SUZAKI。


今回の旅の目的は紅葉。

2015102102253474b_.jpg
ウソみたいな色してた
酸ヶ湯温泉の紅葉。

青森のほかにも
秋田、岩手、仙台など、
東北を攻めてみました。
私個人の目的は実は紅葉などではなく、
なまはげとババヘラと空飛ぶだんご。
すべてを達成できなかったので
次回に持ち越しです!
すっかり東北の魅力にハマってしまったのでした。

秋田、岩手、仙台の旅の思い出は
また次のブログでやるかもしれないし
やらないかもしれないですが、
いずれババヘラについては書きたいと思います!

201510210236503f2_.jpg

あと、ねぶた祭り行きたい。
来年の夏はまた青森かな。


そっち寄り?

なんだか最近、よくおなかが空く。
食欲の秋?
お昼を待たずにおなかがグーグーいうこともあり、
胃が拡大しているのでは?と不安になる。

アラフォーの間では、
おなかが出てきた!代謝が落ちてる…、などという報告が続々。
確かに増量?が疑われる、もしくは疑いの域を超えている人も。
忍び寄る中年体形の恐怖に怯えつつも、おなかは着実に減るのである。

そんな話をすると、
「痩せてるからちょっとは太ったほうが」などと十中八九言われるのだが、
これは世の中の平均と比べてどう、とかいう問題ではなく、
自分としてどうか、という問題なのだ。
実際、あれ?このスカートきつくない?と戸惑うこともあり、
TOYONO史上最高体重だったり、腹囲だったりになっている気配。

隣りのHOTTAを、「太ったら冷たくする」などといじめている場合じゃない。
もうこの際、太っちょさんに寛容な人になるべきかもしれない。
そういえば、今年からスー女になったし。
お相撲さんなんて、究極の太っちょさんだ。
“趣味:お昼寝”なんて、かわいすぎる。

この前見た深夜番組の“食べ過ぎちゃう芸人”でも、共感ポイントがいろいろあった。
“食べ物が足りないかもって思うと不安で買いすぎる”とか、
“しょっぱいと甘いが交互に必要!”とか…。
これまで全く考えたことなかったけれど、
もしかしたら、太っちょさんの方が適性あるのかもしれない。
青天の霹靂!

発想の転換が新展開を生む、かも。

青森のラーメン!
IMG_1364_convert_20151019222456.jpg

東京のスイーツ!
image1_convert_20151019222329.jpg

おなかがすいたのでこれにて閉店…。

ハジメマシテAOMORI

TOYOさんと同じ媒体の取材で、自分も青森県に行ってきました。
自分史上、日本最北の旅でした。
いままでが茨城県だったのでかなりの飛躍。

台風の影響で青森空港が強風圏内。
ということで 「 出発地 (名古屋空港) に引き返すかも運航 」 に。
  いやいや引き返すって何!
  せっかく取材先にアポ取ったんだから行ってくれ!
  引き返したらもちろん取材中止だし先方に迷惑かけるし!
  そしたらまたアポ取り直し!
  せっかく調整した来週の仕事がわやになってまう!鎌倉さん!
  それに各方面に 「明日から2日間出張で不在に…」 メールをしたのに、
  帰ってきたらなんだか恥ずかしいじゃないか!

と、考えることもなく、
目が覚めるとそこは青森でした。
AOMORI コンニチハ。

青森、とにかくよく食べました。
事前に 「 まっぷる青森 」 で調べた情報と、
現地の方への聞き込みで、
それはもう大満足でした。

IMG_5870 (250x250)
「味噌バター牛乳ラーメン」
IMG_5873 (250x250)
「バラ焼き」
IMG_5876 (250x250)
「イカそば」

取材を終えて、(三河安城駅や岐阜羽島駅のような駅から)青森駅への移動で
東北新幹線 「 はやぶさ 」 に乗ることができました!
IMG_5884 (300x170)
しかも並列停車!大満足でした。

青森駅での夕食、
取材に同行していただいた県職員の方オススメの
海鮮料理とラーメンで迷いましたが、
迷いに迷って結局両方!
IMG_5886 (250x250)
「ホタテ貝味噌焼き」
IMG_5890 (250x250)
「煮干しラーメン」

青森ごちそうさまでした。

効くぞ~!ラーメン

かれこれ2年ぐらい、筋トレとランニングを続けているのに、
腹回りがプニプニしているのは、
ラーメンを食べ続けているからだと思う。

1年ぐらい前、お腹の圧迫感から医者にかかった際、
「ラーメンの食べ過ぎです。しばらく絶って」と言われたが、
意志薄弱な自分は3日もガマンできなかった。

ここ最近は、友人と「ラーメン同好会」を結成。
これまたベタな名前で恥ずかしいが、
時間を見つけては、ともに旨いラーメン屋を訪ね、
黙々と食べることを繰り返している。

もっとも、
基本的にあまり批評はしない主義なので、
ラーメンについて語ってくれ、と言われると困ってしまう。
また、誰もが手の届く大衆食であって欲しいから、
異様に高額な店とか、威張ったお店とかは、
どうしても敬遠しがちだ。

そんな自分の、最近のラーメントピックスは…

■カップヌードルミュージアム訪問!
横浜にある同施設(大阪にもあり)は、
チキンラーメンとカップヌードルを発明した
日清の安藤百福氏の功績をたたえ、
さまざまな体験ができるミュージアム。
私は息子とともに、
カップヌードルづくりに挑戦。
パッケージデザインや味の調合などを工夫して
オリジナルの一杯を作った。
何がすごいって、入館料がたったの500円。
(高校生以下は無料)
企業PRも兼ねてというのは分かるが、コスパが良すぎる。


■ラーメンウォーカー発行!
弊社も取材・執筆に参加したラーメン本が刊行。
(といっても、私は原稿チェックのみ)
情報量、鮮度、どれをとっても完成度が高く、
自分でもクルマ用に一冊購入。
さっそく2軒を訪問した。
訪れたお店には、同じくラーメンウォーカーを見たであろう
お客さんがちらほら。
まだまだ雑誌も捨てたもんじゃないと実感することができた。



IMG_8325.jpg
IMG_8329.jpg
[↑]カップヌードルミュージアムで
   オリジナルのエディマートヌードルをデザイン。
   トマトベースの味に、ナスなどをトッピング



IMG_8374.jpg
[↑]ラーメンウォーカー片手に訪れた店で
   載っていたカレーラーメンをオーダー。
   カレーは苦手だが完食


IMG_8383.jpg
[↑]同じく別の店では、まぜそばをオーダー。
   食感にひと工夫があり、旨かった!



ラーメンは良い意味で、体はもちろん、心にも効く。
(スイマセン、木久蔵とかけてます)
これからもドクターストップがかからないように
気をつけながら、己のラーメン道を突っ走ろうかと。





スポーツ≪食欲の秋

先日、4歳(年中)の姪っ子が通う保育所で運動会がありました。
昨年も見学に訪れたのですが、今年も誘ってもらったので、
喜び勇んで出かけたわけでして。

昨年のプログラムはうろ覚えなのですが、今年はお遊戯のダンス
も駆けっこも、「やらされてる」感ではなく、頑張って「やっている」感
が強くなっていて、成長したなぁと、感慨深いものでした。
(ええ、少し涙腺が開放状態になっていましたよ。)

1年での成長率ったら!!(感情は、おばあちゃんそのものかも。)
はたまた、年長さんのしっかりした走りや組体操には、もう涙ぐむしか
ない状態でした。(赤の他人が、号泣してたら・・・、ひきますね。。。
でも来年の運動会は、涙を拭くため大判タオルを持参せなば!)

小さな保育所なので、半日で運動会は終了。
休みが合わず、なかなか家族総出で出かけられないwatanabe家と
しては、絶好のお出かけ日和!ということで、鮎料理を食べに行くことに。
恒例の揖斐川町は「川口やな」へ。

以前、盆休みに行った時には、待ち時間が長すぎ断念して近隣の他の
「やな」へ行ったこともあるほど混雑しているイメージでしたが、15時頃と
いう、微妙な時間かつシーズンオフ間近の時期だったので、他に数組の
お客さんがいるだけで、待たずに食べられたのでした。
(アツアツを頂いたので、写真はありません!手も汚れてたしね~)
焼きたての塩焼き鮎は、ほくほくとした食感が堪りません。鮎のフルコース、
刺身、酢の物、田楽、雑炊で5匹以上の鮎を平らげ、満足のひとときでした。

DSC_2891.jpg
通常、鮎が落ちてくる(はず)のヤナ(一度も落ち鮎に遭遇したことはない)。
ヤナへ降りる木製の梯子(桟橋?)は増水のため、破壊されていました。。。
この日も川の水位が高く、ヤナも崩壊寸前?の様子でした。
(シーズンオフは撤去するのかな?)

夏なら、川風で涼しく心地よい避暑の時が過ごせるのですが、夕暮れ時も近くなると
肌寒く感じるほどでした。
うん、秋だ。
間違いなく、食欲の秋だ。
なにかスポーツを、と思っていますが、食欲には追い付けません!

週一のテレビ鑑賞。

私はテレビ番組を見る習慣がありません。
子どもの頃は見ていたかもしれませんが、
今では家で食事中にテレビが付いていたか、
付いていなかったか思い出せないほど。
それくらい私の視界にテレビが入ってきません。

そんな私ですが、ちょうど一年前頃から
録画をしてまで必ず毎週みるようになった番組が一つあります。

「アナザースカイ」

この番組は、俳優やモデル、スポーツ選手などゲストが
“海外にある第2の故郷”や、“憧れの地”をテーマに
選んだ海外スポットとの繋がりを紹介していくものです。

その瞬間にゲストがみせる表情や雰囲気、
口にすることばがすごく素敵です。
ゲストが第2の故郷や憧れの地へ行くことで、
普段の表情とは違う素の姿がみえたり、
生き生きとしている姿が伝わってくるのが
この番組の最大の魅力だと思います。

私がアナザースカイで紹介するなら言うまでもなくハワイですが、
みなさんのアナザースカイはどこでしょうか?

imfhhage1_convert_2015dsf1013185423
ここが私のアナザースカイ、ハワイです!!!!!←アナザースカイの決まり台詞

OKINAWAその1

もう1ヶ月も前のことになりますが…
行ってきました沖縄!!

沖縄の地である初体験をしてきました。

それはダイビング!

泳げないこの私が。
小学生の頃から水泳の時間が嫌いで嫌いで、
お腹痛いや頭痛いと仮病をつかい休んだことも多々ある水泳の授業。
そんな私がダイビングをしに行ってきました。

そんなメインイベントについて報告したいのですが、
本日はサブイベントの報告を。


「沖縄アイスの発掘」

沖縄のアイスというとブルーシールアイスが有名だと思います。
アメリカ生まれ沖縄育ちのアイス。それはそれで美味しいのですが、今回発掘したのは違います。

今回発掘しに行ったのは沖縄明治乳業の「きなこもちアイス」です。
みなさんご存知の明治乳業の沖縄版です。こちらの商品は沖縄でしか手に入れることができず、その中でも「きなこもちアイス」が美味しいとの噂を聞きつけました。さらに味もさることながら、値段も70円くらいというのでその安さもとても魅力的です。

私は餅が大変好きでございまして、中でもきなこもちが世界で2番目に好きなんじゃないかというくらい好きです。食べないわけにはいけません。

とりあえず近くのコンビニで探します。きなこもちはなかったですけど、見つけたのがこちら。



アンパンマンスティック

ミルク風味のラクトアイスの中にチョコレートソースが入った、何とも優しい味わい。アンパンマンは全国区の人気なのに沖縄限定で発売するという…

大変美味しかったのですが、お目当てのものは見つからなかったので別のコンビニへ。

見つけました。
ちんすこうアイス。



塩バニラアイスの中に、ちんすこうのかけらがところどころに入っていました。バニラアイスの味わいの中に、時々ちんすこう。アイスですが食べ応えがあり、とても美味しかったです。



こちらもお土産に持って帰りたいくらいの美味しさでしたが、お目当てのアイスではありません。

その後、スーパーなど探すもきなこもちアイスは結局見つからず…
残念ながら次回の沖縄旅行の時の課題です。※次回の旅行は未定です

2015年のマストバイ


knowledge(ノレッジ)のアルバムを買いました。
STONES THROWから出た新しいアルバム。
これ、めちゃめちゃ良いです。

knowledge/『HUD DREEMS』
1006693175.jpg


タワレコで友達に薦められ、
視聴してすぐに即買い。
友達曰く「2015年のマストバイ」だそうです。

ビートメーカーのアルバムは
特に当り外れが多いと思います。
再生して数秒間で心臓を掴まれる場合もあれば、
何回か繰り返し聴くも一向にピンとこないCDもあります。
むしろ、退屈に感じるCDのが多い気もするくらいです。
こればっかりは好みの問題だと思いますが。

『HUD DREEMS』はまさに前者。
一曲目からぶっ飛びます。
いやぁほんと買ってよかった。

j dillaやFlying Lotusとよく比較されていますが、
それよりも良い意味で丸くおさまっている印象を受けます。
その加減がしっかりと気持ち良くしてくれるんですよ。

ライナーノーツによると、Kendrick Lamarの
傑作『Momma Instrumental』にも携わっているとか。
Anderson.Paakと組んだNxWorries名義で、
現在1曲だけ公開されている「Suede」も抜群に良いです。
今後が楽しみですね。

しばらくは、このアルバムしか聴きません。


おまけ的な。

映画のエンドロールって観ますか?

以前、知人に誘われて映画を観に行ったとき、
エンドロールが流れ始めたとたん
「行こっか」と席を立たれたことがあり、
それ以来、映画は一人で観ようと思った記憶があります。

私はエンドロールを必ず観ます。
これといってはっきりした理由はないのですが、
作り手の遊び心があらわれる部分じゃないかなーとか勝手に感じています。
音楽とともに
黒バックに白文字が流れていくものが多いですが、
ときにはオフショットが流れたり、
エンドロールのあとにストーリーの続きがあったりして、
私にとってはけっこう楽しみな時間です。
どんな人たちが製作に携わったのかを
チェックするのも好きで、
アニメ映画だと、声を誰が演ってたのかを
確認するのもおもしろいです。
このエンドロールにいつかは
自分の名前が流れることを
子どもの頃から夢見ています。

最近観た映画で
2つほど気になるエンドロールがありました。
一つは『この国の空』。
エンドロールで流れたのは音楽ではなく、
主演の二階堂ふみの朗読。
読まれたのは、茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」。
ここまで見終わったところで、
ああ、これってこの映画のすべてじゃないか、と
ストンと作品が自分の中に落ちた気がしました。

もう一つは最近公開された『バクマン。』。
TOYOさんにお誘いいただき行ってきました!
漫画好きの私としては気になってた作品。
原作を知ってると賛否両論ありそうですが、
エンドロールを前のめりになって観たのは
これが初めてかもしれません。
〝映像作品〟として作り込まれていて
観ていてとても楽しいものでした。
漫画がずらっと並ぶ本棚をパンするところで
劇中に出てくる漫画が並んでたり、
背表紙がスタッフクレジットになってたり、
細かい部分まで見逃せない。
これは最後まで観ないと損ですよ。


唐突ですが、
白石一文という作家さんの
『ほかならぬ人へ』という小説の文庫本最後に
編集者が書いた解説があります。
これがすごくおもしろく素敵な文章で
とても記憶に残っています。
むしろ作品よりも響いたような。。


エンドロールとか最後の解説とか、
水曜どうでしょうDVDの副音声とか、
そーゆう部分もチェックすると
面白いものに出会ったりするものです。


いまさらですが…シルバーウィーク<その2>

もう10月ですけど…と言われても、続けます。
シルバーウィークのイベント報告。
念願の両国国技館へ行ってまいりました!
名古屋場所で相撲を見たことはありましたが、
両国国技館を見ておかないと。
それに加えて、和服を着て相撲観戦をしようというイベント、
「和装day」が催されていたこともあり、
相撲好きの友人と、これをメインイベントとして上京しました。

「和装day」では、和服で来場した人にプレゼントがあったり、
和服をレンタル、着付けしてくれるというサービスがあります。
私と友人はこのサービスを利用。
着付けのために、朝9時頃に国技館入りするという、かなり下位力士のような日程でした。

せっかくだから、似合う一枚、見栄えのいい一枚を!ということで、
異様なまでの真剣さで着物をセレクト。
あちこちをぎゅーぎゅー絞められ、
「これは昼ごはん抜きで済むな…」と思ううちに完成です。

そこからは、相撲観戦の本番といえる幕内力士の登場まで、
ひたすら国技館内散策を満喫です。

イケメン力士、遠藤のファンでなくても、
女子ならとりあえずやってみる「遠藤お姫様抱っこ顔はめパネル」をしてみたり。
(和装してるのに、和装に顔はめ…?)
image2_convert_20150925171932.jpg

国技館内に掲げられる優勝額の中から、ごひいきの照ノ富士を探したり。
(当然のことながら、ほとんど白鵬の額ばかり)
image3_convert_20150925172359.jpg

国技館入りする幕内力士を入り待ちしたり。
(横綱、大関は地下駐車場から入るので、通りません…)
やっぱり大きい!逸ノ城
image4_convert_20151006203344.jpg

日本相撲協会のキャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」の
“ひよの山”着ぐるみと記念撮影したり。
(ゆるキャラ担当ならでは! の満面の笑み)
image1_convert_20150925172142.jpg

名物を食べたり。←結局食べてる!
(相撲部屋仕込みのちゃんこ!)
image1-2_convert_20151006203249.jpg

(ひよの山を模ったひよちゃん焼)
IMG_1383_convert_20151006203315.jpg

これはごく一部で、
国技館には相撲観戦以外にも楽しみが満載なのです!
親方が登場するトークイベントなどの催しや、
相撲博物館もありますし、おみやげもたっくさんあります。
好きな力士とツーショットが撮れるプリクラまでありますよ(笑)。

そして、いよいよ本番の相撲観戦。
初めて見る幕内力士や横綱の土俵入りにテンションUP。
IMG_1440_convert_20150925172327.jpg

この後、いよいよ熱戦が…という頃に、とんでもない疲労感に襲われ、
ちょっと居眠りしたとか、しないとか…。


みなさまも本番前のはしゃぎ過ぎにはご注意ください。
国技館デビューの写真レポートでした。

余興ご参考

「ヘヘイヘ~イ」と口ずさみながら、犬山城下町へ。
和風カフェで茶をしばく。
食べる前に写真を撮る。
IMG_5648 (257x257)
女子か。

友人の結婚式に参加するため、
犬山市に行ってきました。電車で。

最寄駅は犬山遊園駅。
ここ急行だけではなく特急もとまるんですね?
ひとつ前に大きな犬山駅があるので、勝手に普通駅かと、ごめんなさい。

自分のなかで、犬山遊園駅と言えば日本モンキーパーク!
子どもの頃、ここからモノレールに乗り換えて
モンキーパークまで行ったことを覚えています。
もうそれは、一つのアトラクションのような!
大好きな乗り物でしたが
2008年に廃線になってしまいました。

その名残でもあるのかな、と見渡しながら駅を降りましたが何も見つけられず、
結婚式会場であるホテルに向かいました。

IMG_5622 (257x300)
いい天気。

挙式が終わり、披露宴。
主賓挨拶も終わり、乾杯の音頭。
そこで紹介された人に驚き。

司会「乾杯の音頭は、新郎のいとこである犬山市長にお願いします!」

 え!?
 しちょ、え!?

そのあとは普通に式が進みましたが、
余興が2つ終わったところで、いきなり暗転!
みなさん、AKB48の「恋するフォーチューンクッキー」という曲を知っていますか?
初めてしっかり聴いたのですが、
自分はこの曲が大好きになりました。

暗転から、その曲が流れ、明るくなったところに、
AKB風の衣装を着た男性が登場!しかも一人!
もう一つ余興が始まりました。

完璧な衣装と、完璧な振り付けと、完璧な笑顔で、
各テーブルを回りながらゆっくりと高砂のほうに進んで行きます。
親族席だろうと、会社関係席だろうと、
「ヘヘイヘ~イ」と笑顔で煽ります。
ちょうど最後のサビのところで、高砂の新郎新婦に場所に到着。
振付を促し、いっしょに踊りながらフィニッシュ!
全員から惜しみない拍手。
会場が一つになりました。
自分はこの曲が大好きになりました。

プラモ英治郎

ふと、“何かに没頭したい”と思い、
シルバーウィークから
プラモデルづくりにチャレンジしている。

プラモデルといえば、
自分が小学生の頃は、「コロコロコミック」や「ボンボン」で
ガンダムのプラモデル、いわゆる“ガンプラ”をテーマにした
マンガが人気を博していて、
ザクやグフなど、いくつか買って組み立てたものの、
最後まで完成した試しなし。
2体のガンプラの戦うシーンをジオラマで再現する友人などを見て、
自分の才能のなさを痛感した思い出がある。

結局、ガンプラをあきらめた自分は
「ビッグワンガム」という、お菓子についていた
着色済みの小さなプラモデルを組み立てるのがやっと。
そして、ものづくりから離れ、
今ではこうして第三次産業に従事している。



Amazonで、とりあえずキットを購入してみた。
自分が乗っているバイクと同じキットなら、
おそらく組み立てにも迷うこともないだろうという
安易な判断から。
1/12スケール ネイキッドバイク No.38
YAMAHA SR400S カスタムパーツ付は2,537円だった。
「お安いホビーだなぁ♪」と、浮かれながら箱を開けて今さら気づく。
そう、キットは着色されていないのだ。
あわてて近所の模型専門店に行き、
指定の塗料とニッパー、ピンセット、やすり、筆、接着剤、うすめ液など
ぜんぶ揃えたらそれだけで5,000円オーバー。
お安いどころか、結構な金額。
もうこの時点で後には引けない状況に…。

何はともあれ、初めてみる。
説明書に従ってパーツをキットからニッパーで切り離し、
切断面をやすりで削ってきれいにする。
ふ~っと粉を吹き飛ばし、接着剤を塗りしばらく待つ。
キットとキットを重ね安定するまで押さえる。
接着剤が乾いたら、指定の塗料で塗る。
ムラができないように何度か塗り重ねる。
ちなみに接着後に隠れてしまう細かいパーツは、
組み立てる前のキットの状態で
塗料を塗らなければならない。
そのあたりの判断はユーザーに委ねられているので、
頭のなかで仕上がりイメージをつくり、
どんな手順がベストか策を練ることが求められる。

どう?大変でしょ?
おそらく自分が子どもの頃は、
この複雑な工程が面倒くさくて面倒くさくて、
プラモデルから離れて行ったと思う。
それから30年近く経ったいま、
プラモデルの本質はまったく変わっておらず、
あいかわらず面倒臭い。
でも、なぜかそれがとても楽しいのだ!
ふだん仕事で対峙しているものとまったく違うものだし、
ちびちびお酒を飲みながら、ものづくりに没頭できるなんて、
なかなか贅沢な時間だと思う。

と、偉そうなことを書いてはみたものの、
ただいま、6時間ぐらい費やして、
エンジンとフレームが組みあがっただけ。
(説明書でいうと、2番の工程…)
おそらくこのペースで行くと、
完成するのは早くて来年春ではなかろうか。
先が思いやられるが、マイペースで頑張ってみたい。


FullSizeRender.jpg
[↑]パーツがいっぱい。心が折れそうになるほど

IMG_8244.jpg
[↑]プラモデルを作るために必要な道具(初級編)

IMG_8245.jpg
[↑]ピンセットでつまみながら、エンジンを組み立て。
  手伝いたがる娘に、他の遊びを勧める悪い父親

IMG_8286.jpg
[↑]フレームにエンジンを組み込む。
  はまらない部品があり、投げつけそうになるがザ・ガマン


職人さんへの憧れ

栄の病院への通院日。
初診かつ、土曜日だったこともあり、待ち時間が果てしなく長かった&
受付で「出かけますか?」と聞いてもらえたので、『出かけて良いんだ、
やった!』と思い、暇つぶしにふらっとオアシス21を通りがかりました。
(色々な病院が入居する医療ビルの中にあるクリニックなので風邪など
の感染性の病気を拾ってしまう可能性が高く、長居をしたくない私には
外出OKは喜ばしい!)

予期せず、「尾張名古屋の職人展(多分)」というイベントが開催されて
いたので、つい寄り道を。。。(オーガニックマーケットで食材の買い物を
したかったのだけど、行った時間が遅かった。。。)

「職人さん」って響きと存在がカッコいいと常々思っている私。
ちょっと頑固だったり、並々ならぬこだわりに尊敬の念を抱きます。

大工さんが端材で作る、すのこやペン立、ティッシュケースなどの小間物が
格安で売られていたり、有松絞りの浴衣や藤の家具の販売、名古屋友禅の
染め物体験などなど・・・色々なブースが出店されていてとても興味深く、
うっかり診察を忘れて長居しそうに(笑)
中川区で作られている、漆塗りのスプーンを格安でGETしました。
(ウレタン塗装&海外製品ばかりが市場に出回っている昨今では貴重なもの
なのに!でも、きっと漆は某国産なんだろうな。日本産の漆は超!高級品の
仕上げ塗りにしか使われていないって、TV番組でやっていたし。。。)

ふれあう機会がない物は、知らなければ知らないで過ぎてしまうけれど、職人技
が生かされた良い道具があるのなら、長く使える道具を選びたい、最近頓にそう
思います。
というのも、最近、友人の引っ越しを手伝い、大量に出てきたゴミの山を目の前に
したのも一因。
捨てられない症候群の合併症もあるので、行きつくのは、「良い物を大事に使う」こと。

とはいっても、生きていくうえで身の回りには消耗品だって多くありますから、一概には
いえません。(はい、買い物を正当化したいので、言い訳です。)

ということで、良い物を大事に長く使いたい、かつ消耗品?
先日のブログで書いた焼き物が届きました♪
IMG_20151001_113621.jpg
秋らしい、こっくりとした美味しそうな色味!!
先述のスプーンと合せてみました。
食器も長く使いたいから良いものを。。。(割れたり、欠けたりするから消耗品とも
いえるかな?)
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード