FC2ブログ

インターンシップ

8月6日~7日にかけて、
当社にインターンシップの学生がやってきました。
高校2年生の女の子です。
学校の方針ということで、
本人が希望の職種にあったインターン先を見つけ、
自分でその会社にアプローチしなければならないとか。

数ヶ月前、か細い声で電話がかかってきたことが思い出されます。
その声を聞いて、不安を覚えたことはまったくなく、
高校生のなかに出版に関心がある子がいたことを
とてもうれしく思いました。

インターンシップの内容は各社それぞれだと思いますが、
当社は仕事のお手伝いより、
ふだん自分たちがやっている仕事を体感してもらう、
キッザニアのようなプログラムを組みました。
1日目は私から、本作りの全体の流れを説明。
自分が編集長になったつもりで、
作りたい本の企画書を作ってもらいました。

2日目は礒永と堀田が原稿制作についてレクチャー。
情報誌の原稿の書き方、Web原稿の書き方を説明、実践してもらい、
最後は前日に企画書をおこした本に関する
リード文や商品紹介文を執筆。

最終日は須崎と豊島がデザインについてレクチャー。
情報誌のデザインの構造について説明をした後、
実際にある本を例にとってラフにチャレンジ。
この日も最後は、自分の作りたい本の特集ページを想定し、
ラフをつくってもらいました。

毎日、違う内容を説明、実践という流れでしたが、
3日間を通して彼女が作りたい本の、企画、原稿、ラフを
体験してもらったことで、本作りの一連に
少しはふれることができたのではと思います。

これまでも当社では、学生の受け入れはウェルカムで行ってきました。
社会貢献といえば大げさですが、
教える側のこちらも、頭の中を整理することができますし、
純粋な学生の思いにふれることで、
自分たちの原点に立ち返ることができます。
彼女が再び出版の世界に来てくれるかはわかりませんが、
体験してもらったことを誰かに話したり、
あるときふと思い出したりすることで、
一人でも出版の世界に興味を持つ人が増えてくれればと思います。

S高校のMさん、ありがとうございました。
いつか仕事でつながりましょう!



IMG_6jfeso623.jpg
[↑]インターンシップ後すぐに届いた丁寧なお礼状。
   うれして、社員の前で読み上げました


スポンサーサイト

「生産性」とはまったく無縁。

寝て、食べて、あそぶだけの存在。

なんて生産性のないどうぶつ、ねこ。

愛してやまない存在です。

3年前に拾った黒猫のムッタは、
私にべったりで帰宅すると必ず出迎えてくれます。
お風呂に入る時もドアの前で必ず監視…。
甘えん坊で、すこし心配性。
声を掛けると返事をする、おしゃべりなやつです。

3月にやってきたこはるは、
自律できている女…というかんじ。
気が向くと床に転がって甘えてくるけれど、
それ以外は「私の好きにやってるから」という風情。
キジトラ猫を飼うのは初めてなんですが、
サラサラの毛並みや大きな瞳がかわいいんですよね、キジ。
じぃっと見つめては、嫌がられてます。
そのツンデレもまた良し。はい、めろめろです。

ムッタとこはるの仲は…まあまあうまくやっている方かも。
お兄ちゃんをうまく扱っているかしこい妹のようです。

mutta.jpg
▲行ってきま~すと声を掛けると、「ナァ~」(いってらっしゃ~い)。

39℃のとろけそうな日

毎日暑いですね。
この猛暑の中、先日犬山の城下町で取材をしてきました。
実は以前に3年ほど犬山に住んでいたことがあり、
懐かしいなーなんて思いながら、汗をだらだらかいていました。

平日にもかかわらず、城下町にはたくさんの観光客の方がいました。
盛り上がっているんだなーと実感しつつ、ずっと汗をだらだらかいていました。
(とにかく暑かった)

汗をかきすぎて、どろどろになりながらも
やっぱり取材は楽しくて
とっても充実した一日になりました。

住んでいたときにはなかった
新しくできたジューススタンドで桃のスムージーを飲んで生き返りました。

momonosmoothy.jpeg

秋の涼しくなったころに、また再訪したいなーと思います!

黒ペン

まだ学生だった頃、
昔から絵を描くのが好きだったので
先生に描いた絵を見てもらったことがありました。

どれも鉛筆で描いていたため、
「線に迷いがあるように見える。清書したらいいと思うよ。」
と言われたことをキッカケにはまった黒ペン集め。

社会人になってからは絵を描く時間も減ってしまったため、
黒ペンに対する興味が薄れてきましたが
ここ1年くらい再びブーム到来です。

最近のお気に入りはぺんてるの「プラマン」。
プラスチックの万年筆を略して「プラマン」です。
その名の通り、万年筆っぽい書き心地で線に強弱がつけれます。

値段は1本400〜500円くらいで、普通のボールペンに比べれば高いですが、
万年筆よりは断然安いのでよく使っています。

20180807224850fcb.jpeg

インクカートリッジが交換できるのも魅力的。

平成最後の夏。



日本で一番暑い夏。ですよまったく。



はやく暑さ和らいでくれないかなあ。
残暑プリーズ。



せめて耳だけは夏の終わりっぽく。
ゆるーい、まどろみ系の音楽。



download.jpg



ずっと、homeだと思って
聴いてたら、honneでした。
ややこし。


わたし、気になります

ガチャ好きで、ラインナップを
よくチェックしてます。

先日こんなの見つけました。



ガチャの内容は問題ではないです。



1回1個入り
各100円(税抜き)。。。
8円はどのように払えばよいのだろう。
各100円という表現もなんだか気になる。
1回100円とは違うのかな。
やってみればよかった。


そんなことより
先日のおいでん祭の花火は見事でした。
特等席から観覧させていただく機会に恵まれ
今年の夏いちばんの思い出ができました。



なんだかもう夏の終わりが近づいてる気がして
不安を感じます。
もっと夏遊びに出かけなければ。
なんせお祭り女なので。

今年こそは郡上おどりへ!

新聞読みたい

家族と別に暮らすようになって、環境がいろいろと変わりました。
便利になったり、不便になったり、
気楽になったり、ちょとさみしくなったり…。
そのなかで、残念なことが一つ。
毎朝の習慣だった新聞が読めなくなりました。
いや、自分でも取ればいいんですけど。
一人だけが読むために取るのもなぁと。

朝、起き抜けに朝刊を広げ、
もたくたと新聞に目を通しながらウォーミングアップする時間は、
省略できるムダ時間とも言えるのですが、
慌ただしい朝だからこそ、
そんな時間を持つべきでは?とも思ったり。

新聞に載ってるニュースは、
ずっと早くにネットで読めますよ!
と言われるかもしれませんが、
いや、そうじゃない。
新聞を広げると、
自分が選んで読もうとしていない情報も入ってきます。
話題になっているニュースの裏側だとか、
より深く知ることができます。
淡々と語られるほんの数行のニュースに、
心を揺さぶられるようなドラマを感じたり、
新聞にはいろんな出会いがあるんですよ!

スキを見て、会社でちょいちょい読むのですが、
なかなか追いつかず、
こんな時に限って取材先で、
「今日の新聞に載ってましたよね~」なんて話題が出ることも。

あー、ゆっくり新聞読みたいなぁ。


▼自分が関わった記事が出てくると、冷静に仕上がりを気にしつつも、
やっぱりうれしくなります。
IMG_4909_convert_20180802200541.jpg

火星は寒いのに

夏になると行事が多いもので、
親としては準備が大変なのですが、
子供は実に楽しそうです。

IMG_0829 (300x225)
川遊び。
新城市のキャンプ場で、
大学時代からの仲間と家族でBBQ‼︎

IMG_0858 (200x150)IMG_0853 (200x149)
お泊まり保育園
年長さんだけ保育園に一泊します。
キャンプファイヤー、みんなで晩ごはん、
早起きしてお相撲さんの朝稽古の見学などなど。

IMG_0824 (300x225)
学区の盆踊り。
いまやAKBやダンシングヒーローは定番ですね。
その2曲をお年寄りが踊っている姿が新鮮。
粋なもんです。

親だって、夏を楽しみたいのです。

IMG_0729 (200x150)IMG_0749 (200x150)
ゆずライブ。
いまや写真撮影は普通ですね。
音楽を交えたエンターテイメントショーのようで、
多彩な演出が面白いです。

先日、ゆずが配信限定シングルを発売しました。
収益は西日本豪雨の支援に当てられるそうです。
素晴らしい。
そして、その曲も素晴らしく、温かい。

もし目白押しの夏の行事に参加できないと思うと、
とても切なく、苦しいです。

まだまだ暑いですが、
西日本にはその暑さより、
ゆずの温かな曲が届けばいいのにと。
暑さより、温かさ程度でよいのでは。
プロフィール

edimart

Author:edimart
名古屋の編集プロダクションedimart(エディマート)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
株式会社エディマート

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード