30年ぶりの冒険へ

立場的にというか、年齢的にというか。
正月や4月という「スタート」のタイミングは、
“結果を残さなければ”と、
何かとプレッシャーを感じてしまい、
プライベートの気持ちをオンにするのは時間がかかる。
だから最近は、新しいことを始めるのは、
秋や冬であることが多い。

そんな自分が、珍しく春から始めた、
というか始めてしまったことがある。

「ドラクエ」だ。

きっかけは、子どもたちの親離れ。
休みの日に、ふと自分の時間ができてしまうのだ。

彼らが小さい頃は、
“一人の時間がほしい!”と思っていたが、
いざできると寂しいのなんのって。
たいていは持ち帰った仕事をするのだが、
やはり気分転換は必要。
そこで、すっかり映画鑑賞用となっていたPS4を活用すべく、
近所のショップで中古の「ドラクエXI」を購入してみた。

3,240円。
飲み代より安い。

それにしても「ドラクエ」なんて、
中学3年生の頃にクリアした「III」以来。
30年が経ってしまっているではないか。
きっとゲームの進化が著しいだろうから、
着いていくの大変だろうなと思っていたのだが、
これが違った。

とにかく「手厚い」のだ。

たとえばゲームを再開するとき、
丁寧にこれまで辿ったストーリーをおさらいしてくれるので、
次に何をすべきかすぐに思い出せる。
またヒントもすぐに手に入るので、
昔のように分厚い攻略本をパラパラめくるなんてことはない。
自分が熱中していた頃なんて、「たけしの挑戦状」を筆頭に
ドSなゲームばかり。
ドット感満載でグラフィックもつたなく、
「実はここの壁が通り抜けれるんです」と言われても、
BK60とBK55ぐらいの色の差しかなくて、
「わかるか!」と、コントローラーをよく投げつけていたっけ。

じゃあ今のドラクエが面白くないのか、といえば
しっかり面白い。
いや、プレイ時間4時間、まだ2人パーティーの現時点で
判断するのは制作者に失礼か。
(なんだかんだ、ゲームする時間なんてほとんどないのね)

そして、
30年以上「ドラクエ」ブランドでご飯を食べている
たくさんの人たちがいることに驚き、畏敬の念を抱いている。
やっぱりコンテンツは大切だ。
うちも頑張ろう!



IM0316G_5711.jpg
[↑]イオンモール常滑で娘とセグウェイ。
   本当はドラクエよりこっちのほうが楽しい



スポンサーサイト

新しいエディマート

3月末ということで、今期も終わろうとしています。
「総合編集プロダクションへ」を掲げた今期、
従来の紙媒体の編集メニューに加え、
デジタルへの取り組みを強化してきました。
おかげさまで、新しいお仕事も実績として残すことができ、
おおむね期の目標は達成できたと考えています。

4月から始まる新しい期は、この動きを加速する予定です。

出版社と連携しながら、
しっかりと読者に届く雑誌や書籍を制作する一方で、
企業の課題を解決するプロモーションツールの制作強化、
SEOライティングや、動画制作といった
デジタルならではの制作強化を図り、
あらゆるメディアに求められるコンテンツを提供できる
会社をめざしていきます。

そのため社内を
 ○デジタル・ソリューション
 ○SP・ソリューション
 ○マガジン・ソリューション
とセクション分けし、それぞれのチームと課題や目標を共有しました。
もちろん、総合力で課題解決を図ることが求められるので、
各セクションの壁はあいまいにして、
スタッフにはいろんな分野で活躍してもらいたいと思っています。

645645676.jpg
[↑]動画撮影用のカメラも導入しました


少なからずリスクを伴う勝負の年になりますが、
心のどこかでワクワクしています。
コンテンツでお悩みの方は、まずはお気軽にエディマートにご相談ください。

太陽を求めて

またまた行って来ました。
日本モンキーパークにある「若い太陽の塔」へ。
じつは今年、雪が降った翌日にも行ったのですが、
散策道が閉鎖されていて、見ることができず
直前で帰ってきたという苦い思い出がありました。

娘が園内にある「ダビンチピンチ」と「若い太陽の塔」が大好きで、
私も岡本太郎を敬愛していることもあり、
前回からそれほど時間が経っていないにも関わらず、
行って来ました。たぶん年に2回は行っているはず。

過去、このブログで2回も書いてました。
1回目
2回目

自分のブログを読み返して驚きました。
去年、中2の息子がついてきていたことに。
そんな彼は先日、中学校を卒業。
娘もすくすく成長しています。
来年は一人で来ていたら、ちょっと嫌だなぁ。

そして心配だったのが、
園内は小春日和もあって混んでいたにもかかわらず、
若い太陽の塔は私と娘の貸切だったこと。
そして、塔を見上げたら、金箔の一部がはがれていたこと。
もっと価値を知ってほしいです。

毎回ここに来ると、元気をもらうので、
3月も乗り切ります!

IMG_5556.jpg
[↑]娘の後姿を見て、成長と寂しさを感じる…


IMG_5560.jpg
[↑]もう来年はなさそうな、娘の横顔…

プラモデル再び

最近は週末に時間ができると、
2年前に取り掛かり放ったらかしにしていた
プラモデルの組み立てに取り組んでいる。
(前回の様子はこちら
自分の愛車であるSR400のスケールモデルなのだが、
フレームとタイヤを組み立てだけで
ずいぶん長いこと作業は止まっていた。

ある日、娘とさて何して遊ぼうとなったとき、
彼女からプラモデルをやりたいと言い出したので、
しょうがないなと、再び引っ張り出すことになった。
娘曰く、パパが作者、自分(娘)は助手とのこと。
私の指示に従って、パーツの切り出し、バリ取り、
ヤスリがけ、さらには塗りまでやってくれる。
おかげで工程は全体の7割ぐらいまで進み、
パッと見でバイクっぽくなってきた。

先日は仕事がらみの連絡をしながら
片手間でプラモデルを作っていたら、
接着まで娘がやっていて、
もうどっちが助手なのかわからない状態に。

ゆるいBGMをかけて、
ビール片手に娘とプラモデルを作る時間が、
最近の癒しとなっているのは確か。
もしかすると、
カリカリしている父親を落ち着かせようと、
仕方なく付き合ってくれているのかも。


IMG_5377.jpg
[↑]有能な助手。というかほぼ作者


IMG_5471.jpg
[↑]今はこんな感じ。あとはライトまわり!

危険だから生きる意味があるんだ

自分の信念をもって
「らしさ」を貫くのはかっこいい。

常に殻をやぶり、
フレッシュであり続ける人も素敵だ。

自分はどちらかといえば前者かもしれない。
かっこいいまで貫けていないが、
仕事におけるルーティーンが結構あるし、
プライベートでも何となく選ぶものは決まっている。

ただ、今年に入って少し変えてみることにした。
まずはプライベートから
なるべく「いつもの」を避けるように。

腕時計を変えた。
歩く道を変えた。
よく行くコンビニを変えた。

たいしたことじゃないけれど、
ふだんの意識を変えていたら、
仕事へのスタンスも自ずと変化してきた。

これまではお声がけいただいて
つながりが生まれることも多かったが、
これは「いつもの」やり方。
ここ最近は自分から会いたい人に
会いに行くようにしている。
金曜日は未来のために東京へ行ってきた。

自分のデスクトップに貼ってある
岡本太郎の言葉、
「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。
 危険だから生きる意味があるんだ」
その意味を噛みしめる日々はなかなか楽しい。

[おまけ]
IMG_530324518.jpg
東京にて。エレベータで訪問先をめざしたら、偶然上の階に前職の先輩の会社が。
あわててアポをとって、10年以上ぶりの再会となりました。
不思議なめぐりあわせってあるんだなぁと
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード