ビアガーデン!

先週の金曜日、ビアガーデンが開催されました。

弊社のビアガーデンと言えば、
寒い中で行われるのが恒例です。
先日も寒い風が吹く中、寒い寒いと言いながらみんなでビールを飲みました。

去年はライターさんやカメラマンさんを呼んで、大人数でわちゃわちゃしましたが、今年は主に社内のメンバーだけでしっぽり。

ビアガーデンと言えば、2年前。
エディマートに入社する前に参加させていただきました。
その時 はライターさんやカメラマンの方が大勢いて、社内の人と社外の人の区別すらついていませんでした。

しかし、そのビアガーデンで何故か「ポルノ」と呼ばれていた人がいて、入社してからその人が社内の人だと分かり、心の中でSUZAKIさんのことを「ポルノさん」とこっそり呼んでいたのが懐かしい思い出です。
※ビアガーデン当日、ポルノグラフィティのお二人に取材していたため、そう呼ばれていたみたいです。

それから早2年。

仕事で色々とスキルアップしたと感じることもありますが、まだまだと思うことも多々あります。

ビアガーデンが終わった今の目標は、寒い寒いと凍えるビアガーデンにならないよう、梅雨明け前にKITOさんが「ビアガーデンしよう!」と言うのを来年こそ阻止することと、
今、制作している介護雑誌を無事完成させることです。
介護雑誌は6月中に入稿予定!
スポンサーサイト

岐阜サイクリング!

天気の良かった先週の土曜日。
岐阜駅周辺をサイクリングしてきました。
岐阜駅では自転車を1日100円でレンタルできます。安い!

名古屋からはJRで約20分で到着です。
普段は実家の最寄駅が名鉄なのでJRに乗るのも新鮮。


商店街の中にあるお店で美味しいハンバーガーを食べたり
※写真は微妙ですが、味は抜群に美味しいです!




夏を一足先に感じるかき氷を食べたり




美味しい焼き菓子を買ったり




って、食べ物ばかりですね…。

食べ物のお店はどこも比較的近所のお店ですが、
少し足をのばして長良川の方も行ってきました。



風がとても心地よくしばらくぼーっとしていました。
よく空気が美味しいといいますが、まさにそのことです。

お昼から夜まで自転車一つで色々なところへ行けて、色々な発見がある岐阜。
地元ですが、ますます好きになりました。
お店も色々あってよいところですが、行くお店行く場所の人がみんな温かくていい人達ばかりでした。

まだまだ行きたい場所や発見できていないところがあるので、本格的な暑さがくる前にもう一度、岐阜巡りに出かけたいと思います。

KITSUNE!

最近、「妖怪ハンター」という漫画にハマっています。
稗田礼二郎という考古学者が主人公。
日本各地の場所をフィールドワークに訪れ、その土地の歴史の裏側に隠された出来事を解き明かすお話しです。
ただし、ハンターといっても妖怪を捕まえたりはしません。
そもそも妖怪自体もあまり出てきません。
絵がすごく上手いわけでもないのに、なぜか引き込まれてしまいます。
1991年には沢田研二が主演(!)で映画化されました。

妖怪と言えば「ゲゲゲの鬼太郎」。漫画にはまり、アニメも高校生の時にやっていたものを時々見ていました。
中でも一反木綿がお気に入り。

妖怪は江戸時代、幕末の浮世絵と昔から描かれてきました。個人的に好きなのは、歌川国芳が描いた武者と狐が戦っている躍動感あふれる絵。
狐も動物の中で好きな私にとっては、妖怪の狐は大好物!

歌川国芳の描いた狐とは真逆ですが、中日新聞の子供版「こどもウィークリー」でこっそり登場させたことがあります。

それがこちら。


今後も気が向いたら時々、紙面にこっそり登場させるかもしれません…

わがままガールの誕生日

7月に姪っ子が3歳の誕生日を迎えます。

先月末、祖母の七回忌があったため実家に帰ったときのこと。
早々に誕生日プレゼントの請求をされました。

姉から。

姪っ子はエレナのステッキが欲しいそうです。
エレナとは何でしょう。
おばさんには全く分かりませんでしたが、姉曰くお姫様のキャラクターのステッキらしいです。
それを聞いても全く分かりません。
今の小さい子にとっては流行り物なのでしょうか。

姉が姪っ子に私に誕生日プレゼントをねだるよう言います。
しかし、姪っ子はこの日機嫌が悪かったのか、私の顔を見るなり無視です。
まるで私がここに存在していないかのごとく無視します。

それでもめげずにちょっかいをかけた結果、少し心を開いてくれましたが
モジモジして誕生日プレゼントが欲しいとは言いませんでした。

その後、少し時間が経ったGWのある日。

母親から姪っ子があの後、家でパパやおばあちゃんに対してこんなことを言っていたと聞きました。


「まりちゃんにエレナのステッキ、誕生日プレゼントに買ってもらう!」


しつこく何回も言っていたみたいです。

直接欲しいとは一言も言われていませんが、その場ですぐ携帯で


「エレナのステッキ」


と検索しました。

可愛らしいキラキラした杖でした。
これで誕生日はバッチリです。

芸術に魅せられて

先日、金沢へ旅行に行った際、久しぶりに何か作りたい欲が生まれました。
旅の目的は温泉とお寿司でしたが、ふらっと寄った金沢21世紀美術館で事件は起こりました。

今回の旅は1日目は加賀に泊まり、2日目は金沢へひがし茶屋街に行ったり、ちょうど桜が咲いていた時期ということもあり、兼六園などのエリアをふらっとお散歩する計画を立てていました。

兼六園付近へバスで行った際、ふと美術館が目に入り、せっかくだし行けるところは行っておこうと思い、美術館にも足を延ばしました。

ホームページを調べるとちょうどやっていた展示の説明がありました。

「細いペンで絵を描くため、1日で握りこぶしほどの面積しか描くことができない」
説明とともに携帯の画面に映し出される、廃船のような絵。キレイだけど画面が小さいせいかパッとしない。そう思いましたが、せっかくなので見てみることに。


見た展示は、
池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー


ほんの2、30分滞在する予定が、気がつけば2時間滞在していました。

ものすごく細かい線で緻密に描かれた絵は、一目見た瞬間に吸い込まれました。
比較的小さな作品もありますが、中でも目立つのは大きな絵。遠目で見るとキレイな絵ですが、近くで見るとその細かさに絶句するほど。
現実にありそうでなさそうな景色の中、現実に存在するものやしないものが、所狭しとみっちりと描かれています。
また、さらに驚くことに下絵は一切描かず、下から順に描き上げていくのだそう。
至近距離で見るように、遠い景色のとても細かいところまで描けてしまう能力に嫉妬しました。
もちろん、描こうと思っても描くことなんてできるはずないのですが。

展示を見終わった後に、ふらふらと寄ったミュージアムショップで特集を組まれた時の雑誌を購入。



また久しぶりに細かい絵を描こうと購入した、ペンとインク。


しかし、週末に友達の子どもとボクシングごっこをして腕の筋を痛めたため(両腕)、描きたくてもまだ描けていません…


金沢21世紀での展示は7月9日まで、東京でも9月から開催予定。
この展示を見に行くためだけに、また金沢を訪れる価値ありです!!
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード