リアルモノポリー

先日、初めてモノポリーをやりました。

恥ずかしながらルールも何も知らず、
存在だけは知っていたという状態。

奥さんのお兄さんがかなりのゲーム好きで、
あらゆるハードを持っているのですが、
先日実家におじゃましたとき、
お兄さんがニンテンドースイッチなるものを持参。

ちなみに、
最初はマリオカートをプレイしたのですが、
意外にも私が上手くて。
スーパーファミコンのマリオカート第一作以来ですから、
25年ぶり!?
8~10台中、だいたい2位以上でした。

ちなみに、
奥さんのお兄さん。
名前が「だいすけ」さん。
つまり、「だいすけお兄さん」なのです。

モノポリーの話。
世界的なボードゲームなので、ルールを語るのは恥ずかしいのですが、
すごろくをベースに止まったマスで、
不動産を売買したり、ライフラインを整備したりできます。
そして、最終的に破産せずに生き残った人が勝利。

これはマリオカートのようには上手くは行かず、
資金も不動産も上手く転がせず、
私は早々と破産してばかり。。

でも十分に楽しみました。
醍醐味である「交渉」がとくに面白い。
“ この物件を渡すから、資金をちょうだい ”
“ 資金あげてもいいが、もう少し増額して、そっちの電力会社も欲しい ”
などなど。

ただ資金だけが欲しいのか、
未来を見据えて手堅いライフライン系を手に入れるのか、
いまは投資を多くしてでも未来のために増築を繰り返すのか、
そうやって考えるのが面白い。

これはまさに現実社会でも遠くないこと?
いや、現実社会がモデルですよね。
現実に生かすべく、またモノポリーがやりたいです。
だいすけお兄さーん。
いや、きっと別の手段があるはずですよね。
スポンサーサイト

5周年

息子が5歳を迎えました。
5周年です。

仮面ライダーとドラえもんが大好きな息子。
さまざまな変身ができますし、
主題歌だって歌えます。
どどどどドラえもん。

誕生日が平日だったっということもあり、
当日は何もせず。
ほかの家ではどうなんでしょうか?一般的に?
パーティーなどするのでしょうか?

うちの場合はディズニーランドです。
毎年、誕生日の時期に行っております。
誕生日だと特別なプランやパーク内での特典など、
いろいろお得なわけですよ。

いままでよりも身長が伸びたおかげで、
今年はたくさんのアトラクションに乗ることができました。
でも、「たぶん大丈夫かな~」と乗せた、
急スピード・急降下・急旋回の「スペースマウンテン」では
かなりビビッていましたね。申し訳ない。

ならば座ってるだけ、
でも意外と身長制限のある「スターツアーズ」。
IMG_1606 (250x250)
これは楽しそうでした。

私もこれ大好きなのです。
自分が子どもの頃、北九州のスペースワールドで、
似たようなアトラクションに乗ったのです。
好きでしたね。

身長の変化もそうですが、
この1年でよく喋るようになりました。
語彙がぐっと増えた感じ。

普通に会話ができるというのは、
本当に本当に楽です。
そして楽しい。
冗談だって通じますし。
とても楽しい。

次の1年はどんな変化があるんでしょうか。
息子よ、5歳、おめでとう。

10周年

昨年、エディマートに入社して10年が経ちました。
丸10年です。
10周年です。
記念すべきアニバーサリーイヤー。

歌手やバンドの人で、
「10周年ツアー」や「10周年記念ベストアルバム」などと
掲げているのをよく見ます。
あれって10周年経ってからやるのですかね?
その場合、
丸10年経った11年目ですから、
“10”という数字に引っ張られて「10年目スタートですね!」
なんてインタビューなどで言わないように気を付けなければ。

それとも、その年の始まりから?
つまりまだ丸10年経っていない段階で
「10周年ツアー」が始まる可能性もありますよね?
その場合、
インタビュー導入で「デビューから10年が経ったわけですけれど~」
なんて言わないように気を付けなければ。
何の話?

それに似た話ですと、
イベントなどで司会者が「エントリーナンバー1番!」などと
言うことがあると思うのです。
でもこれは、
“ナンバー”と“番”が重複していますから変ですよね。
「エントリーナンバー1」、または「エントリー1番」にしてほしい。
似た話?

10周年の話。
私の場合、11年目がスタートしたのです。

10年前に初めて担当した媒体は、
その後、ほぼ毎年携わっています。
とても感慨深い。
初めて描いたラフや初めて書いた原稿、
初校や再校、朱書き指示など、
記念として保管しました。

いま振り返れば「経験」の一つですが、
当時はまだ「記念」でした。

10周年アニバーサリーイヤーに、
「経験」も「記念」も重ねられるように、
前向きに、
努めたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

即答クリスマス

メリークリスマス。

クリスマスでしたね。
我が家では23日の土曜に、
友人ファミリーを招いてホームパーティー。

その夜に、
息子の枕元にプレゼントを置き、
翌朝に発見して驚くと。
24日の朝。

本当は24日の夜にプレゼントを置いて、
25日の朝に発見するのが筋?
本当って何だろう。

でも今年は25日が月曜なのですよ。
「わー!プレゼントある!サンタさん来た!わーわーわー!」

平日の朝にそんな騒いでいられません。
保育園に送って仕事に行くのです。
いつもの月曜となんら変わりないのです。
日曜の朝に済ますのです。

日曜の夜には、
仮面ライダーのクリスマスケーキが登場。
IMG_1339 (250x250)
おもちゃ付き。

ケーキを食べながら、
奥さんにクリスマスプレゼント何かいるか聞いてみると、
「ドンジャラ!!」

即答でした。。。

なぜ?
なぜいま、ドンジャラ?
そして、なぜ即答なのだ?

年末年始、実家でドンジャラをするのもわるくない。
でも、こたつがない。

海外取材あるある

TOYOさんと同じく、
でも日程も企画も違いますが、
私も韓国取材に行ってきました。

取材内容は、韓国の新しい農産物。
「糖調唐辛子」と「むき銀杏」です。

「糖調唐辛子」は、見た目は普通の唐辛子よりも大きく、色は黄緑色。
まったく辛くなく、パプリカのような食感と味が特徴です。

IMG_0243 (300x148)
 「糖調唐辛子」生産農場

詳しくは、公開されたウェブサイトを見てほしいです。
●中日新聞・中日プラス 「糖調唐辛子」
http://chuplus.jp/static/index_all.php?param=bellpepper

クライアントの方が、現地韓国の方でしたので、
現地の取材段取りから車の運転、通訳までご担当いただき、
至れり尽くせりの旅でした。本当に感謝です。

取材時は、
私がクライアントの方に日本語で質問し、
クライアントの方が韓国語で取材先の方に質問。
すると、取材先の方が私を見て答えてくれます。
もちろん韓国語で。

ふむふむと頷きながら聞きますが、
言葉がわからないのでクライアントの方に再度聞きます。
でも、
わからなくても目を見て、ふむふむと頷くのです。
熱意は受け取るのです。

これって “ 海外取材あるある ” ?
“ 外国人取材あるある ” ですかね?

1日の取材が終わると、
夜はクライアントの方に夕食に連れて行っていただきました。
さすが現地韓国の方。
間違いがない。
サムギョプサルやホルモン、サムゲタン、キンパ、鍋、くるみドーナツなどなど、
朝・昼・晩と惜しみなくもてなしてくれました。

IMG_0255 (250x250)
 サムギョプサル

IMG_0295 (250x250)
 サムゲタン

IMG_0271 (249x250)
 キンパ

IMG_0240 (250x250)
 とても辛い鍋

IMG_0239 (250x250)
 くるみドーナツ

2泊3日の取材日程。
韓国語は、アニョハセヨとカムサハムニダしか喋ってませんね。
本当に至れり尽くせり。
カムサハムニダ。
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード