それでも、やっぱり冬が好き!

「寒いですね~」があいさつになっている今日この頃。
まさに冬本番、という感じ。
この冬もすっかり寒さにやられている。
ひざ掛けやら、靴下の重ねばきやらで武装しているにも関わらず、
先日ついに“しもやけ”を発症。
部分的に腫れたり、変色している足の指を見ては、「これでは色気も何もないな」と思う。
…特に色気を出そうという願望もないのだが。

それはさておき、
手が冷たくてなかなか温まらなかったり、
暖房をつけずにいられなかったり、
あったかグッズを新規であれこれ購入したりと寒さの弊害は少なくない。
名古屋なんてそんな程度で済んでいるが、
雪の多い土地では雪降ろしで亡くなる人も少なくないらしく、
例年以上に厳しい気候というのは困りもののようだ。

しかし、
こんな厳寒期にあえて非常に寒い場所へ行こうという、“冒険野郎”たちがいる!
何を隠そう、それはわがエディマート一行。
2月後半に催される社員旅行の行く先として、今年は高山~奥飛騨を選択。
しかも、奥飛騨の最奥地、新穂高ロープウェイまで行こうという計画。
マイナス何℃の世界だね、きっと。積雪は何mだろう…。
想像を絶する(?)寒さに備え、幹事のOHTSUさんは、
「どれくらい寒いんでしょうね?」なんて、宿の方にリサーチしてくれていた。
普段着ているウールのコートで、中にちょっと厚着して行こう、なんて甘く見ていた私も、
慌ててウルトラライトダウンを入手。
これがことのほか気に入って、早く着たいな♪とワクワクする毎日だ。

ひゃー、寒いー!と逃げ惑う状態になるかもしれないけれど、
ひんやりとして澄んだ空気はサイコー!のはず。
最近は名古屋でも結構見える星が、奥飛騨ではどれくらい見えるのかも楽しみ。
と言いながら、寒いから外に出ない…なんて言っていたりして。

あまりの寒さにあれこれボヤきながらも、やっぱり冬が好き。
残り1ヶ月くらいかな、冬の辛さも楽しさも思いっきり味わっておこう。




スポンサーサイト

R .I .P.

「スナイデル」といえば、何を思い浮かべますか??
アパレルブランドですか?
自分は、オランダのサッカー選手がすぐに浮かびました。

家族向けガイドブックのショッピング特集の中で、
「スナイデル」という単語が出できて驚きました。
試しにgoogleで検索してみると、その検索予測の表示にも驚きでした…。

「スナイデル 名古屋」 え!? 名古屋に来たの?
「スナイデル 店舗」  え!? 一人の選手の専門店?
「スナイデル 福袋」  え!? どういうこと??

と。笑
そういうブランドがあるんですよね?勉強になります。

サッカー選手のほうの「スナイデル」は、
イタリアリーグで活躍していて、
長友と同じ「インテル」というチームに所属しています。

イタリアサッカーと言えば、
いまは本田圭佑の移籍報道が話題ですね。
交渉が合意したり破断したりと、紆余曲折していますが、
ぜひ移籍してほしいと思います!
移籍先の「ラツィオ」は決してビッグクラブではないですが、
現在のロシアリーグにいるよりイタリアで活躍したほうが
本人が希望するスペインリーグに移籍する道も近いはず!
元グランパスの選手なので応援せずにはいられません。

22日に横浜で開催されたのは、
元マリノスの松田直樹選手の追悼試合。
ともに日本代表として戦った中田英寿や横浜マリノスの同僚の中村俊輔など、
現役・OB選手が86人集結して、4万人を超える観客の前で試合を行ったそうです。
さらに、当時の代表監督のトルシエ氏も駆けつけたそうですから、
彼の厚い人望がうかがえます。

ちょっと強引かもしれないですが、
4月から日本サッカー協会が公益財団法人に移行することにも納得できます。

割愛して言うと、公益性があって社会に貢献していく活動をするのが公益財団法人。
それに移行する日本サッカー協会が主催するJリーグ。
そこに加盟している横浜マリノスで活躍した松田選手は、
数え切れないほどのサッカーファンの心に、
熱い想いという利益を、確かに届けている。

と、そう思うので納得です。
まさに貢献。松田直樹、偉大です。

思いやり、受け取りました。

昨年末、伏見エリアに有る「re:Li」というカフェを訪ねた。
この店は、スタイリストのお兄さんがやっていて、
さいきんのカフェの中では、群を抜いてオシャレでごはんもおいしいと評判。
「私にはオシャレすぎるかもな・・・」とか、
「スタイリストがやってるカフェなんて、ちょっと気取った店なんじゃ・・・」とか、(←偏見!)
思いつつ、ドキドキしながら初めて訪れたのだが、
年末だったこともあり、その日は休み。

でも店内をのぞくと、灯りがついている。
内輪だけで集っているようだった。

ちょっとのぞいてみたところ、
見るからにスタイリッシュで、センスのよさげな店主さんが出てきて、
お休みだということを、申し訳なさそうに説明してくれた。
仕方ないので帰ろうとすると、
「あ、ちょっと待ってください!」と、
ドリンク券を2枚くれた。
ライブハウスでくれるような、気の利いたデザインの小さなチケット。
「せっかく来ていただいたのに、ほんとうに申し訳ないです。」
と心底すまなそうで、
その感じがとっても自然で、小さな心遣いが、すごくうれしかった。
そして、へんな先入観は、すっかり取っ払われた。

ああ、サービスのセンスもいいんだな、この店。
お店への期待がうんと高まったのは言うまでもない。

先日、めでたく初入店したのだが、
いごこちは抜群だし、ごはんもめっちゃおいしかった!
もちろんドリンク券は、ありがたく使わせていただいた。

いいお店だ~♪


リッチだったりオシャレな店じゃなくたって、
いいサービスに出会えることはある。

たとえば昨日、深夜にモスに立ち寄ったときのこと。
書きものをしたいのに、ペンを持っていないことに気が付いた。
レジで、お兄さんに、
「もし、鉛筆かシャープペンがあったら、貸していただけますか?」
とダメモト(←ボールペンしかないかもな・・・と思って)でお願いしてみる。
すると、
「ありますよ。カフェオレといっしょに持って行きますね。」
と言ってくれた。

数分後、トレーの上にカップとともに載っていたのは、
使い古されたふうのシャープペン。
そして、いっしょに大きな消しゴムも!

あーー、うれしいなあ。
ずうずうしいお願いにもかかわらず、ちゃんと思いやってくれたのね。
使うときのことを、想像してくれたんだ。
ちょっと、じーん。

どちらのお店にも共通しているのは、
ちゃんと、「人」として、「人」に向き合う気持ちがあるってこと。

(ちょっとおおげさだけど、)
世の中、捨てたもんじゃない。

さいきん仕事を通しても、
そしてフェイスブックも始めたりして、
人とのつながりが増えつつあるけれど、
自分の向こうに、ちゃんと生身の「人」がいることを、
わたしもどんなときも、忘れたくないな。

正しい想像力と気づかいの心をもっていたいな。

小さく決意の夜でした。


予知夢にあたふた

一部のネットユーザーで騒がれていた、
1/25の東海大地震説。
社内でもお昼の話題で持ち切りでした。
結局は何も起きずに済んで良かったけど
いつあってもおかしくないから、
まだまだ油断は禁物ですね。

実家は地震対策が万全なほうで、
大きめの家具には上下に転倒防止措置がとられている。
昨年の震災以降はガラスに飛散防止フィルムが貼られ、
食器棚にも飛び出し防止の金具が追加。
(それなのに、液状化で家ごと傾くというウワサも…。)

そんな状態で育ったからか、
私にも防災意識が根付いているみたいで、
ベッドの周囲には
スニーカーとヘルメットと上着を常備。
カバンの中にはちょっとした食べ物と笛、
携帯の電池パックを持ち歩いている。
学生のころは、替えのパンツとビニール袋も持ってたっけ。。
そして新しい場所に行くときは
脳内で避難シミュレーションもかならず。


こんかいは結局、ネットの戯言に惑わされてしまったけど
早くも忘れかけてた防災意識を
思い出すいいきっかけにはなった気がする。
でも、毎日おびえながら過ごすのもおかしいから、
どんなときも冷静に判断できるように、
心を鍛えたほうが良いのかも?

鉄子の部屋

先週末、天白区平針のほうの病院へ、
家族で出かける機会があった。
朝から行って終わったのが昼ぐらい。
たいていそんな日は、
近隣のショッピングセンターに寄って
帰るのが我が家の常なのだが、
“せっかくだから”と、
日進市にある「レトロでんしゃ館」を
経由することにした。

ちなみにレトロでんしゃ館とは、
名古屋市交通局の日進工場に併設された
市電と地下鉄の保存館のこと。
かつて名古屋市民の足として利用された
車両を展示するほか、
運転シュミレータや、車掌気分が味わえる
衣裳コーナーなどもある。

私も妻も、鉄っちゃん&鉄子ではないため、
息子も乗り物系に興味が薄い。
最初は立ち寄り程度で構えていたのだが、
いざ入館してみると、
懐かしい地下鉄100型(黄色い地下鉄)や
クラシカルな市電がドーンと目に飛び込んできて、
異様に興奮してくる。

そういえば地下鉄で学校に通っていた夏、
黄色電車が来ると
“うわ、冷房効いてないハズレが来た”
と思っていたっけ。なんか懐かしいなぁ。
気軽に運転席に立つことができて
レバーを触れるところもいいね!
記念撮影の車掌帽が、頭に入らなかったのは
ちょっとショックだったけど。

名古屋といえば
リニア鉄道館が大人気で混雑中。
でもでも、規模は小さいが
レトロでんしゃ館もも十分に楽しめると再発見。
しかも無料だしね。
そしてもう一つの発見といえば、
ぐいぐい手を引っ張って館内をエンジョイしていた、
2歳の娘が、鉄子の可能性を秘めていることかなぁ。

DSC04173.jpg
[↑]乗り放題、運転し放題!(動きません)

DSC04164.jpg
[↑]「ひかれる~!」遊び。ドライな息子もノッてきた

DSC04179.jpg
[↑]自分も制作に携わった本があった!なんかうれしい

忘れていようが、存在します

最近は、スーパー銭湯などにも、あったりする、岩盤浴。
久々過ぎるくらい久々に行ってきました。

「レジネオラ菌がでた」という噂を鵜呑みにしたり、他の事が
忙しかったり、面倒だったり…と、すっかり忘却してしまって
いたワケですが、新聞と一緒に配布されてくる、地域情報誌に、
2日間限定 入浴料850円→300円!(半額以下!破格ですよね)
という広告を見つけ、いそいそと予約をしたのでした。

地元(と言っても、車で15分くらい。)にある岩盤浴の施設。
できて間もない7年くらい前には、回数券を買って通うくらい
好きだったのに。友達とも誘い合って出かけたのに。
月日の過ぎる早さは酷なもので、なんと5年以上ぶりだという
事が発覚したのです!
(今回は使っていないけれど、使えるか確認しようと思って、
通っていた頃に買った回数券を見せたら、「まだこの回数券を
持ってる方いらっしゃたんですね~」と受付の方に驚かれ…。
なんでも、初期の2年間くらいに発行した回数券だったそうで。。。)

移り変わりの早い美容・健康業界。その中で、私1人が忘れていようが
継続してくれているお店に感謝です。

大昔の回数券でも、無効ではなく、使用期限を入れる事で使えるように
してもらったので、継続して通わなければ!
普段、汗をかかないので、汗をたっぷり出して、デトックスもできたし、
翌日は、お肌の調子も良かった(気がします。)し、今年のテーマである
健康維持にも良いと思いますし♪

3月末までに、5回。果たして高いハードルなのか?ヨガ教室もあるので、
相乗効果を狙って頑張ろうかな。
優しい店員さんに甘えて、回数券の有効期限を延ばしてもらうことのない
ように。。。

立ち位置

映画の舞台挨拶って、なんとなく遠い存在でした。
が、今年に入って2週連続で見ることに!
ひとつはプライベートで、もうひとつは仕事で。
それも私にとっての2大俳優が来るというからすごい。
どちらもTOYOさんが出してくれたパスのおかげです。
ありがとうございますッ!!

で、はじめて見た舞台挨拶で
俳優さんよりもインタビュアーに注目している自分がいました。
TOYOさんも今朝のカルチャー費の発表で言ってましたが
相手が話しやすいような質問のふり方、
相手から聞きたいことを引き出す技術を身につけなければと
改めて考えるきっかけになりました。
でも好きなら純粋に俳優さんだけを見るべきだったかも。。。


二度目の舞台挨拶は仕事で参加させていただいたので
その時はもちろんインタビューの内容も聞きとりつつ、
今度はお客さんの反応を確認している自分が!
こちらも尊敬する俳優さんがいたにも関わらず、
どうしてそんなところに目がいってしまったのか…。
でも気付きました。
私はスタッフ側に立っていたので、帰っていくお客さんたちが
こちらに対して「ありがとうございました」と笑顔で帰っていくのです。
実際のところ、私は取材に行っただけで
試写会や舞台挨拶のイベントに携わったわけでもないのに
なんだかうれしくなったんです。
学生時代は、学祭の実行委員やイベントの企画、テレビのADバイトなど
常に裏方に徹していたので、当時の感覚がふとよみがえったというか…
「やっぱり私はお客さんじゃなくて、裏方がいい」と気付いたのでした。
お客さんとして見ているよりも、喜んでいるお客さんを見たい。
お客さんとして情報を聞きたいんじゃなくて、お客さんに発信するための情報が知りたい。
そんな感じでしょうか。
人が喜ぶものを作りたい。人が欲している情報を発信したい。
まぁ、そんな感じです!



深夜のガールズトーク

昨日の深夜、当たる占い師情報を募集中のSUZAKIさんと占い話になった。
いろんな占いあるよね…と言いつつ、一番みてもらいたい占いは「手相!」で一致。
「左と右がそれぞれ現在と過去を表わしているらしいよ」とか、
「一番上のが頭脳線かな?」「こっちは感情線…短くない!?」など、しばし盛りあがる。
自分たちでわかるのはせいぜいそんなところ、
ちゃんとした占い師にみてもらって、
「あー、あなた、今年の夏ごろに大きな転機があるねぇ」
なんて、もっともらしいことを言われてみたい。

そして、女子としては一応気にしておきたいのが、いわゆる“結婚線”。
小指の下あたりに掌の外側から入っている線。
お互いの手を見ながら、「あるある」「あれ、2本ない!?」と盛りあがる。
2本の線を持つ私は、2回結婚するのかな…今からだと急がないと無理だねえ…、
などとバカなことを思っていたのだが、
SUZAKIさんによると、結婚しそうなタイミングを表しているらしい。
つまり、2本ある私は2回チャンスがある、ってことらしい。
線がある位置から、その時期がいつ頃かわかるらしく、
“この線はいつなのか!?”と、再びガールズテンションが沸騰↑
やっぱりみてもらいたいね! と、まとまったのだった。

最後には互いが「自分の手相をかなり気に入っている」と堂々と主張し合い、
(隠れた?)ナルシストぶりを発揮。
ということで、当たる手相占い情報も募集中です!


「ひだっち先生お願いします!」 「どれどれ……」 
P1000590.jpg

映画館ではお静かに

ひさしぶりに映画館に行ってきました。

映画館といっても映画を見に行ったわけではなく、
ロックバンドRADWIMPSのライブDVDの上映会のためです。
内容は2011年のツアーをおさめたもので、
自分も5月に参戦しました。 → http://bit.ly/zj2zDp

なんでも、DVD制作スタッフが内輪で完成試写をしたときに、
「すごくいい!大きい画面で見たらもっといいだろうな。
 例えば映画館とか…」
と、誰かがつぶやき、スタッフが動き、すぐに実現したんだとか。

DSC_0240.jpg

たしかに映画館の大きなスクリーンで見るライブは迫力があり、
圧倒されるというよりは、そのステージに吸い込まれるようでした。

DSC_0219.jpgDSC_0222.jpg

前奏や間奏にアレンジを加え、CDより幅のある演奏で音を鳴らし、
やりすぎないコールアンドレスポンス、愛をこめたMC、
モールス信号やバックライトを多用した魅せる照明、
そして何より、
楽しそうなRADWIMPSの4人。

DSC_0226.jpgDSC_0223.jpg

ライブ映像を見ながら、
実際のライブ会場でも感じたのですが、
興奮や高揚、刺激的な、洗脳的な、
体の内側から込み上げてくる感情が溢れそうで、
それを抑えるのに必死でした。

DSC_0228.jpg

そう、ここは映画館。
誰も立ちあがったり、手をあげたり、声をあげたりせず、
じっとスクリーンを見つめています。

DSC_0224.jpg

でも自分と同じように、
手くらいあげてもいいんじゃないかな、と思っている人がいるんじゃないかな、
と思ったり。

これってサイキック!?

昨年末くらいから、不思議なことがちょくちょく起こるのだ。

たとえばある夜、本山にある「バブーシュカ」というカレー屋さんの店主と
夜ごはんを食べていたんだけれど(←前にブログでもふれました♪)、
食事のさなか、まったく別のところにいる友人から、
「『バブーシュカ』ってお店を知ってますか?
カレーがすごくおいしいらしいんです!」
というメールが来たり。
(思わず店主に見せてしまった!)

ネイルアートに初めて興味を持ち始めたら、
古い友人に再会し、その友人がネイリストになっていて、
「いつでもタダでやってあげるよ♪」と
言ってくれたり。
(実現したい!)

遠くの友人からの手紙をある夜に受け取ったところ
「オオツカさんもフェイスブックを始めてくださいよ。」と結ばれていたのだが、
ちょうどその日の夕方に、フェイスブックに登録したばかりだったり。
(これは時流かも)

これらは、偶然でしょ、っていう感じもあるが、
ちょっと、かなり、おどろいたのが!

ある日、取材・撮影に一日出て、同行してくれたK川カメラマンの車に
家からおやつに持参したバナナを一本、忘れてきてしまったのだ。
お恥ずかしい・・・
「返してくれなくて、よいです・・・。
K川さん、食べてくださ~い♪」
と、さしあげたのだった。
翌日。
大須のカフェでの夜ごはんを楽しんだあと、店を出ようとしたところ、
スタッフに呼び止められた。
「これ、よかったら持ってってください。
食べごろですよ♪」
な、な、なんと!
バナナを一本ずつくれたのだったー!
「うわあ、バナナがっ!バナナが戻ってきたー!!」
とびっくり仰天。
ちょっと、すごくないですか!?

もっとも一緒にいた人は、いたって冷静で、
「そりゃあ、バナナはそういう形だからねえ。」
と、西条秀樹の『ブーメラン』を、淡々と歌っていた・・・。

どうですか?
サイキックの香りがしませんか?

今後のさらなる展開に期待♪♪


怒り心頭!流行遅れの迷惑メール

迷惑メールが止まらない。

現状、ドメイン指定で来たメールを
手動でシャットダウンしているけど、
1週間でおよそ50ドメイン!
昨夜のメール受信数は30通…。
業者は何のために送ってるんすかー。

出会い系はもちろんのこと、
〝あなたのメアド、晒されてましたよ〟とか
〝さいごの警告です〟みたいな振り込め詐欺まがいの
手の込んだ?内容もあって、その発想力には驚かされる。

でもなかには興味がもてるものもあって、
〝都内で宝石店を営む年商2億の独身男性(30)〟や
〝しゃべるだけで2000万を振り込んでくれるおじさん〟は
現実にいたら気になっちゃうかも♪
…なわけもなく、メール削除にいそしんでいる。
おじさんさらば。年商2億も!

ひとむかし前に迷惑メールが流行したときは
まったく被害に遭わなかっただけに
今さらなのも鼻につく。
きーーーーーーー!

10年ぶりにメアドでも変えて、
いっそ新しい自分になってみようかな♪なんて。



まったく思えないっす。

狙撃された新年

最近のコンテンツターゲティング広告は
本当にすごいと思う。
今朝は風邪をひいてしまったため
通院後の出社だったのだが、
出社早々Webページを開いたら、
「37℃、熱に負けたくない。」というキャッチコピーとともに
健康食品のバナーが表示されたのには驚いた。
まぁ、これは偶然かもしれないが、
マスに向ってのコミュニケーションを
長くやってきた自分としては、
近頃のターゲティング広告の
正確なスナイパーぷりに恐怖すら覚えている。

昨年末ぐらいからだろうか、
自分のPCでasahi.comを表示すると、
右肩のバナーが
ネットを使った音楽レッスン
「ヤマハミュージックレッスンオンライン」になっている。

そのバナーには笑顔でギターを構える
中年サラリーマンの姿。
そして、
-------------------------------
実は、ずっとやりたかったんだ…。
エレキギター。
よ~し、息子より
上手くなるぞ。
-------------------------------
というキャッチコピーが。
たぶん、弾けないけど欲しいギターがあったので、
検索していたキーワードに引っかかったのだろう。
とはいえ、
2年ほど前にギターに再チャレンジして
(※詳しくは過去ブログ。もう一度読むのも恥ずかしい…)
挫折した自分の胸を美しく狙撃した。

1週間ぐらい迷ったのだが、
“新年に何か始めよう”と思っていたこともあり土曜日に入会。
なかなかアクセスできなかったが、
日曜の朝5時に不意に空き時間ができたので
1時間ぐらいレッスンを始めてみた。
(↑だから風邪を引いたという説も)
チャプターごとに動画が用意されており、
先生のお手本再生、スロー再生、カラオケを使っての実践ができる。
悩んだらすぐに質問ができ、数日で回答も得られるとか。
さっそく、今さら聞けない右手の位置について質問しておいた。

じつは、会社を抜けて大人の音楽レッスンに通うことも
少し考えたが、イレギュラーな仕事が多いので断念。
そんな自分にとって、マイペースで進められるオンラインレッスンは、
どのようにフィットしていくのか…。
過去の経験からすると、モチベーションを維持するためには
バンド組むとか目的がないとダメだと思うので、
そこらへんの工夫もサイトにあるといいかなぁ。
とりあえず平日1日、休日1日の週2ペースでやってみます。
弾けないくせに欲しいギターがあるものだから、
レッスンを無事に終了できたあかつきには、
今のギターをSUZAKIに譲り、
新しいギターを手に入れようかと。

このブログで、二度とこの話題に
触れられることがなかったら、
また挫折したと思ってください。
ちゃんとLIVE YOUR BEST LIFE、始めてますよ!


とりあえず風邪を治します。


あ、この記事は今話題のステマじゃないので。
1_20120116195403.jpg

数値で測れない?

2012年になって、もう2週間ですね。
今さらもう新年のあいさつはおかしいのですが。。。
今年も宜しくお願い致します!!

12月の中旬に風邪をひいて、12月の3連休に悪化、
その後も全快せずに、年末年始の休みを迎えました。
弱り切った、脆弱な?私の風邪が全快したのは、先週の
3連休。約1カ月も風邪が私の体に同居しておりました。
家賃くらい払ってほしいものです。しかし、長い戦い
でした。(負け過ぎていますが。。)

ということで、今年の目標は、心身を鍛えます。
(と、色々な意味で、さぼらないこと)
具体的な内容は、基本的な生活を見直す事です。

○駅などでは、エスカレーターではなく階段を使う。
○少しの距離は地下鉄を使わず、歩く。
○コンビニ弁当は避けて、手弁当にする。
○夜更かしをしない。
 ↑これ、かなり重要ですね!今さらですが。風邪をひいて
 良く寝る習慣になっていたので、気づきませんでしたが、
 先日、録り貯めしていたTVを夜中遅くまで見ていたら、
 次の日、体が重く…。美容と健康の大敵です!
○電車での移動が多いので、マスクを着用したり、
外から帰ったら手洗い、うがいを必ずする。
 ↑小学生レベルの目標ですね。これは。
○体を冷やさない。
 ↑初売りバーゲンで買ったのが、ブランケット。ハーフケットと
 書いてあった気がするので、会社で使っているのですが、大きい。
 包まれるくらい大きくて少々邪魔ですが、温かくて快適です。
 温めすぎも、汗をかいて冷えるので、温度調節は大事ですね。


風邪をひく回数だけでカウントすればわかりやすいですが、他は
数値で測りにくい、ゆる~い目標ですが、頑張ります。
さぼっているのに気付いたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

亀の甲より年の功

お正月に地元で、学生時代の友人と会いました。
お昼ごはんに連れて行ってもらったお店は
小さな小さな定食屋さん。
でも、お店のおばちゃんがタロット占いもしちゃうんです!

世間一般では女子は占いが好きとされているようですが
私は今まで一度も人に占ってもらったことがないです。
せっかくなので1回1000円でみてもらいました。

仕事に関しては…
「周りにいろいろ責められたり、うるさく言われることが多いのかなぁ?
でも自分が思う通りやれば大丈夫よ」的なことを言われたのですが、
あまり思い当たるふしがなく、納得いかない顔をしていたら
「でもこのカードは、『あなたが何も聞かない!』という意味もあるから
もっと人の意見を聞いた方がいいという暗示でもあるんよ」と。
…どっちですか??
友人には「あんた人の意見聞かんけ、あとの方の意味やろ」と言われました。

恋愛に関しては…
「悪いカードは出てないよ。積極的になることが大事」と。

なるほど、人の意見を聞き、積極的に行動しろ、ということね。
なんかフツーのアドバイス…。これ占い?1000円高くない?

確かに、昔から人にはあまり相談せずに自分の思う通りにしてきたし、
積極的に人の輪に入っていくタイプではないし、
来るもの拒まず、去るもの追わず、で人生歩んできちゃったからなぁ。
みんなに「今年からキャラ変えてこ!」と言われたけど
人間そんな簡単に変われないよ、なんて言い訳をしてみたり。
結局また人の意見を聞かない私。

友人は結構当たるからよく来ると言っていたけど
そもそもタロット占いって何か悩んだり迷ってる人向きですよね?
大きな悩みを抱えているわけでもなく、自分で決断派の私には必要なかったかも。
しかも最後におばちゃんが
「もう早いところ結婚して仕事やめればいいよ」なんて言うもんだから
占いってより、それはただのおばちゃんの意見でしょ!

私が人の意見をあまり聞かない理由は一応あります。
人の意見を聞き過ぎると、何か起きた時に人のせいにしちゃいそうだから。
まぁでも言われた2点は大事なことだし、年配の方が言うことも大事。
なるべく人の意見も参考にしつつ、
今年もしっかりと自分で進む道を決めていこうと思います。
そして人との関わり合いは積極的に!


今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
当たる占いご存知の方がいたら、連れて行ってください!
悩みをつくって懲りずに挑戦したいです。

マイペース宣言

新年からデスク周りに新しいアイテムを導入。

自然気化式のパーソナル加湿器です。
加湿器と言っても簡易なもの。
電気は使わず、トレイの水がフィルターから自然に蒸発するだけ。
お値段も本格的な加湿器と比べたら、2000円ほどとお手頃です。

果たしてどれくらいの効果があるのか…ですが、
朝10時頃に入れた100ccの水が夕方にはなくなります。
これを置いてから、目や鼻、のどがずいぶんラクに!
という劇的な変化は当然ないのですが、
水が減っているのを見ると、ある程度は周囲をうるおしているようです。

植物をイメージさせる形で、色はピンク、黄、緑があったのですが、
やっぱり緑色をチョイス。
水をあげるという習慣もなんだか観葉植物に近い。
成長はしないけれど…。

加湿やあったかアイテム、ゆるキャラなどをあれやこれやと配して、
甘やかし過ぎでは!?と思う反面、自分にはある程度うるおいが必要、と納得しています。
過酷な環境に自分を追い込んで!とか、限界まで挑戦して!
といったスタイルを好む人やそれが向いている人もいると思いますが、
やはり自分はそんなタイプではないし、それでは本領が発揮できないように感じています。
もちろん、必死にならないといけない場面もあるだろうけれど、
適当に心と体をうるおしながら、快いライフスタイルを目指したい。
いいコンディションを保つことは大切だと思います。

年頭からいきなりの脱力宣言ではないけれど、
自分なりのスタイルで、今年もベストな走り(歩き?)ができれば、と。

年賀状のメッセージにも加えましたが、
昨年一番意識したのは、自分が今ここにあることを当たり前と思ってはいけないな、ということ。
感謝の気持ちを忘れず、自分の持てるものを生かしていけたらと思っています。


本年もよろしくお願い申し上げます。



開けたら閉める

大学の頃、授業を受けるときは、
教室の右前方の席に座るのが好きでした。
はじめはなんとなくでしたが、
だんだん、そこから左を向いて黒板を眺めるのが好きになりました。

しっくりくるのです。
もし漫才をやるとしたら右に立ちます。松っちゃん側です。

教室の右前方は、ほとんどの場合、扉があります。
引き戸があります。
たくさんの人が出入りを繰り返し、扉を開閉するのですが、
たまに開けっ放しの人がいるのです。
廊下から入ってくる空気が、冷たい…!
さらにたまに、
閉めたつもりかもしれないけれど、少し開いていたりするのです。
あと 5cm! すきま風が、冷たい…!

開けたら閉めてほしいのです。
自分から始めたことは、責任持って最後まで。

もちろん冷蔵庫も開けたら閉めるべきです。
冷蔵庫は閉まっていないと音が鳴るので気づきますが、
その中にあるペットボトルやドレッシングのふたはちゃんと閉めてほしい。
実家で、半開きドレを振って大変なことになったことがあります。
お父さんはジャムのふた閉めすぎ。


今年も、自分で開けたものは、最後までしっかり閉めます。
今年も、よろしくお願いいたします。

2011-12、懐かしくて、新しくて。

年も明け、三連休も明け、いよいよ本格始動ですね。

年末年始は、いかがお過ごしでしたか?
私はのんびりしつつも、大切な旧友にたくさん会えて、充実でした!

34歳になった同級生たち。
仕事をがんばったり、転職したり、結婚したり、
子どもを産んだり、早い子は家を建てたり。
そんな激動の20代を経て、30歳も半ばを迎えようとするこの時期。
ある程度、自分の暮らしや心に余裕ができて、安定したりもして、
ふと自分の過去、そして過去の人間関係を振り返ってみる人が多いようだ。
去年の途中くらいから、疎遠にしてた旧友と会って話をする機会がぐんと増えた。

高校時代の友人、大学時代の友人。
高校ぶりに会う子たちもいたりして。
懐かしさとともに、
今までよくがんばってきたねえ!という思いがお互いこみ上げ、
それぞれが今どんな場所にいて、なにを思っているかを、夢中で伝え合う。
夢を叶えたり、家庭を持ったり、
みんなしっかり地に足をつけて、一生懸命生きていて、
同じ学校に通って、毎日大笑いしながらキャッキャ遊んでいた頃よりも、
彼女ら、彼らへの、愛しさはうんと増している気さえする。

20代のころよりは、少なからず大人になって余裕もできて、
お互いを思いやれるようにもなったりもしてるんだろう。
すごく楽しくくつろいだ時間をたくさん過ごすことができた。
(なんといっても、学生時代からの友人といると、驚くほどリラックスできる!)

そして、家族との時間。
我が家は妹ふたりとも、結婚して家を出ているのだけど、
お正月には、みんなで実家に集まった。
妹2人のやさしく穏やかなだんなさんたち、
はしゃぐ甥っ子たちに、うれしそうな父、はりきってもてなす母。
ウチは親戚づきあいがほとんどないので、
こんなに大きな家族での集まりは久しぶりだ。
ささやかなごちそうをみんなで食べて、子どもにお年玉をあげて、
犬もここぞとばかりにワンワン吠えて、みんな笑っていて、
(小さな子どもって、なーんて“希望”なんだろう!)
こんなシアワセは、昔は分からなかったなあ、と思う。
20代の頃の私は、家族で過ごす時間をずいぶん軽く扱っていたものだ。

自分のことばかりに夢中になる時期を、過ぎつつあるのかもしれないな。
そんなふうにも、思ったりする。

年が明けて、楽しかった冬休みのさいごの日、
明日から仕事かぁ、とブルーになったけれど、
夜、遅くなった分の年賀状をポストに出しに外へ出たら、
しんと冷たい空気が、やけに気持ちよくって、
もう、新年なんだな。
とりあえず、平和で健康だし、あしたから新しい気持ちでがんばろう!
と、すごくさわやかな、はりきった気持ちになった。

2012年、みんながなるべく笑顔で暮らせますように。

みなさま、今年もよろしくお願いいたします!


今年は自力でやり抜きますぜ!

2012年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年が明けたら毎年、抱負を考えています。
昨年できなかったことや、
来年の理想の自分をイメージしたりして、
現実味のある抱負を考えます。


昨年は自分の「他力本願」っぷりを痛感しました。

物事を考えるのも「他人まかせ」。
物事を選ぶのも「他人まかせ」
物事を決めるにしても「他人まかせ」。

自分の意思がないんです。
いや、あるけど貫く気持ちがないんです。
きゃー、危険。
だって、責任も「他人まかせ」…にしてしまいそうだからです。

ということで、
今年は「自分の意思を尊重」するのを
抱負にしたいと思います。

他人に流されている私がいたら、
ご指摘くださいね!


ちなみに昨年の今ごろは
「基礎をしっかり」なんてことを
言っていたみたいですが、
いま思い出した。。。

2012年もよろしくお願い致します!

10000203.jpg


新年あけましておめでとうございます。


昨年は日本が未曾有の災害を経験し、
弊社もあらためて情報の大切さや、
伝えることの難しさを認識いたしました。
微力ではありますが、
引き続き「真摯な編集」をモットーに
日本を元気づける一助になれればと考えています。
現在7名体制でございますが、
春からは新たな戦力を加え、
ますますパワーアップする予定です。

私個人としては、
元旦に息子が着ていた服にあった
「LIVE YOUR BEST LIFE」をいただき、
今年の言葉にしたいと思っています。
皆様と一緒に仕事を楽しめれば幸いです。

どうぞ本年もエディマートをよろしくお願い致します。



   株式会社エディマート 代表取締役 鬼頭英治
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード