毎年恒例!

今年もこの季節がやってきました!
毎年恒例のボジョレー会です。

私が入社した年から、すでに開催されていました。
「もうすぐボジョレー会がありますけど、来ませんか?」
と誘われ、
ボジョレー会なんておしゃれだし、仲の良い会社なんだなぁと
思った記憶があります。

ボジョレーに合うおつまみを持参して、
プレゼンするのがお約束なのですが、
社歴が長くなり過ぎて、
これまでに何を持ってきたのかが思い出せません。

今年は、“勝手に高山観光親善大使”の自分としては、
やはり高山推しのセレクトで、これを選びました!

image1_convert_20171117220558.jpeg
ガイドブックでもいつもご紹介しており、
今年の社員旅行では高山でのランチで訪れた
「キッチン飛騨」さんの「やわらか煮」です。
とろとろに煮込まれていて、
なんこつまでやわらかく、おいしかったです♪


今年もみんなでにぎやかに、
ボジョレー会を催せて何よりです。

また、来年。。
って、あっという間なんだろうなぁ。

IMG_4081_convert_20171117220619.jpg
▲社長が本日のおつまみをプレゼン中!

スポンサーサイト

Instagramはじめました

今さら!?ですが、始めました。
と言っても、これまでだってアカウントは持っていましたよ。
ただ、一方的に見る側でした。
だから、「インスタやってますか?」と聞かれると、
「ん?あ、あぁ…」てな感じの反応でした。

制作を担当している媒体でも、
“インスタ映え”や“フォトジェニック”
といったテーマがまだまだ全盛。
先日も、プロのカメラマンさんに、
インスタ女子が旅先で撮る…風なカットを
一眼レフで撮って、とお願いしてしまいました。

このアングルで、これぐらいの角度じゃない?
あ、このサイズ感の方がかわいい♪
などと撮影していたら、
俄然楽しくなってきました。
インスタ写真を撮るのが。

ということで、プライベートでも、
せっかくアカウント持ってるし、
頂いたお土産、何か形にしたいし、
くらいの気持ちでぼちぼちやっています。

ただ、世のインスタグラマーと明らかに違う点があります。
まず、積極的にシェアしようとしていない。
自分の日記のような感覚。
なので、見られるとなんか照れくさいのです。
「いいね」なんてしてもらったら、
やだ~~、なんで見てるの!?です(笑)。
いや、だってアナタがシェアしたんでしょ?ですよね。

次に、写真だけで成立させようとしていない。
コメントやハッシュタグ込みで完成!と思っています。
やっぱり言葉が好き。いや、言葉も好き。

写真撮影で、周りに迷惑かけない。
がモットーだったのですが、
先日はついに
「インスタの写真撮るからちょっと待って!」に(笑)。

撮影の構図の練習にもなりますよね。
ということで、しばし静かなブームが続きそうです。


▼今日出会った、かわいい仲間もさっそく撮影
IMG_3826_convert_20171107214355.jpg

もう少し粘ったら、もう少しいい写真撮れたんじゃ?
というのが、常に、カメラマンとしての自分への課題。。
精進します!

愛される理由

先週末、超大型の台風にも負けず、
「錦秋名古屋顔見世」公演を観に行ってきました。
出演者のおひとり、片岡愛之助丈に、
今年2回もインタビューする機会があり、
これは何かの縁かも…と思いながらチケットを購入。

大学生の頃、歌舞伎の世界に魅了されて、
東京在住だったのをよいことに、
年に何度か観劇に行きました。
名古屋に戻ってからの観劇は、数えるほど。
あまり好きな演目がかからないし、
チケットがお高いし…なんて言い訳をしながら、
最近は足が遠のいていました。

そんな時、
歌舞伎界でも人気の高い愛之助丈と
お話しできる機会が!
「錦秋名古屋顔見世」公演のご紹介では、
30分近くもお話を伺うことができました。
歌舞伎の楽しさや演目の見どころを、
わかりやすく、楽しく、
時にジョークも交えながら話される様子に、
近年の人気ぶりを納得しました。

「歌舞伎の舞台は、衣装やセット、演奏など、
すべてが本物でできています。
だから、観劇料は決して高くないですよ」
「舞踊は、実は初心者にもわかりやすい演目。
歌の歌詞をよく聞いてみると、
その通りの振りをしていることが多いんです」

愛之助丈のやさしいアドバイスに
まんまと(?)のせられた私(笑)。

ひょんなきっかけから、
ライターのHさんもお誘いして、今回は2人で観劇。
「これまでに歌舞伎を見た頃がある方は、
まだ見たことがない方をぜひ誘ってあげてください」
という愛之助丈のお願いにも応えることができました(笑)。


公演では、外の荒天を忘れるような
華麗な世界が繰り広げられました。
お化粧や衣装で役柄に扮した愛之助丈は、
華があり、素晴らしい舞台映え。
娘役を演じられた中村壱太郎丈の
美しさやかわいらしさにもうっとり。
(女子力高し!)
舞台上は絵のようなあでやかさで、
季節感の表現などもこまやか。
長時間の激しい踊りでは、
役者さんの技や身体能力の高さにも圧倒されます。

長くなりましたが、
歌舞伎の魅力や楽しみは、まだまだ語りつくせません。
来年4月には、御園座が新装オープンするということで、
新しい会場で見られる歌舞伎も楽しみです。

さて、今度は誰をお誘いしようかしら…。
私も!という方、ぜひお声掛けください。

========================
▼御園座リニューアル中のため、市民会館での公演でした。
171001kaomise-aL_convert_20171024161200.jpg

名古屋の公演ではありませんが、
愛之助丈にコメントを伺ったインタビュー記事はこちらです
http://ocaf.jp/other_event/kabukitokubetsu-comment.html

うさぎとかめ

社会に出て初めて勤めた職場でのこと。
未経験者でも歓迎!という募集要項のもとに、
Macを使って組版作業を行うDTPオペレータや
出来上がった原稿をチェックする校正として働こうと、
未経験のスタッフが集まった。

自慢するわけではないのですが、
私は比較的習得が早い方で、
6~7ぐらい説明を聞くと、
“はい、もうだいたいつかめました!”と、
ちゃっちゃと取りかかり、要領よくまとめるタイプ。

それに対して、
何度も細かいことをあれこれ質問して、
なかなか取りかからず、
始めてもなんだかんだと時間がかかる人も。。
“早く進めればいいのに…”なんて、
少し冷ややかな目で見ていた、若かりし日の私。

仕事の合間にも、
他のスタッフと無駄話をしてダラダラしていたり、
優等生気取りの私からすると、
結構な問題児に見えた彼女。

あれから、何十年…。
私は、最初の職場を5年ほどで退社し、
他の職場も経験しながら、現在に至る。
問題児に思えた彼女は、
同じ職場でずっと働き続けている。
今では、みんなを束ねる管理職的な立場になっているとか。

時間をかけて学んだ分だけ、
様々な知識がしっかり身についていたし、
無駄話に見えた周りとの会話も、
みんなが声をかけやすい先輩として慕われたり、
それぞれの能力や事情を把握していたりと、
思わぬところで役立っていた!

すぐできる人、じっくり時間をかける人、
それぞれに個性があります。
いつどんな形で開花するか、わかりませんから、
長い目で見守らなければいけませんね。

あぁ、20代の私。
若気の至りが恥ずかしい…。


胸熱な週末

おかげさまで、
最近、いろいろなお仕事に携わらせて頂いています。
ということで、ウィークデーはもりもり働き、
週末もちょっと出社したり、という日々です。

こうなると、休みの日は家でゆっくり…という気持ちもあるのですが、
いやいや、休日こそやりたいことを思う存分!!と
妙にやる気が出てきたりもするのです。

そんな一日が先週の土曜日。
まずは、これは見逃せない!と思っていた映画、
「ダンケルク」の期間限定フィルム上映に。
クールな映像に魅せられ、
第二次大戦中の出来事を描いたリアルなストーリーに感動。
あぁ、見に来てよかった…と大満足。

続けて、愛着のあるバンドのライブへ。
体は結構疲れていたはずなのですが、
2時間のライブをスタンディングで満喫。
今日は後ろの方でおとなしくしていようかと
思っていたものの、
気づけば、やっぱりステージ前に進出していました。

ライブの後は、
最近発見したお気に入りの沖縄そばを食べに。
ライブ終わりが早かったので、
まだ帰るのもったいないな…と思い、
これまた最近発見したカフェへ!

映画とライブの間でTSUTAYAに立ち寄り、
近々の取材に備えてDVDも借りましたが、
さすがに帰宅してそれを見るまではできず…。
(翌日見て、かなり号泣。「母と暮らせば」、おすすめです。)

仕事でも、休日でも、
明日に向かうパワーをもらえる“胸熱”な出会いを求めて、
ますます頑張りたいと思います。

今年もあと3か月!!


▼クリームソーダで乙女気分、着ている服はバンドTシャツ…
IMG_3635_convert_20170929213350.jpg



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード