遠くて近い人の声を聴く。


いや~、いいですね。

宇多田ヒカルのアルバム『初恋』。

帰りはバスを使うことが多いのですが、
一駅前で降りてぷらぷら散歩がてら聴いています。

いつも日本のポップスの中心にいて、
彼女の人生に何かが起こるたびに、
(きっと一億人弱の日本人と同じように)
彼女の人生を垣間見ているような気持ちでいました。
すごく個人的なことを告白しているような歌でもあり、
その反面、普遍的で聴き手のことを言い当てられているようでもあり、
そしてマイノリティに対する温かさや寄り添う気持ちにあふれていて。
不思議で唯一無二な歌い手ですね。

ヒカルががんばってるから、
私もがんばろう。。



メイクブラシ
▲日曜日にメイクブラシをお洗濯しました。ちょこんと並ぶブラシ。かわいい。

スポンサーサイト

実家からの贈りもの

実家で10年飼っていたコーギーのチップが
旅立ったのが今年の春。

最近、母親から小さなフォトブックが送られてきました。
庭の草花や果樹、河川敷の桜と一緒に、
にこにこしてるチップの写真集。
いつも口角が上がってるヤツでした。

子どものげんこつみたいな白い前足や、
茶色いはちわれのおでこが懐かしい。
散歩に一緒に出ると、爪がアスファルトにあたってかちゃかちゃなる音。
ぷりっとしたコーギーならではのお尻。

くせの強い性格でとにかく所有欲が強くて、
ゴハンを食べてる時なんかに手を出すとすぐに怒るし、噛む。
甘噛みなんてものじゃなく、文字通りの流血沙汰。

一人でウロウロしてるところを
親戚が拾ったのだけど、
しつけができなくて捨てられたのかもしれない。

いちばん噛まれてるのは主に世話をしている母で、
「今日も噛まれちゃったの」なんてよく聞かされていました。


写真集まで作ってくれて、愛されてたね。

20180629222507896.jpeg

じぶん、アゲてこう。

デパートの化粧品売り場が苦手な上、
「最低限やればいいでしょ〜」なんて
思って適当に済ませていたメイク。
下地兼日焼け止めを塗って、ファンデーション伸ばしてパウダーをはたき、アイブロウを引いたらはい終わり、という日ありました。

でも、デパートのコスメ売り場が大好き、
という人のきらきらした表情や、
SNSで自分のためにメイクしてる人を見て
魅力的だな、楽しそうだなあと思うようになりました。

急に高額なパレットを買うのは無理でも、
まずは足を踏み入れてみようかな、
と思ってデパートのコスメ売り場に行ってみました。
はじめてのタッチアップで、
今まで適当に選んでたファンデーションの
色が濃すぎることが判明(!)
私は数千円を出して肌をわざわざくすませていたのか、、。
明るめの色を塗ってもらうと顔が明るくなって、こんなに違うんだ〜!と、またびっくり。
まんまとお買い上げしました。

自分のパーソナルカラーが
似合う色のヒントになっていいですね。
私はおそらくイエローベースのオータム。
カーキやベージュを着ることが多いのですが、
服を選ぶみたいにシャドウやリップを選べばいいんだ、と目からウロコでした。
正直だれが買うんだろ〜、と思ってたブラウン系のリップ、試してみたらちゃんと似合った。分かっていなかったのは私だった。。

ドラッグストアで500円のシャドウを買うかどうかで
すごく悩んだりしてるんだけど、
それもまた楽しい悩みです。

自分のためにやる、というのがだいじ!ですね。

ここではないどこかへ、動く。

人が考えているを聞くのが好きです。
博識や自分と違う視点、
めずらしい体験を持った人の話は面白い。
美容室や駅の待合なんかで
名前を知らない人と話をするのも好きです。
どんな考えかたをするの?
どんな風に世界を見ているの?
言葉の数をもたない小さな子どもやどうぶつとも、
目で話し合うことができる。
沈黙や余白は、時にとても雄弁に語ってくれる。

映画や小説、漫画などのフィクションを
通して何かを受け取ることも好き。
感動するということは、
今いる場所から少し心が移動することだと思います。
コンサートや演劇はとくに、
作り手と受け手がいっしょにどこかへ行くような感覚があります。
今ここで受け取らなければ何かがすり抜けてしまうということに、
気持ちが揺さぶられます。

というのも、、
きょうは地球ゴージャス「ZEROTOPIA(ゼロトピア)」の
公演に招待していただき、観に行くことが叶いました。
演劇を見るのは実は数年ぶりです。
いまからドキドキしています…!

深夜の花屋

帰宅時間が遅くなることも多い中、
バスを降りて家へ向かう途中で
花屋さんの前を通ります。
暗い通り沿いにこの花屋だけ電気が灯っているのでほっとします。

ある日の21時。開いてる。
またある日の22時。今日も開いてるんだ。
またまたある日の24時。…開いてる。
一体いつ休んでるんだろう??
OPENの看板もちゃんと出てるし、、

今度、勇気を出して入ってみようかな。。

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード