最終日

エディマート1号のAYANOさんが
8月より産休に入ります。

最終日には
挨拶→お疲れ様でした!→涙
みたいなよくある展開ではなく、
RENAさんから差し入れにいただいた
ハーゲンダッツをミーティングテーブルで
みんなで座って食べながら
AYANOさんへの贈り物を渡してだんらん。笑
贈り物はラミネート加工されたものなので
それランチョンマットに使って
ハーゲンダッツ食べたらいいですよー的なノリ。
とてもゆったりとした時間でした。

そのラミネート加工した贈り物には
数々のメッセージが寄せられていて、
社員からだけでなく、
お仕事でAYANOさんと深く関わりのあった
方々からもたくさん!
社内外からとっても愛されてるなーって
胸が熱くなりました。なぜか私が。

贈り物がこちら↓
メッセージを寄せていただいたみなさん、
どうもありがとうございました!


某企画をAYANOさんメッセージ用に
KITOさんがアレンジ!
細かい部分までユーモアがきいてて
だいぶ面白い感じになってました。笑


AYANOさん、9年お疲れ様でした。
AYANOさんジュニアをお目にかかれるのを
楽しみにしてます♪
スポンサーサイト

熱中症

先週金曜日、エディマート一同で大相撲名古屋場所観戦に。
仕事中に相撲だと~?とおっしゃいますな。
これも仕事の一環です。
来年の名古屋場所関連のお仕事に結びつくはず、です。

今場所はテレビで何回か観戦しましたが、
ライブはやっぱりいいですね、会場の雰囲気も感じられますし。
“スー女”とおぼしき女性も結構いるな、というのも確かめられました。

IMG_1108_convert_20150730222337.jpg


そして、相撲の後はやっぱりこれ!
ちゃんこ鍋です。
image1_convert_20150730222432.jpg
取材でお世話になったお店の鍋がとってもおいしかったので、
「おいしい店だったんですよ~」と言いふらしていたら、
会社イベントで訪れることに。
元力士のご主人が作る鍋は、きりっと塩が効いたスープがうまい!
盛りだくさんの具もどんどん進んじゃいます♪
マイペースでちょっと毒舌の女将さんもいい味出してて、
私のツボです(笑)。

観戦も食事も、みんなで一緒だと楽しさ倍増。
夏のいい思い出になりました。


やはり今度は相撲だけでなく、国技館を見なくては!
ということで、調子に乗って9月場所観戦を検討中。
熱中しやすい性質なもので、相撲ブーム継続中です。

グッバイ

自分には2歳の息子がいまして、
年少に満たない未満児として保育園に預けています。

通常は奥さんが迎えに行くのですが、
ごくたまに奥さんに仕事など予定があるときは自分が担当します。
夜の7時頃に保育園に行くと、園児はほとんどいません。
共働きでないと保育園に預けられない名古屋市において、
ほかの保護者はどうやって早く迎えに行っているのでしょうか?
不思議です。余談でした。

保育園から自宅に帰ると、そこからはもう戦争です!
流れ的には、
晩ごはんの準備、晩ごはん、風呂、洗濯、保育園の準備、寝かせつけ、
という感じ。
ポイントは、晩ごはんと寝かせつけ。
この2つが頑張りどころ!

晩ごはんは、やれ美味しいぞ!やれ楽しいぞ!と、
息子の気分を盛り上げながら食べさせます。
あまりやりすぎると、
気分をがいして、ごはんをぶちまけてしまうので慎重に。
もう一つの寝かせつけは、
頑張るというか、いかに自分が無になれるかというところ。
子どもとしては布団という柔らかい場所なので、はしゃぎたいわけです。
転がって、飛び跳ねて、突進だってしてきます。
そこで自分の対応は、無です!無視です!
子守唄なんぞ歌いません。手でポンポンなんぞしません。
無視!完全に無視!
相手をしたら調子に乗ります。返事も「うん、おう。」くらい。
もう父は寝ますけど、息子さんはまだ遊ぶのですかー。
意識の上では姿消えてます。
次第に息子は疲れて寝転がり、眠りにつくのですグッナイ。

そこで時計を見ると9時半!よし!頑張ったぜ、自分。
と、自己満を感じるのです。
そう、自己満でした。
先日もこんな感じで寝かせつけた後、思ったのです。
あれ?
帰ってきてから息子とちゃんと遊んだっけ?
ちゃんと接したっけ?

これは、よくないですグッバイ。
やればいいってものではありません。
結果が大事?過程が大事?
仕事でも同じことがいえます。
どちらも大事。

強さと優しさ 2

昨日のKITOさんのブログから
考えさせてもらいました。

私が思う強さは、カッチカチの岩盤というより
何にでも変形できる鋼のようなイメージ。
ブレずに自分の意思を貫くことより、
柔軟に対応していく人のほうが惹かれるし、
どんなコンディションでも生きていけそう。

優しさは、嫌なことがあっても
根に持たずに許してあげられるような
器がデカい人のイメージかな。

秋に出産を控えているため
7月末でいったんお休みをいただいて、
ひとりの人を育てるという
未知の世界に踏み込みます。
この両方を忘れずにいたいのと
産まれてくるベイビーちゃんが、
こんな「強さ」と「優しさ」をもった人に
成長できるといいな。

いつの日か、パワーアップして戻ってきます。
9年間、ありがとうございました!


写真 2015-04-04 14 01 50

強さと優しさ


「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」

このフレーズを耳にしたことがある人は多いと思う。
ハードボイルド小説の私立探偵フィリップ・マーロウのセリフだ。
(原文はIf I wasn't hard, I wouldn't be alive.
If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.)

日本での初出は1950年代だとか。
いろんなメディアで目にするし、
「強さ」も「優しさ」も手垢がついた言葉であるから、
正直、これまでの自分にとっては、
ただ耳触りの良いフレーズなだけで、
心のなかにまで響いたことはなかった。

しかし最近、
経営トップやいろいろなリーダーにインタビューをすると、
皆が皆、あらゆるシーンで「強さ」と「優しさ」両方の
必要性を説いていることに気付く。
そして、40代となった自分、
会社が10年を越えた自分に、
どちらも欠けてはいけないことが、痛いほどしみている。

「優しさ」を弱めて出来上がったものは、
本当の「強さ」ではない気がする。
そして、
「強さ」から逃げて出来上がったものは、
本当の「優しさ」ではない気もする。

自分は「強い」人間だと思うが、
それは、意識してなろうとした結果だ。
“自分が強くなければ、会社や家庭がダメになる”
そんな思いとともに。

ただ、客観的な意見を聞くと、
自分の場合ももしかすると、
「優しさ」をスポイルして作られた
「強さ」かもしれないと反省している。
あと少しで厄年を抜けるが、
なんとなく、新しいテーマが見えてきた。

自分に「強さ」はあるか、「優しさ」はあるか。
どちらかに目をつぶって、片方が際立っているだけではないか。
場所や相手を問わず、バランスよく発揮できているか。
このブログを読んだ人も
仕事のキャリアを問わず、
よければ本当の「強さ」と「優しさ」について
考えてみていただければと。

IMG_7796.jpg
[↑]先日はスタッフ一同で大相撲名古屋場所13日目を観戦。
   強くて優しい、横綱白鵬が優勝しました(強引?)



スギヤマート的ハワイの過ごし方 vol.7

「スギヤマート的ハワイの過ごし方 vol.4」では、
マウイ島についてご紹介させていただきましたが、
今回はハワイの中で一番大きな島、
その名もビッグアイランド(ハワイ島)について少し語らせていただきます。

ビッグアイランドには、いくつか活火山があります。
その中で最も有名なのが、キラウエア。
そこにあるキラウエア火山国立公園は、
ハワイで唯一の世界遺産として知られています。

この山で私が一番感動したのは、溶岩台地。
私が今までに見たこともない素晴らしい光景が広がっていました。
そこから見えるのは、360度果てしなく続く溶岩台地と、
手が届きそうなほど近い太陽。
他に邪魔するものはなく、その様は圧巻です。

溶岩というからには栄養はなく、何もないイメージがありますが、
なんとそこには可愛らしい植物が育っているのです。
過酷な環境でも植物が生まれ、
のびのびと育っている様をみていると、強い生命力を感じました。
image121_convert_20150727093702.jpeg


耳を澄ませば、聴こえてくる風の音。
空を見上げれば、太陽の中に入っていけそうなほど身近な空。


ふと気がつくと私は台地に横になっているのです。

人や車はほとんど通らず、静かでゆっくりと流れる時間が心地よく、
溶岩台地で生きる植物がちょっぴり羨ましく思ったりするのです。


是非みなさま、ハワイ島にお越しの際は、
キラウエアの台地に寝そべってみてください。
image1_convert_20150727093524.jpeg

活動休止

昔から痒がりな体質が悩み。
冬は乾燥で、春先は花粉で、梅雨明けして急激に暑くなった最近は
一気に汗をかくようになるので、いつもいつもなかなか厄介なのです。
いい年して汗疹も毎年できてしまうし。。。
(そういえば、学生時代、友達に学食で見かけたよ、と言われて自分
は全くその友達の存在に気付かなかったことが。遠目でも「首を掻いて
たから分かったよ」と個人を判別してしまうくらいの痒がりっぷり。。。)

これはいっそ根本から改善した方が良いのでは?と前々から思っては
いたものの、後回しにしていましたが、耐え切れず、漢方皮膚科のある
クリニックを予約しようと電話してみたのが、6月の初旬。
初診の場合は、直近で診察できる日が7月中旬と言われ(1か月待ち!)
忘れそうになりつつ仕事を中抜けさせてもらって行ってきました。

普通の皮膚科は問診票に記入し、症状を診てもらって薬を処方して
もらうという流れが一般的ですが、問診票の項目は多いし、診察も
聞き取り項目が多く、長い。。。そりゃ予約もかなり先になるはずだな、
と思いつつ食生活の状況を聞かれた時のこと。
乳製品や小麦、甘い物の摂取についての質問が。
どうやら、上記3点を摂るのを控えないと、いくら漢方を飲んだとしても
症状は良くならないということだそう。

えええええええ!?

ヨーグルトは毎日食べるし、小麦に至ってはクッキーやケーキ、パンを
毎日でも食べたいし、むしろ毎日のように食べているし、うどん等の
麺類も大好き過ぎる。甘い物は「NO SWEETS NO LIFE!」なくらい。
嫌いな採血もし、アレルギー検査の結果が出るのは、次回の診察時。
どうか小麦や乳製品のアレルギー反応が出てませんように!

とはいえ、せっかく治す気になったので、先生の言うことには従いたいと
思っていますよ、はい。(不貞腐れてます)
でも、趣味であるお菓子作りまで放棄するのも、悲しい。。。でもまぁ
しばらく活動休止する方向にしようかな。作ったら食べたくなるし。
急にやめるとリバウンドするかもしれないので、ストレスにならない
程度に活動半休止することにします。。。

アップルミュージックの話


「アップルミュージック」の日本展開が
スタートしたとのことで早速使ってみました。
利用してみようと思ったポイントは以下です。

・約3000万曲の音楽が聞き放題はたまらない
・3ヶ月間フル機能を無料で利用できるトライアル期間あり
・予め用意された「プレイリスト」があるらしい

展開がスタートしてから1週間使ってみて、
音楽がより身近になった気がしました。
アップルミュージックの利用方法は、
iPhoneをスピーカーにBluetoothで繋げ、
基本は音楽を流しっ放しの状態にしています。
これも手軽で簡単。
家に帰ってスピーカーの電源を入れ、
iPhoneを操作し音楽を再生するだけです。

再生する際によく使うのが「プレイリスト」機能。
これがとても便利で、
「音楽がより身近に」を感じた要因でもあります。

プレイリストでは、各音楽ジャンルごと、
ライフシーンや雰囲気に合わせて集めた
多種多様な音楽リストがそろいます。

色んなジャンルのDJが常に家にいて、
今の気分に合わせて音楽を流してくれるみたいですよね。
「この曲初めて聴くけど、良い感じ!」と思ったら、
iPhoneの画面を見て誰のなんていう曲かすぐに確認できます。
友達と「このプレイリスト良いから聴いてみて」なんて会話もできますし。

今は3ヶ月の無料トライアル期間中ですが、
恐らく期間が過ぎても更新すると思います。
まだまだ楽しみ方もありそうですしね。

▽友達から「これ良いよ!」って送られてきたプレイリスト。プレイリストを探すのも楽しい
IMG_7363.png

今日壁が壊されない保証なんてない!

みなさんは知っていますか?
ケータイの液晶画面が割れると、とてもとても見づらいということを。

今年買ったばかりのiPhone6を
先日歩いてるときにポロッと手から落としまして、
ポトッと地面に落ちたんです。
ポロッと落としてポトッと落ちただけです。
それなのに打ちどころが悪かったのか、画面がバッキバキに割れてるんですよ!
なんでやねん!どんだけ繊細!と、とにかく驚きです。

しかし、割れたくせにまだ普通に使っています。
ひび割れてはいるけど、それさえ無視すれば普通に使えるんです。
ただ、見ている画面がバッキバキにひび割れてるのを無視するってかなりのムリがあります。

やっぱり早く修理してもらわなきゃ。と言いつつも、
これまで、テレビが壊れても買い換えない、自転車がパンクして使えなくなっても買い換えない、とわりと自然ななりゆきにまかせてしまう部分もある私。なきゃないでいいや、と。
ほんとに強い希望がなければそのままにしてしまうことがけっこう多い。
iPhoneの画面も実は自分の中で優先事項にはなってないので、使えるうちはこのままかもしれない。。
ほんとにそれでいいのか??

うーん、、早くiPhone7、出ろ!
できれは折りたたみ式を希望します。


今回の教訓。
初代から使い続けているiPhoneユーザーだけど、
今まで割れたことなんて一度もなかった。
でも今まで割れなかったからといって、絶対割れないという保証はどこにもない。
一生一緒にいようと約束したからといって、2人が別れないという保証はどこにもない。
巨人に100年壁が壊されなかったといって、今日壊されないという保証はどこにもない。
70年平和が続いているからといって、これから戦争が起きないという保証はどこにもない。

撮ったどー!

最近、カメラマンさんにお願いせず(できず?)、
自分で撮影する機会も少なくない。
技術の方はまあなんとか、というところだが、意気込みは比較的あり。
というか、撮影しているとテンションがあがってくる、という感じ。
撮るものにもよるけれど、
あ、もうちょっといいの撮れそう、だとか、
こんなんも撮っておく!?などと、結構欲が出てくる。

先日、大須で大相撲関係の催しの撮影をしたときは、
土曜日で人だらけの商店街をかなり走り回って、
歩いてる人にぶつかったり、何この人?という視線を浴びたりしつつ、
カメラを持って撮影対象を追い掛け回していた。

そこで、ふと思った、
これって、狩猟本能をくすぐられるっていう感覚かも、と。
いいのが撮れそうって感じるとわくわくしたり、
これ!というのが撮れると、すごく達成感があったり。

狙ったターゲットをしっかり捉えられるように、
足腰とか、技とかもっと鍛えておかねば。


▼最近の獲物-1
溶ける溶ける~、早く!と焦りながら撮る


▼最近の獲物-2
隣りで熱心に話し続ける友だちの話にあいづちを打ちながら、
聞いてないでしょ?ってツッコミを警戒しつつ撮る
0720-2_convert_20150720114529.jpg

初心

忘るるべからず。るが多い。
後輩の取材に同行する機会があり、
自分の初取材のことを思い出してみました。

まずは先輩の取材に自分が同行。
飲食店を3軒まわり、すべて「ぜひ食べてって」と。
とにかくもりもり食べました。
先輩からはその食べっぷりを誉められました。

そして、いよいよ、
自分が取材者となりデビュー。
この日も飲食店を3軒まわりました。
聞くことや撮影ディレクションに加えて、
時間の管理が不安で不安で。。
取材日の直前の休日に、実際に車を走らせ、時間を計測。
うち1軒に入り、食事をしました。
当日はずっと緊張しっぱなしでしたが、
事前準備のおかげで少しは気が楽だったのを覚えています。

準備は当たり前のことですが、
食べることも大切。
もちろん食べたいから食べるわけですが、
お腹いっぱいだから、次のアポで時間がないから、
ではなくて、
食べられるか食べられないか、ではなくて。
食べるか食べないか。
つまり、食べる。
食べます。

今日は社内で壮行パーティー。
たこ焼き器でアヒージョを。
20150717015016145.jpg
これも、食べたいから食べる。

昔の風習

習慣やしきたりは、
時代の流れで変わっていくものが多い。

ただ冠婚葬祭のような儀式は
変化の度合いが世の中よりも遅いなと思う。
古くからの習わしは(昔は意味があったかもしれないけど)
非科学的なことがたくさんある気がする。
出席する機会があったので、
日常とは違う考え方で動いていると実感した。

海外のウエデイングだと、挙式のときに
「古いもの」「新しいもの」「借りもの」「青いもの」を
身に着けるといいって言うおまじない?があるそうで、
おもしろいね!で片付く言い伝えならいいけれど…

ふだん、なるべく論理的に考えようと心がけてると
そのギャップに戸惑うこともある。
こちらの知識不足も多々ありますが
〝こういう場合はこうしなくちゃダメなんです〟と
決められてることは従わざるを得ない。

っくっそ〜。
もどかしさが半端ないぜ。

ラベンダーの約束

来春に小学校へ上がる娘のランドセルを探すため、
伏見にある「土屋鞄製造所」へ行ってきた。
昭和40年創業のこちらは、
一つひとつ職人が丁寧に作るカバンが人気。

確か、息子のランドセルを探しにいった7年前は、
名古屋にまだショップがなかったので
浜松市まで行ったように記憶している。

人気はとどまることを知らず、
その後、名古屋にもショップがオープン。
6/15に移転リニューアルした「童具店・名古屋」は、
日曜日ということもあり、ものすごい人。
開店して間もない時間だったが
レジまで長蛇の列が出来ており、
疲れ顔のお父さんもたくさん見られた。

ご多分に漏れず私も“お疲れお父さん”の一員となったため、
購入するランドセルの色が決定したら、
すぐに娘とカフェへエスケープ。
すると嫁さんも行列に並ぶことをあきらめ、
「ネットでオーダーするわ」と、カフェへ合流…。

おそらくレジの前の方に並んでいた人は、
開店前から待っていたのだと推測。
嫁さんとともに、
ちょっと土屋鞄の人気をなめていたなぁと反省。
もっとも、3人目が生まれない限り、
この反省が生かされることはなさそうだが…。

自分自身、ランドセルにはあまり思い出がないが、
中学校の時の革の通学バッグを、学年が上がるごとに
少しずつ潰していったことは覚えている。
3年に上がるときは、お湯をかけて潰したような。
さらに、補助用のナップサックは、紐を抜いて、
上の口のところに30cm定規を入れてピンとさせるのが、
上級生だけができる「オシャレ」だった。

今思い出すと、こっぱずかしいなぁ。


IMG_7745.jpg
[↑]個人的にはグレーがかっこよかったけど、
  娘はラベンダーが気に入った様子。
  どうか大きくなっても、カバンを潰しませんよーに



ちなみにブログタイトルは、
秋元康作詞&筒美京平コンビが手掛けた、裕木奈江の歌です。


スギヤマート的ハワイの過ごし方 vol.6

「スギヤマート的ハワイの過ごし方 vol.3」でご紹介した
KCCファーマーズマーケット。
ここでは、地元でつくられたテイクアウトフードが数多く並んでいます。

その中で、前にご紹介したジンジャエールの他に
必ず食べるものがもう一つあります。

それは、“トマトたっぷりの焼き立てピザ”。
imadhhjsjk22ge1.jpeg

大きくスライスされたトマトがピザからはみ出るほど
ぎっしりと敷き詰められているんです。
しかも、実はこのピザを販売する店はワイアルアにあるトマト専門店。
トマトのレベルがかなり高い!!!!
ピザの上に乗りながらもトマトのジューシーさが十分に感じられます。

生地の上に、ジェノヴェーゼソースのようなバジルペーストが全体にたっぷり塗られ、
そこに新鮮なトマトとモッツァレラチーズがぎっしりと乗ります。
しかもピザの生地は、私の好きなカリカリで薄いタイプ。
毎日食べたいくらいおいしいです!!

ここのピザは人気なのでいつも行列ができていますが、
並んでも食べる価値はあります!


ハワイにはどうしてこんなにおいしいものが集まっているのでしょうか?
大好きなハワイで食べるから、何を食べてもおいしいと感じるのでしょうか?


傘問題

梅雨ですね。日々、じっとりしっとりしています。
梅雨入りした頃は、あまり雨も降らなかったのに、7月に入ってから
はTHE・梅雨!な天候ですね。
梅雨時、だいたい毎年1、2回やってしまう失態があります。

それは、傘をどこかに忘れること。

今週、やってしまいました。
地下鉄の車内か、はたまた閉店ギリギリで駆け込んだ某百貨店の
化粧品売り場で座ったカウンターの椅子か・・・。
会社を出た時に傘を手に取った記憶だけ、はっきりしていたのですが、
帰宅途中の近鉄で「傘がない」と気づいたのは良いものの、どこで放置
したのかが分からず。
翌日、行動順に問合せの電話をしてみました。

7年くらい前に買った、割と高級な傘なので、みすみす見捨てるのが
忍びなくて。。。でも、近頃は撥水機能が衰えてきた&汚れが目立つ
ようになったので買い替えを少し検討中なのですが、明らかな不具合と
いう決定打がないので、続投している状態。

傘、ありました!某百貨店に。忘れ物情報を館内で共有しているようで、
1回の電話で事足りました。ありがたいことです。傘の買い替えをする時
には、この百貨店を利用しようと、心に決めたのでした(ほぼ買い物は、
この百貨店なので、必然的にそうなるでしょうけど・・・)。

思えば、この傘は何度、問い合わせして取り戻しているんだろう。
かと思えば、1回目の使用で紛失や破壊してしまう傘だって何本も何本も
これまであったのに。(ビニ傘は特に。。。)

もう一つの傘問題。日傘と雨傘、どちらを持ち歩けば良いのか分からず、
電車にいる人とかけ離れていることがしばしば。。。晴雨兼用の傘だから
別に雨もしのげますけど、でもUV効果が落ちそうで、できれば雨の日には
日傘を差したくない。。。

ちなみに。私の梅雨時のひそかな楽しみは、雨降りの休みのひと時に行く、
コインランドリーだったりします。(梅雨時に限らず、雨の日の楽しみかな)
むあっと暑いのは嫌ですが、あの匂いは懐かしい気分に浸れて好きなんです。
でも!せっかくきれいになってふわっと乾いた洗濯物を扱う場所に!室内に!
喫煙コーナーがある地元のコインランドリー。。。なんだかなぁ。

尋一ファーム


じんいち…
祖父です。愛すべき祖父。

少し前のこと。
ひょんなことから、
祖父母の家で何もしない時間を過ごしました。

その時に足を踏み入れたのが、
家の敷地内にある祖父の畑。
「尋一ファーム」です。
祖父は用事でいなかったので、
一緒いた祖母についてきてもらいました。

キュウリ、トマト、キャベツ、スイカ、メロン
ニンジン、紫ためねぎ、トウモロコシ、ミカン、カキ…。
尋一ファームには、たくさんの農作物が育てられています。

「あれ何!?」「これもう食べられるの!?」「こんな風に育つんだ!」
畑を進む度、一緒にいる祖母に怒涛の質問攻め。

祖母がいびつな形に育ったキュウリをもぎ取り
ぼくの方に差し出し「食べてみる?」とひと声。
…トトロの世界みたい。田舎って最高です。

小さい頃の一時期、
祖父母の家に住んでいたことがありました。
その時はよく畑仕事を手伝っていたのですが、
家を出てからは一度も寄りつかず。

畑の存在すら特別意識すること無いですし、
何を育てているかなんてほとんど知りませんでした。

家の敷地内ですから、
そこまで広いとは言えない「尋一ファーム」に
たくさんの農作物が育てられていることに少し感動。
「育てる」って、そんな簡単なことではないでしょうし。

差し出されたキュウリをかじり、
「美味しいね」って声をかけた後の
祖母の嬉しそうな顔ったらありません。

「おじいちゃんが聞いたら喜ぶよ」

文字通り、山のように野菜を持たされ、
祖父母家を後にしました。

せっかくだから、祖父にメールで
野菜ありがとうと伝えると、
「野菜のことは任せておきなさい」と返信がきました。

祖父母には、いつまでも元気でいて欲しいものです。

▽尋一ファームで採れた野菜
FullSizeRender.jpg



ゆずれないこと

住む家を探す時に
ゆずれない条件はありますか?

窓からの眺めと日当たり。
あとオバケが出ないこと。笑
これが私のゆずれない条件です。

はい。
絶賛部屋探し中なんです。
最近、条件に追加したのが
「1K以外」。
賃貸によく見かける廊下にキッチンがあるタイプが
どうにも好きになれなくて、
1Rのカウンターキッチンタイプを
ピンポイントに探してます。
そうするとなかなか限られますね。
ええ、全然見つかりません。

ようやく希望にぴったり!と思ったら
北向きの部屋。。
住んだことないのですが、
北向きの部屋ってどうなんでしょ。
ここに来てゆずれない条件の
「日当たり」をゆずるか??

そもそも洗濯物を外に干さない私。
浴室乾燥機を使用するので。
昼間に家にいることなんてほとんどない。
平日は家ではほぼ寝るだけ、
休日は出かけてるか、家にいても
ほぼ寝てるだけ。。。笑

んんー、
日当たり、いるかぁ!?

北向きのメリット、デメリットを
ひたすら検索する日常です。

どなたかいい物件知ってたら
教えてください。笑
おもしろい部屋ないかなー。

sunao

エディマートの採用条件の一つは「素直」。
ということは、私もいちおう「素直」なはずなのだが、
そうでもないなぁと思うことも多い。
強情だったり、頑固だったり、あまのじゃくだったりするから。

と言いつつも、突然に圧倒的な「素直」さを発揮することがある。
先日、担当した仕事でビジネス系セミナーの取りまとめが立て続けにあった。
どちらも多彩な経歴を持つ講師が、
自らの経験をふまえて若手ビジネスマンにさまざまなノウハウを伝えるのだが、
いちいち、「なるほどね~」と深く納得してしまう。

セミナーに招かれる著名な講師の方だから、
講義の内容も説得力のあるものだし、やっぱり話し方がうまい。
言われてみれば当たり前、という内容もあるのだけれど、
案外気づいていないこともあったり。

特に印象に残った内容に、
もっと自分を大切にして、自分を幸せにしようと思いなさい
というものがあった。
自分はこれぐらい、と、ほどほどの評価で納得してしまうのではなく、
高めの目標を設定して野心を持つことが大切らしい。
「なるほどね~」。
意志の力って結構大切だもんね。

AYANOさんがじゃんけんに強いのは、
“勝ちたい!!”という意志が圧倒的に出ているから。
(例えのスケールがちっちゃい…)

「なるほどね~」と、今は素直に納得しているので、
あとはこれを継続させて、実行することが大切、のようだ。


▼意志の力が足りずに引いたハズレ(右)。
 やっぱりね…という感じ(←これがいかん!)
0707_convert_20150707210822.jpg



大好き!大阪!

大阪に行ってきました。

ことの発端は子供服です。
高級子供服メーカーの物流センターが三重県の伊賀にありまして、
そこで行われるガレージセールに行きたいと言うのです。奥さんが。
セールなのでほとんどが半額以上の割引率なのです。
さらに、どうせ西に行くなら大阪のIKEAにも行きたいと言うのです。奥さんが。
伊賀のセールは正直どっちでもよかったのですが、
IKEAに行くなら行こうじゃないか!となりました。自分が。
好きなんですIKEA。見て回るだけでも楽しいのです。

伊賀から大阪への1泊旅行。
セールではこれといったエピソードはなく、IKEAに着きました。
とくに買いたいものかあったわけではないのですが、
見てると欲しくなるもので、
IMG_4679 (200x146)
まあまあ買ってしまいました。
組み立てると、こうなります。
IMG_4965 (200x150)
子どものおもちゃがすっきり!自己満です。

2日目の予定は決めていなかったのですが、
宿泊先のすぐ近くに大阪城を発見!

行ってきましたが、かなり広い!
名古屋城と比べものにならないですね。
たくさんのランナーが往来するほど、城の外周は整備されていて、
一周しただけで疲れてしまいました。。

IMG_4682 (150x200)
もちろん天守閣にも行きました。
しかし外国人が多いこと!とくに中国人。
春節の時期だけではないんですね。
そしてよく喋る。
早口だな~ぜんぜん聞き取れないな~と思っていたら、
大阪弁のおばちゃん集団でした。
いや、別に、変な意味ではなく!
だって、自分の母親は大阪人ですし!東大阪市出身です!
大阪大好き!!

大阪城をあとにして、うつぼ公園という親水公園に行きました。
IMG_4730 (200x150)
こういう無料で遊べる施設は、
家族連れにとっては非常に助かります。

無料と言えば、
弊社では『東海ウォーカー7月号 無料&格安特集』の
制作を担当しました!おすすめです!
IMG_4767 (150x200)
ぜひ手に取っていただけましたら。。

スギヤマート的ハワイの過ごし方 vol.5

私がハワイに行く目的のひとつ。

その前に、、、、
私は学生時代、全国の水族館巡りに尽力してきました。
さらには、日本だけでなく海外に行っても
水族館を探して足を運ぶこともありました。

水族館が好きな理由、
それは、シャチとイルカがいるからです。

私はシャチとイルカが大好き。
ピーク時はシャチとイルカの図鑑をどこへ行くにも持ち歩く程でした。

人懐っこさや、表現の豊かさ、不意にぴょんっとジャンプする姿などなど
ここでは語りきれないほど彼らの魅力は盛りだくさんです。
シャチに関して言えば、やはりあの巨大な体のオーラ!たまりません!


さて、ハワイのお話しに戻りますと、
ハワイでは野生のイルカと一緒に海を泳ぐことができます!
シャチとイルカ好きの私にとって
大好きなハワイの海で彼らと一緒に泳ぐことができるのは
まさに夢のコラボレーション!!!
これはこれは、胸の高鳴りが収まりません。


ワイキキから車で約1時間。
オアフ島で最も気候が安定するウエストコーストでこの体験ができます。

港から船でイルカが集まるエリアに連れて行ってもらい、
海に飛び込むと、そこには手が届くくらい間近な距離で
イルカたちが優雅に泳いでいます。
多い日にはなんと、100 頭以上のイルカを見ることができます!

イルカは夜行性なので私たちが泳いでいるときは眠っているのですが、
群れになってイルカが悠々と泳いでいる光景は圧巻です!
耳を澄ますと、水中でイルカの鳴き声だって聞こえてきます。
海底まで綺麗に見えるほど透き通る海の中で、
大好きなイルカと一緒に泳げるのはまさに天国です!!

image1.png
↑潜りながらiPhoneで撮影。この光景を生で見れば、誰もが号泣まちがいなし!(笑)

image21.jpeg
↑船の上から。この子、ずっと船についてきていました


辛いときにイルカの写真を見返すと励まされます。


みなさんもハワイに行かれた際は是非、
可愛いイルカたちに癒されてきてください!

嫁・姪っ子問題

旦那側の家族とは仲良くやっていると思っていた。
先日も帰省したとき、
姉ちゃんファミリーとママと一緒に
夜ご飯を食べに行くことになったのだが、
息子くんと娘ちゃんに学校の話を聞いてみるけど
娘ちゃんからの反応があんあり良くない。
年に2回会うだけなので姉ちゃんともママとも
仲良くやっているのだが、
娘にあたる姪っ子ちゃんからのライバル視が
実はすさまじいということがわかった。

昔、姉ちゃんファミリーと旦那が同居していたこともあって
姪っ子ちゃんからすると良き兄貴分だったらしい。
仲良く遊んでくれていた兄ちゃんが、
度々知らねぇオンナを連れて帰ってくる…
ということで、私と全然喋ってくれない。

ふだんはハイパーなテンションで騒いで
喋りまくる姪っ子ちゃんらしいけど、
私が帰るときだけ、毎回大人しいそうだ。
おばちゃんは実に悲しい…。

結婚前に一度、水族館へ一緒に行ったのだけど、
そのときは幼すぎて理解していなかったのか
とっても仲良くしてくれたの、
おばちゃんはよく覚えていますよ…。

姑問題ではなく、姪っ子問題に悩まされるとは思わなかったぜ。
彼女が成長して、彼氏の一人や二人できれば解決するかしら。
仲良くなるべく、歩み寄っていこうと思う。

トレイントレイン

引っ越しをしてから、鉄道の駅が近くなった。
近くなったといっても、徒歩25分の距離なのだが、
なんせ、これまで住んでいた場所が
最寄駅まで「徒歩60分」だったので、、
格段の差と言えるだろう。

電車が何がイイと言えば、

○運転しなくていい
○景色を楽しめる
○お酒が飲める

この3点に尽きる。
これ、裏を返せば「車ではできないこと」。
いかに今まで、車ありきで生活してきたか
実感している今日この頃なのだ。

先週末、嫁さんが用事があったため、
子ども二人を連れてどこかに出かけることになった。
これまでだったら、「じゃあ車でイオンにでも行くか」
ということが多かったのだが、
前述のような流れがあったものだから
「電車に乗って、東のほうへ行ってみるか」と。

目指したのは、岡崎市方面。
名古屋の東側に住む自分たちにとって、
それほど遠くないし、城もあるし、うまいものもある。
事前に友人からうまい店を聞き出し、いざ出発。

電車にあまり乗ったことのない娘は大はしゃぎ。
期末テスト前なのになぜかついてきた息子は
「電車の中で勉強するとはかどるらしい」と
車中で勉強を始めた。
私は私で、心地よい揺れを感じながら
何もしない時間を堪能する。

電車慣れしていないためか、予想の1.5倍かかって
岡崎公園前駅へ到着。
「釜揚げうどん」と「もろこしうどん」がおいしい
大正庵釜春で遅めのランチをとり、岡崎城公園で
家康公の足跡をたどることができた。
さて、城にのぼるか…というときに、急に息子が
「やっぱりテストが心配になってきた」というので、
城は外から眺めるだけでとんぼ帰りとなった。

今回は所用があったため、お酒を飲みながらの旅とは
ならなかったが、次回はぜったいビールでも飲みながら、
猿投温泉にでも出かけたいと思っている。


IMG_7670.jpg
[↑]♪岡崎公園前~、岡崎公園前~





プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード