かき氷部

夏ですね。
気付いたらもう夏ですよ。
夏らしいことがしたくてたまりません。

夏といえば、私はやっぱりかき氷!
毎年かき氷に目がないのです。
この前食べたのはこちら!


これ、ひとくち食べた瞬間、
美味しーッ!って驚きました。
口の中ですっと溶ける氷と
上品な抹茶とミルク味。
そしてもっちもちの白玉にとろんとした餡。
見た目も素敵でした。
栄にある緋毬というお店です。

そして、わりとしょっちゅう通っているのが
大須の七福堂。


きなこミルク。


宇治金時ほうじ茶アイスのせ。
基本的にしぶめの氷が好みです。

でも、たまにはこーゆーのも。


コメダのかき氷。


韓国でも。


祭り屋台のかき氷が
わりと好きだったりします。


あと、去年くらいに知ったこと。
子どもの頃によく食べていた
袋入りのかき氷が好きだったのだけど
どうやら九州でしか売られてないものだったみたいで
こっちの人に言っても通じない。

今度帰省したら食べることにしよ。

スポンサーサイト

ツバメの親子


こんな光景に出会いました。




ツバメの巣です。

3羽のひながいて
元気よく鳴いていました。
そして2羽の親鳥が
何度も何度も往復して
少しずつ餌を与えています。

何回繰り返せば
今日の分が終了するんだろうと
疑問に思いながら見守りました。

そもそもこんな街中で
この子たちの餌が見つかるのかな?
親鳥はどこで寝るんだろう?
いろんな疑問がわいてきます。

立ち止まってずっと見ていると
やっていることはひたすらに
餌やりの繰り返しなのだけど
必死に餌を見つけて子育てする親鳥と
必死に餌を求めて生きようとするひな鳥の姿に
すっかり癒されました。




巣が荒らされることなく
ひな鳥が巣から落ちることなく
無事に巣立っていってほしいと願います。

見守ることしかできないので
定期的に様子を見に行こうかな。

20年前

「小原裕貴さん復活」
このニュースは間違いなく
今日いちばんの衝撃。
共感できる方はきっと私と同世代でしょう。


私も知りませんでしたが
今から20年くらい前の時代は
ジャニーズJr.黄金期と呼ばれているみたいです。
ジュニアというのは
ジャニーズ事務所所属のデビュー前の子たちのこと。
この頃、ジュニアだけのバラエティ番組もあり
ドラマに出る子も多かった。
(と言っても現在のジュニア状況を知らないのだけど…)


そして、当時放送されていた
KinKi Kids主演のテレビドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』が
なんと20周年を記念し、
20年後を描いたスペシャルドラマとして帰ってくるのです。
これはかなりびっくり。

それで当時出演していたメンバーも
そのまま登場するということで
すでに引退した小原裕貴さん復活、らしい。


彼は元ジャニーズJr.でとても人気がある中、
辞めていった人でした。
現在は会社員なので、ドラマに出るのはほんとに驚き。
私ではなく、私の友達が好きだったのを覚えています。
ジュニア黄金期をネットで検索してみると
人気だったジュニアメンバーがたくさん出てきて
そのほとんどの顔と名前を知ってる自分にも驚きました。
1、2年前くらいのことだと全然思い出せないのに
20年前の記憶は蘇ってくる。
中学生の多感な頃ですしね。
青春時代の思い出は色褪せないものですね。


20年の時は大きい。
毎日放課後に部活でテニスの練習をし、
真っ黒に日焼けしてたあの頃。
休み時間には友達と
テレビや雑誌の話ではしゃいでたあの頃。
たぶんまだ20年後のことなど見ていない。


エヴァに乗れなくなって20年。
(14歳だったというだけで、
資格もないし、乗れたこともないが)
そしてこの先の20年。ながっ!
考えられるかわからないけど
思いを馳せてみようか。


あ、20周年ドラマを見るのも忘れないようにしなきゃ!
ちなみにこちらが小原裕貴さん復活のニュース。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244759

まだまだ酒ブーム

前にも書きましたが
引き続きお酒を飲むのにハマってます。
一切家でお酒を飲まなかった私が。
それもたくのみです。

最近とくに好きなのが
こちら!


インドの青鬼です。
IPAって聞いたことある人も多いと思いますが
インディア・ペールエールのこと。
植民地のインドで暮らす英国人のために作られ
長く過酷な航海で劣化しないように
通常より多くのホップを加えてあるので
とにかく苦い!という個性派ビール。
IPAってほんとに苦いので
私は大体避けることが多いのですが
インドの青鬼は例外。苦いけど美味い!
そしてパッケージが可愛いのもいい。


また、たくのみでは
ただ飲むだけではない楽しみも。
こちらは…


スパークリング日本酒に
アイスの実を入れたもの。
これからの熱い季節にはおすすめです。
甘いお酒が好きな人にもぜひ。 


そして、男梅サワーはご存知ですか?
こちら、駄菓子との相性バツグンです。
(たくのみ。という漫画の受け売り)


これ、美味しい飲み方があるんです。
グラスのフチに塩を付け、
お酒を注ぎ、梅干しを落とします。
その名も「梅塩固め」!
お酒がまあまあ甘いので
しょっぱ甘いがくせになります。
しかも駄菓子がとまらなくなります。
お酒、お菓子、お酒、お菓子のループです。
ご注意を。


そんなこんなで
なんだかお酒を飲む量が増えました。
大丈夫かな、私。。。

チマチョゴってきました


アニョハセヨー!
チマチョゴライター兼カメラマンです。

IMG_7313_convert_20170530220722.jpg

ウソです。冗談です。
いや、わりとホントです。
3泊4日の韓国取材旅行に行ってきました。
その時の様子です。

最近は韓服(いわゆるチマチョゴリ)を着て
街を散策するのが韓国で流行っているそうで
実際に体験してきました。
でも取材もしなければならないので
ステキな韓服を身に付けながらも
一眼レフとノートとペンが手放せません。

DSC_8942_convert_20170530220834.jpg
このように!
一緒にまわっている
取材陣の方たちもみーんなチマチョゴリ。


ソウルにある観光名所、
景福宮(キョンボックン)にもこんなに
韓服を着た人たちでいっぱい。
DSC_9042_convert_20170530221028.jpg

どうやら韓服を着てくると
入場料が無料になるんだそうです。
近くには韓服レンタルの店がたくさん。
おかげであちこちにチマチョゴリさんたちが
うじゃうじゃ。コスプレイベントみたい。

DSC_9084_convert_20170530220915.jpg
横断歩道を渡るチマチョゴリさんたち。

DSC_8965_convert_20170530220812.jpg
若い女性に特に大人気とみられるのが
このパステルカラーのチマチョゴリ。
キキララみたい。まるでプリンセス。
ミニ丈のチマチョゴリさんも見かけました。
日本の着物や浴衣と似たようなもんですね。

このチマチョゴリ、
すっごく種類があって選ぶのも楽しいです。
伝統的なデザインと最近人気の新しいデザインとあって
いろいろ着てみたくなります。


今回のソウル旅取材で
特に印象に残った出来事でした。

韓国に訪れるのは4回目。
すべて取材です。ありがたいことです。
今回もまた盛りだくさんな内容でしたが
その魅力がしっかり伝えられるよう
がんばって記事にしたいと思います!



プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード