旅行でんがな 久しぶりでおまんがな

先週の金・土曜日に、2年ぶりとなる社員旅行へ。
関係する皆様のご理解とご協力を得て、
期末のバタバタのなか、なんとか敢行といったところです。
ありがとうございました。

2台の車に分かれて、目指したのは大阪のど真ん中。
千日前でお好み焼きを食べ、
道頓堀の戎橋でグリコの看板を前に記念撮影、
その後、なんばグランド花月で吉本観劇と、
初日は“the大阪”を体感するツアーでした。
取材やプライベートで大阪は何度も訪れたものの、
ここまでド定番なのは初めて。
個人的にもかなり楽しませてもらいました。

大阪を離れてそのまま有馬温泉の宿にチェックイン。
神戸牛のしゃぶしゃぶとお酒を満喫し、
温泉での湯あみの後は、卓球や小宴会。
翌日は有馬温泉街をそぞろ歩き、
さらに神戸の三宮界隈の散策と
あっという間の2日間でした。

そのしわ寄せで、仕事がハードになったのは
申し訳ない限りですが、
久しぶりの社員旅行を経て社員一同、親睦を深め
リフレッシュできたかと。
養われた英気を、ぜひ新たな仕事で還元したいと思っています。


?? 1
[↑]千日前のお好み焼き店にて。黒こげのお好み焼きを作ったのは
  さて、誰でしょう?


?? 2
[↑]春休みということもあって、戎橋は人がいっぱい。
  想像より手前にあったグリコの看板


?? 3
[↑]道頓堀のセルフのアイスクリーム店。食べ放題と勘違いして
  1000円近くのお金を取られたのは、誰でしょう?


?? 4
[↑]有馬温泉街をそぞろ歩き。みんな本当によく食べた!


?? 5
[↑]温泉街では猿回しも。初心者ならぬ、“初心猿”らしい


一眼レフを持参したのに、全部iPhoneで撮影。
素敵な写真は、他のスタッフがアップするのかな?



スポンサーサイト

モノに主導権を握られ気味

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とは
昔からよく言われていますが、今年は特にそう思います。
というのも・・・!
消費税UPまでいよいよ本当に、カウントダウンが開始
しましたよ?
新聞でも、量販店などのチラシなどでも、消費をあおられて
いる傾向ですが、駆け込みで買い物はしますか?
もうしましたか?
あきらめますか?
watanabe家では、軽自動車の買い替えをしました。
(私のではなく、家のですが。。。)

驚くことに、同じ車種を5台目という、メーカーから感謝状
をもらってもおかしくない、某車種ファン?という状態です。
(別にファンではないですけどね)

今までは、鍵穴に鍵を差し込み、エンジンをかけるタイプ
だったのですが、(用語がわかりません。。。)
初めてキーレスプッシュスタートという、鍵を持っていれば
エンジンボタンを押せばエンジンがかかるいまどきのタイプ
になりました。
むろん、ドアロックも開錠もタッチでできますよ。
ついでに衝突軽減装置と、アイドリングストップ機能、運転席
シートヒーター…etcまで付いた、最新(?)式の軽自動車。

少し前までは、高級車にしか搭載されなかったような機能
まで・・・と驚いているわけですが、便利の裏側にあるのは
人に不便というか、知らなきゃ全く意味がないということ。

分厚~~い取説もついてきたそうですが、車って、免許があれば
運転できると思っている私は、なかなか読む気力が湧かず、
取説がどこにあるのかも知らない状態。

衝突軽減装置は、過信しちゃいけないな、とつねづね思っていた
わけですが、車間距離を短めにしがちな父は、意図せずさっそく
作動させてしまったらしい。作動してしまったのを解除する方法
を知らないと、路上でモタモタし、いらぬ災害をもたらす危険性
もあるわけなので、本当に要注意です!
逆に作動すべき時にしなかったら?と考えると…。いやいや、
補助的な役割にすぎないから、頼ったらダメですね。

乗る前は、「そんなにいろいろな機能があったら理解できないよ」
と及び腰だった私ですが、今年(2014年)の目標は、
『馬には乗ってみよう、人には添うてみよう』なので
(少し忘れていました)、何事も弱気にならずに!と思っています。

思えば、スマホにも、新しくなった会社PCにも振り回されっぱなし
の日々。
むしろ、ツールからの指示待ちになっていたりして?
それに近い部分もある、よな・・・。う~ん、退化の一途?

・・・退化しないよう、来期も頑張ります!!

兄弟でお祝い-弟の高校進学-

先週のことです。
弟からこんなメールが届きました。

------------------
件名:無題
------------------
高校行きます(^O^)





------------------

その時にはじめて、
弟が高校に合格していたことを知りました。
入学を目前に控えたこのタイミングでの報告。
お兄ちゃんに相談したい、
受験の悩みなどはなかったのでしょうか。
むしろ、どの高校へ進学しようかという話も
一切聞いておりません。

とりあえず「おめでとう」という言葉と共に、
“行きます”ではなく“進学が決まったよ”でしょ?と返信。
その後、「報告が遅い」だとか「ちゃんと考えて決めたの?」など、
小うるさい質問を次々に投げかけてしまいました。
どうも、弟が相手になると親っぽくなってしまいます。

いろいろ文句合をいいつつも、
合格をお祝いするからごはんを食べに行こうとお誘い。
ふたりで予定を合わせ、
お昼ごはんを食べに行くことに。

当日、実家へ帰るとなぜか兄がいました。
ぼくよりうんと前に実家を出て、
家族一自由な気質も持つひとつ年上の兄。
普段から連絡を取り合うことは全くありません。
何でいるの?と聞けば、
弟に呼ばれたとか。
なんだか、してやられた気分です。

そうして、兄弟3人で食事へ。
注文するメニューを決める際、
育ち盛りの弟に対してふたりの兄があれこれ言います。
「あれも食え」「これも食え」「もっと食え」
その結果、テーブルには信じられな程の量の料理が。
弟の高校進学の話題と共に、
ひたすら料理を食べ続ける食事会となりました。

弟になぜ兄を呼んだのか聞いてみると、
「なんとなく」の一言。
照れ隠し?本音?
まだまだ多感な時期の弟からは、
3人で出かけたかっただとかの言葉は
一切出てきませんでした。

そういえば、兄も弟の高校進学をメールで知ったらしく、
「報告が遅い」だとか「ちゃんと考えて決めたの?」という、
全く同じ質問を弟にしていたそうです。
弟はさすが兄弟!と言っていましたが、
兄弟の不思議な力などではなく、
単にギリギリまで言わなかった弟に関する文句ですよね。

ついこないだまで中二病を患っていたと思えば、
もう高校進学を控えているとか。
本当に早いものです。

高校へ行っても頑張れ!弟!

宴の季節です

いやー。
桜、開花しましたね。
待ってましたよ。
去年の3月は毎日「花見花見花見したい~」と
うわごとのように言ってましたが
今年もあっという間にそんな季節。
新しい季節の始まり。
なんだかわくわく感が募ります!


いつもこの時期に思い出す
「さよならだけが人生だ」という言葉。
あいかわらず好きな言葉です。
1年前にも同じことをブログに書いてますけど。
http://edimart.blog105.fc2.com/blog-entry-1182.html

長く続いていく縁もあれば
一瞬の縁もあります。
どんな出会いにも別れはつきもの。
人生で出会う人の数は3万人程度とか言われてますし、
来期もやっぱり縁を大切にしていきたいです。


閑話休題。
すっかり暖かくなった今日この頃。
桜があっという間に去ってしまわぬうちに
宴を開催しなくちゃね。
一年にほんの少ししか出会えない桃色のあなた。
どうか少しでも長く名古屋にいてほしいよ。


それでは春におすすめのナンバーを!
吉田山田で「春色バスと初恋ベンチ」♪
散りゆく桜を眺めながら聴きたい春のせつなソングです。
よし!花見しながら流しましょう!
うん、そうしよう!



メンズも熱い! 名古屋発のスターたち

名古屋発の大人気アイドルといえば、SKE48!
数年前から「まっぷる名古屋」に登場してもらっていますが、
年を追うごとに人気がぐんぐん上昇。
昨年は単独で紅白に出場するまでに。
あ~、立派になって…とあたたかく見守る近所のおばちゃんの気分です。

しかし、メンズも負けてはいませんよ。
こちらも数年来「まっぷる名古屋」で取材を続けている、
名古屋おもてなし武将隊。
近年、全国各地に○○武将隊が登場していますが、
名古屋のこちらは先駆けといってもよいでしょう。
しかも、完成度の高さもピカイチです。
今年2月に行なわれた“第弐回 全国武将隊天下一決定戦”では、
第壱回に続いて、一位すなわち天下一に輝きました。
素晴らしい! 名古屋が誇るべき快挙です。

毎年3月には舞台公演も行なわれています。
先日はカメラマンMさんのお招きでこちらを鑑賞してきました。

前半は豊臣秀吉を主役としたお芝居、後半はスペシャルトークショー。
どちらかといえば歴史好きでドラマや映画はわりと見ている私ですが、
お芝居では初めてかも。
生の舞台ならではのライブ感と、
戦国時代を駆け抜けた武将たちの熱いドラマが一体となって、
圧倒される迫力です。

舞台を見守るファンの皆さんも熱い!
千秋楽の舞台を見逃すまいというファンのみなさんで、テレピアホールは満員。
若い女性からおばあちゃんまで集まる、ファン層の厚さにも驚かされます。
こういうみなさんの熱心な応援があって、
武将隊も活躍を続けられているんだろうなぁとしみじみ。

さて、この公演に向かう道すがら、
キャーキャーにぎわう女子の集団を発見。
こちらは、名古屋発のイケメンエンターテインメント集団、
BOYS AND MENのステージに集まるファンでした。
最近では、メンバーの一人が東京で活動したりしているようで、
こちらも人気急上昇中。
与えられたアイドルでなく、自分たちの応援で育てるアイドルといった楽しさもあるのかも。

名古屋発のスターを応援

全国区の人気を得て、名古屋をアピール

多くの人の注目が集まり、もっと元気な名古屋に!

という好循環も生まれそう。

名古屋を元気にしてくれるスターたちに注目して、
みんなで盛り上げていきましょう!



One more time,One more chance

まず、一つ目の質問です。

ブログやSNSを利用している方は、
更新や投稿をするのにどのくらいの時間をかけていますか?
30分?1時間?

自分はFACEBOOKを利用していますが、
つぶやき程度なので長くてもせいぜい10分程度。
以前mixiを利用していた時は日記を書くことができたので、
30分から1時間は時間を使っていました。

このエディマートブログを更新するようになってからは
1時間から2時間くらい。
ネタや画像の点数にもよりますが、そのくらいです。

凝りだすと本当に時間がかかります!
画像を複数アップするときは、すべての幅をそろえたいですし、
強調文字だって使いたい。
mixiのときはよく凝ってアップしていました。
本文を何度も推敲するのはもちろん、
タイトルも悩みに悩みます。30分くらい使うこともあります。

そうやって書き上げたブログはなんて満足度が高いことでしょう!
もちろんプライベートではなく会社のブログですから、
ネタや書き方には十分注意していますが、
会心の作が完成したときの自己満足感ったらもう!!

そこで、2つ目の質問です。

もし、もしですよ?
その会心の作を誤って未保存のまま終了させてしまったらどうしますか?
熱い想いを書き記したパーフェクトなブログが、
パソコン上から失われてしまったらどうしますか?
どこを探しても見つかりません!
向かいのホーム、路地裏の窓、そんなとこにいるはずもないのに!

記憶を辿りながら、同じ内容を書きますか?
もうめんどくさいから、まったく別の内容を書きますか?
とりあえず、わー! って叫びますか?

自分ならブログを書きます。それを。
どうだ!何が?お察しください…

ホワイトデー2014

行事を大事にするエディマート、ですから
バレンタインもホワイトデーも、もちろんまじめにやってます。

ってわけで、ホワイトデーには男性スタッフ3名からそれぞれ
お返し♪をもらいました~。
こっそりさらしちゃいます。

まずKシャチョウから。
ありがとうのメッセージ入りのピネードのクッキー。

1 2014 ち

ピネード、いいですよね。大好きです。
個包装にも気づかいを感じますし、かわいい紅茶付き。
なんとも女性的な気くばりと優しさです。
ラッピングもかわいいテープなどを使った手作り感あふれるキュートなもの。
どう見ても奥さまのレナさんの手によるものでしょうに、
「自分でラッピングもした!!」と一瞬言い張っていたわがシャチョウ…なぜですか?
役割分担がはっきりしていて、いつも素敵な夫婦のコンビネーションだなあと思います。
レナさん、いつもありがとうございます!!

若きホープHくん。
ディーン&デルーカのクッキー♪

2 2014 ち

年上女子たちに囲まれた編集者ライフが板についてきた証でしょうか、
さらりとしゃれてるじゃん。。
はたまた紅茶ティーバッグがちょこんとオマケに!
彼女の手が入ってるのか?とも勘ぐりたくなりますが、
Hくんの場合、自らのアイデアであろう、、と自然に思わせてしまうところが
なんとも末恐ろしいですね。
これは来年以降も楽しみです♪(←プレッシャーかけてみたり^^)

そして胸熱!!だったのがR太の
富士山チョコ!!

3 2014ち

小耳にはさんだけど、女子それぞれで中身が違ったらしいのですよ。
私には富士山をくれるだなんて。。
年末にブログに書いた富士山の思い出(?)を頭に留めてくれてていたのでしょう。
(ご参照 富士山にありがとう )
なんだかじーんとしてしまいました。
隣のとよさんは、くまモンのチョコをもらったぽくて、
わーい!なんて、めずらしく(?)黄色い声をあげていましたよ。
R太・・・恋愛上級者とみた・・!


しつこくいきます、家族編。

父親からはダンボールで、なんとかハラダのラスクがどっさり届きました。
長いことサラリーマンをしていただけあってなのか、
ちょいちょいミーハーなセンスを見せてきます。
父なりに頑張っていているところが感じられて、ほほえましくも思います。
ただ3つの味のラスクを各ひと缶ずつ・・・・
たまの贈り物ってことでたくさんくれる気持ちはうれしいですが、
ほかのお店は目に入らなかったのかしらーー

そんな流れを見せつけて夫にさりげなくお返しを請求したところ
「え、チョコなんてもらったっけ!?」
と真顔で聞かれて、がっくり。。
(いいやつあげたじゃーーん・・)
いちおう怒っておいたら、昨日の出張の朝「東京で買ってくるよ!」なんて言うので
「じゃ、おしゃれなやつ、よろしくね♪」とかわいくオーダーしたつもりだったのですが、
待っていたのはこれでした。

5 2014ち

カステラ・・!かよ~~
けっこう楽しみにしていたので、あからさまにがっかりすると
心外だなあって顔で、
「え、でもオオツンて、カステラっぽいじゃん。」
・・・・なにそれ、、
ぜんっぜん喜ばしくない。

でも1日たって思い直してみたらわりにわるくないかも、カステラぽい人。
華やかじゃないけど、シンプルでまじめ顔で長ーく愛される味。
ほんのときたまだけど大好物って人もいるしね。
ほんとはマカロンぽい人とかになれるとよかったんだけど、まあしょうがないね。
(地味じゃないよ、カステラは舶来のもんだよ?と言い張っていたけど…)

よし。
新しい期がはじまることだし、カステラなりにがんばっていこうと思いまーす!

みなさま、心配りをどうもありがとうございました!
(来年はさらしたりしないので、気楽に選んでくださいね♪)

決断力

2月に行かせていただいた
沖縄への取材旅行。

いつもは業務上、他のスタッフが行くことが多いが、
いろんな取り計らいのもと、
お許し?をもらうことができた。

その企画が先日、無事紙面掲載となり
個人的にはいつもよりハイレベルな内容だったので、
安堵感でいっぱいになっていたけど、
改めて自分の仕事を見つめなおす
よい機会にもなった。

取材ではそのときに応じた柔軟な対応力が必要だし、
写真を撮るには、その一瞬の判断を信じて下さなくちゃいけない。
文章やデザインを起こすには、整理しながら魅力を的確に引き出す力が大事なのかなぁ。

他にもいろいろ重要なことがある気がするけど、
一番大事で大変だったのは、自分で決断をすること。
そこを間違えると、いろいろ残念になってしまう…。

酒を飲むのか、次の日のために控えるか
メインの肉料理を牛にするか、豚にするか 笑

そんな小さな決断も、「あとで○○だったら…」と不安になるので
次はもっと自分に自信をもてるようになりたいね!


DSC_0767.jpg
のろくても 迷わず進め 我が道を

あらためて「no matter what」

3月もあっという間に終わりが見えてきた。
この時期は新しい仕事や終わってしまう仕事、
変化する仕事などが集中し、
体も心も落ち着かない日々が続くが、
春の高揚感に何となく助けられている気がする。
今日はブログに何を書こうかと思って、
Webサイトの左側のナビゲーションバーを見たら、
どうやら今日の自分の記事数が180本目だそうで。

2008年の8月から日替わりで
スタッフが書いてきたこのブログ。
だいたい1週間ごとに担当がまわって来ることになる。
自分の記事を読み返してみると、
仕事のこと、プライベートのこと、
過去の想い出、最近考えていることなど、
色々書いてきた。
“記事は読んでもらってなんぼ”と思っているので、
179本の記事すべてに画像をアップしてきたのも
ささやかなこだわりだ。

スタッフごとに特徴が出ているのも面白いし、
固定のファンを獲得している者もいる様子。
たまにスタッフの記事に
「実はここ、初めて行ったんです!」と書かれると、
“クライアントも読んでいるかもしれないのに〜!”と
思うこともしばしばだが、まぁそこはご愛嬌。
エディマートという会社を知ってもらうなら、
このブログを読んでもらうのが手っ取り早い。

「no matter what」とは
“たとえ何があろうと”という意味。
好きな曲名からいただいたブログタイトルだが、
スタッフ全員で毎日のように更新し続けてきた
ある意味「会社の宝」を、
これからも大切にしていきたい。

※すいません、180記事目が普通の内容で。
 次回の担当時は、衝撃(?)の告白を予定。


1_20140317224730e9f.jpg
[↑]ブログタイトルはJellyfishの曲名から。
   こちらがそのアルバム『Spilt Milk』



北海道、プチトリップ

北海道に行ってきました!

・・・と言いたいところですが、
実際には、北海道物産展に行ってきました。

先月、栄の某デパートで行われていたそうで、友人が
よかったよ!とメールで事後報告をしてきたので、
「行きたかったなぁ」と思っていたところ、今度は名駅
のデパートで開催される情報をキャッチし、今度こそ!
と気合を入れて行ってきました。
(最近は、どこかのデパートで開催されると時期をずらし
て続々と違うデパートでも開催される傾向のようなので
それを狙っていました。狙い通りでした!)

友人は、前日に仕事帰りに名古屋で途中下車をして
リサーチをする力の入れよう。(負けた!)

実は、物産展でイートインに憧れながら、指をくわえて
見ているだけだった私。今回は、初のイートインにも
挑戦(おおげさ?)しました。
海鮮丼や、ラーメンなど魅力あふれる食べ物ばかりで
悩みましたが、スープカレーに決定!
日曜のお昼11時半には、すでに行列が!
決して広くないスペースにカウンターが設けられていて
食べている人を眺めながら、何を食べようか悩むわけ
ですが、ここは、物産展。
メニューはシーフード(一日限定100食)とチキンのみの
2者択一でした。(優柔不断の私にはうれしい設定です)
「限定品」に弱い私は、悩んだ結果、シーフードにしました。

よく考えたら、スープカレーも初だったので、比較ができない
のですが、おいしかったです。表現が乏しくてすいません。。。

猫舌というハンディと(並んで待っている人たちの)背後から
押し寄せる無言の圧力、私以上に空腹の本気モードで挑んだ友人
が、並んでいる間に食べようとおごってくれた、たい焼きが応え、
ごはんも少な目にしたのにスープを飲み干せなかった私。。。
隣の一人で来ていた女性は、私より遅くから食べ始めたのに、先に
スープを飲み干して席を立っていました。男前!

スープを残したくせに、すぐにフレッシュジュースを買い飲みし、
出してくれる試食は断らず、約3時間の「北海道旅行」は終了。
何を食べてもおいしいので、本当に困りましたが、お使い物に使う
チョコのお菓子とスモークサーモン(でも産地はノルウェー)、
家族からのリクエストのバターサンドと、抑え気味にしました。

私の買い物はショボショボでしたが、増税前、日曜の昼下がりという
時間も相まって、買っている人は、すごく買い込んでるように見え
ました。
今週末も、もれなく開催されていますよ~。魅惑の「北海道旅行」、
いかがですか?(決して広告ではありません)

こんどの休みはどこ行く?何する?


先週末、いちご狩りへ行ってきました。
南知多にある『いちごの丘』へ。
暖かく温度調整されたビニールハウス内にずっといると、
少しだけ春になった気分になりますよね。

毎年決まった時期にある季節のおでかけ。
味覚狩りはもちろん、
遊覧船やお花見、潮干狩り、ロープウェイ、夏祭り…etc
これから段々と暖かくなってくると、
どこかへ出かける機会が増えてきますよね。
絶対に楽しめる定番レジャースポットへの
お出かけだって欠かせません。

先日、弊社が制作を担当した
『家族でおでかけ東海北陸14-15』が発売されました。
“ガイドブックの決定版”と銘打つ通り、
東海・北陸エリアのおでかけスポットが網羅されています。

最新版では読者モデルにご協力頂き、
定番といわれるレジャースポットを取材しました。
写真からも伝わるモデルの楽しそうな表情。
ページを眺めているだけで、ワクワクしてきますよ。

仕事で忙しい毎日を送っていると、
遠出する機会も減ってっきますよね。
味覚狩りなど、季節のイベントの場合はなおさらです。
「気が付いたら季節を過ぎていた」なんてことも少なくありません。

ガイドブックの制作をしていると、
いろんな場面で“お出かけ欲”が湧いてきます。
定番スポットの新ニュースを受け取ったとき、
今まで聞いたことのない施設を発見したとき、
広報さんの対応が良かったときにも、
そこの施設へ行ってみたいなと思います。

『家族でおでかけ』では、
楽しいレジャーが盛りだくさん紹介されています。
もちろん、季節のお出かけ情報も満載。

春が訪れるその前に、
『家族でおでかけ』手に取って
楽しいおでかけプランを立てて下さいね!

0100010000082.jpg

牧場にあこがれる

兄2人をもつ私は子供のころ、
マンガとゲームにまみれていました。

昔やっていたゲームで好きだったのが
『牧場物語』。
牛やニワトリを育てて牛乳や卵を出荷したり
野菜を育てて出荷したり
そうやって牧場を大きくしていくというもの。
家畜には名前をつけて育てていました。
なぜか昔から牧場へのあこがれがあります。
馬で通学したいと思っていたし、
しぼりたて牛乳やチーズ、生みたて卵など
もう考えただけでよだれが出そうです。


いまスマホアプリでハマっているのが
『ようとん場』。
これは豚を育てて出荷するというもの。
つまり食肉を育てるのです。
馬や牛など動物モチーフのアイテムが好きな私ですが
ブタはとりわけかわいいと思っています。
誰にも理解されたことがないですけど。
このようとん場というゲームは
ほんとにブタがかわいいです!
ほら!!

__+2_convert_20140313104925.jpg

しかしこのゲーム、
育てたのちに出荷という運命。。。
はっきり言って切ないです。

__+1_convert_20140313104847.jpg
こんな風に出荷されていきます。
ドナドナです。
毎回ブタが去り際に一言残すのですが
それはもう切ないです!
「今度はいつ会える?」とか。


そしてもうひとつ気になっているのが
少年サンデーで連載されている
『銀の匙』というマンガ。
すごく面白いです。
いまアニメ化も映画化もされているので
とっくに周知のことですが。
北海道の農業高校が舞台。
まだ全然読めていないのではっきり説明できませんが
普段何も感じていなかったことに気づかれます。
命を食べるということなど。
当たり前だけど牧場経営はゲームのようにはいかない。
大きな喜び、感動とともに苦しみもあるはず。
でもやっぱりあこがれるなー。酪農家。


すごく響いた言葉があったのでご紹介。

「夢を持つという事は、
同時に現実と闘う事になるのを
覚悟する事だと思うよ」



『銀の匙』すでに11巻まで出ています。
面白い本は手元に置いておきたいものの
部屋のものを日々減らすようにしているので
全巻買ってしまうか迷います。
うーん。。。とにかく早く読みたい!

金沢、晴れたり雪降ったり

週末、金沢へ行ってきました。
実は初めて。
少し前から、ちょっとかわいいもの、
間違いなくうまいものがある街としてマークしてました。
金沢通のライターHさんや、友人たちからも情報を集め、
まっぷる金沢をフル活用して行ってきました。
(やっぱり“まっぷる”のMAPはわかりやすかった。一番使えます!)

うきうきの金沢旅のはずなのに、
頑張りすぎで旅立ち前に疲れがピークに。
旅支度さえちょっと億劫になってしまいました。
いやいや、楽しい旅だよ~と奮い立たせて出発するも、
体調も本格的におかしくなってきました。
おなかはゆるいわ、特急しらさぎに揺られるうちに吐き気はしてくるわで、
ノロでは?という不安さえよぎります。
着いた途端に旅が終わるパターンかしら…と思ううちに到着。
前々から予約しておいた、ちょっといいお寿司屋さんに向かう間にも、
食べられるかなぁと気は晴れず。

と言いつつ、金沢での一食目は、それはそれは美味でした!
食べられないって誰?というくらい見事に間食。
その後は調子に乗って、お茶を飲むわ、買い物はするわ、
夕食には海鮮盛りだくさんで、そんなに飲めもしない日本酒も進むわで、
超ゴキゲン♪
ところが、帰り道に急速に具合が悪化。
せっかくだからと立ち寄ったホテルのカフェではほとんど席におらず、
洗面所にこもることに…。
調子に乗り過ぎはいけませんね。

しかし、金沢グルメ(特に海の幸)のおいしさは、
それくらい人をそそのかすのです!

ふらふらとホテルに帰りながらも、翌日はまた懲りもせず復活!
回転寿司で食べ過ぎ、和菓子を買いすぎ、
やりすぎ感MAXで旅を終えたのでした。

疲労は間違いなくあるのですが、心の満足度は100%。
こちらもいい旅のお手伝いをせねば!と思い、今週も張り切ってます。

20140311_01.jpg
よく変わる金沢の天気。晴れたと思ったら急に雪が降ったり

20140311_02.jpg
金沢っぽい!愛らしくて雅なデザイン

自己満足

Jリーグが開幕しました。
これから12月まで、毎週末サッカーが見られると思うと
楽しみでなりません。
自分が応援している名古屋グランパスは、
2試合を終えて1勝1敗。

ことしは若手選手に期待です。
多くのベテラン選手が契約切れによりクラブを去り、
若手にチャンスが巡ってきました。
さらにその若手選手を大胆に開幕スタメンで起用した、
西野新監督にも期待です。
日本代表の遠藤が所属するガンバ大阪で
約10年指揮をとった名監督です。

Jリーグ全体としての注目は、
やはりセレッソ大阪に移籍したフォルラン!
元ウルグアイの代表選手で、
2010年の南アフリカW杯のMVPです。
つまり世界一のサッカー大会で、
一番活躍した人が、今、日本にいるのです!
ニュースで知ったときは、名前が一緒の別人かと思いました。
そんな世界的に有名な選手のプレイを
日本で見ることができるなんて!
5月に行われるグランパス対セレッソ@豊田はぜひ見に行きたい!

世界に羽ばたいた本田と香川。
いまはなかなか活躍できていないですが頑張ってほしいです。
約15年前に中田英寿がイタリアに移籍したのをきっかけに、
我が家ではWOWOWを契約して、
海外サッカーを見ていました。
その頃に知った世界的な強豪クラブ、
ACミランとマンチェスター・ユナイテッド。
いま、その2チームに日本人が所属しているなんて!!

そして、これはちょっと自慢。

__ - コピー (300x281)
ACミランのユニフォームと
マンチェスター・ユナイテッドのピンバッジ。

約10年前に、デザインが気に入ったという理由で
サッカーショップで購入した2つのアイテム。
まさかまさか。
これは嬉しい。
なんにもしてないけれど、なんだか誇らしい。
今後の2人、楽しみでなりません。

小さな音楽会で、もらったもの。

音楽は大好きで、なくてはならないものだけど、
本当に疲れ切っているときは聴けないこともあって
でもそんなときでも唯一かけてみるのが、湯川潮音。
やさしいけど芯が強くてときにぞくっとするような彼女の世界、
それを詩情豊かに表現するうつくしい声には癒され続けてきた。

いつかはライブを観にいきたいと思っていたから、
白壁の「陶磁器会館」(!)でライブがあると知って、すぐチケットをとった。
もともと夫が昔々ファンだったと知ってて2枚取ったのだけど、
「その日はオウム事件で冤罪になった河野さんの講演会があるからねえ」(!)と断られ、
Nさんに声をかけてみた。予想通り、好きだという。
「湯川潮音ちゃん。かわいいけどかわいいだけじゃないのがやっぱりかわいいですよね^^」
なんだかかなわないなー。
こんな素敵に表現してくれるNさんと行けるなんて♪

昭和7年につくられたクラシカルでどこか荘厳な教会みたいな雰囲気もある会場は
小さいけどとても素敵で、シンプルなドレスを着た湯川嬢にとても似合っていた。
ギターを手に歌う彼女、ピアノとチェロの演奏者は男性で知的な佇まいがなんとも素敵。

恋焦がれたその声の本物はCDよりもさすがに心に迫り、引き込まれっぱなしだった。
人の声のうつくしさに涙が止まらなくなるってことがあるもんなんだなあ、と知ったし、
「光の中の家」という曲を彼女が歌い上げたとき、
それは大工さんと一緒に、古びた家を住めるように作り直した自身の経験を歌ったもので、
ああこの人は本当に「感じる」ってことを何よりも大切にしてきたんだなあ、と分かった。
アーティストの一番の仕事って、感じることなんだな。
だからそれって生命線なんだろうけど
例えばメジャーになったりすると難しくなることもあるんだろな、とも思う。
でも湯川嬢は、感じること、最優先して時に闘いながら守ってきたに違いないのだ。
そういう説得力と迫力さえ、小さな体がまとってた。

かつて陶磁器輸出の主導権を握っていた事務所だったという古い建物が、
奏でられる音楽で息をふきかえしたような感じがあって、
たぶん外で彼女が歌ったら、木も鳥も花もきっとすごく喜んだって思う。
・・・ふしぎちゃんみたいなこと言っちゃったけど、
人だって本当はそういう自然の一部なんだよなあ、ということが腑に落ちたのだ。

小さな音楽会が終わって、撞木館のカフェでお茶をしようと移動。
Nさんはすぐに感想を言うタイプではなく、じっくり感じてから本当に思ったことだけを話す。
私は彼女のそういうところをすごく好きで、あえてつられることにして、
いつもみたくぺらぺらとはしゃべらないようにする。

カフェでNさんは言う。
「自分は自由じゃなくなっていたかも、って思いました。
人ってあんなふうに高らかに歌うんだー!って。」
これまた素敵な言い方。。
私もライブ中に思ったことを丁寧めにしゃべり、
「Nさんも、感じることをすごく大切にしているように見える」と伝えると
「はい。でも・・・それって、すごく疲れるじゃないですか。
だからそうしないでもいろんなことをサバサバとできる人がうらやましいです。」と
言うのでびっくりしてしまった。

そうか、Nさんでも疲れるんだ・・・。
たしかに感じること、自分の気持ちを大事にしようとするのって大変で、
私も本当はできるだけそうありたいけど、
とくに仕事でやろうとするとへとへとになるときがあって、どうしたものか、と思ったりする。
Nさんは生まれたときからごく自然にそうありつづけているふうに見えていたけど
浅はかだったな、と少し反省するとともにほっとする気持ちもあった。
同じなんだな、と分かったからだ。

自分のままでいつづけることって誰にとっても難しいことなのねー。
ときにしんどくてぐったりしちゃうし、闘わなきゃいけないこともでてくるかもしれない。
それでも人が自分らしくありたいと願うのはやっぱり、
そうあることで、強くいられるからなんじゃないかな。

ちなみに河野さんの講演会も相当すばらしかったらしい。
冤罪であんな目にあったのに明るく誰も恨まないと決めていて、
ひとつの話に必ず、一(いち)びっくり、一笑い、一感動、はあったって、
すごい、こなれてるんだよー、と
夫が説明しながら泣き出したので、驚いた。

今思えば、私が湯川嬢のステージでこぼしたのと同じ種類の涙かもしれん。
ほんとの強さって泣けちゃうもんなんだ、たぶん。

陶磁器

さよならと、はじめましての2014年


ここ数年、親しくしている友人たちが、
いろいろな変化を迎えている。

ひとりは昨年、旦那の都合で渡米して、
まもなく挙式をする予定。
渡米した途端身ごもったので、
テレビ電話越しに叫びまくった。

別の友人も旦那の都合でインド滞在が決定。
昨年、ノリでプレゼントした
シンガポール土産のビンディー(インドの女性が額につけてるシール)が
日の目を浴びることになるとは思わなかった。
(ヒンドゥー教徒じゃないから要らんが…)

もうひとりはまもなく出産予定。
4月生まれでスポーツ万能の子供にするはずなのに、
少しの計算ミスで3月末出産の危機に…。
「我慢する!」と豪語しているけど、うまくいくかな。

1年前では考えられない変わり様!
誰かが結婚するたびに、「今回で4人で遊ぶのは最後だね」と
〝終わらない閉店セール〟みたいなことを
繰り返したけど、今年でいったん区切りかも。

今後のいろんな変化も楽しみです。
少し名残惜しいけど。

夜はおセンチになっちゃうな〜。

俺の編集

年明けから今日まで、本当に早かった。
通常の我が社は、
スタッフそれぞれがリーダーとなってプロジェクトを動かし、
私自身は各プロジェクトの品質管理と
イレギュラーの仕事に対応することが多いのだが、
ここ最近は自分自身で編集する仕事が多かった。
もちろん、私も編集者の端くれなので
本当は自分で何でもやりたいのだが、
こういう時は、
肝心なスタッフのケアがおろそかになりがちなので
いつも以上に神経をすり減らした気がする。

いずれの仕事も難易度が高く、
これまでの編集経験の引き出しを
あれやこれや開けながら、
そしてこれまでにつながった
ブレーンの皆さんの助けを得て、
何とか形になってきた。
「俺の編集」と胸を張っていえるものが
仕上がってくるのはやっぱりうれしい。

もっとも、各スタッフが成長し、
責任をもって自分のプロジェクトを動かしているので
よくよく考えてみると、
逆に私がスタッフに支えてもらいながら
自分の仕事が出来たというのが正解かもしれない。

成長という点では、
プライベートで悔しいことがあった。
それは先週末、息子に将棋で負けたこと。
もともと将棋は得意ではないが、
酔っぱらっていたこともあって、
飛車も角も取られての惨敗。
息子からの「本気出してよ」のひと言が余計にツライ。
あまり油断していると、
スタッフにも「鬼頭さん本気出してくださいよ」と、
編集力で抜かれかねないので、
たまには自分でも作らないとね…。

さて、日増しに暖かくなる今日この頃。
どうやらこの忙しさは
うれしいことにしばらく続きそうなので、
気合いを入れて突っ走りたい!


スクリー
[↑]我が家の将棋は、駒の動かし方が書いてある「スタディ将棋」。
   2年前はルールも知らなかった息子なのに!

目的地はこちらです

近年、SAPAが人気ですね。テレビや、「まっぷるドライブ」など
でも特集があるくらいですから、今さらですね。

車を所有しない私にはあまり関係ないな、と思っていましたが、
先日、ハイウェイオアシスの魚売り場に行くためだけに、(家の
車を買い替える為、走り納めを兼ね、ガソリンを使い切る目的も。)
色々と地元などで用事を済ませた後にハイウェイオアシス刈谷まで
車を走らせました。
旅の途中に立ち寄る事は今までに何度もありましたが、
目的地=ハイウェイオアシスというのは初。

結果・・・、楽しいですね。
フードコートなども充実し、皆様ご存知の観覧車も盛況な様子でしたが、
私の目的地は、さかな広場的な物産販売所。

日曜の午後ということもあり、大盛況でした。
両親が度々訪れては魚を購入してきていて、「そんなに良いの?」
と疑っていましたが、良いです。
鮮度も良いし、(小さい頃、父が魚釣りをしていたので、魚の目利き
が人様よりできると思いこんでいます)
価格も安いかも?(スーパーでの価格が分からず、きちんと比較が
できませんが・・・)

もともと、デパ地下・食料品売場はもちろん、スーパーマーケットも
旅先でも必ずといって良いほど、チェックしてしまうタイプなので、
ここほど楽しい場所ってないかも!?

しかし、諸般の事情により、滞在時間わずか30分で帰路に。
地元の特産品なども置いてあって、もっとくまなく見たかったのですが、
じっくり見られなかったので、次回はじっくり楽しんでみたいと思います。
(それって、また目的地=ハイウェイオアシスってことなのかしら?)

道の駅制覇っていうのも、良いかも!?
(日曜夜のエリア情報番組で、以前そんな企画やってたかも?)

宝探し


これをやっていると落ち着く。

誰かのためになるだとか、何かの役に立つだとかではなく、
自分だけが楽しみにしているとっておきの時間。
そんなものが、誰にでもありますよね。

音楽が好きで、
普段からよく聴いています。
ジャンルはあまり問いません。

CD、iPod、PC、レコード、
いろんなハードをシーンで使い分けながら。
すべて、それぞれの良さがありますよね。

最近はもっぱらレコードに傾倒中。
レコードで音楽を聴くというよりかは、
店で商品を探す方に楽しみを見出します。
ほとんど一人で、黙々と陳列棚を行ったり来たり。
一枚のレコードと出会うために費やす時間が、
自分だけの落ち着くひとときです。

買いに行くのは、
家から近い大須、金山、栄近辺。
週のローテーションで店を替えながら、
1時間でも暇があれば自転車を走らせます。

ただ闇雲に買っている訳ではありません。
購入には、自分の中でルールを決めています。

①【購入していいのは1度に3枚まで】
これは家のスペースの問題。
レコードの置く場所が限られるなか、
あれもこれも買っていてはすぐに溢れてしまいます。
きちんと厳選して、本当に必要なレコードだけを
持ち帰るようにしなければなりません。

②【3000円以上のレコードを買うときは、よく考えること】
家電や家具などでもありますよね。
“この値段以上だとハズレは少ない”みたいなの。
でも、あくまで“少ない”です。
この値段でハズレを引いた時のショックたるや…
だからこそ、よく考えて買わなければいけません。

③【同じジャンルのレコードは一緒に買わない】
このルールはCDを買うときも同様に決めています。
せっかくいろんな音楽を選択できるのに、
ひとつのジャンルに偏るのはもったいないですよね。
できれば幅広く買っていきたいものです。

音楽を聴いているときよりも、
あれこれ考えながらレコードを探しているときの方が
心から楽しめている気さえしてきます。
宝探しのようなワクワク感ですよね。

閉店時間ぎりぎりまで粘って、
求めていた一枚に出会う感動はたまりません。

更にこだわりをみせるなら、次は音響設備ですかね。
まだまだ楽しみは尽きそうにありません。


プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード