FC2ブログ

束の間のほっこりタイム

時短勤務を始めておおよそ2ヶ月。
生活スタイルが少しずつルーティン化してきましたが、
スムーズに行く日ばかりじゃありません。

こどもが泣いて「きょうはほいくえんいかない」はしょっちゅう、
おもらしする日もあるし、ご飯はいやだパンがいい、
歯磨きはしない、いまから電車ごっこする、
今日は長袖がいいから替える、しまじろうが見たい…
拒否すればさらにヒートアップしかねないので、要求を受け入れていかねばいけません。
おだてて、ボヤのうちに火消しに回ります。

毎日慌ただしく、こちらもイライラが止まらないのですが、
先日、化粧をしてるときにふと鏡を見ると、背後には娘の姿。

「いつも、ちゅるちゅる貸してくれてありがとうね!」

ちゅるちゅるとは、ふだん寝るときの必須アイテムである、私の下着のこと。

なぜ今言うねん、のタイミングではありましたが、
普段は恥ずかしがり屋の娘から突然の感謝のことばに、
ほっこりしたのでした。




しかし次の瞬間、息子が盛大なおもらしで
即、イライラモードに戻ってしまう。


これが日常です。
スポンサーサイト

戻りました

さて、4月から久しぶりに戻ってきました。
前の出勤から早くも1年半。
世の中もみなさんも変わったけど、わたしも変わりました。

まずは時間の使い方が変わりました。
活動時間はもっぱら朝から夕方で、
夜は早々に「閉店」します。
30歳の生活スタイルと比べると、3時間前倒しになりました。

お金の使い方も変わりました。
前は糸目も付けずにダラダラと使い、
貯蓄もままならない状態でした。
今は固定費と未来の出費のため、「自分へのご褒美」はありません…。

好きなことや趣味も変わりました。
金曜の夜に名古屋をクルマで出発して、
土曜の朝に九州に到着するような旅行は、もうしないでしょう。

制約ができることで、
これまで通りにならないことを嘆いてたこともあったけど、
今できることを見つけるほうがやっぱり楽しいから。

5年後、10年後も今と同じ生活を送ることなく、
まったく違うことに触れ、
今興味がないものを好きになる、
そうありたいと思います。

お祭りアゲイン

発熱で保育園の夏まつりに
参加できなかった娘のために、
お祭りに行きました。

大きな花火大会はしんどいので、
自衛隊主催のお祭りです。

駐屯地の敷地に盆踊り会場や屋台が出ていて
すばらしく本格的!

運営から盛り上げ役まで、
全て隊員がやってるんじゃないかな。
たぶん全員参加なので、ものすごい人数です。
近所の子どもたちも全員来てるんじゃない?ってくらいの密度。
親からしてみれば、敷地内で屈強な人々に見守られてるから、安心なんでしょう。

テキ屋の運営も普段通り?テキパキしてるし、
盆踊りもフェスか!と言うくらい、コスプレした隊員が自ら盛り上げる!
終いには手筒花火まで
自分たちで打ち上げてました。
免許?とかはどうなってるんだろう。
言うことなしの素晴らしいお祭りでした。

唯一残念だったのは、
娘の体調が悪かったこと。

あなた、遠足の前に熱出るタイプやろ…。

10年後の身の振り方

お盆は夫の実家に帰省しました。
最近は3日くらい滞在して、その間は小5の姪っ子が常に娘の面倒を見てくれるというありがたいサービス付き。たまに甥っ子も参加して、3人の子どもたちと出かけるのがお決まりです。

姪っ子、甥っ子の親は仕事が忙しく、時間が合えば夜ごはんに参加するのですが、3日のうち1日来るかの頻度。それなのに、反抗期の子どもたちはその数時間だけでも、「お母さんいつ帰るの…?」「ねぇ!いつ⁉︎」「もう早く帰ってよ!」とまくし立てていく…。お母さんがうちの娘をあやすと「お母さん、きも!」。甥っ子に限ってはもはや会話が「ん」と「わからん」と「うるせぇ」のみ。

自分も通った道だけど、側から見るとキツい…。そして、自分も10数年後にやってくるという事実。
心臓にびっしり毛生やしとくか、そんな口の聞き方はさせないか…じっくり考えておきます。

同窓会

大学の同窓会に行ってきた。
ほぼ誰とも連絡を取ってないうえ、仲がよかった友だちが来るかも知らなかったけど、気晴らしに参加をしてみることに。
しかも開催場所が大学内。街なかと違っておめかしやら、いろいろ気を遣わなくていいのも助かる!

案の定、学生時代の友人は少なかったけど、当時ほとんど話さなかった子と話すのも楽しいもの。名古屋を離れている人も多いし、経営者になっている子もいる。変化の多いこの10年、いろいろと経験を積んでいるのだなーとしみじみ感じた。

学科柄、教育や病院勤務が多いはずだけど、今でもその職業に就いてる人はほんの数人。そりゃ学科も数年で消滅するわ…だけど、それぞれにイケてる人生を送っていればいいしね。

ちなみにクジ運がよい私は、2年後の幹事に選出され、戸惑いが隠せないのですが…。
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード