FC2ブログ

ことりっぷweb/ヤンガオ・浄心



ことりっぷwebの掲載紹介です。
「ヤンガオ」の記事制作を担当しました。

スクリーンショット 2018-

タイ北部の“ゲーンハンレー”を食べに。名古屋・浄心のカレー屋さん「ヤンガオ」へ

「ゲーンハンレー」というカレーを味わえる、噂のお店。
店長の村松さんのタイに関する
エピソードトークもおもしろかったです。

ぜひ、ご一読くださいね。

スポンサーサイト

夏の終わりとペンギン

いつのまにか夏が終わりました。
夏が終わる前に観ておきたかった映画。
『ペンギン・ハイウェイ』。

森見さんの作品の中で
唯一泣いた小説が原作です。



子どもの頃の記憶が蘇るような
ワクワク、そして不思議で
ちょっと切なくなる、そんな物語。

夏に観れてよかった。
誕生日も過ぎたことだし
心おきなく秋を迎えようと思います。

あったかーい、飛騨高山

先日、取材で飛騨高山に行ってきました!
前日の白川郷を取材したチームと郡上八幡で合流し、
その後再び高山へ向かうという強行スケジュール。
しかも、取材物件の追加や取材時間の遅れなど、
予定外の対応が続々。
休む間もなく取材に追われました。

そして、なんと言っても悩まされたのは、雨!
ちょっとしっとりする程度なら風情もあるのですが、
降ったり止んだりで、降り始めるとなかなかの本降り。
そして、夜にはついにどしゃ降り。
雨が降ると、夜の高山はもう肌寒いです…。

びしょ濡れだわ、おなか空いているわで、
本当に疲労困憊だった私とカメラマンさん。
そんな私たちを救ってくれたのは、高山の居酒屋さんでした。
その日の夜、1軒目の取材先で、
ご両親と息子さんが中心のお店には、あったかい雰囲気が漂っていました。

「あー、やっと終わったよ!夜ご飯どうする?」
となったとき、思い浮かんだのは、このお店でした。
取材から何時間もたって戻ってきた私たちを、
〝おかえり〟とでも言わんばかりに迎えてくれ、
傘があるのになぜか濡れている私たちに新しいタオルを手渡してくれました。
座敷で手作りの料理を頂いて、すっかり癒された帰り際、
びしょ濡れになった靴には新聞紙が詰めてありました…。

高山LOVE!な私ですが、ますます好きになってしまいました。

びしょ濡れになったり、空腹に耐え兼ねたりしても、
終わってみるとやっぱり楽しかった高山取材。
実家に帰ったみたいなやさしさに救われたというおまけもありますが、
なんといっても、素敵なお店や場所、人に出会うことができて、
それを読者のみなさんにしっかりと伝えるべく、
カメラマンさんと相談しながら、最高の写真を目指す。
こんな楽しい仕事ってありません。

自分が楽しむだけではもちろんダメ!
その魅力を誌面でお伝えできるように努力します。


ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。


▼郡上おどりの曲「かわさき」には、雨も降らぬに袖絞る~♪って歌詞ありますが、
 この日はめちゃくちゃ降ってました。あちこち絞れるくらいに(笑)
IMG_5020_convert_20180912223153.jpg


2つの名作

会社の勤続10年旅行券を使い、
各方面にご迷惑をかけながらも、
家族旅行に行ってきました。
すみません、ありがとうございました。

第二子が生まれることとなり、
これから5歳の息子は我慢が増えるのかと思い、
旅行はすべて彼のために。

ディズニーランド、キッザニア、ドラえもんミュージアム。
息子の好きなものばかりです。
「ドラえもんミュージアム」とは息子と話すときの通称で、
正式には「藤子・F・不二雄ミュージアム」。

ココは完全に大人向けの施設ですね。
もちろん、タッチパネルやアニメシアターなど
子ども向けコーナーもたくさんありますが、
やはりソコは藤子・F・不二雄です。
現在すでに大人のほうが、その世界には多く触れてきていると思います。

歴代の作品の主題歌映像、実物大の登場人物オブジェ、精巧なフィギュア―。

さらに期間限定の企画展として、
「ドラえもん」と「キテレツ大百科」の原画が展示されていました。
「秘密道具」と「発明品」を比べて、似て非なるもの、
でも似ているストーリーとして、2つの名作を紹介していました。

息子も楽しんでくれていたのでうれしいです。
うちにも、息子と似て非なる第二子が生まれます。
2つとも名作となるのか。
10月上旬リリース予定です。

人を幸せにする仕事

人を幸せにする仕事


MIZUNOのブログに関連して……。

5年以上にわたり、
一流ホテルの料理人のインタビューを続けている。
先日、新たに着任した若手の料理長に
仕事にかける想いを聞くと、
「料理を通してお客様を幸福にしたい」と力強い言葉が出た。

あまりにシンプルな単語で構成されているので、
スルスルっと通りすぎがちなセリフなのだが、
この言葉、なかなか出せないと思った。

そしてすぐに、
“自分は編集職や社長業を通して
 誰かを幸せにできているのだろうか”と考えた。

もちろん、すべてではないができていると思う。
しかし、日々仕事をするなかで、
“自分のやっていることで誰かを幸福にしたい”と、
真っ先に思いを立てたことがあったかといえば怪しい。

逆にいえば、人を幸福にできない仕事なら、
それは社会悪かもしれない。
人を幸福にしたいという思いが立たないなら、
やめたほうがいい。

あらためて覚悟と信念をもって
仕事にあたろうと、今燃えている。



gagefga.jpg
[↑]このパスタは本文と関係ない、刈谷市の某店のものだが、、
   最近食べたなかで飛びぬけておいしかった。
   そんなメディアを自分も作りたい

おいしいごはん


最近、よく自炊をしています。
仕事が忙しいとついつい買食や外食になりがちですが、
自炊をすると無心になれるうえに、自分の食べたいものを食べられる、
というメリットがあるのです。
仕事終わりに何も考えずに料理をする時間は、
なかなかに良い時間だったりします。

ただデメリットとしては、一人分は量が多くなりすぎるということでしょうか。

カレーを作ると3日はカレーが続いてしまいます。
これを毎日アレンジするくらいの余裕がほしいのですが、
そこまでは時間も体も余裕がないので
まずは自炊をしようという心掛けを大事にしようと思います。

一人暮らしの人にぴったりのレシピがあれば、ぜひ教えて下さい~!
ちなみに一口コンロです~(;;)

秋冬

ひたすら「暑い、暑い」と言っていた夏が終わり、涼しい秋の予感です。

秋は食べ物も美味しいですし、
少し気温が下がっただけでとてもテンションが上がりますね。

そして、何よりテンションが上がるのが秋冬の洋服です。
先々週くらいにトレーナーやら、
ちょっとした羽織など秋冬の洋服を買ったのですが、今から着るのが楽しみです。

とはいっても去年の11月頃は
会社の中は29度とかあったような…

社内ではしばらくは半袖の日々が続きそうですが、
本格的な秋の訪れを楽しみに待ちます!


話は変わり、今朝のニュースで北海道で地震が起こったのを知りました。
仲のいい友達が札幌に住んでいるのですが、
水や電気などのライフラインが全てとまり、水は公園に汲みに行っているらしいです。
ひとまずは友達やその家族が無事で、胸をなでおろしました。
これ以上、被害が広がらないことをただただ祈るばかりです。

ことりっぷweb


昭文社が運営する「ことりっぷweb(https://co-trip.jp/)」の
記事制作を受注しました。

額縁店の奥にある秘密の隠れ家で、時をこえたビールを味わう。名古屋「納屋橋TWILO」
axaxaxaxaxa.png

東海エリアの記事を制作していきますので、
ぜひチェックしてくださいね。

プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード