FC2ブログ

LIBERTY SAND/ことりっぷweb


サンドイッチ専門店「LIBERTY SAND」へ
取材に行きました。

sasasasasasa.png

滝のようにあふれ出る“チーズジェニック”なサンドが話題!名古屋・本山の「LIBERTY SAND」へ

チーズがとろーりあふれるチーズサンドが話題です。
BBQソースをつけて食べるのがオススメ。

ぜひ一度、記事を見てくださいね。

スポンサーサイト

東ラブ

子どもの頃に好きだったドラマ、ありますか?

年代でだいぶ異なると思いますが
私の好きなベスト3に入るのは
間違いなく「東京ラブストーリー」です。
90年代にヒットした月9ドラマ。
リアルタイムではなく夕方の再放送でしたが。
小学生だったと思います。
大人の恋愛ドラマですが、なぜかハマりました。
しかも終わり方が、子どもながらに
ショックが大きかったのを覚えてます。

主題歌で流れる
小田和正の「ラブストーリーは突然に」が好きで
毎週テレビの前でリスニングテストのように
歌詞を書きだし、歌詞カードを作ったりしてました。
初めて買ったCDでもあり、
確か中古で180円とかだったような。
そこで歌詞を間違って覚えていたことに気付いたり。

最近、dTVで配信されているので、
懐かしい思いで1話から見直してます。
織田裕二と鈴木保奈美のやり取り、演技がよいです。
小学生の時に再放送で何回も見ましたが
それ以来なので20年以上前ですね。
今見ると、時代が違い過ぎてなかなか面白いです。

例えば…
・ケータイ電話が普及してないので、家の電話番号を教え合う
(あるにはあるが、ものすごく大きくて、携帯するのは不便そう)
・電話番号はアドレス帳にメモ
・友人からの昼間の連絡は、会社の電話にかかってくる
・公衆電話に行列
・会社のデスクにPCがない
・カーナビやスマホがないので、地図で探す
などなど。

やっぱりケータイ電話がないのが大きい。
これによって、男女はすれ違ってしまうわけで
すれ違いによって生まれる恋愛ドラマは、
当時の色なのかもしれません。

しかし、今改めて見ても思うのが
やっぱり関口が嫌い、ということ。
登場人物の一人(女性)なのですが
大人になった今見ても
関口が嫌い、という気持ちを抱かない回はない!
あとは、やっぱり主題歌はバツグンによいです。
とてもよいです。
ドラマの半分くらい主題歌流れるので
見どころと言ってもいいです。

「あすなろ白書」も配信されないかな。。。


子どもの頃にやっておくべきこと

あー、子どもの頃、
もっと勉強しておけばなぁ…とか、
運動もしておけばよかったなぁ…とかありますよね。
そこらへんは一般的。
でも、もっとマニアックなやっておくべきこと、ありますよ。
それは病気。
子どもの頃にかかっておくべき流行り病あります。
私はその一つにかかっていなかったので、
先日とんでもない目に遭いました。

40代にもなって、水ぼうそうに感染したのです。
帯状疱疹ではないですよ。
一回目なので、水ぼうそうです。
顔や体のあちこちがぶつぶつになってえらいことでした。
感染の危険があるから、と一週間会社を欠勤。
熱やら薬の副作用やらでしんどいし、食欲はないし、すっかり弱りました。

ぶつぶつはかさぶた化して、
顔はほとんどとれましたが、ぶつぶつ跡多数。
これ、シミになったらえらいことです。
子どもの頃なら、あっという間につるんと再生するのでしょうが、
over40はそんな活力持ってません。。

欠勤した自宅療養中に、
〝神様がくれた休暇だと思って静養して〟
と励ます友人がいたのですが、
どうにもそんな思考には至らず、こんなひどい仕打ちないわ…と、
意気消沈していました。
しかし、先週末くらいから、
〝こんな休暇いらん!せっかくならもっと充実した休みください!〟と、
神様に文句を言ってやりたい元気が出てきたので、
だいぶ復調してきた兆しと思われます(笑)。


突然の欠勤で社内に迷惑をかけるわ、
社外の方にもご心配をおかけするわで、大変申し訳ありませんでした。
水ぼうそうにも予防接種はあるそうですし、
そういった予防措置をとったり、
そもそも体力を落とさないなどの注意も、今後は心がけたいと思います。

ギャップ

赤ちゃん泣き止まないって困ってる人たち。
しっかり赤ちゃんの様子見てみて?
ちゃんと理解しようとしてみて?
おむつ、ミルク以外にも泣く理由なんて山ほどあるから。
一つひとつ試して、そして抱っこして、丁寧にゆらゆらして?
親とか2人以上の子育て経験者に聞いてみたりして?
策を尽くすだけ尽くしてみて?
泣くから。
関係ないから。

(この言い回し、Twitterで流行っていたので乗っかりアレンジしました。)

そんな生まれたての次男と接しながらも、
長男と二人で出かけてきましたよ、お祭りに。

10月は名古屋まつりをはじめ、
市民祭り系の地域のイベントが多かったですね。
私も豊橋市と名古屋市天白区のお祭りに参加してきました。

IMG_1636 (150x200)IMG_1638 (150x200)
タダで体験遊びができるので最高です。おまつりサイコー。
IMG_1637 (150x200)IMG_1640 (150x200)

次男の泣く理由も寝ない理由も分からないのですが、
勝手に遊んで食べて寝てゆく長男を見ていると、感動すら覚えます。
なんだこの差は、と。
当たり前なのですが。

ことりっぷ旅マルシェ

11月4日(日)、弊社がお手伝いさせていただいている
昭文社の情報誌「ことりっぷ」初のイベント
「ことりっぷ旅マルシェ」に行ってきました。
場所は目黒駅からほど近い、スタジオEASE。

イベント会場には、
全国からことりっぷの目線でセレクトされた
ショップが出店していて、
ライブやワークショップも開催されていました。
入り口付近には
全国のことりっぷとともに、
その地方の雑貨をディスプレイ。
読者の顔を近くで見られる、貴重な機会となりました。


IMasadadG_7414.jpg
[↑]大盛況のイベント会場


IMGafdSA_7419.jpg
[↑]SNS投稿を組み合わせた企画も


IMGFsaa_7411.jpg
[↑]雑貨と並んだ弊社制作のことりっぷ


「出版不況」と言われて久しいですが、
立体的な出版イベントがここまで盛況であると、
本当にうれしくなります。
明確なペルソナをもち、
しっかりとブランディングをした上で、
印刷物を越えた仕掛けをしていく。
いろいろと応用できそうですね。

サウナのヌシ


疲れたとき、リフレッシュしたいとき、時間に余裕があるとき。
私はサウナに向かいます。

近所のスーパー銭湯に出向いて、
8分サウナ→1分水風呂を3セット行うのが水野流です。
(水で〆るところがポイントです)


サウナには決まってヌシがいます。
ヌシというのは、ご高齢の常連さんなのですが
どんなサウナに行っても、それぞれのサウナにヌシが存在します。

そのヌシはたいていほかの常連さんと顔見知りで
静かなサウナ内にヌシの話し声が響くのです。
(だいたいが最近あまり汗が出ない、という話)

そしてヌシは我慢強く、
かなり長時間入って自分を追い込んでいるパターンが多いです。

サウナ好きとしては、未来のヌシになれるよう
これからもサウナに足しげく通いたいと思う所存です。

お腹が空いたらゆで卵!

家でお腹が空いた時、
何か作ろうと思うけど面倒くさくて
あまり手の込んだものは作りたくないな〜
っていうとき。

ゆで卵を作ってます。

作り方はとっても簡単!
卵をゆでるだけ。

とはいっても、半熟にしたいというこだわりがあるので
作るときに気をつけているポイントがあります。

1.水の状態から入れる
2.沸騰したら中火にして約7分
3.すぐ冷水で冷やす

これだけです。
冷水で冷やすのは殻を剥きやすくするため。

こういう何かにハマっているとき、
気づいたら頭の中でそれに関する本を作ってます。
大抵表紙のデザインを想像するのですが、
予算は無限にあるのでシンプルなものから無駄に加工したものまで出来上がります。

これって職業病?

CAROLINE/ことりっぷweb



取材の立ち会いで「CAROLINE」という店に行きました。

アート空間で味わう“ジャンクフードカフェ”「CAROLINE」
acafvrcacew.png

ユニークな空間で、素敵なお店でした。
ぜひお読みください。

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード