可愛い妹

私には可愛い妹がいます。

血は繋がっていません。
義理の姉妹でもありません。
人間の女の子です。

とあるバイト先で知り合い、
かれこれ5年以上の付き合いです。
歳は15歳離れています。
彼女のお母様の方が年が近いです。

数ヵ月に一度くらい
会って話す仲なのですが、
「そろそろ会いたいですー♡」という
お誘いが来るのは
悪い気がしません。
なかなか時間が合わなかったり、
仕事でキャンセルしてしまうことも
あるけれど、
会えば話は尽きず、
前向きな明るいパワーを
分けてもらえます。

彼女とは
「これはいいと思う、感動する」
「こういうことは許せない!」
とか喜怒哀楽の基準が
とても似ているところも
一緒に居て心地いいのだと思います。

元々、私は年下が苦手でした。
親戚すべて合わせても、
一番下の末っ子だったので
年上にちやほやと可愛がられる
環境になれていました。

体育会系の部活に在籍していたことも
ないので、先輩・後輩という関係性も
あまり体験してきませんでした。

でも、社会人となり、
いろいろな会社や仕事を経ていく中で、
新卒採用の活動を手伝ったり、
新入社員の教育係のようなことをしたり、
年下が苦手とは言っていられない状況と
なってきました。

また、飲みニケーションという環境が
あった時代でしたので、
勤務後に上司や新入社員と一緒に
飲みに行く機会も多くありました。
そういう時間を過ごしていると、
年下と侮るなかれ、
実に真面目だったり新鮮な意見を
交換しあえたりして、
年下という目線で
人を見なくなっていきました。

そうして、苦手意識は自然となくなり、
年下としてではなく、
ひとりの人として接するようになり、
自然と年下の友人が増えていきました。

そのことで、これまでの人生よりも
ぐっと幅が広がった気がしています。
歳を重ねるのも悪くありません。

前述の妹は、そんな中で出来た
大切な友人のひとりです。
妹と言っても、
彼女から学ぶこともとても多いです。

そんな彼女と久々に会いました。
食の好みも似ている二人。
一緒に大好きなチーズを食べてきました。

大切にしている思いとか感情が
ぴたりと合う友人に、
大人になってから出会えたというのは
とてもありがたいことだなと思うのです。


フォンデュ
チーズフォンデュ

カプレーゼ
カプレーゼ
スポンサーサイト

清い心のキラキラ笑顔


先日の土曜日、
昨年に引き続き
アクアソーシャルフェスの
オフィシャルカメライターとして
佐久島に行ってまいりました。

アクアソーシャルフェスとは
海や川、自然の生態系を守る取り組みを
全国各地で行うイベントです。

佐久島では
海岸に打ち上げられた漂着ゴミを回収する
清掃活動が行われました。

私は清掃活動には参加せず、
清掃しているみなさんの様子を
パシャパシャ撮影して、
爽やかな笑顔を頂く役目です。

家族や友人と参加している方が多いのですが、
ひとりで参加している方も多く、
わざわざ休日にお掃除に来られるとは、
なんて素敵な心をお持ちなんでしょうと思います。
そして、そんな方たちの笑顔は
みんなキラキラしていて、
こちらまでうれしくなります。

アクアソーシャルフェスの詳細はこちら
http://aquafes.jp/top/
※近日、佐久島のレポートも公開予定!

まだまだ全国で取り組みは続いています。
興味のあるものにぜひ参加してみてください。
参加者に提供される
オフィシャルの軍手やタオル、
なかなか可愛いですよ。

佐久島のヤギ
佐久島にはヤギが住んでいます

佐久島ってこんなとこ
アート作品がいたるところにある佐久島。
島は自転車でぐるりと回るのにいい感じ

ドキドキがいっぱい


GWに私が立候補したお仕事について。

よしもとさんからご依頼頂いた
イベントレポートのお仕事でした。

友近さんの知り合いである水谷千重子さんという
演歌歌手のコンサートに参加して、
その日発表となる新曲の記事を当日アップする
というものでした。

水谷千重子さんのライブ、楽しそうだから行ってみたいなと
思ったのと、新曲の相手である春澪さん
(雨上がりの宮迫さんによく似たオネエ歌手)に会いたい!と
思ったから、立候補させて頂きました。

当日は、3時間くらいのコンサートを鑑賞し、
終盤に発表された新曲発表がおわるや否や、
楽屋に戻り、レポート原稿にとりかかりました。
レポート作成にかけられる時間は30分。
スタッフさんたちが駆け回る楽屋の隅で
先方が用意してくれたパソコンで
撮影をおえたカメラマンのちょっかいを受けながら
なんとかかんとか、書くことができました。

原稿を書く時は
できればひとりで音のない場所で
集中して書きたいタイプなので、
本当に書けるのかかなりヒヤヒヤしました。
かなりかなり集中してなんとか出来ました。

その場で手厳しそうなスタッフさんのチェックを受け、
ドキドキしながらも、なんとか時間内に納品。
ものすごーく体力を消耗しました。
でも、なんとか形にできて間に合ってよかったです。

掲載された記事はこちら。
(半分くらいは別のタイミングの取材内容が
 入っているので、別記者さんのものです。
 新曲やライブの紹介部分を担当しました)
http://www.oricon.co.jp/news/2090322/full/

ライブは特等席で観られて、
水谷さんはテレビで聞くより歌がめちゃめちゃ上手い!、
ゲストで登場した
岸谷香さんやT-BOLANさんの世代ど真ん中の名曲を聴けて、
平原綾香さんの歌声に感動して、
こまどり姉妹がめっちゃチャーミングで!、
と、かなり楽しめました。

最初はレポートの構成を考えながら
聞いていたのでリラックスできなかったのですけど、
やっぱりプロの歌い手さんたちは
自分の世界に引き込んでいくチカラがありますね。
気づいたら、普通に鑑賞しておりました。

そして、会いたい!と思っていた春澪さんは
10cmくらいの距離にいたのに、
原稿書くのにいっぱいいっぱいで
お声かけすることすらできませんでした。

大変でしたが、貴重な経験がたくさんでき、
自身も成長できた気がする、そんなお仕事でした。

またできるといいなぁ
今度は演者さんとお話できるくらいの余裕をもって。

3時間の京都旅のススメ

みなさん、GWいかがお過ごしでしたでしょうか?

エディマートはカレンダー通りの
5連休がありました。

でも、楽しそう!というお仕事の話があり、
はい!と立候補しました私、
2日間ほどお仕事させて頂きました。
でも、せっかくのお休み明けなので
お仕事ではなく、
GWを前倒しして楽しんだ大阪-京都旅の話を
したいと思います。

長年いる名古屋も愛しておりますが、
学生時代から約10年暮らしておりました
第2の故郷である関西を愛する私。
3か月に一度はふらりと訪れます。

最近は大阪に日帰りで行くことが多かったのですが、
今回は大阪よりも長く暮らしていた京都にも
行ってまいりました。

昔は桜だけを観に春には必ず訪れていたのですが、
今回は約3時間の滞在となりました。

3時間の滞在中に
大好物のロンドン焼きを購入し、
大好きなソワレでゼリーポンチを食べ、
これまた大好きなおめんにておめんを食べてきました。

ロンドン焼きは
名古屋だと文化饅頭というよく似たお菓子が
松坂屋さんに売っていました。
5cmくらいのミニチュア大判焼きの中に白あんが
入っています。
口に入れた瞬間の、はむっと甘い食感がたまりません。

ソワレは観光地としても有名なレトロ喫茶店です。
四条河原町からほど近い場所にあります。
行楽シーズンだと満席でまったりしづらいのですが、
平日の空いている時の、2階の窓辺席なんかは
本当におすすめなのです。
青い照明がきれいな店内に、
レトロなチェアがひしめきあうように入っていて
なんだか妙に落ち着くのです。
カラフルなゼリーポンチを食べていると
異空間に浮かんでいるような気分になれます。

おめんは京都市内に何店舗かある人気のうどん店です。
ゆでたおうどんを、おいしいつゆにつけていただきます。
こんなにいいんですか?てくらいの薬味と言えないくらいの
薬味をたっぷり入れて。いや、具材かな。
きんぴらごぼう、ゆではくさい、ゆでほうれんそう、みょうが、
ネギ、せんぎりのだいこん、ゆでたけのこなどなど。

いずれもベタところではありますが、
京都に行ったら欠かせない3店でございます。

名古屋から京都は新幹線で1時間かかりません。
のぞみに乗れば35分!

もっと気軽に京都旅。
そんな本を作りたいです。

ソワレ2
これがソワレのゼリーポンチ。

なにかつくりたい

とある日曜日、ゆったりお散歩していました。

歩いていたら、車道に
着いたので大塚屋に入りました。
※車道=くるまみちと読みます。名古屋の地下鉄の駅名です。

大塚屋とは、名古屋で有名な生地屋さんで、
車道にある本店には、地下1階から3階まで
たくさんの生地や手作りに関する裁縫小物が
そろっています。
小さい頃、母に連れられてよく来ていました。
特に用事がなくても、
いろいろ見ているだけで楽しい場所。

先月、お仕事ご一緒したカメラマンが
可愛い花柄のパンツを履いていて、
どこのですか?と聞いたら何と手作り。
そして、その数日後、テレビに出ていた
102歳の現役女性カメラマンも
洋服はすべて手作りしていました。

そんなことから、手作り洋服への興味がむくむく。
毎日ものづくりには取り組んでいるものの、
何か手作業で作りたい願望が出ていたので、
手始めにスカートを作ってみることにしました。

ミシンがありませんので、
手縫いで地道に作ります。
夏までには出来るかな。

nuno.jpg
選んだのは、ベビー服用の柔らかな薄ピンクの生地。
くまの顔がおしゃれにたくさん。
シンプルな白TやグレーのTシャツと合わせる予定
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード